タグアーカイブ: 日経平均

寄り付きの日経平均は大幅続伸、8月8日以来の2万円回復

[東京 19日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比218円68銭高の2万0128円18銭となり、大幅続伸して始まった。取引時間中の2万円回復は8月8日以来。国内連休中の米国株が上昇、為替は円安に振れるなど海外で広がったリスクオンムードが東京市場にも波及した。早期の衆院解散が有力になり、政権安定への期待も高まっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=欧米株は堅調、日経平均は2万円が視野に

連休中の欧米株は堅調、日経平均は2万円が視野に

 東京市場は堅調か。18日の欧米市場はそろって上昇。欧州市場ではカーニー・イングランド銀行総裁発言がポンド安を促し、通貨安による収益改善期待が高まった。米国市場も欧州株高の流れが継続し、ダウ平均とS&Pが最高値更新した。ドル円は足元で111円40銭近辺での推移。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて200円高の19990円、ドル建てが225円高の20015円で取引を終えた。

 東京市場が休場の間に欧米市場に大きな波乱はなく、為替も円安基調が維持されていることから、リスク・オンムードが一段と強まる展開が想定される。FOMCを目前に控えて米株市場が騰勢を強めていることは安心感を強めやすく、週末に国内で急速に高まった衆院解散ムードも株式市場を刺激する可能性がある。CME225先物からは日経平均は2万円近辺からのスタートが示唆されており、大台回復から投資家心理の改善にも期待できる。先週の株高のトレンドが継続し、良好な地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは19920円-20100円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今週の【日経平均】9月11日~15日『1カ月ぶりに19900円台を回復、北朝鮮ミサイルの影響は限定的』[FISCO]

【大幅反発、警戒ムードがいったん後退】11日(月)■概況■19545.77、+270.9511日(月)の日経平均は大幅反発 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

日経平均は反発、2万円に接近 北ミサイル発射の影響限られる

[東京 15日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は反発した。日本時間の早朝に北朝鮮がミサイルを発射し北海道上空を通過したものの、ショック安は回避した。ドル/円<JPY=>の下値の堅さを確認したことも支援材料となり、指数は一時120円を超す上昇。心理的節目の2万円に接近した。TOPIXも上昇したが、前日の高値を手前に伸び悩む展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

午後まとめ=日経平均が三桁の上げ幅、ドル円・クロス円底堅い

・ドル円・クロス円は日経平均上昇に伴いじり高に
・欧州通貨は狭いレンジ、本日は欧州から経済指標の発表は無いが要人発言には警戒
・日経平均は三桁を超える上昇幅を記録

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

日経平均は三桁高、クロス円は堅調な値動きに

 三連休前の日経平均は買いが優勢となり、三桁高の19930円付近まで上昇した。クロス円はリスク選好の円売り地合い、ユーロ円は131.49円、ポンド円が147.92円、豪ドル円は88.28円まで円安が進んでいる。ドル円も110.40円と本日の円安値圏で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均のチャート節目-三連休を控え、持ち高調整売りに注意

底堅い展開も三連休を控え、持ち高調整の売りに注意

 日経平均は上下にごく短いヒゲを伴った「短陽線」を形成。7時前に北朝鮮からミサイルが発射され、日本上空を通過。太平洋上に落下したことを受け、地政学リスクの高まりを嫌気し売りが先行した。一方で、ミサイル発射は予想の範囲内として、先高期待などから押し目買いが支えとなり指数は小幅高に転じた。上向きの5日線(19690.41円)が支持線として意識され下げ止まった一方で、75日線(19867.84円)やボリンジャー・バンド+2σ(19892.30円)、一目均衡表の雲下限(19908.76円)が上値を抑えるかたちとなっている。前日に過熱感から想定内の一服となり、地政学リスクで軟調な展開を予想するも、底堅い展開だが上値も重い。新たな材料まではボリンジャー・バンド+1σ〜+2σでのバンド・ウォークが続くと想定。ただ、東京市場は3連休を控えていることで、持ち高整理などの売りが出やすく、ボリンジャー・バンド+1σ(19717.09円)まで下がる可能性も考えたい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

日経平均は小反発、北朝鮮ミサイル発射の影響は一時的

[東京 15日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比19円40銭高の1万9826円84銭となり小幅に反発した。円安一服や朝方の北朝鮮によるミサイル発射を背景に売りが先行したものの、リスク回避的な動きとはならず、寄り後まもなくプラスに転じた。堅調な米経済指標や原油、半導体などの市況改善が支えになった。あすからの3連休を控えて積極的に買い向かう投資家は少なく、前引けにかけては伸び悩む展開だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,