タグアーカイブ: 注目材料

今夜から明朝の注目材料は?1/16

 東京市場のドル/円は、本邦輸入企業のドル買い観測などを支えに110.50円割れで下げ渋ると、買戻しに弾みが付き111円台目前まで反発しました。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/16(火)
18:30☆ 英12月消費者物価指数
18:30   英12月小売物価指数
18:30   英12月生産者物価指数
20:00   リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
22:00   シティ・グループ第4四半期決算
22:30☆ 米1月NY連銀製造業景況指数
 
1/17(水)
08:50  日本11月機械受注 
09:30  豪11月住宅ローン件数
 
※☆は特に注目の材料
 
東京市場のドル買いの流れが本物かどうか(一時的なものか)を確認する上でも米1月NY連銀製造業景況指数の結果が注目されるところです。市場予想は19.0となっており、前回(18.0)から上昇する見込みです。そのほか、休場明けの米国株や米国債の動きにも注目しましょう。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、対ユーロを中心にドル売りが強まった影響などから昨年9月以来となる110.50円台まで下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/15(月)
19:00  11月ユーロ圏貿易収支
27:15  テンレイロ英MPC委員、講演
※☆は特に注目の材料

本日米国はキング牧師誕生日のため祝日であり、株式・債券市場が休場です。また、欧州でも目玉となりそうな経済イベントが見当たりません。ドル/円は引き続き、ユーロやポンドの動きを眺めて方向感を模索する事となりそうです。
 

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は111.30円台まで値を上げるも、日経平均が軟調に推移する中では上値は重く、その後はやや押し戻されています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/12(金)
22:30☆12月米消費者物価指数
22:30☆12月米小売売上高
24:00  11月米企業在庫
25:30  バイトマン独連銀総裁、講演
26:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
30:15  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

米国で12月消費者物価指数が発表されます。昨日の米12月生産者物価指数・前月比が予想外の低下となった事でインフレ低迷が懸念される中、市場予想(前年比+2.1%、コア・前年比+1.7%)を下回る伸びに留まるようですと、ドル売りが一段と加速する事も考えられます。同時刻に発表される米12月小売売上高(同:前月比+0.5% 除自動車・前月比+0.4%)は、米国の消費動向を知る上で注目です。
 

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は 1/11

 東京市場のドル/円は、中国が米国債投資に消極姿勢とする前日の報道を政府筋が否定した事を受けてドルに買戻しが入り、111.80円台まで反発しました。ただ、日本株が弱含む中で上値は伸びず112円台の回復には至りませんでした。欧米市場の動きが気になるところですが、ひとまず注目材料を確認しておきましょう。

 
1/11(木)
19:00   ユーロ圏11月鉱工業生産
21:30☆ ECB理事会議事要旨
22:30   カナダ11月新築住宅価格指数
22:30☆ 米12月生産者物価指数
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
27:00   米30年債入札(120億ドル)
28:00   米12月月次財政収支
29:30☆ 米ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
30:45  NZ11月住宅建設許可
 
1/12(金)
08:50  日本11月国際収支(経常収支・貿易収支)
 
※☆は特に注目の材料
 
まずは、中国絡みの報道に対する欧米勢の反応が注目されます。改めてドル買い材料となれば112円台の回復が視野に入りそうです。その他、今夜は米12月生産者物価指数が発表されます。明日の消費者物価指数のほうが市場の関心は高そうですが、米国の懸案事項のひとつが低インフレですから本日の結果にも要注目です。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は日経平均の軟調推移や、仲値公示に絡んだドル売りの動きなどを受けて一時112.10円台に下落しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/10(水)
18:30  11月英鉱工業生産
18:30  11月英製造業生産
18:30  11月英貿易収支
22:30  11月カナダ建設許可件数
22:30  12月米輸入物価指数
23:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
23:10  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
24:00  11月米卸売売上高
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
27:00  米10年債入札(200億ドル)
27:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
–:–☆南アANC全国執行委員会

1/11(木)
09:30☆豪11月小売売上高
※☆は特に注目の材料

米国では主だった経済イベントの発表が予定されていません。したがって、ドル/円は欧米株価や米長期金利を眺め方向感を模索する事となりそうです。ただ、市場で日銀の「ステルス・テーパリング(密かな緩和縮小)」の観測が浮上する中、関連報道に注意が必要です。

なお、南アフリカでは与党アフリカ民族会議(ANC)全国執行委員会があります。ズマ大統領に早期退陣を迫るか注目です。

 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜の注目材料は 1/9

 東京市場のドル/円は日銀が国債買い入れオペを減額した事などから一時112.50円前後まで円高が進みました。日銀が金融緩和の軸足を「量」から「金利」に移して久しいのですが、それでもオペの減額を「ステルス・テーパリング(密かな緩和縮小)」と見る向きは少なくないようです。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
1/9(火)
16:00   独11月鉱工業生産
16:00   独11月貿易収支
16:00   独11月経常収支
16:45   仏11月貿易収支
16:45   仏11月経常収支
17:15   スイス11月小売売上高
19:00   ユーロ圏11月失業率
22:15   カナダ12月住宅着工件数
24:00   米カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、講演
27:00   米3年債入札(240億ドル)
※☆は特に注目の材料
 
ドル/円の決め手になりそうな材料は見当たりません。日銀の「ステルス・テーパリング」に対する欧米勢の反応が注目されます。その他、年明け以降のロケットスタートに一服感が出始めた欧米株式市場の動きも気になるところです。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は米雇用統計に期待が掛かる中、日経平均の高値更新もあり、113円台に上昇しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

1/5(金)
19:00  ユーロ圏11月生産者物価指数
19:00☆ユーロ圏12月消費者物価指数・速報
22:30  カナダ11月貿易収支
22:30☆カナダ12月雇用統計
22:30☆米12月雇用統計
22:30  米11月貿易収支
24:00  カナダ12月Ivey購買部景況指数
24:00  米11月製造業受注指数
24:00☆米12月ISM非製造業景況指数
24:15  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
26:30  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

本日の目玉は米12月雇用統計です。今週発表された米12月のISM製造業景況指数やADP全国雇用者数が良好な結果となった事から、質を伴った雇用改善となるか関心が集まっています。最重要と目される平均時給は、市場予想(前月比+0.3%、前年比+2.5%)を上回れるか注目です。また、失業率の市場予想は4.1%、非農業部門雇用者数は19.0万人増です。

なお、同時刻にカナダでも雇用統計が発表されます。市場予想は失業率6.0%、就業者数0.20万人増となっています。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は 1/4

 東京市場のドル/円は一時112.70円台まで上昇しました。ただ、日経平均株価が700円を超える大幅上昇となった割りには上値が伸びなかった印象を受けます。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
1/4(木)
18:30   英12月サービス業PMI
18:30   英11月消費者信用残高
18:30   英11月マネーサプライM4
21:30   米12月チャレンジャー人員削減予定数
22:15☆ 米12月ADP全国雇用者数
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
22:30   カナダ11月鉱工業製品価格
22:30   カナダ11月原料価格指数
25:00   米EIA週間原油在庫統計
27:30   ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料
 
株高でもドル高・円安が進みにくいのは、米長期金利が低下気味でドルの上値が重いためです。米株と米長期金利がともに上昇するためには、インフレ期待が高まる必要があると考えられますが、そのカギは明日の米12月雇用統計の平均時給が握っているのでしょう。今夜は米12月雇用統計を占う前哨戦として、12月ADP全国雇用者数などの米雇用関連指標を吟味しつつ、明日の本番に備える事になりそうです。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は仲値公示に絡んで113円ちょうど付近まで値を上げるも一時的となり、その後は日経平均の反落もあり112.60円台まで反落しています。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/29(金)
22:00  12月独消費者物価指数・速報
※☆は特に注目の材料

米国では主だった経済イベントの発表が予定されていません。また、来週月曜は全世界的に休場となっており、3連休を前に動意は限られそうです。ただ、年末最終日である事から、ロンドンフィキシング(日本時間25時)前後は一時的に荒れる可能性があり、注意が必要です。

なお、ドイツで12月消費者物価指数・速報が発表されます。市場予想は前年比+1.5%と、前月(+1.8%)より伸びが鈍化する見通しです。

 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今夜の注目材料は 12/28

 東京市場のドル/円は20日以来の113円台割れとなり、一時112.70円台まで下落しました。米メディアが「北朝鮮がミサイル発射準備の兆候」と伝えた事が株安と円高を誘発した模様です。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
12/28(木)
18:00   ECB月報
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
23:45   米12月シカゴ購買部協会景気指数
25:00   EIA週間原油在庫統計
27:00   米7年債入札(280億ドル)
※☆は特に注目の材料
 
今夜も決め手になりそうな材料は見当たりません。北朝鮮のミサイルネタについても、日本以外のアジア株が全面高になっているところを見ると、市場が特に問題視している訳でもないようです。だとすると、ドル/円には多少の戻りを期待してもよさそうですが、大口オプションの影響などから113.00円を挟んだ動きになりやすいのかもしれません。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、仲値公示に向けて113.30円台まで値を上げるも一時的となり、その後113.10円台まで押し戻されました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/27(水)
24:00  米12月消費者信頼感指数
24:00  米11月中古住宅販売保留件数指数
27:00  米5年債入札(340億ドル)
※☆は特に注目の材料

欧米は実質的なクリスマス明けではありますが、目玉となりそうな経済イベントが見当りません。したがって、海外市場では株価や米長期金利を眺めて方向感を模索する展開となりそうです。

ただ、本日は年度末最終のスポット応答日のため、ロンドンフィキシング(日本時間25時)前後は荒れる可能性があり、注意が必要です。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は 12/26

 東京市場のドル/円は、113.20-30円台で小幅な値動きに終始しました。欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
12/26(火)
23:00  米10月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
24:00  米12月リッチモンド連銀製造業指数
27:00  米2年債入札(260億ドル)
※☆は特に注目の材料
 
今夜も欧州市場は概ね休場です。カレンダー上では米国勢がクリスマス休暇から復帰しますが、強い動意は見込めそうにありません。手掛り材料も限られる中、米国株と米長期金利を睨んだ動きになりそうです。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、手がかり材料に乏しい中で動意は限られ、10銭程度の値幅に留まりました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/22(金)
18:30  7-9月期英GDP・確報値
18:30  7-9月期英経常収支
22:30☆10月カナダGDP
22:30  11月米個人消費支出
22:30  11月米個人所得
22:30☆11月米コアPCEデフレーター
22:30☆11月米耐久財受注
24:00☆11月米新築住宅販売件数
24:00  12月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報
※☆は特に注目の材料

米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として注目する米11月個人消費支出価格指数(PCEデフレーター)が発表されます。市場予想は前年比+1.8%と10月(+1.6%)から伸びが加速する見通しです。その他、11月耐久財受注の発表もあります。ただ、クリスマスモードで市場参加者が減少している事から、これらの経済指標に対する反応が一巡した後はこう着した展開となる事も考えられます。
 

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?12/21

 東京市場のドル/円は、利益確定の売りが先行しましたが113.20円前後で下げ渋ると113.40円台に値を戻すなど底堅い動きとなりました。欧米市場の展開が気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
12/21(木)
22:30☆ カナダ11月消費者物価指数
22:30   カナダ10月小売売上高
22:30☆ 米7-9月期GDP・確報値
22:30  米7-9月期個人消費・確報値
22:30☆ 米新規失業保険申請件数
22:30   米12月フィラデルフィア連銀製造業指数
23:00   米10月住宅価格指数
24:00   ユーロ圏12月消費者信頼感指数
24:00   米11月景気先行指数
—- ☆ スペイン・カタルーニャ州議会選
 
※☆は特に注目の材料
 
米経済指標としては格が高い国内総生産(GDP)ですが、今夜の発表は7-9月期の「確報値」です。改定値(前期比年率+3.3%)から大きくブレない限りドル/円の反応は限られそうです。やはりドル/円にとって気になるのは、米経済指標への反応も含めて米長期金利の動向でしょう。米10年債利回りが節目と見られていた2.5%を上抜けてさらに上昇するのか、今夜の動きに注目です。
 
その他、今夜はスペイン・カタルーニャ州で議会選挙が行われます。独立の是非をめぐる民意を改めて問う選挙として内外の注目が集まっています。なお、投票が締め切られるのは日本時間28時(22日午前4時)です。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?

東京市場のドル/円は、米上院での税制改革法案の可決に反応して113.10円付近まで上昇しました。欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

12/20(水)
17:30  スウェーデン中銀、政策金利発表
18:00  10月ユーロ圏経常収支
22:15☆カーニーBOE総裁、議会証言
22:30  10月カナダ卸売売上高
24:00☆11月米中古住宅販売件数
24:30  米EIA週間原油在庫統計
–:–☆米税制改革法案、下院再採決
※☆は特に注目の材料

米税制改革法案について、難航していた上院で可決されました。今後は下院で修正法案が再可決されれば、大統領の署名を経て法案が成立します。下院では修正前の法案を賛成多数で可決しており、修正法案も通過する目処が立っています。これに反応した米長期金利や株価の反応に注目です。

FX為替ニュース

, , , , , ,

今夜の注目材料は?12/19

 東京市場のドル/円は、動意に乏しく112.50-60円台でもみ合う展開でした。欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

 
12/19(火)
18:00  ハンソン・エストニア中銀総裁、講演
18:00  ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
18:00☆独12月IFO企業景況感指数
19:00  ユーロ圏10月建設支出
22:30☆米11月住宅着工件数
22:30  米11月建設許可件数
22:30  米7-9月期経常収支
未定  NZフォンテラ社乳製品電子入札
30:45  NZ11月貿易収支 
30:45  NZ7-9月期経常収支
—-  米下院、税制改革修正法案を採決
 
※☆は特に注目の材料
 
 
クリスマスが目前でめぼしい材料も多くないという事で、欧米市場でもドル/円はあまり動かないのかもしれません。米税制改革修正法案の採決についても、与党・共和党が安定多数を占める下院では通過が確実です。27時30頃に採決する可能性があるとの事ですが、可決が確実すぎて材料にはなりにくいでしょう。強いて言えば、株式市場や債券市場の反応が注目されます。

FX為替ニュース

, , , , , ,