Tag Archive: 日経平均株価テクニカル分析

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5日線がサポート

日経平均は、上下にごく短いヒゲをともなった『小陰線』を形成。原油安を嫌気し、売りが優勢のなか、ハイテク株や出遅れ感の強い銘柄が買い直された。上昇中の5日線(20098.14円)やボリンジャーバンド+1σ(20077.91円)が、下支えとなった。騰落レシオ(6日)が126.65→136.59、同レシオ(10日)も111.58→119.16とそれぞれ悪化した。上値のメドは、ボリンジャーバンド+2σ(20266.02円)、2017/06/20 高値(20318.11円)、ボリンジャーバンド+3σ(20448.14円)、心理的節目(20500.00円)などとなる一方、下値のメドは5日線(20098.14円)、2017/06/19 高値(マド)(20087.71円)、ボリンジャーバンド+1σ(20077.91円)とみられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-ボリ・バン+2σがレジスタンス

ボリンジャーバンド+2σがレジスタンス

 日経平均は、上下にごく短いヒゲをともなった『小陰線』を形成。欧米株安や円高ドル安を嫌気し、売りが優勢だった。前日にはサポートに変化するかと思われたボリンジャーバンド+2σ(20254.60円)がレジスタンスとして推移。一方、上昇中の5日線(20034.53円)やボリンジャーバンド+1σ(20061.06円)が、当面の下値のメドとなりそうだ。騰落レシオ(6日)が154.89→126.65、同レシオ(10日)も126.91→111.58とそれぞれ改善した。上値のメドは、ボリンジャーバンド+2σ、2017/06/20 高値(20318.11円)、ボリンジャーバンド+3σ(20448.14円)、心理的節目(20500.00円)などとなる一方、下値のメドは2017/06/19 高値(マド)(20087.71円)、ボリンジャーバンド+1σ(20061.06円)、5日線(20036.73円)とみられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-ボリバン+3σ付近で押し返される

日経平均は、上にヒゲをともなったほぼ十字足に近い『短陰線』を形成。ダウ平均が連日の最高値を更新したことやドル円相場が111円台半ばで落ち着いた動きとなったことから、前日終値から大きくマドを空けて上放れた。ボリンジャーバンド+2σ(20225.82円)をサポートとして、ボリンジャーバンド+3σ(20411.44円)に迫る動きも、急激な上昇に対する反動から高値警戒感が台頭し、利益確定売りに押される展開。騰落レシオ(6日)が124.06→154.89に上昇し、5/12以来(163.04)の高い水準に達し、同レシオ(10日)も97.34→126.91に急上昇したことで、短期的に調整が見られる可能性が高い。上値のメドは、2017/06/20 高値(20318.11円)、ボリンジャーバンド+3σ、心理的節目(20500.00円)などとなる一方、下値のメドはボリンジャーバンド+2σ、ボリンジャーバンド+1σ(20040.19円)、一目均衡表転換線(20036.73円)、心理的節目(2万円)とみられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-ボリバン+1σや心理的節目が支え

ボリ・バン+1σや心理的節目がサポートで上値を試す動きがあるか

 日経平均は、上下にヒゲをともなった『小陽線』を形成。ダウ平均が最高値を更新したことやドル円相場が111円台で落ち着いた動きとなったことから、一目均衡表の転換線(19925.68円)や5日線(19925.02円)をサポートに6営業日ぶりに終値で2万円を回復した。今後は、ボリンジャーバンド+1σ(20011.92円)や心理的節目(2万円)をサポートに、上値を試す場面が見られるか注目される。一方、新規の買い材料に不足したことで、上値を積極的に買い上がる姿勢は見られず、上値が重い展開だった。また騰落レシオ(6日)が104.10→124.06に上昇し、6/5以来(138.35)の高い水準に達している。上値のメドは、ボリンジャーバンド+2σ(20181.69円)、6月2日高値(20239.81円)、ボリンジャーバンド+3σ(20351.46円)などとなる一方、ボリンジャーバンド+1σ、心理的節目、17年6月SQ値(19997.63円)とみられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

終値で5日線を上回る サポートとして意識されるか注目

 日経平均は、上下にヒゲをともなった『短陽線』を形成。円安を好感し買い優勢の局面が続いた。日銀の金融政策が現状維持と市場の想定通りの結果だったことから発表直後の反応は限定的だったが、ネガティブな結果に備えた売り方の買い戻しなどで一時は2万円を超える場面も見られた。これまでレジスタンスとして意識されてきた5日線(19893.19円)を終値で上回り、翌週以降サポートとして作用するか注目される。

 25日線(19834.23円)とボリンジャーバンド+1σ(19997.80円)のバンド・ウォークがほぼ継続しており、+1σ付近で押し返された。上値のメドは、一目均衡表の転換線(19954.15円)、17年5月SQ値(19991.27円)、ボリンジャーバンド+1σなどとなる。一方、下値のメドは、5日線(19893.19円)、一目均衡表の基準線(19844.77円)、
25日線とみられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

25日線や一目均衡表の基準線がレジスタンスに変化

 日経平均は、上に長めのヒゲをともなった『短陽線』を形成。米ナスダックの下落や円高ドル安が嫌気された。ダウ平均の最高値更新やFOMCを通過したことで上値を試す場面も見られたが、一転して下落幅が100円以上になる場面もあるなど乱高下した。
 これまでサポートとして意識されてきた25日線(19831.86円)や一目均衡表の基準線(19844.77円)を終値が下回った。7日以降、25日線とボリンジャーバンド+1σのバンド・ウォークがほぼ継続しており、当面はこのボックス圏の動きとなりそう。下値のメドは、ボリンジャーバンド-1σ(19669.46円)、ボリンジャーバンド-2σ(19507.07円)、心理的節目(19500円)となる一方、上値のメドは、25日線、一目均衡表の基準線、5日線(19907.19円)、一目均衡表の転換線(19989.94円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

一目均衡表の基準線と25日線がサポート

 日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。米株高や円安ドル高を背景に一時約100円高まで上昇する場面があったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に大引けにかけては持ち高調整の売りに押された。一目均衡表の基準線(19844.77円)や25日線(19837.05円)がサポートとして意識される一方、4日ぶりに終値が5日線(19922.67円)を下回った。12日にMACDがシグナルを下回って以来、徐々に拡大が続いている。7日以降、25日線とボリンジャーバンド+1σのバンド・ウォークが継続。下値のメドは、一目均衡表の基準線、25日線、ボリンジャーバンド-1σ(19672.68円)となる一方、上値のメドは、5日線、17年5月SQ値(19991.27円)、17年6月SQ値(19997.63円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

25日線とボリンジャーバンド+1σのバンド・ウォークが継続

 日経平均は、上に短めのヒゲをともなった『短陽線』を形成。米株安や円高ドル安を嫌気し売りが先行した。売り一巡後は円高一服から押し目買いが優勢となり、一時プラスに転じる場面も見られたが、米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な売買は見送られた。 一目均衡表の基準線(19844.77円)や25日線(19837.71円)がサポートとして意識された。一方、前日にMACDがシグナルを下回り、「売りシグナル」が点灯し徐々に拡大。25日線とボリンジャーバンド+1σのバンド・ウォークが続く。下値のメドは6/1高値(19887.66円)、一目均衡表の基準線(19844.77円)、25日線(19837.71円)となる一方、上値のメドは、5日線(19942.89円)、一目均衡表の転換線(19963.07円)、17年5月SQ値(19991.27円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-MACD「売りシグナル」が点灯

MACDがシグナルを下回り「売りシグナル」が点灯

 日経平均は、下に長めのヒゲをともなった『短陰線』を形成。前週末の米株式市場でIT関連株が大幅安したことが嫌気され、東京市場でも半導体製造装置関連やIT銘柄を中心に利益確定売りが強まった。一時19800円に迫る場面が見られたが、押し目買いから100円近く上昇したものの、持ち高調整の売りに押され値を消した。 25日線(19835.48円)や一目均衡表の基準線(19844.77円)がサポートとなったほか、終値で前日終値に近づけなかったことで前週末の上昇分を失った。一方、MACDがシグナルを下回り、「売りシグナル」が点灯。今週は日米中央銀行イベントを控え、見送り姿勢が強まることが予想され底堅く推移する一方、見送り姿勢や戻り売りから上値が重くなる可能性が高いと予想される。下値のメドは6/1高値(19887.66円)、一目均衡表の基準線(19844.77円)、25日線(19835.48円)となる一方、上値のメドは、一目均衡表の転換線(19914.53円)、5日線(19959.12円)、17年5月SQ値(19991.27円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-基準線が強く上昇 あすは小休止か

きょうは基準線が強く上昇 あすは小休止か

 日経平均株価は25日移動平均線(19,648円 6/1)をサポートに上値を伸ばす展開となった。一目均衡表では基準線が強く上昇するタイミングでもあった。
 再び20,000円超えトライに向けて上昇が始まった公算が大きい。5/31時点でRSI(9日)が50%を超えた。RSIの50%超えは株価が騰勢を強める先行サインとなることが多く、6月前半の動きには注目したい。日柄面で基調に変化が生じやすいのは6/2前後であり、きょうの動きは評価できる。
 日本株が先に大きく上昇した直後に、米国株が大幅高で返ってくるケースがたまに見受けられる。その米国株高を受けて日本株は続伸して始まることもあるが、前日上昇した分伸び切れないケースがあるため、あすは米国株が上昇しても小休止程度にみておいた方がよさそうだ。

 過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17,473円)から11/9安値(16,111円)までの下げ幅1362円に対する3倍返しの20,197円処、(2)昨年2/12安値(14,865円)から昨年4/25高値(17,613円)までの上昇幅2,748円を、4/25高値に加えた20,361円処、(3)3/2高値(19,668円)から4/17安値(18,224円)までの下げ幅1,444円を、下げの半値水準から上げた20,390円処、(4)5/16高値(19,998円)から5/18安値(19,449円)までの下げ幅549円を、5/16高値から上げた20,547円処などが考えられる。一方、下値メドは、5/18安値(19,449円)、基準線(19,419円 6/1)、75日移動平均線(19,282円 6/1)などが考えられる。
19,000円〜19,500円は過去の累積売買代金が多く、強い支持帯になりえる点を考慮しておきたい。

 6月相場を簡単に振り返ると、1996年〜2016年までの21年間における騰落状況は14勝7敗と大幅に勝ち越し。2015年は年間の高値、2016年は年間の安値を付けた。今年は昨年のようにイギリスのEU離脱是非を問う国民投票など大きな政治イベントはないが、6月FOMC(米連邦公開市場委員会)前後が分岐点となりそう。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]無料オンラインセミナー『生中継だヨ!米雇用統計』
6月2日(金)21時からスタート。スマホでも視聴OK。
英国からホットライン。元外銀トレーダー松崎氏が語るユーロの課題とは?!
→http://www.gaitame.com/gaitame/tokuban/170602/online.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-過去21年、6月は大幅勝ち越し

過去21年間の6月相場は大幅勝ち越し

 日経平均株価は上昇基調が続く25日移動平均線(19609円 5/31)をサポートに、再び2万円に向けて上昇がはじまるかが焦点となる。RSI(9日)がボトムアウトから5/31に50%を超えた。株価が騰勢を強める先行サインとなることが多く、6月前半の動きに注目したい。75日移動平均線(19276円 5/31)に向けてひと押し入れる可能性もあるが、19000円〜19500円は過去の累積売買代金が多いため、強い支持帯になりえる点なども考慮しておきたいところだ。日柄面で基調に変化が生じやすいのは6/2前後となる。

 過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17473円)から11/9安値(16111円)までの下げ幅1362円に対する3倍返しの20197円処、(2)昨年2/12安値(14865円)から昨年4/25高値(17613円)までの上昇幅2748円を、4/25高値に加えた20361円処、(3)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を、下げの半値水準から上げた20390円処、(4)5/16高値(19998円)から5/18安値(19449円)までの下げ幅549円を、5/16高値から上げた20547円処などが考えられる。一方、下値メドは、5/18安値(19449円)、75日移動平均線、基準線(19270円 5/31)などが考えられる。

 過去6月相場を簡単に振り返ると、1996年〜2016年までの21年間における騰落状況は14勝7敗と大幅に勝ち越し。2015年は年間の高値、2016年は年間の安値を付けた。今年は昨年のようにイギリスのEU離脱是非を問う国民投票など大きな政治イベントはないが、6月FOMC(米連邦公開市場委員会)前後が分岐点となりそうだ。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-25日線サポートに上に抜け出すか

日経平均株価は一時100円を超える下げ幅となる場面もあったが、上昇基調が続く25日移動平均線(19567円 5/30)を下値サポートとして意識し、終値は寄り値付近まで戻した。
 一目均衡表では基準線の上昇に加え、あすは転換線が上向く可能性が高く、株価の押し上げ要因になるかが注目される。19000円〜19500円は過去の累積売買代金が多いため、サポート水準になりえる点なども考慮しておきたいところだ。

 過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17473円)から11/9安値(16111円)までの下げ幅1362円に対する3倍返しの20197円処、(2)昨年2/12安値(14865円)から昨年4/25高値(17613円)までの上昇幅2748円を、4/25高値に加えた20361円処、(3)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を、下げの半値水準から上げた20390円処、(4)5/16高値(19998円)から5/18安値(19449円)までの下げ幅549円を、5/16高値から上げた20547円処などが考えられる。
 一方、下値メドは、5/18安値(19449円)、75日移動平均線(19266円 5/30)、基準線(19209円 5/30)などが考えられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-連日で5日線がレジスタンス

連日で5日線がレジスタンス 一目均衡表の転換線はサポート

 日経平均は、上下に短いヒゲをともなった『小陰線』を形成。米株高や円安ドル高を好感する動きも見られたが、取引前に北朝鮮がミサイルを発射したことで一時的に、地政学リスクが高まったが、下値は限定的だった。その後は持ち直したものの、米国や英国、中国など主要株式市場が休場となることで見送り姿勢が一段と強まった。連日で終値が5日線(17707.76円)を下回った一方、一目均衡表の転換線(19650.33円)が下降したことでサポートとなった。上値のメドは、5日線、5/16安値(マド)(19862.41円)、ボリンジャー・バンド+1σ(19927.93円)となる一方、下値のメドは一目均衡表の転換線、25日移動平均線(19518.05円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

3日ぶりに終値が5日線や一目均衡表の転換線を下回る

 日経平均は、上下に見えないほどのヒゲをともなった『小陰線』を形成。米株高だった一方、円高ドル安や原油安が嫌気され、序盤は小幅安で推移。午後にはいるとこう着感が一層深まり、29日には米国をはじめとした主要株式市場が休場となることから、持ち高調整の売りが優勢になった。3日ぶりに終値が5日線(19706.90円)を下回ったほか、一目均衡表の転換線(19724.11円)も割り込んだ。29日に両線を回復するか、さらに下放れるか注目される。上値のメドは、5日線、一目均衡表の転換線、5/16安値(マド)(19862.41円)、ボリンジャー・バンド+1σ(19928.01円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、25日移動平均線(19468.03円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

5/17に空けたマドを埋め戻せるか注目

 日経平均は、上に短めのヒゲをともなった『小陽線』を形成。米株高だった一方、円高ドル安が嫌気され、序盤は前日終値を挟んだ、小動きに推移した。前場中ごろには先物にまとまった買いが見られたことで現物株にも波及。ただ、後場には同様の買いが見られなかったことでこう着感が強まった。アイランドリバーサルの形状を否定するかたちだが、17日に空けたマドを埋め戻せるか注目される。上値のメドは、5/16安値(マド)(19862.41円)、ボリンジャー・バンド+1σ(19918.44円)、17年5月SQ値(19991.27円)、5/16高値(19998.49円)となる一方、下値のメドは、一目均衡表の転換線(19724.11円)、5日移動平均線(19687.69円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

5/18のマドを埋め5日線や一目均衡表の転換線を上回る

 日経平均は、下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。米株高や円安ドル高が支援材料となって高値寄りした。買い一巡後は19800円台に迫ったことで上値が重く、円安一服感も漂ったことで下値を試す動きがみられた。G7サミットやOPEC総会などイベントを控え、見送り姿勢が強まるなか先高期待は根強く、大引けにかけて上げ幅を拡げた。5/18の下げ相場で空けたマド(19601.53円-19764.63円)を埋め戻したことで、5日線(19635.83円)や一目均衡表の転換線(19724.11円)を上回った。一方で、5/17に空けた小マド(19842.78円-19862.41円)やボリンジャー・バンド+1σ(19894.33円)付近がレジスタンスと見られ、次のターゲットとなろう。連日で陰線となりながらも下値を徐々に切り上げるかたちとなっている。上値のメドは、5/16安値(マド)、ボリンジャー・バンド+1σ、17年5月SQ値(19991.27円)、5/16高値(19998.49円)となる一方、下値のメドは、一目均衡表の転換線、5日移動平均線、心理的節目(19500円)
、5/2高値(マド)(19464.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5週線や心理的節目がサポート

日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。英国のコンサート会場での爆発によるリスク回避姿勢などからドル円が110円台に入ったことで売りが先行。売り一巡後は押し目買いなどから、上値を試す動きもみられたが、手掛かり材料難から大引けにかけて下げ幅を拡げた。前日と同様に5日線(19650.21円)や一目均衡表の転換線(19724.11円)が上値を抑えるかたちとなった。一方で、5週線(19353.43円)や心理的節目(19500円)がサポートとみられる。ただ、連日で手掛かり材料に欠けたものの、東証1部の売買代金は辛うじて概算で2兆円だった。上値のメドは、5日移動平均線、一目均衡表転換線、5/17安値(マド)(19764.63円)、5/16安値(マド)(19862.41円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、25日線(19302.69円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

5日線や一目均衡表の転換線が上値を抑えるかたち

 日経平均は、上下にやや長めのヒゲをともなった『短陽線』を形成。欧米株高や原油高を好感し上昇して始まった。買い一巡後は手掛かり材料難などから、利益確定売りなどで下値を試す動きもみられたが、大引けにかけて買い直された。急降下してきた5日線(19711.52円)や一目均衡表の転換線(18757.06円)が上値を抑えるかたちとなったほか、ボリンジャー・バンドの+1σに徐々に接近している。ただ、週明けで手掛かり材料に欠け、東証1部の売買代金は概算で1兆9200億円と4/18以来の2兆円割れと低水準だった。上値のメドは、5日移動平均線、一目均衡表転換線、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ(19841.74円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、17年2月SQ値(19276.09円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

心理的節目がサポートとなるなか強弱材料が形成

 日経平均は、下にやや長めのヒゲをともなった『短陰線』を形成。米株の落ち着きや、前日までの下落の反動で自律反発狙いの買いなどで上昇して始まった。買い一巡後は再び円強含みに推移したことで、指数は一時19500円を下回る場面が見られた。午後にはいると日銀によるETF買い入れ期待から下値を徐々に切り上げた。前日と同水準(19500円処)で下ひげの長い「十字足」に近い短陰線となったことで、底堅い動きが確認された。また、25日線(19210.21円)が75日線(19200.23円)を下から上抜けるかたち(ゴールデンクロス)となった一方で、MACD(9日 222.05)がシグナル(245.39)を上から下抜けるかたち(デッドクロス)と強弱材料が形成された。上値のメドは、一目均衡表転換線(19724.11円)、5日移動平均線(19749.83円)、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ(19805.65円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-大きなマドを空けて下放れ

大きなマドを空けて下放れ 心理的節目がサポート

 日経平均は、上下に長めのヒゲをともなった『短陰線』を形成。欧米株安や円高進行を背景に新しい大きなマド(19601.53円-19764.63円)を空けて下放れた。一時、19500円を下回ったが、押し目買いなどから下げ幅を縮小。午後にはいると19500円付近でこう着状態が継続した。サポートとみられていたボリンジャーバンドの+1σ(19773.30円)を大きく割り込み、心理的節目(19500円)がサポートとなった。MACD(9日 219.14)がシグナルを上から下抜けるかたち(デッドクロス)となった一方で、75日線(19197.27円)を25日線(19176.49円)を下から上抜けるかたち(ゴールデンクロス)と強弱の材料がみられた。上値のメドは、一目均衡表転換線(19724.11円)、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ、5日移動平均線(19808.46円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、17年2月SQ値(
19276.09円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,