タグアーカイブ: 検討

NY為替・10日=米ドル・株・債券下落、中国が米国債購入減額を検討

 NY為替市場のドル円は、中国が米国債購入の減額を検討との報道を受けて、111.27円まで下落した。報道を受けて、ドル安・NY株安・米国債安のトリプル安となった。
 ユーロドルは、1.2018ドルまで上昇後、米10年債利回りが2.595%まで上昇したことで1.1940ドル前後まで押し戻した。ユーロ円は133.10円まで下落した。ポンドドルは、1.3562ドルまで上昇後、米10年債利回り上昇で1.3505ドル前後まで押した。ポンド円は150.37円まで下落した。
 ドル/スイスフラン(CHF)は、0.9755CHFまで下落、CHF円は113.67円まで弱含んだ。
 ドル/加ドルは、1.2428加ドルまで下落後、カナダ11月建設許可件数の減少、カナダが米国を世界貿易機関(WTO)に提訴、トランプ米大統領が北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱を表明するとの報道で1.2583加ドルまで反発した。しかし、ホワイトハウスが「トランプ米大統領のNAFTAへのスタンスは変わらない」と表明したことでやや水準を戻した。加ドル円は88.50円まで下落した。
 豪ドル/ドルは0.7867ドルまで上昇し、豪ドル円は87.22円まで下落した。NZドル/ドルは0.7230ドルまで上昇し、NZドル円は80.01円まで弱含みに推移した。
 南アフリカ・ランド(ZAR)円は、ロンドン市場でマガシュルANC事務局長の発言「南ア与党アフリカ民族会議(ANC)の会合では、ズマ南ア大統領の退陣に関しての話し合いはなかった」を受けて8.88円まで下落した反動で、8.98円前後まで反発した。
 6時現在、ドル円は111.37円、ユーロドルは1.1957ドル、ユーロ円は133.17円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

英政府、ブレグジット後のモノ輸入巡る税負担懸念への対応検討

[ロンドン 8日 ロイター] – 英国政府は8日、欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)後にEUから輸入するモノを巡り、前もって消費税を支払わなくてはならなくなる可能性がある10万社以上に対する影響を和らげると表明した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

賃上げ3%の社会的期待を意識して前向きな検討を=経団連会長

[東京 5日 ロイター] – 日本経団連の榊原定征会長(東レ相談役)は5日、経済3団体新年祝賀パーティー後の記者会見で、デフレ脱却に向けて「賃金引き上げのモメンタムを一層強化したい」とした上で、「3%の賃金引き上げという社会的期待を意識しながら、自社の収益に見合った前向きな検討を望みたい」と述べ、会員企業に積極的な対応を求めた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

英国がTPPへの参加を検討、米国はどう出るのか?

 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道によると、英国は環太平洋連携協定(TPP)への参加に関心を寄せているようだ。欧州連合(EU)離脱後のことになるが、この報道が事実に基づくものなら、英国は輸出促進に大変前向きであると考えられる。TPP参加国は環太平洋地域の国に限定されているわけではなく、FTによると、英政府関係者は「地理的な制約はない」との見方を示しているようだ。
 英国はEUの規定により、2019年3月のEU離脱前に新たな貿易協定で合意することはできないが、2019年3月までの合意形成が禁じられていても、交渉することは可能であるとみられる。英国がTPP参加を本当に目指すかどうかは、断定はできないが、英国の行動は米国の通商行動にも影響を与える可能性がある。米国はTPPには不参加の立場だが、二国間の自由貿易協定の早期締結を本気で目論んでいる。英国の行動が米国(トランプ政権)を刺激した場合、為替相場に何らかの影響が及ぶことは避けられないかもしれない。(小瀬正毅)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

経産省が製造業品質問題で対策、JIS法改正など検討

[東京 22日 ロイター] – 世耕弘成経済産業相は22日、閣議後の記者会見で、神戸製鋼所の製品データ改ざんなど大手製造業による一連の品質問題を受けて、日本工業規格(JIS)を定める工業標準化法の改正の検討など、経産省として対策に乗り出す方針を明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ホワイトハウス、FED副議長職に元NEC委員長ラリー・リンゼイ氏を検討か=関係筋

関係筋によると、ジョージWブッシュ大統領のもと、国家経済会議委員長を務め、FRB理事の経験もあるラリー・リンゼイ氏を連邦準備制度理事会(FRB)副議長として検討していると、CNBCが報じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【速報】GPIFはマイナス金利の負担分を肩代わりすることを検討

JNNなどの報道によると、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、手元の資金を預けている金融機関のマイナス金利の負担分を肩代わりすることを検討していることが関係者への取材で判明した。報道によると、GPIFは運用していない手元の資金が10兆円を超えており、国内の金融機関に預けている。関係者によると、この手元資金を預かる金融機関がマイナス金利の支払い分を負担しきれなくなっており、GPIFはその分を肩代わりすることを検討しているもよう。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

英金融行為監督機構がICOの規制の是非を検討へ【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

英金融規制当局の金融行為監督機構(FCA)が15日、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英労働党、中銀一部機能のバーミンガム移転を検討

[10日 ロイター] – 英国の最大野党・労働党は、イングランド銀行(英中央銀行、BOE)の一部機能をロンドン中心部から英中部バーミンガムに移転させることを検討しているもようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

英中銀、前週に銀行資本要件の一段の引き上げを検討

[ロンドン 5日 ロイター] – イングランド銀行(英中央銀行)は5日、前週にカウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)を0.5%から1%に引き上げた際、これよりも大きな幅での引き上げを検討していたことを明らかにした。欧州連合(EU)離脱を含む金融システムへのリスクに対応するため、従来計画より大きな引き上げを検討したとしている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

大都市圏の環状道路整備、1.5兆円の財政融資追加を検討=麻生財務相

[東京 1日 ロイター] – 財務省と国土交通省は、大都市圏の環状道路整備の加速に向け、1.5兆円の財政融資を追加する検討に入った。高速道路の債務を管理する独立行政法人に対し、国が低金利で調達した資金を貸し付け、物流網の強化を通じて生産性向上を図る。麻生太郎財務相が1日、閣議後の会見で明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,