タグアーカイブ: 米長期債利回り

ドル円はじり安、米株が軟調で米長期債利回りも低下

 米株が軟調地合いとなり米長期債利回りも低下していることを受けて、ドル円は113円半ばで頭を抑えられ、113.32円までじり安の展開。クロス円も上値が重く、ユーロ円が133.21円付近まで売り戻され、ポンド円が148.62円まで下値を広げている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米10月PPI前に米長期債利回りは低下、ドル円もじり安に

 まもなく発表される米10月生産者物価指数前に、米10年債利回りはやや低下傾向となり2.39%付近で推移。長期債利回り低下にドル円も113.44円まで下値を広げ、ユーロドルが1.1750ドルまで上値を伸ばしている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は113.79円へ強含み、米長期債利回りが上昇

 米10年債利回りが2.38%台とNY引けより高い水準へ上昇すると、ドル買い基調となり、ドル円は113.79円まで上値を伸ばしている。ユーロドルも1.1641ドル、ポンドドルが1.3280ドルまでドルが強含んだ。
 NZ雇用指標が好調で上昇したNZドル/ドルは、買い一巡後は0.69ドル付近で伸び悩み、0.6893ドル近辺での推移。豪ドル/ドルは0.76ドル半ばで小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は113円後半で伸び悩み、米長期債利回りは低下

 ドル円は、米長期債利回りを眺めながらの動きが続いている。米10年債利回りが2.43%後半まで上昇すると、ドル円も113.80円まで上値を伸ばした。しかし、米債利回りが低下とともに、113.65円付近まで売り戻されている。ユーロ円も134.49円まで上昇したが、ドル円に連れ安となり、134.30円付近で推移。ポンド円がロンドンタイムは売り先行となり、150.22円まで下値を広げた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米長期債利回りが上昇、ドル円は113.68円付近まで強含み

 米10年債利回りが2.37%台から2.38%半ばまで上昇し、ドル円も113.68円まで上値を伸ばしている。また、ユーロドルは1.1743ドルまでじり安、豪ドル/ドルが0.7784ドルまで下値を広げた。ポンドドルも1.3189ドルと上値が重い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は昨日の高値超え、米長期債利回りも上昇

 ドル円は昨日の高値超えし、112.53円まで上値を伸ばしている。クロス円もドル円に連れ高となり、ユーロ円は132.36円、ポンド円が148.29円、豪ドル円は88.18円まで強含んでいる。
 米10年債利回りが2.314%まで上昇していることが、ドル円を買い要因となっているか。日足一目均衡表・転換線が112.55円に位置していおり、この後の動きのポイントとなりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米長期債利回りは低下、ドル円は112.円前半で下値を広げる

 米10年債利回りが2.33%台へ低下していることで、ドルの上値が重くなっている。ドル円は112.16円まで下値を広げ、ユーロドルは再び1.18ドル台に乗せた。ポンドドルは1.31ドル後半で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円112円半ば、米長期債利回りは上昇気味

 時間外取引で上昇気味に推移している米長期債利回りの動向も支えに、ドル円は112円半ばでしっかり。また、ユーロドルは1.1770ドル、ポンドドルは1.3408ドルまで下押し、豪ドル/ドルは0.78ドル後半、NZドル/ドルは0.72ドル近辺で上値が重い。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円112.20円前後、米長期債利回りは2.24%近辺

 米10年債利回りは、ダドリー米NY連銀総裁が米経済に対してポジティブな発言をしたこともあり、ロンドン時間につけた2.23%近辺から2.255%前後まで上昇した。しかしその後は利回りは小幅に低下し、現在は2.24%近辺。ドル円は米金利低下を横目に上値が重くなり、現在は112.20円前後で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円112.05円近辺、米長期債利回りの低下も重し

 ドル円は112.05円近辺に押し戻されるなど、やや上値の重い動き。米10年債利回りが2.232%(-0.018)まで低下したのも、ドル円の上値を圧迫している。
 週末に行われた独総選挙もユーロの圧迫材料と意識され、ユーロドルは1.19ドル近辺で上値が重く、ユーロ円は133.25円まで弱含んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円に再び買い、米長期債利回りの上昇継続で

 米10年債利回りが2.17%台まで上昇基調を強めたこともあり、ドル円に再び買いが入り110.20円まで上昇した。また、ユーロ円は131.78円、ポンド円は146.26円、豪ドル円は88.48円まで一段高。リスクオフの姿勢後退による円売りが続いている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円は110円近辺でもみ合い、米長期債利回りは上昇基調維持

 米長期債利回りは緩やかに上昇基調を維持しているが、ドル円は110.10円を高値に上昇が一服し、110円近辺でもみ合い。
 国連の北朝鮮への追加制裁措置は中国とロシアの支持を得るため原案よりもソフトな内容となったが、北朝鮮は決議を拒否すると表明し、米国は間もなく「最大の苦痛」に直面すると主張した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円108円半ばまで回復、米長期債利回りは2.06%近辺

 ドル円は年初来安値となる108.05円まで下落後、108円半ばまで回復している。米10年債利回りは2.03%台まで低下後2.06%近辺まで戻している。ユーロ円は130円前半、ポンド円は141円後半で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円半ばに押し戻される、米長期債利回りが低下

 米10年債利回りが2.24%近辺まで低下し、ドル円は110.47円まで小反落。ペンス米副大統領は、北朝鮮問題に関してあらゆる選択肢が検討対象であると述べた。
 ドルが重い動きで、豪ドル/ドルは0.7897ドル、NZドル/ドルは0.7281ドルまで上値を伸ばし、ユーロドルは1.1735ドル近辺に持ち直した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・10日=円全面高、米長期債利回りも大幅に低下

 NYタイムの為替市場は円が全面高だった。北朝鮮の地政学リスク回避でロンドンの午前から円は強かったが、米7月生産者物価指数が前月比ベースで、市場予想の+0.1%が-0.1%、コアも市場予想の+0.2%が-0.1%と下振れしたことで、米金利の低下がより円買い材料になった。米10年債利回りは一時2.208%まで低下し、これを受けてドル円も109円前半まで下落した。その後ダドリー米NY連銀総裁が、中期的にインフレは2%に戻るとは思わないと発言したことをうけ、10年債利回りは2.196%まで低下して、ドル円も緩やかなスピードで109.16円まで安値を拡げた。米株式市場も大幅に下落し、ダウ平均は200ドル以上下げ、ナスダック総合は2%を超える下げ幅を記録した。クロス円も重く、ユーロ円は7月6日以来の128.23円、ポンド円は6月26日以来となる142.65円まで下落した。
 ユーロとポンドはクロス円の売りで上値を抑えられたが、米国の弱いPPIの結果でドルが売られたこともあり、ユーロとポンドの下値を支えた。ユーロドルは1.17ドル半ば、ポンドドルは1.29ドル後半を中心に、本日のレンジのほぼ真ん中で取引された。一方スイスフラン(CHF)は昨日同様に、リスクオフでCHF買いになり、0.9619CHFまでCHFは強含んだ。
 オセアニア通貨も対円では下落した。本日NZ準備銀行(RBNZ)は市場の予想通りに金利を据え置いたが、それ以後にウィーラーRBNZ総裁とマクダーモットRBNZ総裁補佐が、NZドル安誘導発言をしたこともあり、NZドル円は79.43円まで下落。豪ドルは対NZドルでは大幅に上昇したが、対円では85.99円まで下がった。
 6時現在、ドル円は109.20円、ユーロドルは1.1772ドル、ユーロ円は128.56円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,