タグアーカイブ: 模索

ドル円107.06円までじり高、クレムリンがシリア衝突回避を模索

 ドル円は、トランプ米大統領がシリア攻撃時期がごく近いかもしれないし、そうではないかもしれない、と述べ、クレムリンが米国によるシリア攻撃回避を模索、との報道で107.06円までじり高。ユーロ円は132.15円前後、ポンド円は151.85円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は下値を模索か、麻生発言や米経済指標に警戒

[今日の海外市場]
 15日の欧米外為市場では、ドル・円は下値を模索する展開を予想したい。足元の取引で観測される仕掛け的な円買いが継続する見通し。麻生財務相の介入不要発言が改めて注目され、米経済指標に予想通り悪化が目立つようであれば、ドル・円は一段安となりそうだ。
 前日の海外市場では、米国の1月消費者物価指数(CPI)が堅調となり、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペース加速観測を後押し。原油反発や米企業業績を好感して株高になるなかで、一時ドル買いになった。一方、同時発表の1月小売売上高が低調となったことがその後に材料視され、景気拡大の足かせになるとの見方からドル買いは後退。本日のアジア市場でもその流れを受け継ぎ、仕掛け的なドル売りが徐々に広がった。
 ある市場筋は、足元のドル・円の動きについて、「前日107円32銭(昨年のドル安値)をあっさり割り込んだ影響は大きい」と指摘。また、麻生財務相が午前の国会答弁で「特別に介入しなければいけないというほど急激な円高ではないし、円安でもない」と発言し、円売り介入の可能性を否定しており、今晩の海外市場でも思惑的な円買いが強まる可能性がある。
 また、米国の経済指標も手がかりとなる。1月生産者物価指数(PPI)は前月を上回る伸びが予想され、上振れとなった前日の1月消費者物価指数(CPI)と合わせインフレ上昇が確認されれば、ドル買いにつながろう。反面、2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や1月鉱工業生産などは低下、先週分新規失業保険申請件数は増加が予想されており、最終的にはドル売りが勝る可能性もある。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・19:00 ユーロ圏・12月貿易収支(予想:+270億ユーロ、11月:+263億ユーロ)
・22:30 米・1月生産者物価指数(前月比予想:+0.4%、12月:0.0%←-0.1%)
・22:30 米・2月NY連銀製造業景気指数(予想:18.0、1月:17.7)
・22:30 米・2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数(予想:21.6、1月:22.2)
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:22.8万件、前回:22.1万件)
・23:15 米・1月鉱工業生産(前月比予想:+0.2%、12月:+0.9%)
・23:15 米・1月設備稼働率(予想:78.0%、12月:77.9%)
・24:00 米・2月NAHB住宅市場指数(予想:72、1月:72)
・06:00 米・12月対米証券投資収支(11月:ネット長期有価証券+575億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】ペンス米副大統領「北朝鮮核問題の平和的な解決を模索」

ペンス米副大統領
「北朝鮮核問題の平和的な解決を模索」
「北朝鮮への対応に関しては、あらゆる選択肢を検討している」

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

日本の高級車ブランド、独メーカーや米テスラへの巻き返しを模索

[デトロイト 18日 ロイター] – トヨタ自動車の「レクサス」や日産自動車の「インフィニティ」といった日本の高級車ブランドは、米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーを活用して、ドイツの高級車メーカーや電気自動車(EV)メーカー、米テスラへの巻き返しを図る新たな方策を試した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】SARB総裁「ZAR価値保全を模索」

クガニャゴSARB(南ア準備銀行)総裁
「SARBはランド(ZAR)相場の価値保全を模索している」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【発言】メイ英首相「現状のEUの貿易方法と同じような方法を模索」

メイ英首相
「中国による圧力増大が、北朝鮮のミサイルテストを止めさせる最良の方法だ」
「英国はブレグジット後、現状のEUの貿易方法と同じような方法を模索している」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は下値を模索か、北朝鮮問題と米CPI下振れに警戒

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は下値を模索する展開を予想したい。北朝鮮のミサイル開発をめぐる米朝対立が懸念され、リスク回避の円買いが継続する見通し。また、今晩発表の米国の7月消費者物価指数(CPI)が低調となれば、ドル安が加速する可能性もあろう。
 北朝鮮は10日、中距離弾道ミサイル4発を、米軍の拠点であるグアムに向けて発射する計画をまとめるなどとして米国を挑発。北朝鮮への軍事攻撃を示唆するトランプ米大統領との非難の応酬が続いており、トランプ氏と金正恩朝鮮労働党委員長は、いずれも後に引けない状況になりつつある。ティラーソン米国務長官が北朝鮮との対話による解決を望んでいるとの見解は救いだが、国連安保理による北朝鮮への制裁決議の効果が限定的であることを考慮すれば、外交努力による事態打開は見込みにくい。投資家の恐怖の度合いを示すVIX指数の急上昇は、市場の不安を反映しており、目先もリスク回避の円買いは継続しそうだ。
 一方、21時半発表の米国の7月消費者物価指数(CPI)が注目される。7月の予想は前年比+1.8%と、6月の+1.6%から伸びが拡大する見通しだが、2月の+2.7%をピークに6月まで4カ月連続で伸びが鈍化。ダドリーNY連銀総裁は10日の記者会見で「インフレが2%に達成するには時間がかかる」と述べており、予想を大幅に上回らないと連邦準備制度理事会(FRB)による年内追加利上げ観測は高まらないだろう。また、今晩はカプラン米ダラス連銀総裁やカシュカリ米ミネアポリス連銀総裁の講演などが予定されている。両総裁とも慎重な内容の見解を示すと予想され、ドル・円は108円台で下値を模索する展開になる可能性がある。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・21:30 米・7月消費者物価指数(前年比予想:+1.8%、6月:+1.6%)
・22:40 カプラン米ダラス連銀総裁講演(テキサス大学)
・24:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答(コミュニティバンク関係会合)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

欧米為替見通し:ドル・円は下値を模索か、米経済指標の鈍化や政治リスクを警戒[FISCO]

今日の欧米外為市場では、ドル・円は下値を模索する展開を予想する。米国の経済指標の鈍化が見込まれ、成 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

ドル・円は下値を模索か、米経済指標の鈍化や政治リスクを警戒

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は下値を模索する展開を予想する。米国の経済指標の鈍化が見込まれ、成長持続への懸念が強まれば、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測の後退や、株価の調整につながる見通し。また、引き続きトランプ政権の先行き不透明感もドルの押し下げ要因となりそうだ。
 今晩は米国の6月コアPCE価格指数(21時半)や7月ISM製造業景況指数(23時)などの経済指標が材料視される。FRBの金融政策の判断材料でもあるコアPCE価格指数は2月に前年比+1.8%と目標の+2.0%に接近したが、その後は伸びが鈍化する傾向となり、5月は+1.4%にとどまった。6月の実績がさらに低調となれば、FRBの金融正常化方針への懐疑的な見方が強まるだろう。また、7月ISM製造業景況指数は低下が織り込まれているものの、米経済の成長持続への懸念が広がれば、株価の調整売りが予想され、長期金利が弱含み、ドル下げにつながろう。
 米政治情勢の混乱も、引き続きドルを押し下げる要因となる見通し。トランプ大統領は7月31日、スカラムチ広報部長をわずか10日で解任。政権内ではスパイサー報道官が辞任したばかりで、ほかにも「ロシアゲート」疑惑をめぐるセッションズ司法長官の解任や、外交方針の食い違いなどによるティラーソン国務長官の辞任のうわさがくすぶっている。こうした安定を欠く政権運営は市場の不安材料となっており、ドルの下落局面では売りを加速させているようだ。
 一方、米経済指標に先立って発表されるユーロ圏の4-6月期域内総生産(GDP)速報値(18時)は伸び拡大が見込まれている。予想通り堅調な内容となれば、欧州中央銀行(ECB)の緩和縮小観測を背景としたユーロ買いが強まり、ユーロ・ドルは1.20ドルが射程圏内に入るだろう。ドル・円はその影響もあり、節目の110円を割り込む可能性がある。110円の水準は市場の大方の想定レンジの下限でオプション絡みの売り買いの激しい攻防が予想される。下抜けた場合にはストップロスを巻き込んで下げが加速するとみられ、109円台で下値を模索する展開となりそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・7月製造業PMI改定値(予想:56.8、速報値:56.8)
・17:30 英・7月製造業PMI(予想:54.5、6月:54.3)
・18:00 ユーロ圏・4-6月期GDP速報値(前年比予想:+2.1%、1-3月期:+1.9%)
・21:30 米・6月個人所得(前月比予想:+0.4%、5月:+0.4%)
・21:30 米・6月個人消費支出(前月比予想:+0.1%、5月:+0.1%)
・21:30 米・6月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.4%、5月:+1.4%)
・22:45 米・7月製造業PMI改定値(予想:53.2、速報値:53.2)
・23:00 米・7月ISM製造業景況指数(予想:56.5、6月:57.8)
・23:00 米・6月建設支出(前月比予想:+0.4%、5月:0.0%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

アングル:中国新興EVメーカー、開発費抑制で提携強化を模索

[北京 27日 ロイター] – 中国の新興電気自動車(EV)メーカーの間で提携強化を模索する動きが広がっている。市場での競争激化や来年にも予想される規制強化を見据え、経営資源を共通化して開発に掛ける資金と時間を節約するのが狙いだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,