タグアーカイブ: 米債利回り上昇

米債利回り上昇でドル高、同時にリスクも存続

 米国10年債利回りが心理的節目となっていた3%を突破した。今後、この水準が天井から底辺になる可能性が出てきた。30年の米国債強気サイクルが終了し、弱気サイクルに転じた可能性が指摘されている。米国の金利先高感に伴うドル高も予想される。ただ、中長期的にドルは上昇するがいくつかのリスクも存続し、ドルが一気に上昇する可能性は少なそうだ。
ドル高に伴い、新興諸国通貨が大きく下落している。今後のリスクのひとつとして、新興諸国の通貨安が経済の混乱につながり、最終的に世界経済を脅かすリスクが挙げられる。年4回の利上げ観測が強まる中、FOMCは金融政策決定にあたり、新興諸国動向も考慮していく必要がでてくる。
2つ目は、イランと北朝鮮という地政学的リスクが根強い。軍事演習などを理由に、北朝鮮が韓国とのハイレベルの対話を拒否。1カ月未満に迫った米朝首脳会談が果たして開催されるかどうかも懐疑的見方が浮上した。会談の行方を巡り、緊張が一層高まるリスクも残る。さらに、イラン情勢も悪化。米国がイラン核合意を離脱し、対イラン制裁を強化する方針を示したほか在イスラエル大使館をエルサレムに移転させたため、中東情勢も緊張が高まった。
3つ目は貿易問題。19日まで訪米している中国の劉鶴副首相は米国との貿易協議に楽観的な見通しを示した。しかし、北朝鮮やイラン核問題など安全保障を絡めた交渉は複雑で、依然リスクとなる。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替・16日=ドル円 110円前半で底堅い、米債利回り上昇が下支え

 NYタイムの為替市場は、ドル円は110.04円を底に110.41円までじり高となった。米10年債利回りが3.10%台まで上昇し、本日も約6年10カ月ぶりの高値を更新したことでドルが下支えられた。注目の第2回米中通商協議では、米代表団を主導するのは対中強硬派のナバロ米国家通商会議(NTC)委員長ではなく、ムニューシン米財務相になると報じられた。
米4月住宅着工件数は128.7万件と市場予想を下回るも、3月分が131.9万件から133.6万件へ上方修正。また、米4月鉱工業生産(前月比)は+0.7%と市場予想を上回り、前回値も上方修正された。
 伊新政権への警戒感で伊株や債券は軟調となり、NY入り際までユーロは対主要通貨に対して売りが優勢。しかし、連立政権の一翼である極右政党「同盟」の報道官から「公式政策には、ECBに対して伊債務の免除要請を盛り込まない」との発言が伝わると、ユーロ買い戻しの動きとなった。ユーロドルは昨年12月18日以来の安値1.1764ドルから1.18ドル前半へ、ユーロ円が129.53円を底に130円前半へ水準を戻した。ユーロ/CHFも1.1772CHFのユーロ安から1.18CHF前半へユーロが反発している。
 ポンドドルは1.35ドル前半まで強含むも再び1.34ドル後半へ下押され、ポンド円が149円近辺まで反発後に148円後半で上下した。
 オセアニア通貨は買い戻しの動き。豪ドル/ドルが0.74ドル後半から0.7523ドル、NZドル/ドルが0.68ドル後半から0.6917ドルまで本日レンジの上限を広げた。豪ドル円は82.98円、NZドル円が76.26円まで上値を伸ばした。17日発表の豪4月雇用指標やNZ1-3月期生産者物価指数を控えてポジション調整の動きとなった。
 米週間原油在庫が2週連続取り崩しとなり、NY原油先物も71ドル台で底堅さ継続。産油国通貨の加ドルは、1.28加ドル台から1.2778加ドルまで加ドル高・ドル安に振れた。加ドル円が86.32円までレンジの上限を広げた。
 トルコ中央銀行がリラ安を防ぐために必要な措置を講じるとの見解を表明し、トルコリラ(TRY)は反発。TRY円が25.06円、ドルTRYは4.39TRY半ばまでTRYが買い戻された。南ア・ランド(ZAR)も一時買いが強まり、ZAR円が8.89円、ドルZARは12.39ZAR前半までZAR高に振れた。
 6時現在、ドル円は110.39円、ユーロドルが1.1807ドル、ユーロ円は130.34円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル110円前半に上昇、米債利回り上昇や小売売上高の増加で=NY市場

[ニューヨーク 15日 ロイター] – ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。主要6通貨に対するドル指数が昨年12月以来の高値を付けたほか、対円でも2月初旬以来の高値を付けた。米国債利回りの上昇や小売売上高の増加がドル買いにつながった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替・15日=ドル円 110.45円まで強含み、米債利回り上昇を受け

 NYタイムの為替市場では、米債利回りの上昇を受けて、ドル円が2月2日以来の高値110.45円まで強含んだ。NY午後には、北朝鮮が16日予定していた韓国との閣僚級会談への参加を中止すると伝わったが、市場の反応は限定的だった。米10年債利回りは、目安と見られていた3.05%を超えると上昇力を強め、2011年7月以来の3.09%前半まで上値を伸ばした。
 ドルは欧州通貨に対しても買いが先行し、ユーロドルは1.1820ドルと年初来のユーロ安・ドル高、ポンドドルが1.3451ドルと昨年12月末以来のポンド安・ドル高に振れた。しかし、ロンドンフィックスでは欧州通貨買いとなり、ユーロドルは1.18ドル後半まで水準を戻す場面もあった。ポンドドルが1.35ドル前半を回復し、そのまま底堅く推移した。
 米5月NY連銀製造業景況指数が+20.1と市場予想や前回値から上振れ、米4月小売売上高は前月比+0.3%と市場予想通りも同3月が上方修正された。
 急速な米金利上昇を嫌気しNY株式市場は軟調な値動きとなり、クロス円も下値を広げた。ユーロ円は130.44円まで売られ、その後の戻しも130円後半が重かった。一方、ポンド円も148.39円までレンジの下限を広げたが、NY午後には149円前半まで反発した。
 低金利政策が継続する見込みが高まり、オセアニア通貨も対ドルで軟調に推移。豪ドル/ドルが0.7448ドルまで弱含み、NZドル/ドルが昨年12月11日以来の水準0.6854ドルまで下落した。豪ドル円は82.19円、NZドル円が75.64円まで下押しした。
 NY原油先物は71ドル後半から70ドル半ばまで下落するも、71ドル前半で引ける底堅い動き。産油国通貨の加ドルも対ドルで、1.2925加ドルまでの加ドル安・ドル高に傾いたが、1.28加ドル後半まで加ドルが買い戻された。加ドル円が85.32円を底に、85円後半を回復した。
 トルコリラ(TRY)は、対円で24.64円、対ドルでは4.4752TRYまでTRY史上最安値を更新した。NY午後にかけてはTRY売りは一服した。
 6時現在、ドル円は110.35円、ユーロドルは1.1838ドル、ユーロ円が130.63円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米債利回り上昇でドル買い、ドル円は109後半で上値伸ばす

 時間外の米10年債利回りが3.017%まで上昇し、ドル買いが優勢。ドル円は109.87円まで強含み、ユーロドルは1.1916ドル、ポンドドルは1.3544ドル、豪ドル/ドルは0.7510ドルまで下押した。軟調のNZドル/ドルは0.6892ドルまで一段安となり、2017年12月11日以来の0.69ドル割れを示現。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル上値試す展開が継続、米債利回り上昇、低調な米5年債入札後

 米財務省は350憶ドル規模の5年債入札を実施した。最高落札利回りは2.837%と、2008年9月の入札以来で最高となった。応札倍率は2.49倍と、前回入札の2.5倍を下回り2月入札以来の低水準にとどまり需要は鈍かった。外国中銀を含む中間ビッドも60.2%で、前回入札時の63.5%を下回った。
昨日の2年債入札と同様に低調な結果を受け、米10年債利回りは3.03%と、2011年7月来の高水準となった。ドルも上値を試す展開が続いた。ドル・円は109円06銭から109円38銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.2200ドルから1.2175ドルへ弱含んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円107.82円前後、地政学リスク後退と米債利回り上昇でも伸び悩み

 朝鮮半島の地政学リスクが後退し、米10年債利回りが2.97%台に上昇し、本邦機関投資家や輸入企業の買いが散見されているにも関わらず、ドル円は107.90円の手前で伸び悩む展開。日経平均株価は軟調に推移しており、懸念材料は麻生財務相の進退か。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【NY為替オープニング】米債利回り上昇でドル買いもG20控え上値も限定

●ポイント
・メスター米クリーブランド連銀総裁「緩やかな利上げは米景気拡大維持を支える」
・エバンス米シカゴ連銀総裁講演(経済情勢と金融政策)
・ユーロ圏・4月消費者信頼感指数(予想:-0.1、3月:0.1)
・IMF・世銀春季総会(22日まで)
・G20財務相・中銀総裁会議(ワシントンD.C.)
 20日のニューヨーク外為市場では米債利回り動向を睨む展開となる。物価の上昇で米10年債利回りは2.91%と2月来の高水準に達した。再び3%を目指す展開となりドル買い材料となる。本日は、エバンス米シカゴ連銀総裁の講演(経済情勢と金融政策)が予定されている。
一方でワシントンで開催が予定されている国際通貨基金(IMF)・世銀春季総会(22日まで)、G20財務相・中銀総裁会議では貿易問題、保護主義問題がトピックとなる。このため、ドルの上昇も限定的か。IMFのラガルド理事は、世界経済の成長には依然勢いがあるものの昨年10月に比べて見通しに暗雲が増えたと言及。貿易問題で、多国間で協議される必要があるとTPPを支持する姿勢を表明した一方、トランプ大統領が推進している2国間の貿易障壁は「効率的ではない」と懸念を表明した。さらに保護主義回避を要請。日銀の黒田総裁も「保護主義は、世界経済にとり良くない」と言及している。
米国では警戒されていた利回り曲線の平坦化もいっぷく。ただ、警戒感は根強い。景気後退の兆候とされる利回り曲線の逆転に関しては、FRB内でも意見が分かれる。セントルイス連銀のブラード総裁は6カ月以内に利回り曲線が逆転する可能性を警告。FRBは今、利回り曲線の問題を協議する必要があると訴えた。政策金利も据え置くべきだとした。米ダラス連銀のカプラン総裁も年2回の利上げにとどめるべきだと主張した。
一方で、クオールズ米FRB副議長(銀行監督担当)は、最近の利回り曲線の平坦化が「景気後退のシグナルではない」と指摘。NY連銀総裁として、連邦公開市場委員会(FOMC)のリーダーチームの一員に年中旬から加わるサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も、利回り曲線の逆転が力強いリセッションの兆候になると認めたうえで、現在の平坦化は「正常」と指摘。景気が改善し、連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げとともに長期金利も上昇し、利回り曲線の逆転を予想していないとした。万が一、利回り曲線が逆転したら真剣に受け止めると加えた。
債務の拡大で、米財務省が大規模な国債供給を継続する必要があることや、成長が一段と強まり、物価も上昇が予想され利上げペースが速まる可能性などを考えると、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁の言及どおり、利回り曲線は再び上昇する可能性が強いと見る。
欧州連合(EU)は英国のアイルランド国境に関する提案を却下。英国のEU離脱に関する不透明感がくすぶる。英国中銀のカーニー総裁は本年の利上げの可能性に言及したものの、タイミングを明確化せず、5月の利上げ観測が大幅に後退。ポンドが軟調推移。
・ドル・円は、200日移動平均水準の110円33銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1995ドルを上回っている限り上昇が予想される。
ドル・円107円62銭、ユーロ・ドル1.2304ドル、ユーロ・円132円42銭、ポンド
1.4046ドル、ドル・スイスは0.9725フランで寄り付いた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

LDNFIX=ドルは全面高、米株続伸と米債利回り上昇で

 ロンドンフィックスにかけてのドル円は、主要株式3指数が米中貿易戦争への警戒感後退で続伸したこと、米10年債利回りが2.82%まで上昇したことで、107.49円まで上昇した。
 ドル円の上昇を受けてクロス円も連れ高に推移した。ユーロ円は131.44円前後、ポンド円は150.50円前後、豪ドル円は82.57円、NZドル円は78.20円前後、加ドル円は84.03円まで堅調に推移した。
 ユーロドルは、米10年債利回りの上昇、ユーロ圏2月の小売売上高が予想を下回ったこと、低調なユーロ圏3月サービス業PMIを受けて1.2221ドルまで下落した。ポンドドルは、米10年債利回りの上昇、低調な英3月サービス業PMIを受けて1.3987ドルまで下落した。
 ドル/加ドルは、トルドー加首相が「北米自由貿易協定(NAFTA)交渉は著しく進展している」と発言したで1.2766加ドルまで加ドル高に推移した後、ドル全面高の流れを受けて1.2807加ドルまで加ドル安に推移した。
 オセアニア通貨は軟調推移。豪ドル/ドルは0.7674ドル、NZドル/ドルは0.7264ドルまで弱含みに推移した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:リスク回避後退、米債利回り上昇に転じる、米株の下げ幅縮小

 NY外為市場で米国株式相場の回復に連れ、リスク回避の動きが後退した。ドル・円は106円12銭から106円59銭まで上昇。ユーロ・円は130円28銭から131円14銭までまで上昇した。
一時500ドル超下落していたダウ平均株価は米国東部時間午前11時20分現在150ドル安と、下げ幅を大きく縮小。米10年債利回りも上昇に転じ、2.77%から2.78%で推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,