タグアーカイブ: 米長期金利上昇

【見通し】22日香港株=売り先行か、米ドル高と米長期金利上昇を懸念

22日の香港市場は売りが先行か。米ドル高と米長期金利の上昇を受け、香港を含む新興市場から資金が流出するとの懸念が強まりそうだ。米連邦準備理事会(FRB)が現地時間21日午後に公表した1月開催分のFOMC議事録が年内3回程度の利上げを示唆する内容だったことで、長期金利の指標となる米10年債利回りが節目の3%に向けて上昇。同日のNY市場でダウ平均が続落し、ハイテク株の比率が高いナスダック総合も3日続落した。原油先物相場の下落も、香港市場で関連銘柄の売り材料となるだろう。

 決算発表や業績見通しを手掛かりとする個別銘柄の物色は、引き続き活発と予想する。きょうはハンセン指数構成銘柄である東亜銀行(00023)が2017年12月本決算を発表する予定。もっとも、前日の香港株式相場は大幅に反発しただけに、いったん利益を確定する売りが上値を重くする可能性がある。ハンセン指数は一時31477.85ポイントまで上昇し、チャート上の2月5日と7日の間の窓を一部埋めた形になった。市場では、「7日取引時間中の安値(31712.02ポイント)が上値抵抗として意識される」(香港経済日報)との声が聞かれた。

 一方、中国本土で春節(旧正月)連休が終わり、きょう休場明けとなる株式市場は上昇して始まると予想されている。本土市場での銀行セクターが買われ、香港に重複上場する銘柄に波及すれば、相場を下支えする要因となろう。本土投資家が相互取引制度を通じて香港株を売買する「南向き」取引もきょうから再開する。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

FOMC議事録後のドル売り一巡、米長期金利上昇を受けてドル円は107.65円前後

現在の推移(レンジ)   
ドル円    107.65円  (107.90 /  107.28) 
ユーロドル 1.2327ドル (1.2360 /  1.2300) 
ユーロ円  132.70円   (133.06 /  132.27) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】8日香港株=売り先行か、米長期金利上昇と中国金融引き締めを警戒

8日の香港市場は売りが先行か。米長期金利の上昇と中国当局による金融市場の監督強化が警戒されそうだ。米国では与野党指導部が7日、2018−19年度の歳出上限の引き上げで合意した。歳出増と大型減税により政府債務が膨らめば、長期金利に一段の上昇圧力がかかる。同日の米株式相場は、長期金利の指標となる米10年物国債利回りの上昇が嫌気され、ダウ平均など主要3指数がそろって反落した。香港市場でも投資家がリスク回避姿勢を強めると予想する。市場では、ハンセン指数の下値支持線が100日移動平均(7日大引け時点で29559.27ポイント)まで下がる(『香港経済日報』)との声が出た。

 前日の上海総合指数の大幅反落も投資家心理を冷やすだろう。相場下落の大きな要因は、中国人民銀行(中央銀行)が5−6日に開いた政策会合。2018年の主要任務の一つとして金融リスクの抑制を打ち出し、「影の銀行(当局の規制範囲外で融資を行うシャドーバンク)や不動産金融などのマクロプルーデンス管理を強化する」と決めた。市場関係者は、デレバレッジ(資産・負債の圧縮)政策が続き、不動産向け融資が今年は一段と引き締まると受け止めている。最近の香港株式相場の上昇は、中国本土から香港への「南向き」資金が支えてきた面があったが、8日は相互取引制度を通じた香港株売買が売り越しに転じた。

 もっとも、ハンセン指数は前日までの5営業日続落で年初来安値圏に落ち込んでいることから、好業績の銘柄には割安感に注目した買いが入りやすい。心理的節目の30000ポイントを割り込む水準で下げ渋る展開がありそうだ。上海総合指数が節目の3300ポイント付近で下値の堅さが確認できれば、香港に上場する本土系銘柄の買い材料となろう。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は109円台で推移か、米長期金利上昇で円買い抑制も

 7日のドル・円相場は、東京市場では109円72銭から109円01銭まで下落。欧米市場でドルは108円92銭から109円70銭まで反発し、109円34銭で取引を終えた。
 本日8日のドル・円は109円台で推移か。米長期金利の上昇を意識して、リスク回避的なドル売り・円買いは抑制されるとみられる。
 報道によると、米上院指導部は7日までに2年間の予算で超党派の合意が成立したと発表した。合意案は国防および非国防費の3000億ドル近い増額を盛り込む内容だが、上院共和党の一部議員によると、連邦債務に関する法定上限の適用を2019年3月まで停止することなども盛り込まれているようだ。同法案は8日に上院で採決されることが見込まれている。
 7日の米国債券市場では、米連邦政府機関の閉鎖回避への期待で10年債、30年債などの利回り水準は上昇した。ただし、NY連銀のダドリー総裁が「株式相場の下落は、中央銀行が重視する話にはなっていない」との見方を示したことも債券利回りの上昇につながったとの声が聞かれている。また、大規模減税や国防および非国防費の3000億ドル近い増額は財政圧迫の要因となるため、一部では「インフレ加速の思惑が後退しても米長期金利の大幅な低下は期待できない」との見方も出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇やドル高を嫌気

COMEX金4月限終値:1314.60 ↓14.90
 7日のNY金先物4月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比-14.90ドルの1オンス=1314.60ドルで取引終了。一時1313.50ドルまで下落した。米長期金利の上昇や主要通貨に対してドル高が進んだことが嫌気された。米国株は不安定な動きとなったが、株安を意識した安全逃避的な買いは縮小した。
・NY原油先物:大幅続落、ドル高やガソリン在庫の増加を嫌気
NYMEX原油3月限終値:61.79 ↓1.60
 7日のNY原油先物3月限は大幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−1.60ドルの61.79ドルで取引を終えた。一時61.25ドルまで下落した。原油、ガソリン在庫の増加、米長期金利の上昇、主要通貨に対するドル高を意識して原油先物の上値は一段と重くなった。米国株の不安定な動きも売り材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇やドル高を嫌気

COMEX金4月限終値:1314.60 ↓14.90
 7日のNY金先物4月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比-14.90ドルの1オンス=1314.600ドルで取引終了。一時1313.50ドルまで下落した。米長期金利の上昇や主要通貨に対してドル高が進んだことが嫌気された。米国株は不安定な動きとなったが、株安を意識した安全逃避的な買いは縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】30日香港株=売り先行か、米ドル安一服と米長期金利上昇を警戒

30日の香港市場は売りが先行か。相場上昇の要因だった米ドル安が一服した上、米長期金利の上昇に伴い、米国からアジア・新興国市場への資金流出の鈍化が警戒されそうだ。長期金利の指標となる米10年物国債利回りは29日に一時2.72%まで上昇(債券価格は下落)し、2014年4月以来ほぼ3年9カ月ぶりの高水準となり、同日の米株式相場はダウ平均など主要3指数がそろって反落した。同日の香港株の米国預託証券(ADR)は中国IT大手のテンセント(00700)や大型金融株の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)、中国平安保険(02318)が香港終値を下回った半面、長期金利上昇による利ざや拡大が期待できるHSBC(00005)が上回って引けた。

 前日の上海総合指数の反落も投資家心理を冷やすだろう。中国人民銀行(中央銀行)は29日まで3営業日連続で公開市場操作を見送り、リバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)の償還に伴い銀行間市場から資金を吸収している。あすは中国国家統計局が1月の購買担当者景気指数(PMI)を発表する予定で、市場に様子見ムードが広がる展開がありそうだ。

 もっとも、香港市場では株式相場の中長期的な先高観が根強く、相場の下げは限定的と予想する。押し目到来を望んでいた投資家は、前日のハンセン指数の反落を強気相場のなかの調整と受け止め、買いを入れる可能性がある。10日移動平均(29日終値時点で32532.32ポイント)が下値支持線として意識されるだろう。上海総合指数も前日終値が心理的節目の3500ポイントに近い水準に落ち込んだこともあって、下値を売り込む動きは限定的とみる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は堅調、米長期金利上昇に連れてドル買い広がる

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。108円51銭から109円06銭まで上昇した。値ごろ感から国内勢のドル買い・円売りが先行。その後、トランプ米大統領の一般教書演説を明日に控え、米10年債利回りが2.65%台から2.70%台まで上昇したことで、ドル買いが徐々に広がった。
 ユーロ・円は134円83銭まで下落後、135円34銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.2385ドルから1.2432ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円108円90-00銭、ユーロ・円135円10-20銭
・日経平均:始値23707.14円、高値23787.23円、安値23580.17円、終値23629.34円(前日比2.54円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は堅調、米長期金利上昇に連れてドル買い広がる

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。108円51銭から109円06銭まで上昇した。値ごろ感から国内勢のドル買い・円売りが先行。その後、トランプ米大統領の一般教書演説を明日に控え、米10年債利回りが2.65%台から2.70%台まで上昇したことで、ドル買いが徐々に広がった。
 ユーロ・円は134円83銭まで下落後、135円34銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.2385ドルから1.2432ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円108円90-00銭、ユーロ・円135円10-20銭
・日経平均:始値23707.14円、高値23787.23円、安値23580.17円、終値23629.34円(前日比2.54円安)
【経済指標】
・特になし
【要人発言】
・金融庁
「仮想通貨取引所のコインチェックに業務改善命令を発出した」
「原因究明、顧客への適切な対応、経営管理強化など要請」
「コインチェックに2月13日までの報告を求めた」

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル112円前半で下げ渋り、米長期金利上昇が支援

[東京 10日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて、ドル安/円高の112円前半。午前までに円売りポジションの巻き戻しは一服し、午後は次の材料を待つ展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN午前=序盤の米長期金利上昇・ドル買いきっかけに欧州通貨が調整

 ロンドン午前は、欧州入りにかけて、南北(韓国・北朝鮮)首脳間ホットライン(直通電話)の再開を北朝鮮の最高指導者・金正恩朝鮮労働党委員長が指示したとのニュースが流れるなか、時間外取引で米長期金利が上昇する格好で動意を再開した。米10年債利回りが2.469%前後まで小幅に上昇。リスク回避姿勢の後退を意識した動き出しだった。ドルが強含み、ドル円は本日朝方からのレンジ上限112.40円の上抜けをうかがった。しかし、ドル強含み場面の欧州通貨安により、クロス円も下落。クロス円の円買いに引っ張られ、ドル円も伸び悩んだ。米長期金利の下押しも、ドル円の重しとなった。
 欧州通貨は、米長期金利上昇によるドル買いが失速してからも、昨日の上昇に対する調整が進行。ユーロドルは1.2011ドルと前日の上昇幅をほぼ帳消し。ユーロ円は年末12月29日以来の安値134.81円まで下落した。ポンドドルは欧州序盤につけた1.3613ドルから1.3557ドルまで失速。ポンド円は152円後半から152.12円まで水準を下げた。
 オセアニア通貨は、軟化した欧州通貨に対するクロスの動きが支えとなった。豪ドル/ドルは0.7840ドル、NZドル/ドルは0.7111ドルを上値とした本日高値圏を維持。豪ドル円は一時88.07円、NZドル円は79.86円まで小幅高となった。
 オセアニア通貨と同じく資源国通貨であり、産油国通貨の加ドルは、原油相場の底堅さも支援材料に、対ドルでは1.25加ドル付近と、昨年10月以来の加ドル高水準で推移。加ドル円は89円後半でもみ合った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米長期金利上昇によるドル買いを受けユーロドル小幅安、ユーロ円もじり安

 時間外で取引再開した米長期金利上昇から、ユーロドルは1.2031ドルまで小幅にドル安・ユーロ高推移となった。この後に発表となる独雇用指標を受けたユーロ相場の振れにも留意したい。
 ユーロ円も135.15円までじり安。ドル円が朝方からのレンジ上限112.40円を上抜くことができず伸び悩み、円安推移を強めきれなかったことが、クロス円の動きを重くしている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米長期金利上昇によるドルじり高でユーロドルは小幅安1.2036ドル

現在の推移(レンジ)  
ユーロドル 1.2036ドル (1.2066/ 1.2036)
ユーロ円 135.26円 (135.51/ 135.25)
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。

FX為替ニュース

, , , , , ,

米長期金利上昇でドル買い優勢、ドル円は113.28円まで水準上げる

現在の推移(レンジ)   
ドル円    113.27円  (113.28 /  112.84) 
ユーロドル 1.1841ドル (1.1858 /  1.1829) 
ユーロ円  134.13円   (134.16 /  133.62) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は主に113円台半ばで推移か、米長期金利上昇や株高を意識してドル下げ渋りも

 11日のドル・円相場は、東京市場では113円69銭から113円38銭まで下落。欧米市場では113円24銭まで売られた後に113円58銭まで反発し、113円55銭で取引を終えた。
 本日12日のドル・円は、主に113円台半ばで推移か。市場の様子見ムードが強まる中、米長期金利や日経平均株価を眺め、113円台半ばで底堅く推移する展開となろう。
 海外市場では米株式市場の上昇や米長期金利の上昇がドル買い・円売りの下支え要因となった。ただ、米ニューヨークのマンハッタンの爆発事件を背景に、比較的安全資産とされる円を物色する動きも入り、ドルの上値を抑えたもよう。本日の東京市場もこの流れを継続すると予想する。日経平均株価が堅調に推移した場合、113円台半ばで底堅く推移すると展開となろう。
 12日(米東部時間)から2日間の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、積極的にポジションを取る動きは控えられている。CMEグループのフェドウォッチでは(12月11日時点)では0.25ポイントの利上げが80%超の確率で織り込まれている。市場関係者の多くはFOMCが公表する2018年の政策金利見通しや経済見通しを注目しており、一部の市場関係者は、政策金利見通しはFOMCの声明内容と同等以上の重要性があると考えているようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,