タグアーカイブ: 米長期金利上昇

ドル・円:ドル・円は一時110円99銭、米長期金利上昇を意識したドル買い継続

 18日午前の東京市場でドル・円は一時110円99銭まで上昇。日経平均株価は57円高で午前中の取引を終了したが、米長期金利の上昇を意識したドル買いがただちに後退する可能性は低いと見られており、この後のアジア市場でドル・円は111円台に上昇する可能性が依然として高いと予想される。ここまでのドル・円の取引レンジは110円72銭から110円99銭で推移。
・ユーロ・円は、130円60銭から131円00銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1789ドルから1.1808ドルで推移
■今後のポイント
・110円台半ば近辺で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=111−112円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
・NY原油先物(時間外取引):高値71.67ドル 安値71.51ドル 直近値71.64ドル

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は一時110円99銭、米長期金利上昇を意識したドル買い継続

 18日午前の東京市場でドル・円は一時110円99銭まで上昇。日経平均株価は57円高で午前中の取引を終了したが、米長期金利の上昇を意識したドル買いがただちに後退する可能性は低いと見られており、この後のアジア市場でドル・円は111円台に上昇する可能性が依然として高いと予想される。ここまでのドル・円の取引レンジは110円72銭から110円99銭で推移。
・ユーロ・円は、130円60銭から131円00銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1789ドルから1.1808ドルで推移
■今後のポイント
・110円台半ば近辺で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=111−112円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
・NY原油先物(時間外取引):高値71.67ドル 安値71.51ドル 直近値71.64ドル
【経済指標】
・日・4月全国消費者物価コア指数:前年比+0.6%(予想:+0.7%、3月:+0.9%)
・日・4月全国消費者物価指数:前年比+0.6%(予想:+0.7%、3月:+1.1%)
【要人発言】
・衆院外務委員会
「11カ国で署名した環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案を与党などの賛成多数で可決」
・河野外相
「米鉄鋼輸入対抗措置、検討中で決定したことはない」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は主に110円台後半で推移か、米長期金利上昇などを意識してドル下げ渋りも

 17日のドル・円相場は、東京市場では110円08銭から110円63銭まで上昇。欧米市場でドルは110円86銭まで一段高となり、110円76銭で取引を終えた。
 本日18日のドル・円は、主に110円台後半で推移か。米長期金利の小幅な上昇を背景にドル買い・円売りが加速している。日経平均株価の動きをながめ、110円台後半で堅調に推移する展開が予想される。
 米長期金利の小幅な上昇を背景にドル買い・円売り地合いが継続。また、5月のフィラデルフィア連銀景況指数が34.4と予想を上回ったほか、4月の米景気先行指数も0.4%上昇と堅調な内容になったことも、ドル買いを加速させた。さらに、米中貿易摩擦解消に向けた2回目の公式協議では、米国の対中貿易赤字削減の要求に対して中国は米国産品の輸入拡大やその他の措置で2000億ドルの赤字削減をトランプ大統領に提案したと一部で報じられるなど、事態打開への期待感が強まったこともドルの支援材料となっている。
 本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、主に110円台後半でしっかりとした値動きが予想される。ただ、最近の上昇を受けて利益確定目的のドル売りや週末要因による持ち高調整の動きも入りやすい展開となりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は小幅安、米長期金利上昇を嫌気した売りも

COMEX金6月限終値:1289.40 ↓2.10
 17日のNY金先物6月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−2.10ドルの1オンス=1289.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1284.00ドルまで売られた。米長期金利の上昇やユーロ安を嫌った売りが入ったことで金先物の上値は重くなった。ただ、米朝首脳会談の開催が危ぶまれていることから、安全逃避的な買いが観測されており、金先物の下げ幅はやや縮小した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は小幅安、米長期金利上昇を嫌気した売りも

COMEX金6月限終値:1289.40 ↓2.10
 17日のNY金先物6月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−2.10ドルの1オンス=1289.40ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1284.00ドルまで売られた。米長期金利の上昇やユーロ安を嫌った売りが入ったことで金先物の上値は重くなった。ただ、米朝首脳会談の開催が危ぶまれていることから、安全逃避的な買いが観測されており、金先物の下げ幅はやや縮小した。

・NY原油先物:横ばい、米長期金利の上昇や株安を受けて上げ渋る
NYMEX原油6月限終値:71.49 0.00
 17日のNY原油先物6月限は横ばい。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比変わらずの71.49ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて72.30ドルまで買われた後に71.09ドルまで下げる展開となった。中東情勢の悪化に対する警戒感は消えていないが、米長期金利の上昇や株安を受けて原油先物は上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円は米長期金利上昇を受け1/23以来高値、クロス円も円売り強めたが対ドルでの各通貨の下落で頭打ち

 ドル円は米長期金利の上昇を受け、1月23日以来の高値110.57円まで上伸した。時間外取引で、米10年債利回りは2011年7月以来の高水準3.121%へ跳ね上がった。
 クロス円もドル円に連れ高となり、ユーロ円が一時130.57円、ポンド円は149.73円、豪ドル円は4月19日以来の高値83.26円、加ドル円は2月12日以来の高値86.52円と、総じて円安。ただ、ドル円のドル買い・円売り主導での円安だったので、ほどなく対ドルでの各通貨の軟化に引っ張られ、対円でも伸び悩む通貨が多かった。
 ユーロドルは1.18ドル前半から一時1.18ドル割れ、ポンドドルは1.3560ドル付近から1.35ドル前半、豪ドル/ドルは0.75ドル半ばから0.75ドル前半へ下押した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は110円20銭台で推移、米長期金利上昇を意識したドル買いは継続

 16日午前の東京市場でドル・円は110円20銭台でもみ合う展開。日経平均株価は小幅安で推移しており、リスク選好的なドル買いは増えていないようだ。ただし、米長期金利の一段の上昇を意識したドル買いは継続しており、ドル・円はアジア市場で110円台を維持する可能性は高いとみられる。ここまでのドル・円の取引レンジは110円20銭から110円38銭で推移。
 ユーロ・円は、130円76銭から130円99銭で推移、ユーロ・ドルは、1.1817ドルから1.1843ドルで推移。
■今後のポイント
・109円台後半で個人勢などのドル買い興味
・1ドル=110円-111円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値71.04ドル 安値70.90ドル 直近値71.02ドル

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円 110.25円近辺、米長期金利上昇を受けた買いが一服

 米長期金利上昇を受けたドル買いが一巡し、ドル円はNY終値110.35円から110.25円近辺に押し戻して推移。また、ユーロドルは1.1825ドル近辺、ポンドドルは1.35ドル近辺、豪ドル/ドルは0.7470ドル近辺で上値が重い。
 東京タイムでは1-3月期GDP・1次速報値の発表が予定されている。10-12月期から伸びの鈍化が予想されており、結果が円相場に影響を与えるか注目したい。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇を嫌気して1300ドルを下回る

COMEX金6月限終値:1290.30 ↓27.90
 15日のNY金先物6月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−27.90ドルの1オンス=1290.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1288.20ドルまで売られた。中東情勢の悪化を意識した安全逃避的な買いが観測されたが、米長期金利の上昇を受けて節目の1300ドルを下回った後はストップロスとみられる売りが執行されており、金先物の下げ幅は拡大した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇を嫌気して1300ドルを下回る

COMEX金6月限終値:1290.30 ↓27.90
 15日のNY金先物6月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−27.90ドルの1オンス=1290.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1288.20ドルまで売られた。中東情勢の悪化を意識した安全逃避的な買いが観測されたが、米長期金利の上昇を受けて節目の1300ドルを下回った後はストップロスとみられる売りが執行されており、金先物の下げ幅は拡大した。

・NY原油先物:続伸、中東情勢悪化に対する警戒感高まる
NYMEX原油6月限終値:71.31 ↑0.35
 15日のNY原油先物6月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.35ドルの71.31ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時71.92ドルまで上昇した。中東情勢の悪化によって原油供給は停滞し、需給ひっ迫を招くとの見方が広がっている。米ドル高や米長期金利上昇を意識して原油先物の上げ幅はやや縮小したが、71ドルを大きく上回る水準で引けている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は堅調、米長期金利上昇にともないドル買い優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。109円65銭から110円00銭まで上昇した。米国10年債利回りが2.99%台から3.02%台まで上昇したことを受けてドル買いが優勢になった。ただ、110円では依然としてドル売り意欲が強かったことや、米株先物が軟調推移だったことで、ドル・円は伸び悩んだ。
 ユーロ・円は130円76銭から131円14銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1910ドルから1.1938ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円109円85-95銭、ユーロ・円131円00-10銭
・日経平均:始値22889.47円、高値22912.06円、安値22805.72円、終値22818.02円(前日比47.84円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は堅調、米長期金利上昇にともないドル買い優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は堅調。109円65銭から110円00銭まで上昇した。米国10年債利回りが2.99%台から3.02%台まで上昇したことを受けてドル買いが優勢になった。ただ、110円では依然としてドル売り意欲が強かったことや、米株先物が軟調推移だったことで、ドル・円は伸び悩んだ。
 ユーロ・円は130円76銭から131円14銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1910ドルから1.1938ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円109円85-95銭、ユーロ・円131円00-10銭
・日経平均:始値22889.47円、高値22912.06円、安値22805.72円、終値22818.02円(前日比47.84円安)
【経済指標】
・日・3月第3次産業活動指数:前月比-0.3%(予想:-0.2%、2月:+0.1%←0.0%)
・中・4月鉱工業生産:前年比+7.0%(予想:+6.4%、3月:+6.0%)
・中・4月小売売上高:前年比+9.4%(予想:+10.0%、3月:+10.1%)
・独・1-3月期GDP速報値:前年比+2.3%(予想:+2.4%、10-12月期:+2.9%)
【要人発言】
・豪準備銀行の5月理事会議事要旨
「目先政策変更する強い根拠ないとの認識で一致」
「現状踏まえると、次の動きは利上げとの見方で一致」
「失業とインフレの改善は緩やかにとどまる見通し」
「鈍い賃金の伸びなどを踏まえると、インフレ率は当面低水準が続く見通し」
・黒田日銀総裁
「物価2%達成時期の削除、達成期限と捉えられること政策委員会の意向と合わない」
「長期金利目標を当面、動かすことは考えられない」

FX為替ニュース

, , , , , ,

豪ドル・円:伸び悩み、米長期金利上昇を嫌気した豪ドル売りも

15日のアジア市場で豪ドル・円は伸び悩み。一時82円71銭まで買われたが、米長期金利の上昇を意識した豪ドル売り・米ドル買いが増えた関係で豪ドル・円の上値は重くなった。米ドル・円相場は円安方向に振れたが、豪ドル売り・米ドル買いの勢いが勝った。豪ドル・ドルは0.7538ドルから0.7503ドルまで下落。なお、ユーロ・円は130円76銭から131円13銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:82円48銭-82円71銭

FX為替ニュース

, , , , , ,