タグアーカイブ: 本日

本日はチーファンラマ(人民元)アップ致します

「人民元ますます堅調 その背景は」

(ポイント)

*人民元が対ドルで堅調推移している その背景は

*明日はGDP、鉱工業生産、小売売上の発表

*人民銀行は1ドル6.6程度に収めたい

*米中首脳会談があった

*貿易不均衡による米国の制裁はあるか

*人民銀行は市場にくすぶる金融引き締め観測を打ち消した

*今年の成長見通しは6.7%か

*中国債券人気続き元をサポート

*トランプ大統領膨大な貿易不均衡の責任は中国にあらず

*中国は米国と2500億ドルの商談を結ぶ

*人民元変動幅拡大を検討している

*失業率は5%以下

*MSCI採用後の資金流入期待がある

*全人代のCPI上昇目標は3% 

*日中首脳外交を画策中

FX為替ニュース

, , , , ,

本日のスケジュール

[本日のスケジュール]
<国内>
08:50  機械受注(11月)  -1.2%  5.0%
10:10  国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下)(日本銀行)    

<海外>
16:00  欧・欧新車販売台数(12月)    5.9%
19:00  欧・ユーロ圏消費者物価指数改定値(12月)  1.4%  1.5%
21:00  米・MBA住宅ローン申請指数(先週)    8.3%
23:15  米・鉱工業生産指数(12月)  0.2%  0.2%
23:15  米・設備稼働率(12月)  77.2%  77.1%
24:00  米・NAHB住宅市場指数(1月)  72  74
24:00  加・カナダ銀行(中央銀行)が政策金利発表  1.25%  1.00%
28:00  米・地区連銀経済報告(ベージュブック)    
30:00  米・対米証券投資収支(ネット長期TICフロー)(11月)    232億ドル
      
  米・シカゴ連銀総裁が講演    
  米・クリーブランド連銀総裁が講演    

注:数値は市場コンセンサス、前回数値

FX為替ニュース

, , , , ,

本日は南十字星(NZ編)アップ致します

「政経の安定感が増し底堅い」 

(ポイント)

*NZドル円は8週連続陽線とならず
*NZドルドルは5週連続陽線
*年初は通貨2位でスタート
*新中銀総裁の決定を市場は好感
*3Q・GDPは2Qを下回ったが予想を上回った
*財政報告で財政黒字減額を示唆
*3Q小売売上弱い
*乳製品価格は5回ぶりに上昇
*建設業の労働者不足で移民制限は難しい
*3Q・CPIは予想を上回った
*毎年後半は貿易赤字傾向
*対外純債務がGDP比で1980年代末以来の水準に低下
*ムーディーズがNZの財政を評価
*IMFはNZの家計債務に警告した(住宅価格高騰で)
*S&PはAA格付けを維持(ムーディーズはAaa)
*観光業が、GDPへの貢献度では乳製品輸出を上回るようになった

FX為替ニュース

, , , , ,

本日のスケジュール

[本日のスケジュール]
<国内>
08:50  国内企業物価指数(12月)  3.2%  3.5%
13:30  第3次産業活動指数(11月)  0.3%  0.3%
16:00  訪日外国人客数(12月、2017年)    

<海外>
16:00  独・消費者物価指数改定値(12月)  0.6%  0.6%
18:30  英・消費者物価コア指数(12月)  2.6%  2.7%
18:30  英・生産者物価産出コア指数(12月)    2.2%
19:00  ブ・FGVインフレ率(IGP-10)(1月)    0.9%
19:00  ブ・FGV消費者価格指数(IPC-S)(1月15日まで1カ月間)    0.31%
22:30  米・ニューヨーク連銀製造業景気指数(1月)  18.0  18.0
  決算発表 シティグループ    
  日ルーマニア首脳会談    
  加・朝鮮半島問題に関する外相級会合    

注:数値は市場コンセンサス、前回数値

FX為替ニュース

, , , , ,

【お知らせ】これをもちまして、本日の東京からの市況配信は終了させていただきます

[欧米市場の為替相場動向]

これをもちまして、本日の東京からの市況配信は終了させていただきます。本日15日は、米国が「キング牧師誕生日」の祝日のためニューヨーク市場は休場となります。弊社ニューヨークデスクからの市況配信はお休みさせていただきます。何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

本日は喜望峰(南アランド)アップ致します

「ズマ大統領早期退陣説は打ち消しでランド最下位スタート、今週は政策金利」 

(ポイント)

*通貨は今年最弱でスタート
*ズマ大統領早期退陣説は打ち消しされた
*今週は政策金利決定
*2月にムーディーズの格付け見直しがある
*11月貿易収支で黒字が予想より拡大した
*3Q・GDPは改善
*12月企業景況感指数は改善した
*12月の民間部門購買担当者景気指数PMは悪化
*11月CPI、PPIは落ち着き、10月小売売上は予想を下回った
*ズマ大統領に対する汚職疑惑を巡り、ズマ氏自身による検察官の任命を裁判所が退けた
*格下げ後、財政改革を行うと宣言
*ギガバ財務相が財政赤字拡大を表明
*ズマ大統領と汚職、癒着疑惑のあるグプタ家に捜査が及ぶ
*海外からの観光客は増加
*自動車販売好調
*裁判所により中銀の独立性が維持されたことは好感された
*ギガバ財務相は景気回復のため海外からの支援を受け入れることを示唆

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ドル売りトレンド継続も、本日はNY休場で様子見か

先週は欧州中央銀行(ECB)の早期テーパリング期待と、独の大連立への向けての話し合いが進展したことをうけて、ユーロドルは2014年12月以来となる1.2218ドルまで上昇した。本日は欧州からは経済指標が、ユーロ圏の11月貿易収支以外発表がなく材料不足だが、ユーロドルは底堅い展開を予想する。
 ユーロドルの買い支えは、上記のユーロの買い要因だけでなく、全体的にドルの上値が重いドル安トレンドも原因だ。本日はキング牧師の生誕記念日でNY市場は休場だが、人種差別に対して反対をしたキング牧師の生誕日に、ここ最近の人種差別(Shithole)発言や移民救済制度(DACA)に対する抗議デモもあり、トランプ大統領に対しての風当たりが再び強くなっているのもドル売り・ユーロ買い要因になりそうだ。
 ポンドドルもユーロ同様に、ドル安基調が維持されそう。しかし、ポンドは英政府が内閣改造を行ってもメイ首相の求心力回復はなく、失望感が漂ったままなことが上値を抑えるだろう。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは2014年からの下落時のサポートだった1.2247ドル、ポンドドルは2016年2月のサポートだった1.3836ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは1月12日NY午前の高値1.2156ドル、ポンドドルは昨年9月20日の高値の1.3657ドルが下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,