タグアーカイブ: 流動性

大手銀の流動性・資本要件の見直しは時期尚早=ブレイナード米FRB理事

[ワシントン 19日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は19日、経済のぜい弱性が高まる中、規模の大きい銀行に対する流動性と資本を巡る要件を当局が見直すのは時期尚早となるとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】日銀「金融機関にはリーマンショックのようなテールイベントに対し資本・流動性の両面で相応の耐性」=追補

日銀 金融システムレポート(2018年4月号)
「貸出競争の激化や金融緩和の影響から、金融機関はミドルリスク企業向けを中心に低利による貸出を積極化させている」

追補
「景気悪化や金利上昇など負のショックが発生した場合、収益性や借入返済能力の低いミドルリスク企業を中心にランクダウンが発生、信用コストが急激に上昇する可能性も」
「金融取引需要を規定する人口や企業数が継続的に減少するという慢性ストレスを考慮すると、現時点の資本の十分性は将来の金融システムの安定を必ずしも保証する訳ではない」
「ミドルリスク貸出を積極化させている金融機関は、リスクに応じた適正な金利設定、引当の適切性を検証するなど信用リスク管理の実効性を向上させていく必要」
「金融機関には、リーマンショックのようなテールイベント発生に対し、資本と流動性の両面で相応の耐性」
「全体として、わが国の金融システムは安定性を維持していると判断」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

ECB、法的整理の銀行への流動性に対処する方策必要=副総裁

[フランクフルト 9日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は9日、ECBは経営困難に陥った銀行の法的整理中に資金を供給する方策を見出す必要があるとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪・NZ休場で流動性が悪い、ドル円は106.25円近辺

 シドニー・ウェリントンがイースターマンデーで休場なこともあり、本日の早朝の為替市場は市場流動性が薄い。ドル円は106.25円近辺、豪ドル/ドルは0.7390ドル付近、NZドル/ドルは0.72ドル前半で、通常より売り買いのスプレッドが広めで取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ビットコイン先物の流動性は確保できるのか?

 ロイター通信の報道によると、仮想通貨ビットコインの値動きに連動する上場投資信託(ETF)の設定を計画していた米投資ファンド2社が8日までに申請を取り下げた。報道によると、米証券取引委員会(SEC)はビットコイン先物の流動性とバリュエーションについて懸念を示したとみられており、そのことが申請取り下げの要因となったようだ。報道によると。今回申請されたETFの1つは、ビットコインの1日の値動きの2倍のペースで上昇または下落するよう設計されていた。
 上記の報道とは直接関係ないが、韓国と中国は仮想通貨の取引やマイニング(採掘)について監視を強めている。また米SECはビットコインと新規仮想通貨公開(ICO)として知られるデジタルトークンの一部取り締まりを開始しており、仮想通貨市場における不確実性は大幅に高まるとの声が聞かれている。(小瀬正毅)

FX為替ニュース

, , , , ,

本邦勢による明日以後のユーロドルの流動性は減少か

 本日27日はスポ末(スポット=2営業日後の応答日が月末になること)になる。ドル円の明日28日のスポット応答日は1月4日になるが、ユーロドルなど円を介さない取引は、ほとんどのものが1月2日が応答日になる。本邦勢にとっては1月2日は休日に当たり、金融機関は決済をしないため、明日以後は本邦勢からのユーロドルやポンドドルなどの取引が大幅に減少することになるだろう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=イベント乏しい、流動性も低そう

昨日は、米9月ISM製造業景況指数が60.8と、58程度への減速を見込んでいた市場予想に反して2004年5月以来、13年ぶり以上の高水準へ上昇した。ドル円は113円手前までいったん上振れ。ラスベガスでの銃撃事件が手控え感を誘い伸び悩んだが、テロの連鎖を呼ぶような事件ではなく、東京タイム以降は113円前半まで上伸した。ただ、欧州入り以降は、やや伸び悩み気味の感がある。

 NYタイムは、特段の為替の動意を誘うようなイベントが乏しい。パウエルFRB理事の発言予定はあるが、規制改革に関したイベントであり、金融政策や経済見通しに触れない可能性がある。質疑応答でこれらの内容に言及する展開には一応留意しておきたい。ドル円は週末の米雇用統計や、関連した経済指標の発表を待つ様相を強め、調整フロー中心の上下にとどまることが考えられる。ただ、今週は中国が国慶節で休場。欧米タイムの流動性にも影響することが想定でき、いつもより少なめの売買でも相場が振れやすくなるリスクには注意したい。

・想定レンジ上限
 ドル円は、9月27日高値113.26円が引き続き目先の上値の節目。東京タイムも同水準を前にした113.20円で伸び悩んだ。その次は7月11日安値113.72円がめどとなる。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線が下げ止まりのポイントとなるか。9月29日安値112.22円も目先のサポートになりそう。その下は同25日安値111.48円がめどとなるだろう。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限は低下傾向だが、しばらく111.38円で横ばいが続く。これまでよりサポートになりやすくなっている感はある。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

NY為替見通し=イベント乏しい、流動性も低そう

 昨日は、米9月ISM製造業景況指数が60.8と、58程度への減速を見込んでいた市場予想に反して2004年5月以来、13年ぶり以上の高水準へ上昇した。ドル円は113円手前までいったん上振れ。ラスベガスでの銃撃事件が手控え感を誘い伸び悩んだが、テロの連鎖を呼ぶような事件ではなく、東京タイム以降は113円前半まで上伸した。ただ、欧州入り以降は、やや伸び悩み気味の感がある。
 NYタイムは、特段の為替の動意を誘うようなイベントが乏しい。パウエルFRB理事の発言予定はあるが、規制改革に関したイベントであり、金融政策や経済見通しに触れない可能性がある。質疑応答でこれらの内容に言及する展開には一応留意しておきたい。ドル円は週末の米雇用統計や、関連した経済指標の発表を待つ様相を強め、調整フロー中心の上下にとどまることが考えられる。ただ、今週は中国が国慶節で休場。欧米タイムの流動性にも影響することが想定でき、いつもより少なめの売買でも相場が振れやすくなるリスクには注意したい。

・想定レンジ上限
 ドル円は、9月27日高値113.26円が引き続き目先の上値の節目。東京タイムも同水準を前にした113.20円で伸び悩んだ。その次は7月11日安値113.72円がめどとなる。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値は、112.37円付近で上昇傾向の日足一目均衡表・転換線が下げ止まりのポイントとなるか。9月29日安値112.22円も目先のサポートになりそう。その下は同25日安値111.48円がめどとなるだろう。近くに位置する日足一目均衡表・雲の上限は低下傾向だが、しばらく111.38円で横ばいが続く。これまでよりサポートになりやすくなっている感はある。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ギリシャの銀行、流動性が大幅に改善=クーレECB専務理事

[タリン 15日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は15日、ギリシャの銀行の流動性は大幅に改善したとの認識を示した。ただ、預金の回復は最近始まったばかりで緩やかなペースにとどまっているとも指摘した。タリンでの記者会見で述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場に注目すべき3つのポイント~テーマ性があり、流動性の大きい銘柄には個人の資金が集中[FISCO]

23日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:テーマ性があり、流動性の大きい銘柄 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

中国、流動性を安定維持の方針 経済改革も継続へ=人民銀副総裁

[北京 3日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)の陳雨露・副総裁は3日、北京で開かれた金融に関する会合で、中国当局は「引き締め過ぎでも過度に緩和的でもない」金融政策を維持し、基本的に安定した流動性を確保すると語った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】ドル円イメトレ=イースターで流動性が低いなか神経質な展開

本日は主要な海外市場が休場で流動性が低くなっており、ドル円は小動きながらも神経質な展開が続いている。東京時間では本邦実需の売り買いが交錯し、109円台での値動きだった。日経平均がマイナス引けし他アジア株も下落すると、ドル円は再び108円台に突入。しかしながら、108.80円に位置する200日移動平均線が意識されたのか、大きく売り込まれることはなく108円台後半での動きとなっている。

 米国の株、債券市場は休場だが、この後に米3月消費者物価指数(CPI)と小売売上高が発表される。足元の景況感の良さは変わらずの米国ではあるが、北朝鮮、中東を巡る地政学的リスク、米財務省が発表する為替報告書、第1回目の日米経済対話を前にドルを買い上げにくい状況だ。もし予想より強い指標結果が出たとしても、週末リスクを考えると上値は限定的だと考える。リスクオフの地合いで市場はどうしても弱気ニュースに反応しがちである。参加者が少ない中、オーバーシュートするような値動きも想定しておきたい。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは、日足一目均衡表・転換線の110.16円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値めどは、心理的節目である108.00円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

流動性が低下するなかで

こんばんは、フジモトです。イースター休暇で海外勢が不在のドル円は109.15円前後で方向感が出ませんでしたが、日経平均株価の140円超安とともに108.853円まで売られました。昨日安値の108.729円や200日移動平均線の108.71円が目先のサポートですが、流動性が低下するなかで…

FX為替ニュース

, , , , ,