タグアーカイブ: 欧米市場

概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は4日続伸、欧米市場の上昇が好感されブラジル株にも買いが広がった[FISCO]

【ブラジル】ボベスパ指数 68594.30 +0.35%16日のブラジル株式市場は4日続伸。主要指標のボベスパ指数 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ユーロ・ドルは1.1520ドル台で推移、欧米市場で一段高の可能性も

ユーロ・ドルは、足元は1.1525ドル付近と高値圏での推移が続く。今日午前中に節目の1.15
ドルを上抜けたことで、目先はサポート・ラインとして意識される可能性があろう。欧米市場で一段高となれば、ドル・円の下押し要因となりそうだ。

ここまでのドル・円の取引レンジは111円99銭から112円69銭、ユーロ・円は129円06銭から129円45銭、ユーロ・ドルは1.1472ドルから1.1538ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は小動き、欧米市場では英爆破事件を嫌気も

 ドル・円は111円10銭台で小動き。英マンチェスターで発生した米歌手アリアナ・グランデのコンサート爆破事件が欧米市場で消化される地合いとなりそうだ。リスク回避的な円買いが先行する可能性が見込まれる。
 ここまでのドル・円の取引レンジは110円86銭から111円35銭、ユーロ・円は124円61銭から125円11銭、ユーロ・ドルは1.11237ドルから1.1246ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ユーロ・円は小じっかり、欧米市場の値動き見極め

ユーロ・円は125円付近で小じっかりの値動き。前日はドイツのメルケル首相によるユーロ安けん制発言でユーロ買いが強まった。本日は16時半のドイツ5月製造業PMI速報値、17時のユーロ圏・5月製造業PMI速報値が注目され、予想上振れならユーロ買いの再開が見込まれる。
ここまでのドル・円の取引レンジは110円86銭から111円35銭、ユーロ・円は124円61銭から125円11銭、ユーロ・ドルは1.11237ドルから1.1246ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円の戻りは限定的、欧米市場では108円割れの見方

 ドル・円は108円20銭台で推移。日経平均株価が午前中に続き再びマイナス圏での取引となり、ドルの戻りは限定的となっている。ある短期筋は「ドルの戻りが鈍いため、欧米市場では108円割れの可能性もある」との見方を示す。
 ここまでのドル・円の取引レンジは108円14銭から108円82銭、ユーロ・円は114円85銭から115円53銭、ユーロ・ドルは1.0603ドルから1.0618ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=欧米市場はリスク警戒で軟調、上値の重い展開

東京市場は軟調か。欧米株はそろって軟調。ロシアの地下鉄で爆発事故が発生し、リスク回避の売りが優勢となった。ドル円も円が買われる動きとなり、足元では110円80銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて65円安の18985円、ドル建ては5円安の19045円で取引を終えた。米国株はマイナスで終えたが急落後に値を戻しており、極端なリスク・オフにはならないと考える。ただ、新たな買い材料に乏しいため、上値の重い展開が続きそうだ。きのうの日経平均は後場に上げ幅を広げながら、終値では19000円を割り込んだ。19000円を意識しつつ、ほぼもみ合いのような動きを続けながら早々にこう着感が強まり、後半は買い疲れで失速を予想する。予想レンジは18880円-19080円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ・ドルは下げ渋りも、欧米市場では売り再開か

ユーロ・ドルは1.0760ドル台で底堅い値動きが続いている。前週末海外市場で強まったユーロ売りは一服。ただ、オランダ総選挙の結果を受け欧州政治リスクへの警戒はいったん収束したものの、フランス大統領選に向けた直近の世論調査で極右政党党首への支持は高く、懸念が再燃。今晩の欧米市場で欧州政治リスクが意識されればユーロ売りが再開しよう。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円48銭から112円76銭、ユーロ・円は120円94銭から121円15銭、ユーロ・ドルは1.0733ドルから1.0765ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , ,