タグアーカイブ: 相場展開

豪ドル・円:やや強含み、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

25日の豪ドル・円はやや強含み。対円レートは朝方、82円69銭まで下落したが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことによって対円レートは反転した。豪ドル・ドルの取引では両サイドの興味が確認されたが、下げ渋る展開となった。ユーロ・円は127円93銭から128え

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:堅調推移、米ドル高・円安の相場展開の影響も

17日の豪ドル・円は堅調推移。83円台前半まで上昇している。米ドル・円相場は円安方向に振れたことや豪ドル買い・米ドル売りのフローがやや増えたことが影響しているようだ。豪ドル・ドルは0.7507ドルから一時0.7548ドルまで買われている。ユーロ・円は130円16銭から130円57銭まで上昇。
・豪ドル・円の取引レンジ:82円85銭−83円26銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:堅調推移、ユーロ高・円安の相場展開の影響受ける

14日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。朝方に82円44銭まで下げたが。米ドル・円相場が円安方向に振れたことから82円79銭まで上昇した。豪ドル・ドルは0.7542ドルから0.7565ドルまで買われている。ユーロ・円は130円40銭から131円21銭まで上昇した。
・豪ドル・円の取引レンジ:82円44銭−82円79銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

9日のアジア市場で豪ドル・円は反転。豪ドル売り・米ドル買いのフローが少なくなかったことや、米ドル・円相場が円安方向に振れたことが要因。豪ドル・ドルは0.7424ドルから0.7456ドルで推移。なお、ユーロ・円は129円23銭から129円88銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:81円13銭-81円49銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

17日の豪ドル・円:弱含み、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける

17日の豪ドル・円は弱含み。朝方に83円39銭まで買われたが、米ドル・円相場がやや円高方向に振れたことや豪ドル買い・米ドル売りが一服したことから、対円レートは前日末の水準(83円34銭近辺)を下回る展開となっている。豪ドル・ドルは0.7788ドルから0.7761ドルまで下落。ユーロ・円は132円67銭から132円46銭まで下落している。
・豪ドル・円の取引レンジ:83円06銭−83円39銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高・米ドル安の相場展開などを意識

COMEX金6月限終値:1340.10 ↑4.00
 9日のNY金先物6月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1340.10ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1341.50ドルまで下落した。為替相場がユーロ高・米ドル安に振れたことや株高が一服したことが意識されたようだ。米中貿易摩擦解消への期待はあるものの、具体的な進展はないことから、安全逃避の買いは縮小しなかった。

・NY原油先物:反発、株高やドル安を意識した買いが入る
NYMEX原油5月限終値:63.42 ↑1.36
 9日のNY原油先物5月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物5月限は前日比+1.36ドルの63.42ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時63.61ドルまで買われた。米国株の反発や米中貿易摩擦解消への思惑が広がったことが要因。為替相場がドル安方向に振れたことも原油先物相場の反発を促す要因となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は続伸、ユーロ高・米ドル安の相場展開などを意識

COMEX金6月限終値:1340.10 ↑4.00
 9日のNY金先物6月限は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+4.00ドルの1オンス=1340.10ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて1341.50ドルまで下落した。為替相場がユーロ高・米ドル安に振れたことや株高が一服したことが意識されたようだ。米中貿易摩擦解消への期待はあるものの、具体的な進展はないことから、安全逃避の買いは縮小しなかった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:堅調推移、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

9日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。一時82円39銭まで上昇し、先週末の水準である82円16銭近辺をしっかりと上回った。米ドル・円相場がやや円安方向に振れたことも影響しているようだ。対円レートは底堅い動きを続けており、午後2時48分現在、82円30銭近辺で推移している。なお、ユーロ・円の取引レンジは131円06銭から131円57銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:81円94銭-82円39銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

東京為替見通し=ドル円、米中貿易摩擦懸念が重しの相場展開が続くか

 先週末のNY為替市場のドル円は、米3月非農業部門雇用者数が予想を下回る+10.3万人だったこと、トランプ米大統領による1000億ドルの対中追加関税を受けて米中貿易戦争への警戒感が再燃したことで、107.42円から106.78円まで下落した。ダウ平均は前日比767.02ドル安の23738.20ドルまで一時下落し、米10年債利回りも2.768%まで低下した。ユーロドルは1.2291ドル、ポンドドルは1.4105ドルまで上昇し、加3月就業者数が予想を上回る+3万2300人となったことを受けて、ドル/加ドルは1.2734加ドル、加ドル円は84.27円まで加ドル高に振れた。
 今週も相場全体の注目は米中貿易摩擦か。先週末に米中貿易戦争懸念で米株が暴落し、日経平均も軟調な動きが見込まれ、東京タイムのドル円は上値の重い動きが予想される。トランプ米大統領が中国に対し1000億ドルの追加関税を課す方針を示したことを受けて中国商務省の高報道官は、中国は対応するにあたり周到な準備ができていると述べた。実際に関税をかけあう貿易戦争に至る可能性は低いとの見方が多く、市場も米中貿易摩擦をめぐって究極なシナリオは織り込んでいないものの、米中貿易摩擦の激化、貿易戦争が勃発する可能性は否定できない。トランプ米大統領は、米中貿易問題で中国が先に屈服するとの見通しを示したが、中国が保護主義色を強めるトランプ政権に簡単に屈するとは考えにくい。トランプ大統領は自分の強硬姿勢を見直す日が来るかも知れない。
 3月の米雇用統計で、就業者数が市場予想を大きく下回ったが、天候要因による影響が大きいとの見方が強い。また、賃金の伸びは加速し、労働市場の引き締まりを示したことで、米雇用統計の為替相場への影響は限定的。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

3日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。一時80円93銭まで下げたが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことから反転し、81円75銭まで上昇した。豪ドル・ドルは0.7652ドルから0.7707ドルまで上昇。なお、ユーロ・円は129円98銭から130円68銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:80円93銭-81円75銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:一時81円台後半まで下落、米ドル安・円高の相場展開の影響も

豪ドル・円は82円36銭で取引を開始し、82円44銭まで買われたが、米ドル安・円高の相場展開につれて81円79銭まで下落する場面があった。豪ドル・ドルの取引では0.7786ドルから0.7738ドルまで下落。ユーロ・円は130円56銭から131円02銭まで上昇。
・豪ドル・円の取引レンジ:81円79銭-82円44銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:反落、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける

21日のアジア市場で豪ドル・円は反落。一時82円02銭まで買われたが、中国本土株の下落を嫌って81円台後半まで下げた。ユーロ・円は130円39銭から130円64銭で小動き。米ドル・円相場が106円55銭から106円25銭まで下落したことも影響したようだ。
・豪ドル・円の取引レンジ:81円71銭-82円02銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける

15日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。朝方は83円70銭台で推移したが、米ドル・円相場が円高方向に振れたことで83円30銭まで下落した。。下内は83円45銭近辺で推移しているものの、対円レートのさらなる戻りは期待できないとの声が聞かれている。豪ドル・ドルの取引で豪ドル買いのフローが少なくなっていることも一因。ユーロ・円の取引レンジは130円98銭から131円54銭。
豪ドル・円の取引レンジ:83円30銭-83円77銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,