タグアーカイブ: 相場展開

ドル・円は主に113円台半ばで推移か、強弱材料混在で方向感に欠ける相場展開に

 10日のドル・円相場は、東京市場では113円26銭から113円58銭まで反発。欧米市場では113円64銭まで買われた後に113円22銭まで反落し、113円55銭で取引を終えた。
 本日13日のドル・円は、主に113円台半ばで推移か。米長期金利の上昇と米税制改革をめぐる先行き不透明感を背景に売り買いが交錯し、113円台半ばでもみ合う展開となりそうだ。
 米長期金利の上昇を背景にドル買い・円売りがやや優勢となっている。ただ、米税制改革法案をめぐり、法人税の引き下げ時期や州・地方税控除の扱いなどで上下両院案の相違が明らかとなったことを受けて、市場関係者の間では議会での調整が難航するとの懸念が広がっており、ドル相場を圧迫する要因となっている。
 今週15日に発表される米消費者物価指数(CPI)や米小売売上高が予想を下回った場合、ドル売りにつながることから、市場関係者の間ではこの2つの経済指標内容を確認したいとの声が聞かれている。
 本日は、主要経済指標の発表もなく材料不足から、ドル・円の取引は全体的に方向感に欠ける展開となりそうだ。日経平均株価が堅調に推移した場合は、113円台半ばで底堅く推移すると予測される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、日本株の動向を意識した相場展開

9日の豪ドル・円は反落。日経平均株価の乱高下を嫌った豪ドル売りが観測された。日経平均株価の急騰を好感して豪ドル・円は一時87円67銭まで買われたが、午後の取引で日経平均株価が急反落したことから、リスク回避の豪ドル売りが急速に広がった。ユーロ・円は132円26銭から131円64銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円09銭-87円67銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは強含み、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

6日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。一時87円66銭まで買われた。米ドル・円相場が円安方向に振れたことが要因。米ドル・円は114円74銭まで買われており、豪ドルの対円レートを押し上げた。ユーロ・円は132円35銭から133円12銭まで買われた。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円17銭-87円66銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:もみ合い、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

27日の豪ドル・円はもみあい。アジア市場で87円05銭まで下げたが、米ドル・円相場が円安方向に振れたことから87円33銭まで戻した。ただし、豪ドル・ドルの取引では豪ドル売りのフローが増えており、対円レートの上値は重いままとなっている。なお、ユーロ・円は132円46銭から132円96銭で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円05銭-87円46銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは弱含み、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける

26日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。朝方に87円66銭まで戻したが、その後は弱含み。米ドル・円相場がやや円高方向に振れていることも影響しているようだ。豪ドル・ドルは0.7697ドルから0.7719ドルの範囲内で推移しており、上値はやや重くなっている。なお、ユーロ・円は134円10銭から134円40銭で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円42銭-87円66銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は112円台前半で推移か、日経平均の動向を意識した相場展開に

 16日のドル・円相場は、東京市場では112円08銭から111円65銭まで下落。欧米市場ではドルは111円66銭から112円29銭まで反発し、112円19銭で取引を終えた。
 本日17日のドル・円は、112円台前半で推移か。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長をめぐる思惑を背景にドル買い・円売りが優勢となるか。日経平均株価の動向を眺めて、112円台前半で底堅く推移するとみられる。
 米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長をめぐる思惑が広がる中、ドル買い・円売り基調が優勢となっている。トランプ米大統領がFRB次期議長候補の一人として「タカ派」寄りのスタンフォード大学のジョン・テイラー教授と面会し、好印象を得たと報じられたことから、今後の米低金利政策の転換が意識された。一方で、来年2月に任期を満了するイエレンFRB議長と19日に面会すると報じられ、続投指名の可能性も浮上している。
 また、最近の下落を受けて、持ち高調整のドルの買い戻しが目立っているほか、10月のNY米連銀製造業景気指数が30.2と前月(24.4)から上昇したことも、ドルの支援材料となっているもよう。日経平均株価が本日も堅調に推移した場合、112円台前半で底堅く推移するとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、米ドル安・円高の相場展開の影響受ける

4日のアジア市場で豪ドル・円は反落。一時88円67銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れており、対円レートは弱含みとなった。具体的な豪ドル買い材料は少ないことも影響した。本日発表される9月ADP雇用統計はハリケーンの影響で8月実績との比較でやや悪化すると予想されており、雇用者数が市場予想を下回った場合、米ドル売り・円買いが優勢となり、この影響で豪ドルの対円レートは軟調気味に推移するとの見方が出ている。なお、ここまでのユーロ・円の取引レンジは132円40銭から132円64銭となっている。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円36銭-88円67銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開も影響との見方

22日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。朝方に86円40銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことから、対円レートは反転。米ドル・円相場が底堅い動きを見せていることも対円レートの反発につながった。豪ドル・ドルは0.7932ドルから0.7951ドルで推移。なお、ユーロ・円は128円64銭から129円18銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円40銭-86円85銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,