タグアーカイブ: 海外経済

米利上げ、海外経済への影響は「管理可能」=FRB副議長

[ワシントン 19日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は19日、世界経済の見通しが明るくなっていることで、FRBのこれまでの2回の利上げによる市場へのマイナスの影響は緩和されたとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日銀地域経済報告、北陸が景気「拡大」に判断上げ 海外経済には不透明感

[東京 10日 ロイター] – 日銀が10日公表した地域経済報告(さくらリポート)では、全9地域のうち北陸が前回の1月調査から景気の総括判断を引き上げた。8地域は据え置いた。北陸は、東海とともに判断を「緩やかに拡大している」とし、2地域以上が「拡大」との表現を用いるのは2008年4月調査以来、9年ぶりとなる。地域経済は改善を続けているが、企業からは海外経済の不透明感を指摘する声も聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

中曽日銀副総裁 海外経済の上振れや為替相場の円安方向への動きで成長水戸市上振れ

高知県金融経済懇談会でのあいさつ(日銀HPより)より抜粋 日本の経済は緩やかな回復基調を続けている。 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】日銀総裁「海外経済の不透明感が高く、市場は不安定」

黒田日銀総裁
「海外経済の不透明感が高く、市場は不安定」
「しばらくは、経済回復ペースが鈍化したまま」
「基調として景気は緩やかな回復が続いている」
「2%の物価目標達成は17年度中と見込まれるも、不確実性は高い」
「必要な場合、3次元で緩和を講じる」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】日銀総裁「(海外経済)新興国減速も先行き回復へ」=追補

黒田日銀総裁
「(海外経済)新興国を中心に減速も先行き回復へ」

追補
「(消費増税の先送りによるリスク)述べる立場にないが、プライマリーバランス達成に向け進んでいると思う」
「(春闘)述べる立場ではないが、賃金上昇の環境は整っている」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】日銀総裁「(海外経済)新興国減速も先行き回復へ」

黒田日銀総裁
「(海外経済)新興国を中心に減速も先行き回復へ」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

海外経済下振れ、日本景気下押しするリスクも=石原経済再生相

[東京 26日 ロイター] – 石原伸晃経済再生担当相は26日の閣議後会見で、海外経済の下振れが日本経済を下押しするリスクは否めないとし、安倍晋三首相の指示のもと、先に成立した2015年度補正予算の進ちょく状況の調査を行う方針を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

海外経済の不確実性や金融資本市場変動に留意=2月月例経済報告

[東京 25日 ロイター] – 政府は2月の月例経済報告で、国内景気の総括判断は据え置いたが、米国とユーロ圏について見方を弱めた。先行きについて「海外経済の弱さ」を挙げ、従来からの中国をはじめとするアジア新興国に加えて「資源国の景気下振れ」にも言及し、「国内経済の下押しリスク」につながるとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

海外経済にさらに縛られるFRB、雇用失速で年内利上げ不透明に

[ワシントン 2日 ロイター] – 9月の米雇用統計が予想外に弱い内容となったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)は約10年ぶりの利上げに踏み切る上で、海外経済の成長力に一段と左右される不快な状況に陥ったようだ。1年に及ぶ輸出低迷が製造業の雇用を奪い、雇用の伸びに急ブレーキがかかった。

FX為替ニュース

, , , , , ,

FOMC議事要旨、米ドルや海外経済に関しての記述

「FOMC議事要旨、米ドルや海外経済に関しての記述」

*いい悪いかとは言わないが、鉱工業生産低下はドル高によるものとしている

*さらなるドル高が商品価格の下落と純輸出の減少へのリスク

*スタッフの2016年、2017年のGDP成長率の僅かの下方修正はドル高見通しによるものである

(鉱工業生産低下はドル高によるもの)

After declining for five consecutive months, industrial production rose in June, partly reflecting an increase in the output of mines. Nonetheless, for the second quarter as a whole, mining output contracted sharply and manufacturing production rose only modestly; both sectors were weak over the first half of the year, likely reflecting the continuing effects of earlier increases in the foreign exchange value of the dollar and lower crude oil prices. Automakers’ assembly schedules pointed to a solid gain in light motor vehicle production in the third quarter, but broader indicators of manufacturing production, including readings on new orders from national and regional manufacturing surveys, generally suggested only modest increases in factory output in the coming months.

(ドル高は商品価格の下落と純輸出を減少させる)

In their discussion of the foreign economic outlook, participants generally viewed the risks from the fiscal and financial problems in Greece as having diminished somewhat, although it was observed that Greece still faced many challenges and that Greek economic progress was likely to be limited over the near term. While the recent Chinese stock market decline seemed to have had limited implications to date for the growth outlook in China, several participants noted that a material slowdown in Chinese economic activity could pose risks to the U.S. economic outlook. Some participants also discussed the risk that a possible divergence in interest rates in the United States and abroad might lead to further appreciation of the dollar, extending the downward pressure on commodity prices and the weakness in net exports.

(ドル高で成長見通し下方修正)

Staff Economic Outlook

The U.S. economic forecast prepared by the staff for the July FOMC meeting was broadly similar to that prepared for the June FOMC meeting. Real GDP was again expected to increase faster in the second half of this year than in the first half and to expand more rapidly than potential output in 2016 and 2017, even as the normalization of the stance of monetary policy was assumed to proceed. However, real GDP growth over the medium term was revised down a small amount, in part because of a slightly stronger forecast for the exchange value of the dollar. The staff also made two small adjustments to its supply-side assumptions. First, the projected rates of productivity gains and potential output growth over the medium term were trimmed. With actual and potential GDP growth both a bit weaker, the projected narrowing of the output gap over the medium term was little revised. Second, the staff lowered slightly its estimate of the longer-run natural rate of unemployment. The unemployment rate was expected to decline gradually to this revised estimate.

(貿易は)

After narrowing in April, the U.S. international trade deficit widened in May, as exports decreased more than imports. The decrease in exports largely reflected a fall in aircraft shipments. The decline in imports was driven by reductions in imports of capital goods, particularly computers and oilfield equipment. By contrast, imports of automotive products increased to a record level. While real net exports made a large negative contribution to the change in real GDP in the first quarter of 2015, the available trade data indicated that the drag on GDP growth exerted by net exports in the second quarter was considerably smaller.


(海外経済=今回は海外経済の記述が詳しい)、

Foreign economic growth appeared to remain subdued in the second quarter. In Canada, indicators suggested that low oil prices weighed on investment in the energy sector, and energy production in April was curtailed by wildfires and maintenance shutdowns. Economic activity also weakened in some Latin American countries. By contrast, second-quarter economic growth was strong in China and in the United Kingdom, and euro-area indicators were consistent with continued moderate economic expansion. Headline foreign inflation remained low, importantly reflecting past oil price declines.

「FOMCの利上げ観測後退、FOMC議事要旨、インフレ見極め、世界経済の弱さにも言及」

・大部分の当局者、利上げが近づいている状況と判断
・利上げを行う準備はあるが、さらなるデータを待っている
・労働市場やインフレ見通しにいくらかのさらなる改善が見られた際に利上げを行う
・賃金加速の時期が不透明と指摘
・金利の正常化が始まったばかりの段階では償還資金の再投資を継続し、経済の状態と見通しに基づき可能になったと見なされた時点でのみ再投資を減額することが望ましい
・幾人かの当局者、中国の経済減速は米経済見通しのリスクと指摘

*市場9月利上げ確率が35%と、前日終盤の46%から低下(タレット・プレボンのデータ)

FX為替ニュース

, , , , , ,