タグアーカイブ: 米債利回り上昇

NY為替・17日=ドル円は111円前半で強含み 米株と米債利回り上昇を受け

【修正:タイトルを修正しました。】 
 NYタイムの為替市場は、米株式市場の力強さ、米債系利回りの上昇を受けて、ドル円が110円半ばから111円前半まで強含んだ。ダウ平均は300ドル超高となり、米10年債利回りは2.57%後半まで上昇。ドル円は、110円後半でもみ合う時間が長かったものの、111円の売りをこなし、その上のストップロス買いを巻き込み111.27円まで上値を伸ばした。株高にクロス円もリスク選好の円売り・他通貨買いの流れとなり、ユーロ円が135.16円を底に135.98円まで、ポンド円は2016年6月以来の154円台乗せ、154.29円までレンジの上限を広げた。他、豪ドル円は89.00円、NZドル円が81.20円、加ドル円は89.63円まで強含んだ。
 本日はポンドの買いが目立った。ポンドドルは1.38ドル付近から2016年6月24日以来の水準1.3942ドルまで急騰。ロンドンフィックスにかけてポンド買いが強まり、上値追いの展開となった。EU離脱への懸念や、メイ英首相の指導力への疑問符などで買い向かえなかった投資家が、上昇の動きを確認して買い始めたもよう。ただし、その後のドル買いの動きに、1.38ドル半ばまで売り戻されている。ユーロドルはNY序盤に1.2197ドルまで弱含み。ドイツ大連立政権の協議難航への懸念、ECB高官のハト派寄りの発言やユーロ高への警戒感などを背景に、ユーロロングを手仕舞う動きがみられた。売り一巡後は、ポンドドルに連れ高となり1.22ドル後半まで買い戻されるも、NY引けにかけては再び1.22ドル前半に押し戻された。
 加ドルが上下に激しく振れた。カナダ銀行(BOC)が市場の予想通りに、政策金利を25bp引き上げ1.25%にしたことを受けて一瞬加ドル買いに傾くも、その後は一転し加ドル売りとなった。BOCはその声明で、利上げペースに対して慎重スタンスを示唆したことが、加ドル売りを呼んだ。ドル/加ドルは1.23加ドル後半から1.2521加ドルまで加ドルが弱含み。しかし、その後のポロズBOC総裁の会見がそれほどハト派寄りではなかったことで、再び加ドル買い。ドル/加ドルは、1.23加ドル後半まで加ドル買い・ドル売りとなった。
 オセアニア通貨は堅調に推移。豪ドル/ドルは昨年9月21日以来の高値0.8023ドル、NZドル/ドルも同月25日以来の水準0.7331ドルまでレンジの上限を広げた。18日(木)発表の豪12月雇用指標や、オセアニアと経済的に結びつきが強い中国の経済指標に対する期待感が買いにつながった。
 6時25分現在、ドル円は111.25円付近、ユーロドルが1.2208ドル近辺、ユーロ円は135.84円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米債利回り上昇のなか ユーロドルが弱含み

 NY勢が参入前であり薄商いではあるものの、米10年債利回りが2.49%台に上昇し、米2年債利回りも2008年10月以来の1.9%台に乗せている。ドル円は、113.31円前後でこう着状態変わらずだが、ユーロドルが1.1850ドルまでややユーロ売り・ドル買いの動きとなった。ポンドドルも1.3355ドルまでじり安。ユーロドルに連れ安となり、ユーロ円が134.27円まで下値を広げている。ポンドドルは、131.33円前後で上値が重い。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・7日=ドル円113.16円まで上昇、NY株高と米債利回り上昇で

 NY為替市場のドル円は、主要株式3指数が堅調に推移し、米10年債利回りが2.37%台まで上昇したことで11月16日以来の高値113.16円まで強含みに推移した。米新規失業保険申請件数は23.6万件となり、3週連続で減少した。
 ユーロドルは、ドイツ社会民主党(SPD)の党大会で大連立協議が支持されたことで1.1815ドルまで強含んだ後、米10年債利回りが2.37%台まで上昇したことで11月22日以来の安値1.1773ドルまで反落した。ユーロ円は133.29円まで強含みに推移した。
 ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)協議で進展が見られ、英国とアイルランドが国境問題で合意に近づいたとの報道を受けて、ポンドドルは1.3485ドル、ポンド円は152.47円まで上昇した。
 加ドルは、昨日のカナダ中銀(BOC)のハト派的な声明やカナダ11月Ivey購買部景況指数が63.0となり10月63.8から低下したことなどで弱含み、対ドルで1.2868加ドル、対円で87.51円まで加ドル安に推移した。
 豪ドル/ドルは0.7505ドルまで弱含み、豪ドル円は84.95円前後まで強含みに推移した。NZドル/ドルは0.6824ドルまで弱含み、NZドル円は77.30円前後まで強含みに推移した。
 南ア・ランド(ZAR)は、来週の与党アフリカ民族会議(ANC)の党首選に向けたポジション調整の売りが優勢となり、対円では8.23円、対ドルでは13.74 ZARまでじり安に推移した。
 6時現在、ドル円は113.10円、ユーロドルは1.1774ドル、ユーロ円は133.16円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:ドル上昇、ダウや米債利回り上昇で

[欧米市場の為替相場動向]
NY外為市場でドルは上昇した。米債利回りや米国株式相場の上昇が背景となる。
米10年債利回りは2.37%から2.39%へ上昇。ダウは寄り付き後57ドル高で推移した。
ドル・円は112円58銭から112円83銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1846ドルから1.1813ドルまで下落。11月30日来の安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・20日=米債利回り上昇で、ドル円は底堅い

 NY為替市場は、ドルが堅調に推移した。米株が主要3指数共に堅調に推移したことと、米10年債利回りが一時2.37%まで上昇したことを背景に、ドル円は緩やかながら112.72円まで上昇した。また米10月景気先行指数は前月比+1.2%となり、市場予想の+0.6%を上回り、9月の景気先行指数も-0.2%から+0.1%へ上方修正されこともドルの買い支えになった。クロス円も堅調で、ポンド円は149.24円、豪ドル円は85.08円、NZドル円は76.74円まで上値を広げ、ユーロ円は132円前半で底堅かった。
 独政局の混迷を背景に東京市場で1.1722ドルまで下落したユーロドルは、ロンドン午前に1.1812ドルまで回復したが、米金利の上昇を受けて1.17ドル前半までドル買いが進んだ。ドル/スイスフラン(CHF)も0.9937CHFまでドル高になった。一方、ポンドドルはユーロ売り・ポンド買いが出ていたこともあり、1.32ドル前半で堅調に推移した。
 オセアニア通貨は、豪ドル/ドルは0.75ドル半ば、NZドル/ドルは0.68ドル前半で小動きだった。
 6時現在、ドル円は112.62円、ユーロドルは1.1731ドル、ユーロ円は132.12円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN午前=株反発・米債利回り上昇で、ドル円113円前半

 ロンドンタイム午前の為替相場では小動きも、ドル円・クロス円が底堅い動き。昨日の世界同時株安の動きが後退し、日経平均の大幅反発に続き欧州株も軒並み買いが優勢となった。また、米10年債利回りが2.36%台に上昇し、ドル円は113.33円まで上値を伸ばした。
 クロス円も小じっかり。ユーロ円は133.46円、豪ドル円は86.03円、加ドル円は88.80円まで強含み、NZドル円は77円半ばで下げ渋った。ややドル買いが優勢となる中、ユーロドルは1.1801ドルを頭に1.17ドル後半で上値の重い動きとなった。ユーロ圏10月消費者物価指数(HICP)・確報値は前年比+1.4%と市場予想と一致し、速報値の+1.5%から下方修正された。また、豪ドル/ドルは0.75ドル後半、ドル/加ドルは1.27加ドル後半で動意が鈍く、NZドル/ドルは0.68ドル半ばで軟調な動き。
 ポンドはやや買いが優勢で、ポンドドルは1.3197ドル、ポンド円は149.46円まで上昇した。英10月小売売上高(自動車燃料含む)は前月比+0.3%と、市場予想を上回った。また、一部報道によると、メイ英首相は来月の第1週に欧州連合(EU)離脱の清算金を200億ポンド引き上げる準備を進めるもよう。EU側と英国の清算金をめぐる見解の相違が難航している離脱交渉の大きな要因となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米債利回り上昇を受けドル買い戻し、ドル円は113.48円付近

 米10年債利回りが2.37%台から2.39%台に上昇しドルが買い戻され、ドル円は113.49円付近で推移している。ユーロドルも1.16ドル半ば、ポンドドルが1.32ドル付近と、米11月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表前水準まで戻している。クロス円は、ドル円に連れ高となり、ユーロ円が132.32円、ポンド円は149.90円まで上値を伸ばした。

FX為替ニュース

, , , , , , ,