タグアーカイブ: 本日安値圏

ポンド円は本日安値圏の推移続く 第4四半期の英成長の伸びは改善も=NY為替チェック

 ポンド円はNY時間に入って下げ止まっているものの、150円台半ばの本日安値圏での推移が続いている (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円は本日安値圏、次の下値メドは111円半ばか

[欧米市場の為替相場動向]
ドル・円は111円70銭台と本日安値圏でもみあう展開となっている。引き続きユーロ・円などクロス円で円買いに振れやすく、ドル・円に下押し圧力がかかる。また、前日海外市場で大きく上昇した米10年債利回りは2.54%台に水準を下げており、ドル売りを誘発。目先は節目の111円50銭付近が下値メドとみられる。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円72銭から111円96銭、ユーロ・円は133円42銭から133円81銭、ユーロ・ドルは1.1933ドルから1.1955ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ポンド自体は本日安値圏での推移続く ポンド円は150円台に戻す=NY為替チェック

 ポンド円はドル円の買い戻しで150円台に戻しているものの、ポンド自体は軟調な動きが続いており、ポ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は本日安値圏、米長期金利の低下続く

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は本日安値を更新し、一時113円32銭まで弱含んだ。足元も安値圏でもみ合う展開。米10年債利回りが2.36%台まで水準を下げたことからドル売りに振れやすい地合いとなった。また、欧州株式市場は複数の主要指数が下げに転じ、リスク選好的な円売りは弱まりつつあるようだ。ユーロ・ドルも1.1801ドルまで上昇した。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円32銭から113円50銭。ユーロ・円は133円56銭から133円81銭、ユーロ・ドルは1.1775ドルから1.1801ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は本日安値圏、米長期金利が低下

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は欧州市場で一時113円89銭まで戻したが、足元は113円70銭付近と本日安値圏にやや値を下げる展開米10年債利回りが2.30%台に低下し、ややドル売りに振れているもよう。欧州市場でも、トランプ政権の税制改革に遅れが生じる可能性に関する報道に対する反応が、徐々に広がってきているとみられる。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円65銭から113円89銭。ユーロ・円は131円81銭から132円17銭、ユーロ・ドルは1.1591ドルから1.1611ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロ円は本日安値圏に再び下落 カタルーニャ情勢への懸念も根強い=NY為替チェック

 NY時間の終盤に差し掛かってユーロが戻り売りに押されている。この日の米消費者物価指数(CPI)が (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は本日安値圏、米長期金利にらみの動き続く

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は112円70銭台と、本日安値圏で推移。米10年債利回りは夕方の低下が一服し、足元は2.34%台で下げ渋っており、ドル売りはいったん収束している。一方、欧州株は全面高となっているが、米株式先物はマイナス圏に転じており、円は売り買い仕掛けづらい状況か。
 ユーロ圏の9月景況感指数は予想を上回る伸びとなり、ユーロ・ドルは一時1.1773ドルまで上昇したが、その後買いは続かず、やや反落している。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円69銭から112円86銭。ユーロ・円は132円51銭から132円75銭、ユーロ・ドルは1.1750ドルから1.1773ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,