タグアーカイブ: 株式見通し

【見通し】今日の株式見通し=堅調か 世界的に株式市場は戻り基調

東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。世界株の戻り基調が続いており、ダウ平均は306ドル高と連日の大幅上昇となっている。一方、為替市場ではドル安・円高が続いており、ドル円は足元で106円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて25円高の21475円、ドル建てが50円高の21500円で取引を終えた。

 米国株高と円高、日本株にとっては強弱材料が同時進行する地合いが続いている。ただ、きのうの日経平均は米国株高に強い反応を見せて大幅高となった。週末でもあり、上値は重いであろうが、米国株が一段高となる中では売りも手控えられると予想する。CME225先物からは、米国株の大幅高の割には弱めのスタートが想定され、場中はプラス圏とマイナス圏を行き来するような場面もあるかもしれないが、押し目では買いが入り、終盤にかけては底堅く推移すると予想する。日経平均の予想レンジは21400円-21700円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=堅調か 米国株がとにかく強い!

東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。VIX(恐怖指数)の低下で過度な警戒感が和らぎ、株式に資金が向かった。米国株は良好な1月消費者物価指数が金利上昇を意識させたことで、弱めのスタートとなったが、ネガティブ視する動きは一時的で、金融やハイテク株などに買いが入り、ダウ平均は253ドル高と大幅上昇となった。ドル円は円高基調が継続しており、足元では106円90銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて315円高の21495円、ドル建てが345円高の21525円で取引を終えた。

 米国株の動きが非常に強い。良好な経済指標は長期金利の上昇を促し、株安要因になるとの懸念もあったが、昨晩の動きはそれを否定している。日本株はここ数日、円高のネガティブな側面を嫌気してさえない展開が続いているが、CME225先物も大幅高スタートを示唆しており、そろそろ米国株高を好感した買いが入ると予想する。戻りが加速するかは場中のドル円次第とはなりそうだが、きょうに関しては、リスク・オフムードが払しょくされ、下げづらい地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21380円-21650円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【見通し】今日の株式見通し=もみ合いか 米国株の落ち着きは好感も円高が重しに

東京市場はもみ合いか。米国株は上昇。連日の上昇の反動や欧州株の下落などから軟調スタートとなったが、押し目買いが入り、主要3指数はそろって上昇した。為替市場では円高基調が続いており、ドル円は足元で107円80銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて35円高の21205円、ドル建てが65円高の21235円で取引を終えた。

 米国株が上昇し、動きも落ち着きつつある点は安心材料となる一方、円高が日本株には警戒材料。両要因のせめぎ合いで不安定な地合いを予想する。寄り前には10-12月期GDPの発表が予定されており、良好な内容が確認できれば、買いの勢いが増す展開にも期待は持てる。ただし、きのうは前場で大幅高であったところから後場急失速するなど、日本株の弱さが目立っており、円高一服感が鮮明になるまでは、腰の入った買いは入りづらい。場中はドル円動向をにらみながら神経質な展開が続くと考える。日経平均の予想レンジは21100円-21350円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株は反転基調、買い優勢の展開か

東京市場は堅調か。米国ではダウ平均が先週末の9日には330ドル高、昨晩12日は410ドル高と連日で大幅高となっており、これを好感して買い優勢の展開が想定される。ドル円は足元で108円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて275円高の21635円、ドル建てが300円高の21660円で取引を終えた。

 米国株は値幅を伴った動きが続いているが、急速に値を戻してきたことは好感材料。ただ、ドル円がそれほどドル高(円安)には振れておらず、CME225先物は大幅高を示唆してはいるものの、ダウ平均の上げ度合いからすると、戻りが甘い印象もある。そのため、高寄り後は方向感に欠ける展開になると予想する。上は5日線(21842円、9日時点)あたりまでの戻りは期待できるとみるが、先週の大幅安でセンチメントは悪化しており、大きく切り返す場面では戻り売りに押される展開も想定しておく局面。さすがに下げを警戒する地合いにはないが、場中の指数の振れ幅は大きくなる可能性もあるとみる。日経平均の予想レンジは21480円-21800円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=ダウ平均は1032ドル安、手じまいムードが強まるか

東京市場は大幅安か。ダウ平均が1032ドル安と大幅下落。イングランド銀行の声明を受けて英国の早期利上げの見方が強まり、改めて金利上昇が意識される地合いとなった。一方、為替市場ではリスク・オフの円高が進み、ドル円は足元で108円80銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて770円安の21170円、ドル建てが750円高の21190円で取引を終えた。

 米国株の大幅安を受けて、リスク回避の売りに押される展開が想定される。為替も円高に振れており、日本株には一段と厳しい流れ。東京市場は三連休前ということも手じまいムードを強めやすい。信用の投げ売りなども出やすく、きょうは終日軟調な展開を予想する。ただ、直近でも米国株の激しい値動きは続いていたことから、ある程度の波乱は想定されていた。そのため、6日の安値21078円は、下値のめどとして意識されると考える。日経平均の予想レンジは21050円-21400円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=市場の落ち着きを好感も、方向感に欠ける展開か

東京市場はもみ合いか。欧州株は上昇したが米国株は下落。ダウ平均は取引終盤までプラス圏で推移していたが失速し、主要3指数はそろって下げて終えた。ドル円は足元では109円30銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて220円高の21830円、ドル建てが245円高の21855円で取引を終えた。

 米国株は下げたとはいえ、下げ幅は小幅で、世界的に株式市場は落ち着きを取り戻しつつある。CME225先物は高寄りを示唆しており、強めのスタートも想定される。ただ、日経平均はきのう、一時700円超上昇したところから失速しており、あすのSQや三連休を前に、上ではリスク回避の売りに押されると予想する。一方で、米国株に下げ止まりの動きが見られることは好材料で、株価下落で短期的な過熱感が払しょくされたぶん、好決算銘柄には素直に買いが入るであろうから、下値では買いが入ると考える。指数は為替や米国の先物動向をにらみながら、方向感に欠ける動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21600円-21880円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株の大幅反発に安心感、戻りを試す展開か

東京市場は大幅高か。米国株は大幅反発。序盤はアジアや欧州の下げを受けて軟調に推移したが、切り返してプラス転換。しばらくもみ合った後、終盤にかけては上昇拡大となり、ダウ平均は500ドル超の上昇を記録した。ドル円は足元では109円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて735円高の22245円、ドル建てが760円高の22270円で取引を終えた。

 きのうとは一転して、全面高スタートが想定される。米国株が終盤にかけて上昇したことで、いったんは売り圧力が和らぐとの期待も高まりやすい。日経平均はきのう1日で1071円の下落、直近3日では1800円超下落しており、それなりの戻りは期待できる。直近の株安局面ではそれほどリスク・オフの円高が進まなかった上に、米国株の反発局面ではしっかり円安に振れていることも日本株には好材料。きのうの引け後にはトヨタが上方修正を発表していることも押し目買い意欲を高めやすい。一段と円安が進むようであれば、きのうの下げの大半を戻すくらいの上昇もあると考える。日経平均の予想レンジは22180円-22500円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株の下げ止まらず、リスク・オフで総売りの展開か

東京市場は大幅安か。米株市場では前日の大幅安を受けてセンチメントが大幅に悪化。ダウ平均は一時1600ドル近い急落となり、引けでも1175ドル安と過去最大の下げ幅を記録した。ドル円はリスク・オフでドルが売られ、足元では109円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて1245円安の21405円、ドル建てが1240円安の21410円で取引を終えた。

 米国株の連日の大幅安、かつ下げ幅の大きさから、総売りの展開が想定される。ダウ平均の下げは1000ドルを超えたが、CME225先物水準からは、日経平均も1000円近い下落からのスタートが示唆されている。米国株の落ち着きを見るまでは押し目買いは入りづらく、短期間の急落で投げ売りなども出てくるであろうから、寄りついた後、さらに下を試す可能性も高い。場中の指数の動きもかなり荒いものとなるだろう。日経平均の予想レンジは21100円-21600円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=雇用統計を受けて米国株が大幅安、リスク回避ムードが強まるか

東京市場は軟調か。先週末の米株市場では、ダウ平均が665ドル安と大幅安となっており、これを警戒して売り優勢の展開が想定される。1月の米雇用統計では良好な内容が確認できたが、結果を受けて長期金利が上昇したことが嫌気された。また、アップルやアルファベットが決算失望で大きく下げたことも、利益確定売りを加速させた。ドル円は強い米指標がドル高要因となり、足元では110円20銭台と110円台に乗せている。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて360円安の23960円、ドル建てが340円安の22980円で取引を終えた。

 為替が円安に振れている点は日本株にはポジティブであるが、さすがに米国株の下げ度合いが大きく、全面安の展開か。CME225先物からは、スタートから23000円割れも想定される。この辺りではリバウンド狙いの買いも入りやすいため、寄りつき後は23000円を意識した動きが続くと予想する。場中には戻りを試す場面もあると考えるが、終盤にかけては、米国株の天井懸念からの売りも出てくると想定されることから、反発力も限定的と予想する。日経平均の予想レンジは22880円-23100円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株が乱高下、雇用統計前に警戒感が強まるか

東京市場は軟調か。欧州株は下落、ユーロ高を受けて独DAXが大きめの下げとなった。米国株はまちまち。ダウ平均が下落スタートから一時3桁上昇となりながらも失速するなど、かなり不安定な動きとなっている。ドル円は足元では109円40銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて155円安の23285円、ドル建てが135円安の23305円で取引を終えた。

 米国株が荒い動きとなった点はネガティブ。今晩の米雇用統計の結果次第では、長期金利に動意が出てくる可能性があり、指標発表を前にやや警戒感が強まる展開を予想する。引け後の決算発表を受けて、時間外ではアマゾン・ドット・コムやアップルが上昇し、アルファベットは下落している。CME225先物水準からは弱めのスタートが想定される。ただ、日経平均はきのう大きめの反発が見られたこと、きょうはソニーや三菱UFJなど注目度の高い企業の決算発表が多く控えていることなどから、売り一巡後は買いが入って下げ渋ると考える。日経平均の予想レンジは23250円-23420円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】2月2日(金)21時30分スタート。
FXストラテジストの川合氏が読み解く、これからの為替相場は?
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180202/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=FOMCは無難に消化、米国株高を好感して堅調か

東京市場は堅調か。前日に大幅安となった米国株が反発しており、これを好感して買い優勢の展開を予想する。ダウ平均はFOMCを受けて一時マイナス圏に沈む場面があったが、切り返して終えた。ドル円はドル買いの動きが強まり、足元では109円20銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて170円高の23260円、ドル建てが195円高の23285円で取引を終えた。

 米国株が前日の大幅安を引きずることなく上昇し、為替も円安と、日本株にとっては追い風の流れ。日経平均はきのうまで6日続落と下げ続きでもあり、買い先行から戻りを試す展開が想定される。決算発表も多く、個別の材料は満載。好材料のある銘柄には素直に買いが入る展開が期待でき、総じて良好な地合いが続く可能性が高い。ただし、このところは後場に崩れる動きが多く見られる。終日堅調がメーンシナリオだが、後場にかけてはやや伸び悩む、もしくは戻り売りに押される展開も想定しておきたい。日経平均の予想レンジは23100円-23350円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]スマホ視聴OK。無料配信『生中継だヨ!米雇用統計』
【拡大版】2月2日(金)21時30分スタート。
FXストラテジストの川合氏が読み解く、これからの為替相場は?
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/180202/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株が大幅安、波乱含みの展開か

東京市場は軟調か。欧州株はそろって下落。世界的な株安が警戒される中、総じて売りが優勢の展開。米国では金利上昇への警戒やヘルスケア株の下落などから、ダウ平均が一時400ドル超下げる場面があり、終値でも362ドル安と今年最大の下げ幅を記録した。ドル円は足元で108円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて70円安の23190円、ドル建てが45円安の23215円で取引を終えた。

 米国株の大幅安を受けて軟調スタートが想定される。ただし、日本株はきのう先んじて大きく下落しており、米国株の下げ度合いに比べると、マイルドな下げになると予想する。ドル円は比較的落ち着いた動きとなっており、リスク・オフの円高も進んでいない。日本時間の11時からトランプ米大統領の一般教書演説が予定されており、この近辺では荒い動きが出てくる可能性はある。ただ、為替にポジティブな動きが見られるようなら、プラスに転じるような展開もあるとみる。米国株の落ち着きを見るまでは上は重いであろうが、値幅の調整が進んでいることから、売り一辺倒にもなりづらいと考える。日経平均の予想レンジは23150円-23450円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=金利上昇警戒で米国株が軟調、上値の重い展開か

東京市場は軟調か。欧州株はまちまちも米国株は下落。米国株は長期金利の上昇を嫌気して、主要3指数がそろって下落した。ドル円は足元では108円90銭近辺で推移している。金利上昇からドルが買われてはいるものの、円高が一服したという感は乏しい。そのため、日本株には米国株安のネガティブ影響が強く出てくる展開が想定される。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて75円安の23535円、ドル建てが55円安の23555円で取引を終えた。

 CME225先物からは23500円どころが意識される。心理的節目であることや、すぐ下に25日線(23483円、29日時点)が控えていることから、23500円を下回るような場面では押し目買いが入ると考える。とはいえ、このところは円高が重しとなって日経平均の弱い動きが続いており、トランプ大統領の一般教書演説やFOMCを前にしては、リスク回避の売りも出やすい。イベント前で様子見姿勢は強まりやすく、安寄り後は下は堅いが上も重い動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは23480円-23600円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米国株高や良好な決算は買い材料も円高は重しに

東京市場は堅調か。先週末の米国株は、良好な企業業績などを好感してダウ平均が200ドルを超える大幅高となっている。一方で、為替市場ではドル安基調が継続しており、ドル円は足元で108円70銭近辺で推移している。米国株高、円高と、日本株には強弱材料が混在しているが、先週の日経平均が26日まで3日続落と、円高のネガティブ材料に強く反応していた反動で、きょうは米国株高のポジティブ材料への反応が強く出ると予想する。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて95円高の23725円、ドル建てが115円高の23745円で取引を終えた。

 先週金曜の引け後に発表された企業決算では、信越化学やファナックの内容が良好で、ADRでも両社の株価は大幅高となっている。これらは東京市場でも強い動きが予想され、決算に対する警戒感を和らげる可能性が高い。ただ、円高が重しとなっている状況は変わらずで、上では戻り売りも出てくると考える。買い先行から序盤で上を試した後は伸び悩み、その後はこう着感の強い地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは23690円-23780円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=トランプ発言で円高一服も様子見姿勢が強まるか

東京市場はもみ合いか。ECB理事会後のドラギ総裁会見は、欧州の成長加速を強調する内容となり、会見を受けてドルは売られる展開。しかし、トランプ米大統領が強いドルを望むと発言したことで、一転、ドル買いの動きが強まった。ドル円は足元で109円60銭近辺で推移している。欧州株はユーロ高警戒から下落し、米国株はまちまち。ダウ平均とS&P500が高値を更新した一方、ナスダック総合は下落した。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて55円安の23605円、ドル建てが30円安の23630円で取引を終えた。

 トランプ大統領の発言が円高を食い止めた点はポジティブではあるが、その直前には108円台半ばまで円高が進む場面があり、依然として為替動向は警戒材料。今晩、米国では10-12月期GDPや12月耐久財受注など重要指標の発表があるほか、ダボス会議でトランプ大統領の演説も予定されており、為替のボラティリティが高い状況が続きそう。ドル高が期待できそうな材料もあるが、今週、円高が日本株の重しとなっただけに、期待だけでは積極的な買いは入りづらく、様子見姿勢が強まると予想する。場中はドル円動向をにらみながらも、方向感に乏しい地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは23580円-23750円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=円高進みドル円は一時109円割れ、下値を探る展開か

東京市場は軟調か。ムニューシン米財務長官のドル安容認発言を受けて為替市場でドル安・円高が進行しており、売り優勢の展開が想定される。ドル円は足元で109円10銭近辺で推移しており、109円を割り込む場面もあった。為替の荒い動きを受けて米国株も不安定な動きとなっており、ダウ平均は上昇した一方、S&P500とナスダック総合は下落。フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が大幅安となっており、半導体株が売られた。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて170円安の23740円、ドル建てが145円安の23765円で取引を終えた。

 日経平均はきのう後場の動きが弱かった上に、追い打ちをかける円高加速で、センチメントの悪化が警戒される。場中もドル円動向をにらみながら神経質な展開が続きそうだ。今晩のECB理事会およびドラギ総裁会見で為替の基調が変わる期待はあり、下値では押し目買いも入ると考えるが、円高および米国株の動向から、特にハイテク株に厳しい展開が予想されるため、反発力は限定的とみる。水準を切り下げて始まった後は、安値圏でのもみ合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは23680円-23850円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=円安は続かず、新興市場優位の展開か

東京市場は軟調か。欧米株はまちまち。米国ではダウ平均は下落した一方、S&Pとナスダック総合は上昇し、高値更新が続いた。ダウ構成銘柄のジョンソン・エンド・ジョンソンやP&Gが決算を受けて軟調であった一方、好決算のネットフリックスが急伸した。ドル円はNY時間でドル安・円高基調を強めており、足元では110円20銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて110円安の24010円、ドル建てが85円安の24035円で取引を終えた。

 円安が続かなかったことはネガティブ材料。きのうの大幅高の反動やダウ平均の下落などからも、売り優勢の展開が想定される。一方、ナスダック総合の高値更新を好感して、新興市場には資金が向かうと予想される。下げたとしても警戒ムードはそれほど強まらず、マザーズやジャスダックの勢いに比べて、日経平均の上値が重いといった地合いになると考える。日経平均も、24000円を下回る場面があれば押し目買いが入る可能性が高い。きょうは節目を意識しながらの値固めが進むと予想する。日経平均の予想レンジは23950円-24100円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=米政府閉鎖は解除の方向、米国株高を素直に好感か

東京市場は堅調か。米上院で2月8日までのつなぎ予算の合意が伝わったことを好感して、ダウ平均は142ドル高と大幅上昇。これを受けて日本株も買い優勢の展開が見込まれる。ドル円は足元で110円90銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて155円高の23945円、ドル建てが180円高の23970円で取引を終えた。

 きのうの日経平均は、米国株高を受けても政府閉鎖への警戒から上値が重かった。きのうの動きが鈍かった分、日本株は大幅高の展開も十分期待できる。きょうは日銀金融政策決定会合の結果が発表される。何らかの政策変更があれば相場のかく乱要因となるが、現状維持であれば、そのことが好感材料となる可能性が高い。前場は24000円近辺で日銀会合の結果発表を待ち、後場に一段高となる展開がメーンシナリオ。政策変更があった場合でも、引け後の黒田総裁会見を見極めたいとの見方から、大きく崩れる展開にはならないと考える。日経平均の予想レンジは23880円-24200円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=欧米株高を好感して堅調も様子見姿勢は強まるか

東京市場は堅調か。先週末の欧州株はそろって上昇。米国では政府閉鎖の可能性が意識されながらも、業績期待から買いが入り、S&P500とナスダック総合が高値を更新している。ドル円は足元で110円60銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて35円高の23835円、ドル建てが60円高の23860円で取引を終えた。

 海外市場の堅調を受けて、日本株もしっかりの展開が想定される。ただし、週末に米政府機関は一部閉鎖となっており、この影響が警戒されるほか、国内ではきょうから日銀金融政策決定会合が開催されることから、様子見姿勢は強まると考える。国内も今週から決算シーズンに入ることや、先週に指数が一時24000台に乗せたことなどから、良好な地合いは続くと期待できるが、商いは閑散となりやすく、上値は限定的と予想する。日経平均の予想レンジは23750円-23880円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=堅調か 米国株は下落も市場の落ち着きを好感

東京市場は堅調か。欧州株はまちまちで米国株は下落。米国では前日の大幅高の反動で利益確定売りが優勢となった。ドル円は米国の暫定予算に関する報道で上下する場面があったが、足元では111円00銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて55円高の23825円、ドル建てが80円高の23850円で取引を終えた。

 きのうの日経平均は後場に急失速する荒い動きとなったが、米国株は下げたとはいえ落ち着いている。CME225先物も高寄りを示唆しており、きのう崩れた分を修正する格好でしっかりの展開を予想する。今週は米国が26000ドル、日経平均が24000円の節目に到達し、先高期待は高まった。この先は日米とも業績発表が多く控えており、売り込む材料にも乏しい。とはいえ、不安定な動きも見られた週の週末で動意は限られるだろう。5日線(23790円、18日)を意識しながらの小動きが続くと予想する。日経平均の予想レンジは23720円-23880円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,