タグアーカイブ: 材料視

東証業種別ランキング:石油・石炭製品が値上りトップ、原油先物相場の上昇が材料視[FISCO]

石油・石炭製品が値上りトップ。原油先物相場の上昇が材料視されている。繊維は東レが3%を超える上昇とな (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

「ドル・円は上値の重い展開か、今晩の低調な経済指標を材料視」

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米国の8月雇用統計への上振れ期待が広がるなか、今晩発表の経済指標は低調な内容が見込まれ、ドル買いは弱まる見通し。また、ユーロ圏経済の好調ぶりが示されユーロ買いに振れれば、ドルの上昇を抑える要因となりそうだ。
 前日発表された米国の4-6月期米国内総生産(GDP)改定値は、前年比年率+3.0%と速報値の+2.6から上方修正された。個人消費が速報値の+3.0%から+3.3%に修正され、堅調な伸びを示すとともに、全体を押し上げた。また、8月ADP雇用統計が予想を大きく上回ったことから、明日発表の8月雇用統計の上振れ期待も高まった。連邦準備制度理事会(FRB)が9月19-20日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で検討する見通しのバランスシート縮小にも追い風となったもよう。米経済指標が好感され、ドル・円は本日のアジア市場で一時110円60銭台まで値を切り上げた。
 ただし、今晩の欧米市場ではドルの上昇ペースは鈍くなりそうだ。21時半発表の米国の7月コアPCE価格指数が前年比+1.4%と予想され、2月に記録した+1.8%から伸びの鈍化は鮮明となろう。FRBが目標とする+2.0%からは次第に遠のいており、年内の追加利上げ観測は後退し、足元のドル買いを弱める見通し。一方、それに先立ち18時に発表されるユーロ圏の8月消費者物価指数(CPI)速報値や同7月失業率も材料視される。特に、CPIは最近の回復基調を反映し、前回を上回る見込み。9月7日開催の欧州中央銀行(ECB)理事会で資産買入れプログラムの終了に思惑が広がれば、ユーロ・ドルは買い再開となり、その影響でドル・円への下方圧力がある程度強まるだろう。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数速報値(前年比予想:+1.4%、7月:+1.3%)
・18:00 ユーロ圏・7月失業率(予想:9.1%、6月:9.1%)
・18:30 南ア・7月生産者物価指数(前年比予想:+3.5%、6月:+4.0%)
・20:00 南ア・7月貿易収支(予想:+71億ランド、6月:+107億ランド)
・21:30 米・7月個人所得(前月比予想:+0.3%、6月:0.0%)
・21:30 米・7月個人消費支出(前月比予想:+0.4%、6月:+0.1%)
・21:30 米・7月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.4%、6月:+1.5%)
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.8万件、前回:23.4万件)
・21:30 カナダ・4-6月期GDP(前期比年率予想:+3.7%、1-3月期:+3.7%)
・22:45 米・8月シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.5、7月:58.9)
・23:00 米・7月中古住宅販売成約指数(前月比予想:+0.4%、6月:+1.5%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

原油:やや反発、サウジアラビアなどの減産期待やドル安を材料視

NYMEX原油9月限終値:48.82 ↑0.23
 11日のNY原油先物9月限はやや反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比+0.23ドルの48.82ドルで取引を終えた。国際エネルギー機関(IEA)は今年と来年の石油輸出国機構(OPEC)生産の原油需要見通しを下方修正したが、サウジアラビア、イラクによる減産が期待されたことで原油先物は底堅い動きとなった。米国株が小幅ながら反発したことや為替相場がユーロ高・米ドル安に振れたことも材料視されたようだ。ただ、市場関係者の間では「OPEC加盟国・非加盟国が減産を順守し、原油需要の増加が確認されない場合、原油価格が安定的に推移することは難しい」との声が聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

原油:続伸、需給改善やドル安を材料視

NYMEX原油9月限終値:49.71 ↑0.67
 28日のNY原油先物9月限は5日続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比+0.67ドルの49.71ドルで取引を終えた。原油在庫が予想以上に減少していることや米国内における生産量抑制によって需給関係の改善が進み、供給超過の状態は解消されつつあるとの見方が一段と広がった。外為市場でドル安が進んだことも材料視されたようだ。
 市場関係者の間では「米国内での在庫調整はしばらく続く可能性があり、それが一巡すると在庫を一定水準まで積み上げる動きが出てくる」との見方が浮上している。ただ、生産量は以前の水準を下回ることは確実視されており、在庫増加のペースは緩やかになると予想されていることから、「原油価格に対する下押しの圧力はそれほど高まらない」との声が聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

原油:大幅続伸、米国内のシェールオイル生産減少などを材料視

NYMEX原油8月限終値:46.04 ↑1.11
 
6月30日のNY原油先物8月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+1.11ドルの46.04ドルで取引を終えた。終値ベースでは7日続伸となった。ユーロ高・米ドル安が続いたことや米国株高を意識した買いが入ったが、米国のシェールオイル探査会社の石油リグ(掘削装置)稼働数が過去最高水準から減少したことも材料視された。市場関係者の間では、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産合意は順守されており、6月も高い順守率(100%超)となることが予想されていることから、短期筋などのポジション調整的な買いはしばらく続く可能性があるとみられている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反発、ドル売りを材料視

COMEX金8月限終値:1275.90 ↑ 7.30
 14日のNY金先物8月限は6日ぶりに反発。1259.00ドルから1284.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。5月の米消費者物価指数が前月比0.1%下落したことで、為替市場ではドル安が進行。ドル売りを材料に金は買い優勢となった。ただ、米FOMCでは0.25%の追加利上げのほか、年内にFRBの資産縮小を進めると決定。金融正常化に向けた流れが確認できたことから、買い一巡後の金は上値の重い展開となった。

原油:大幅反落、ガソリン在庫増加を嫌気
NYMEX原油7月限終値:44.73 ↓1.73
 14日のNY原油先物7月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-1.73ドルの44.73ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した週間統計で、ガソリン在庫の増加が確認されたことが嫌気された。ガソリン需要の伸び悩み(在庫の積み上がり)を受けて供給超過状態の早期解消への期待はやや後退した。14日発表の5月米小売売上高が減少したことも一部で材料視されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日ぶりに反発、ドル売りを材料視

COMEX金8月限終値:1275.90 ↑ 7.30
 14日のNY金先物8月限は6日ぶりに反発。1259.00ドルから1284.20ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。5月の米消費者物価指数が前月比0.1%下落したことで、為替市場ではドル安が進行。ドル売りを材料に金は買い優勢となった。ただ、米FOMCでは0.25%の追加利上げのほか、年内にFRBの資産縮小を進めると決定。金融正常化に向けた流れが確認できたことから、買い一巡後の金は上値の重い展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

原油:小幅反発、米政治不安緩和などを材料視

NYMEX原油7月限終値:45.83 ↑0.19
 
9日のNY原油先物7月限は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.19ドルの45.83ドルで取引を終えた。米国やナイジェリア、リビアで生産が拡大しており、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産は供給過剰の解消につながらないとの見方は後退していないが、米国の政治不安はある程度和らいでおり、週末前のポジション調整的な買いが入ったことが要因。需要減少に対する警戒感は高まっていないことも原油先物を下支えした。9日の米国株はまちまちの動きを見せたが、NYダウがやや強い動きを見せたことは好材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は大幅反発、予想を上回る原油在庫減少を材料視

NYMEX原油6月限終値:47.33 ↑1.45
 10日のNY原油先物6月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+1.45ドルの47.33ドルで取引を終えた。米国の原油在庫が予想以上に減少したことや石油製品の在庫水準が低下していることが材料視された。市場参加者の間で需要増加への期待は高まっていないが、供給超過の状態は段階的に解消されるとの見方が浮上しており、目先的には49ドル近辺までの戻りが期待されているようだ。チャート上では200日移動平均(49.05ドル水準)を大幅に下回る状態が続いている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY原油先物は反落、米石油生産増加を材料視

NYMEX原油5月限終値:53.11↓0.29
 12日のNY原油先物5月限は反落。NYMEX原油5月限は前日比-0.29ドルの53.11ドルで取引を終えた。公表された統計で米国の石油生産が約1年ぶりの高水準を示したことが要因。ただ、原油、ガソリン在庫は予想以上に減少しており、下げ幅はやや縮小している。
 市場関係者の間では、需給関係はバランスされつつあり、NY原油先物は50ドル台から53ドル台での取引がしばらく続くとの見方が浮上している。チャートでは、100日移動平均線(51.44ドル水準)をしっかりと上回っており、底堅い動きが続く見込み。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル上昇、NY連銀総裁発言など材料視=NY市場

[ニューヨーク 7日 ロイター] – ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が保有するバランスシートの縮小計画が利上げサイクルの大幅な遅れにはつながらない、とのダドリー米ニューヨーク連銀総裁発言が材料となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米国株小安い、弱い雇用統計やNY連銀総裁発言など材料視

[ニューヨーク 7日 ロイター] – 米国株式市場は主要3指数がそろって小幅安で取引を終えた。予想を下回る伸びとなった3月の雇用統計や米国によるシリア空爆、バランスシート縮小を巡るダドリー・ニューヨーク連銀総裁の発言など、市場は相次ぐ主要材料を消化するのに追われ、不安定な展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,