タグアーカイブ: 米下院

米下院の共和党保守派議員、イエレンFRB議長の再任阻止へ書簡

[ワシントン 19日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事を巡り、下院共和党の保守派グループ「フリーダム・コーカス」のメンバーが、イエレン現議長の再任阻止に向けて動いていることが分かった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米下院、10月5日に予算決議案採決へ 可決の見込み=予算委員長

[ワシントン 28日 ロイター] – 米下院予算委員会のダイアン・ブラック委員長は28日、税制改革法案の進展に必要となる2018会計年度予算決議案について、共和党は可決に必要な支持票が十分集まっていると述べ、10月5日に本会議で採決するとの見通しを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米下院、1.2兆ドル規模の新年度予算案を可決 上院の反発必至

[ワシントン 14日 ロイター] – 米下院は14日、新年度(10月1日から)の歳出を賄う1兆2000億ドル規模の予算案を可決した。ただ、上院では法案に盛り込まれた多くの条項を巡って反発が予想されており、審議は12月まで長引く可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米下院、自動運転車の普及促進法案を全会一致で可決

[ワシントン 6日 ロイター] – 米連邦議会の下院本会議は6日、自動運転車の普及を促進するための法案を全会一致で可決した。自動運転車の規制で連邦政府の当局が主導的役割を担い、各州が自動運転車を締め出すのを禁止することで、普及を加速させる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米下院、歳出削減ない債務上限引き上げ支持する可能性低い=議員

[ワシントン 8日 ロイター] – 米下院歳出委員会のメンバーを務める共和党のコール議員は8日、下院共和党が歳出削減を伴わない連邦債務上限引き上げを支持する可能性は低いとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】17日の要人発言=米下院「24日に前FBI長官を招き公聴会」

黒田日銀総裁
「安倍首相からは、金融政策に関する話はなかった」
「安倍首相とは、一連の国際会議、世界経済、日本経済の現状について意見交換した」
「安倍首相との定例会談では、金融緩和の継続を確認した」

プーチン露大統領
「トランプ大統領はラブロフ(ロシア外務相)には秘密は伝えていない」
「ラブロフとの会話の録音を渡すことができる」
「米国が米国にダメージを与えている」

ライアン米下院議長
「コミー前FBI長官の関連報道、精査する必要ある」
「大統領を信頼、政策課題への取り組みは継続」

トランプ米大統領
「政治家としてひどい扱いを受けている」
「過去最大の減税を実現させる」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「利上げはバブルに対応する最後の方法」

米下院監視・政府改革委員会
「5月24日までにコミー前FBI長官にトランプ米大統領との会話のメモを提出するように要請」
「24日にコミー前FBI長官を招き公聴会を開催」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米下院がオバマケア代替法案成立へ第一歩、次は税制改革

 米下院がオバマケア(医療保険制度改革案)代替法案を可決した。オバマケアの撤廃・修正はトランプ米大統領が就任直後から最重要課題として掲げていた。共和党保守派のフリーダム・コーカサスの反対で採決を断念した経緯があるが、修正を重ねようやく共和党内で合意に至った。ただ、法案成立のためには上院での可決が必要で、上院での可決も「容易ではない」と見られている。
ただ、税制改革への第一歩ともとれる。トランプ政権はオバマケア(医療保険制度改革案)の見直し代替案が上院で可決すると自信を持っているとし、税制改革に向けて前向きな姿勢を示した。オバマケア(医療保険制度改革案)の見直し代替案が成立することで低所得者層への控除を大幅に削減することにより、浮いた資金を減税など税制改革の財源にあてる公算。
アトランタ連銀は、米国4−6月期の国内総生産(GDP)見通しで4.2%成長に、4.3%成長から下方修正した。実質消費の伸びを3.2%から3.0%へ引き下げたため。昨日発表となった弱い軽自動車販売を考慮した。ただ、米国の4−6月期の経済が1−3月期の0.7%の冴えない成長からペースが大幅に加速するとの期待は大きい。税制改革に現実味が出てくると、期待感が一段と強まる可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:リスク回避一服、米下院がオバマケア代替法案を可決

 NY外為市場ではリスク回避の動きが一段落した。米下院がオバマケア代替法案を可決したため、原油の急落で加速したリスク回避の動きが一段落。ドル・円は112円32銭まで下落後、112円49銭まで回復。ユーロ・ドルは1.0979ドルの年初来高値から1.0973ドルへ弱含んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,