タグアーカイブ: 日経平均株価

ドル・円は主に106円台後半で推移か、日経平均株価の動向を注視する展開

 22日のドル・円相場は、東京市場では107円78銭から107円15銭まで下落。欧米市場でドルは107円48銭まで買われた後に106円60銭まで反落し、106円73銭で取引を終えた。
 本日23日のドル・円は、106円台後半で推移か。米長期金利の低下を背景にドル売り・円買い地合いが強まっている。しかしながら、日経平均株価を手掛かり材料に107円台回復を目指して、ドル・円は値を戻す展開も予想される。
 米長期金利の低下を背景にドル売り・円買いが強まっている。また、22日に公表された欧州中央銀行(ECB)定例理事会の議事要旨では、フォワードガイダンスの早期見直しは時期尚早との見解が共有された一方、2018年の早い時期に姿勢を見直すことが可能との見方も示していたことが明らかとなった。
 これを受けて、ユーロは対ドルで上昇し、ドル売りは対円にも波及している。さらに、年度末を控えている2月、3月は海外留保利益の本国送金増加を背景とした円買い需要の高まりも意識されており、ドルの下押し材料となっているもよう。
 本日の東京市場は106円台後半で推移すると予想される。市場では来週28日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を控えて、今後の米経済の行方や利上げペースをめぐりパウエル議長の発言内容に注目している。ただし、週末要因の持ち高調整の動きや日経平均株価の動き次第では、107円台までドルが買い戻される展開となりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は106円台半ば近辺で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 19日のドル・円相場は、東京市場では106円10銭から106円65銭まで上昇。欧米市場でドルは106円73銭まで買われており、106円59銭で取引を終えた。
 本日20日のドル・円は、106円台半ばで推移か。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。
 前日の米国市場はプレジデンツデーの祝日のため、休場。主要経済指標の発表がなく新規材料難で方向感に乏しい中、106円台半ばで小浮動している。最近の急落を受けたドルの買い戻しの動きは継続しているもよう。
 日本時間21日夜に行われる英中銀のカーニー総裁やブロードベント副総裁らによる議会証言や、21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に対する市場の注目が集まっているようだ。本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、ドル・円は106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。有力な手掛かり材料は不足しており、日中におけるドル円の値幅は上下ともに限られそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に106円台前半で推移か、本日も日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 16日のドル・円相場は、東京市場では106円35銭から105円55銭まで下落。欧米市場でドルは106円40銭まで反発し、106円27銭で取引を終えた。
 本日19日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。新規材料難で全体的に動意薄の中、ポジション調整的なドルの買い戻しが散見されている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台前半で小動きに推移する展開が予想される。
 16日以降、持ち高調整目的とみられる円売り・ドル買いがやや目立っている。また、前週末の欧米株式市場が堅調に推移し投資家のリスク姿勢が後退したことも、ドル相場を下支えしている。市場は21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を注目している。3月の追加利上げを含む今後の利上げペースについてのヒントが示されるかどうか内容を見極めたいとの思惑から、様子見ムードが徐々に広がっているようだ。
 本日の東京市場では日経平均株価の動向をにらみ、106円台前半で底堅く推移する展開となろう。ただ、中国本土、香港市場、米国市場は休場となることから、積極的な売買は手控えられそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル円は106.20円前後、日経平均株価は前日比400円高

 ドル円は106.20円前後で推移。日経平均株価は前日比400円高まで続伸しており、ドル円と日経平均株価のデカップリングが進行中。ユーロ円は133.11円まで上値を伸ばし、ポンド円は149.91円前後で堅調推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は106円台前半で推移か、引き続き日経平均株価の動向を注視する展開

 15日のドル・円相場は、東京市場では107円02銭から106円18銭まで下落。欧米市場でドルは一時106円85銭まで戻したが、106円04銭まで反落し、106円12銭で取引を終えた。
 本日16日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。米長期金利の伸び悩みを意識してドル売り・円買いが優勢となっている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台前半で神経質な動きが続くと予想される。
 米長期金利の上げ渋りを眺めて、ドル売り・円買い地合いが継続している。また、15日に麻生太郎財務相が為替介入に消極的な発言を受けた円買いも引き続き目立つ。15日に発表された1月の米生産者物価指数は前月比0.4%上昇したほか、エネルギーと食料品を除いたコア指数は0.4%上昇し、物価上昇圧力を示す内容となったものの、相場への影響は限定的だった。
 本日の東京市場では日経平均株価や米長期金利の動向を注視しながら、106円台前半で神経質な動きが予想される。投資家のリスク姿勢の強まりや投機的なドル売り・円買いが一段と強まった場合、心理的な節目である105円台に下落する可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円106.89円前後まで回復、日経平均株価は21500円台乗せ

 ドル円は、日経平均株価が21500円台に乗せてきていること、米10年債利回りが2.922%台まで上昇していることで、106.89円前後まで回復。107円付近にはドル売りオーダー、上抜けるとストップロスが控えている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は107円を挟んだ水準で推移か、日経平均株価の動向を注視する展開

 14日のドル・円相場は、東京市場では107円90銭から106円84銭まで下落。欧米市場でドルは一時106円72銭まで続落し、107円00銭で取引を終えた。
 本日15日のドル・円は、107円を挟んだ水準で推移か。米長期金利の上昇を意識したドル買い・円売りが観測されているが。日経平均株価が上げ渋った場合、ドルは107円台前半で伸び悩む可能性がある。
 海外市場では強弱まちまちな内容の米経済指標を背景にドル・円は売り買いが交錯。14日に発表された1月の米消費者物価指数は前月から0.5%上昇したほか、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.3%上昇し、いずれも予想を上回る伸びとなった。コア指数は前年比で1.8%上昇した。
 一方で、1月の米小売売上高は前月比0.3%減と、予想に反して減少した。ただ、米長期金利の小幅な上昇や米株式市場が堅調に推移したことから、ドルはやや買い戻されている。
 現状ではVIX指数が大幅に低下するなど金融市場は落ち着きを取り戻しつつあるが、投資家のリスク回避姿勢が強まった場合は、比較的安全資産とされる円買いが再燃し、海外市場でつけた安値である106円72銭を割り込む可能性もある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル円107.45円、日経平均株価は21078円に要注目

 ドル円は、日経平均株価が21068円まで弱含みに推移したことで、107.43円まで弱含み。日経平均株価の2月6日の安値が21078円だったことで、ここを割り込んだ場合、さらなる株売り・円買いの可能性に要警戒か。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円107.54円までじり安、日経平均株価は21095円まで弱含み

 ドル円は、日経平均株価が21095円まで弱含みに推移していることで、107.54円まで弱含み。クロス円も全面安となり、ユーロ円は132.95円、ポンド円は149.41円、豪ドル円は84.51円まで弱含み。NZドル円は78.50円前後まで押し戻されている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円108.62円まで弱含み、日経平均株価は21507円まで弱含み

 ドル円は、日経平均株価が21660円の高値から21507円まで弱含みに推移していることで108.62円まで弱含み。日経平均株価は、2月2日の安値23122円から2月5日の高値22967円まで窓を空けて「アイランド・リバーサル」を形成しており、この離れ小島への架橋がない限り、反落リスクは払しょくできない状況が続く。

FX為替ニュース

, , , , , ,