タグアーカイブ: 為替ニュース

米10月耐久財受注:出荷は堅調、Q4GDPに成長期待も(訂正)

 米商務省が発表した10月耐久財受注速報値は前月比-1.2%と、予想外に6月来のマイナス成長に落ち込んだ。航空機の受注が減少したことが要因。民間航空機・部品の受注は18.6%減。変動の激しい輸送用機を除いた10月耐久財受注も前月比+0.4%と、伸びは9月+1.1%から鈍化し、予想+0.5%を下回り6月来で最低となった。企業の設備投資の先行指標として注目される航空機を除く非国防資本財の受注も前月比‐0.5%と、予想外に6月以来のマイナス。昨年9月以降ほぼ1年ぶりの低水準となった。
一方で、国内総生産(GDP)の算出に使用される航空機を除く非国防資本財の出荷は前月比+0.4%。伸びは9月+1.2%から鈍化したものの、予想+0.3%を上回った。また、9月分は+1.2%へ、+0.9%から上方修正された。支出は堅調で、10−12月国内総生産(GDP)の成長が依然期待される。国内総生産(GDP)における設備投資は、年率で+8.8%と、第2、第3四半期の+8.6%から伸びが加速。0.5%ポイントGDPにプラス寄与する見通し。米商務省が発表するGDPと類似したモデルを用いているアトランタ連銀は耐久財の発表後も、10−12月期GDP予想を3.4%成長で維持した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は大幅続伸、原油在庫の減少などを材料視

NYMEX原油1月限終値:58.02 ↑1.19
 22日のNY原油先物1月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+1.19ドルの58.02ドルで取引を終えた。一時58.09ドルまで上昇した。米エネルギー省発表の週次原油在庫は市場が予想したほど減少しなかったが、ガソリン在庫は小幅な増加にとどまったことやドルが主要通貨に対して下落したことが材料視されたようだ。石油輸出国機構(OPEC)主導の減産体制の期限延長への期待は残されていることは、原油先物相場に対する支援材料となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、ドル安進行を意識した買いが続く

COMEX金12月限終値:1292.20 ↑10.50
 22日のNY金先物12月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+10.50ドルの1オンス=1292.20ドルで取引終了。一時1294.60ドルまで買われた。主要通貨に対するドル安進行や米長期金利の低下を意識して、安全逃避的な金買いが観測された。米税制改革法案の年内可決の可能性はおおむね織り込まれており、金利先高観はやや後退していることが金買いにつながったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【速報】NZ・7-9月期小売売上高は予想を上回り+0.1%

 日本時間23日午前6時45分に発表されたNZ・7-9月期小売売上高は予想を上回り、前期
比+0.1%となった。
【経済指標】
・NZ・7-9月期小売売上高:前期比+0.1%(予想:+0.1%、4-6月期:+1.9%←+1.7
%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NZ小売売上高の発表控え、NZドル円は76.48円前後

現在の推移(レンジ)   
NZドル円    76.48円    (76.95 /  76.43) 
NZドル/ドル 0.6880ドル (0.6887 /  0.6820) 
ドル円     111.17円    (112.50 /  111.14) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , ,