Tag Archive: 日経平均株価テクニカル分析

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

5/18のマドを埋め5日線や一目均衡表の転換線を上回る

 日経平均は、下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。米株高や円安ドル高が支援材料となって高値寄りした。買い一巡後は19800円台に迫ったことで上値が重く、円安一服感も漂ったことで下値を試す動きがみられた。G7サミットやOPEC総会などイベントを控え、見送り姿勢が強まるなか先高期待は根強く、大引けにかけて上げ幅を拡げた。5/18の下げ相場で空けたマド(19601.53円-19764.63円)を埋め戻したことで、5日線(19635.83円)や一目均衡表の転換線(19724.11円)を上回った。一方で、5/17に空けた小マド(19842.78円-19862.41円)やボリンジャー・バンド+1σ(19894.33円)付近がレジスタンスと見られ、次のターゲットとなろう。連日で陰線となりながらも下値を徐々に切り上げるかたちとなっている。上値のメドは、5/16安値(マド)、ボリンジャー・バンド+1σ、17年5月SQ値(19991.27円)、5/16高値(19998.49円)となる一方、下値のメドは、一目均衡表の転換線、5日移動平均線、心理的節目(19500円)
、5/2高値(マド)(19464.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5週線や心理的節目がサポート

日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。英国のコンサート会場での爆発によるリスク回避姿勢などからドル円が110円台に入ったことで売りが先行。売り一巡後は押し目買いなどから、上値を試す動きもみられたが、手掛かり材料難から大引けにかけて下げ幅を拡げた。前日と同様に5日線(19650.21円)や一目均衡表の転換線(19724.11円)が上値を抑えるかたちとなった。一方で、5週線(19353.43円)や心理的節目(19500円)がサポートとみられる。ただ、連日で手掛かり材料に欠けたものの、東証1部の売買代金は辛うじて概算で2兆円だった。上値のメドは、5日移動平均線、一目均衡表転換線、5/17安値(マド)(19764.63円)、5/16安値(マド)(19862.41円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、25日線(19302.69円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

5日線や一目均衡表の転換線が上値を抑えるかたち

 日経平均は、上下にやや長めのヒゲをともなった『短陽線』を形成。欧米株高や原油高を好感し上昇して始まった。買い一巡後は手掛かり材料難などから、利益確定売りなどで下値を試す動きもみられたが、大引けにかけて買い直された。急降下してきた5日線(19711.52円)や一目均衡表の転換線(18757.06円)が上値を抑えるかたちとなったほか、ボリンジャー・バンドの+1σに徐々に接近している。ただ、週明けで手掛かり材料に欠け、東証1部の売買代金は概算で1兆9200億円と4/18以来の2兆円割れと低水準だった。上値のメドは、5日移動平均線、一目均衡表転換線、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ(19841.74円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、17年2月SQ値(19276.09円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

心理的節目がサポートとなるなか強弱材料が形成

 日経平均は、下にやや長めのヒゲをともなった『短陰線』を形成。米株の落ち着きや、前日までの下落の反動で自律反発狙いの買いなどで上昇して始まった。買い一巡後は再び円強含みに推移したことで、指数は一時19500円を下回る場面が見られた。午後にはいると日銀によるETF買い入れ期待から下値を徐々に切り上げた。前日と同水準(19500円処)で下ひげの長い「十字足」に近い短陰線となったことで、底堅い動きが確認された。また、25日線(19210.21円)が75日線(19200.23円)を下から上抜けるかたち(ゴールデンクロス)となった一方で、MACD(9日 222.05)がシグナル(245.39)を上から下抜けるかたち(デッドクロス)と強弱材料が形成された。上値のメドは、一目均衡表転換線(19724.11円)、5日移動平均線(19749.83円)、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ(19805.65円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-大きなマドを空けて下放れ

大きなマドを空けて下放れ 心理的節目がサポート

 日経平均は、上下に長めのヒゲをともなった『短陰線』を形成。欧米株安や円高進行を背景に新しい大きなマド(19601.53円-19764.63円)を空けて下放れた。一時、19500円を下回ったが、押し目買いなどから下げ幅を縮小。午後にはいると19500円付近でこう着状態が継続した。サポートとみられていたボリンジャーバンドの+1σ(19773.30円)を大きく割り込み、心理的節目(19500円)がサポートとなった。MACD(9日 219.14)がシグナルを上から下抜けるかたち(デッドクロス)となった一方で、75日線(19197.27円)を25日線(19176.49円)を下から上抜けるかたち(ゴールデンクロス)と強弱の材料がみられた。上値のメドは、一目均衡表転換線(19724.11円)、5/17安値(マド)(19764.63円)、ボリンジャーバンド+1σ、5日移動平均線(19808.46円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、17年2月SQ値(
19276.09円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-再び終値が5日線を下回る

再び終値が5日線を下回る ボリ・バン+1σがサポート

 日経平均は、上下に短いヒゲをともなった『短陽線』を形成。円高進行を背景に新しいマド(19842.78円-19862.41円)を空けて下放れた。一時、150円以上値下がりしたが、先高期待などから下げ幅を縮小。午後にはいると19800円付近でこう着状態が継続した。ボリンジャーバンドの+1σ(19742.32円)がサポートとみられる一方、終値で5日移動平均線(19890.00円)を下回った。2万円の節目を抜けきれず、19800-19900円でのもみ合いが長期化してしまうと、新たな抵抗帯となる可能性もあるため、早期に上値を抜け出したいところだ。上値のメドは、5/16安値(マド)(19862.41円)、5日移動平均線、17年5月SQ値(19991.27円)、5/16高値(19998.49円)、心理的節目(20000円)となる一方、下値のメドは、ボリンジャーバンドの+1σ、一目均衡表転換線(19666.76円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5日移動平均線がサポートに変化

日経平均は、上下に短いヒゲをともなった『小陰線』を形成。欧米株高や原油高を追い風に、2万円にあと2円弱まで上昇した。しかし、後続部隊が追随しなかったことで利益確定売りに押され、急激に減速した。ただ、下げも限定だったことで底堅く19900円台を維持して取引を終えた。5日移動平均線(19907.04円)がサポートに変化した一方、下方で上向きに推移している25日移動平均線(19100.25円)と75日移動平均線(19190.62円)が徐々に接近してきた。上値のメドは、17年5月SQ値(19991.27円)、5/16高値(19998.49円)、心理的節目(20000円)、15年12/1高値(20012.40円)となる一方、下値のメドは、5日移動平均線、一目均衡表転換線(19571.56円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-騰落レシオが大幅改善

日経平均は、下にごく短いヒゲをともなった『小陽線』を形成。地政学リスクなどを嫌気して、前日終値から小安く始まった。しかし下値は限定的で、好業績株や材料株中心に買い直され、徐々に下値を切り上げる展開。引き続き5日移動平均線が上値を抑える一方、騰落レシオ(6日)が4/27の321.27から5/15には129.71に大幅改善した。上値のメドは、5日線(19891.67円)、5/11高値(19989.94円)、17年5月SQ値(19991.27円)、心理的節目(20000円)、15年12/1高値(20012.40円)となる一方、下値のメドは、一目均衡表転換線(19567.28円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-7日ぶりに終値が5日線を下回る

日経平均は、下にヒゲをともなった『小陰線』を形成。前日終値から小安く始まったが、円安一服感から戻り売り圧力が強まった。一時、19800円付近まで下値を試す場面が見られたが、好決算銘柄などが物色され相場を下支えした。7日ぶりに終値が5日移動平均線を下回った一方、騰落レシオ(6日)が203.90から163.04に改善した。また、5/11に一目均衡表の雲に「ねじれ」が生じたことで転換点になる可能性も考えられることから週初の動きには注意したい。上値のメドは、5日線(19896.84円)、5/11高値(19989.94円)、17年5月SQ値(19991.27円)、心理的節目(20000円)、15年12/1高値(20012.40円)となる一方、下値のメドは、一目均衡表転換線(19567.28円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-「17」日目、SQ後に変化あるか

あすは直近安値から「17」日目、SQ後に変化あるか

 日経平均株価は年初来高値を更新する流れが続いている。4/17安値(18224円)からの波動途中の「マド」の数からみるといったん頭打ちが予想されるが、高値更新後のモメンタムが維持されており、上値余地が残っていると考えられる。
 25日移動平均線(18964円 5/11)が75日移動平均線(19151円 5/11)を上回るゴールデンクロスが予想され、反落のケースでも1/18安値(18650円)を起点とした右肩上がりの下値支持線がサポートとなる公算が大きい。

 去年4月の急反発は4/8安値(15471円)から4/25高値(17613円)までの12日間で2140円程度上昇した。4/17安値から5/11高値(19938円)まですでに16日経過しているが、値幅は1760円程度にとどまっており、まだ上値余地が残っていると考えることもできよう。
 一方、RSI(9日)でみるとピークアウトの兆候が見える。あすは4/17安値から「17」日目。一目均衡表では変化日とされる抵抗帯のネジレ前後でもあり、相場の加速ないしは、1月から長く続いたボックスレンジの中心付近(おおむね19000円-19200円)に向けて調整が始まるシナリオも十分にありえる。

 過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17473円)から11/9安値(16111円)までの下げ幅1362円に対する3倍返しの20197円処、(2)2/12安値(14865円)から4/25高値(17613円)までの上昇幅2,748円を、4/25高値に加えた20,361円処、(3)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を、下げの半値水準から上げた21390円処、(4)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を3/2高値から上げた21112円処などが考えられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-十字」から放れはどちらへ

目先波動の上値を伸ばす、「十字」から放れはどちらへ

 日経平均株価は4/17安値(18224円)からの目先波動の上値を伸ばす展開が続いている。波動途中の「マド」形成の数からみるといったん頭打ちが予想されるが、高値更新後のモメンタムは維持されており、上値余地が残っていそうだ。いずれにしても、きょうは「十字足」を形成しており、あすの寄り付きや序盤の推移が上か下かによって、目先の方向性が決まりそう。
 25日移動平均線(18924円 5/10)が75日移動平均線(19140円 同)を上回るゴールデンクロスが予想され、反落のケースでも1/18安値(18650円)を起点とした右肩上がりの下値支持線がサポートとなる公算が大きい。
 去年4月の急反発は4/8安値(15471円)から4/25高値(17613円)までの12日間で2140円程度上昇した。4/17安値から5/10高値(19938円)まですでに15日間経過しているが、値幅は1700円程度にとどまっており、まだ400円程度の上値余地が残っていると考えることもできよう。

 過去の値幅から考えられる上値メドは、(1)11/1高値(17473円)から11/9安値(16111円)までの下げ幅1362円に対する3倍返しの20197円処、(2)2/12安値(14865円)から4/25高値(17613円)までの上昇幅2748円を、4月25日高値に加えた20361円処、(3)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を、下げの半値水準から上げた21390円処、(4)3/2高値(19668円)から4/17安値(18224円)までの下げ幅1444円を3/2高値から上げた21112円処などが考えられる。
 一方、RSI(9日)でみるとピークアウトの兆候が見え隠れする。一目均衡表では抵抗帯(雲)のネジレが発生するタイミングにも近く、1月から長く続いたボックスレンジの中心付近(おおむね19000円-19200円)まで調整するシナリオも十分にありえる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-ボリ・バン+2σが下値メド

2万円が視野に入り戻り売りをこなせず ボリ・バン+2σが下値メド

 日経平均は、上下にごく短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。前日終値から小高く始まったが、2万円が視野に入り戻り売りをこなすことができなかった。主要移動平均線(5日・25日・75日)が全て上向きになっていることで先高期待が高まっていることに加え、騰落レシオ(6日)が249.32から189.60まで下落した。また、ボリンジャー・バンド+2σ(19747.27円)が下値で控えていることで、下落局面では下値のメドとなろう。上値のメドは、5/8高値(19929.48円)、心理的節目(20000円)、15年12/1高値(20012.40円)となる一方、下値のメドは、ボリンジャー・バンド+2σ、5日線(19538.33円)、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)などとなる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-19900円を超え高値警戒感も

前日終値から上放れ 一時19900円を超え高値警戒感も台頭

 日経平均は、下に短めのヒゲをともなった『中陽線』を形成。前日終値から上放れて始まったことで、大きなマド(19464.30円-19705.13円)を空け、3/2につけた高値(19668円)を更新した。主要移動平均線(5日・25日・75日)が全て上向きになっていることで先高期待が高まる一方で、RSI(9日)は140を超えていることや、騰落レシオ(10日)が278.83まで上昇していることなどから短期的な調整が必要な水準か?また、ボリンジャー・バンド+3σ(20013.51円)に接近したことも高値警戒感が強まる一因となろう。上値のメドは、5/8高値(19929.48円)、心理的節目(20000円)、15年12/1高値(20012.40円)、ボリンジャー・バンド+3σとなる一方、下値のメドは、心理的節目(19500円)、5/2高値(マド)(19464.30円)、17年3月SQ値(19434.30円)、5日線(19420.10円)などとなる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-年初来高値が視野も

年初来高値が視野も、RSIはピークアウトの兆候が見え隠れ

 日経平均は前日の「陽線つつみ足」からもみ合い上放れとなり、戻り売りをこなしながらの上値試しの展開となった。3/22の下落時に形成したマド(19337円)埋めを完了。25日移動平均線(18826円)の上昇が維持される可能性が高まり、3/2高値(19668円)が視野に入っている。一目均衡表では抵抗帯(雲)を上方にブレーク。基準線と転換線がともに上昇に転じ、連休明けは転換線の上昇が株価を押し上げるシナリオもある。
 去年4月の急反発は4/8安値(15471円)から4/14高値(16911円)までの5日間で75日移動平均線まで一気に上昇。その後は微調整を経て、戻り高値を更新する流れだった。

 一方、RSI(9日)でみるとピークアウトの兆候が見え隠れする。5月相場は4月に下値サポートになった24カ月移動平均線(18133円)の下落基調が続く可能性が高く、4月とほぼ同じレンジにとどまる動きもイメージできる。となると、来週以降は足元の上昇の反動によって、二番底を探る動きなども想像できなくもない。連休の間に海外株式市場の下落幅が大きくなるようだと、ひとまず19000円前後までの調整は早そうだ。

 短期的な上値メドは、3/2高値19668円、20000円など。下値メドは、4/24高値18910円、1/18安値18650円、昨年12/7までの短期もみ合いの下限18220円処などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

高値もみ合い、一段高への期待つなぐ

 日経平均はほぼ高値引け。5日線(19225円)を下回る場面もあったが、同線上を維持したことに加え直近高値も更新して終えた。4/26の上昇で形成した下方のマドを埋め切らない状態を維持しており、高値もみ合いから一段高への期待は強い。
 去年4月の急反発は4/8安値(15471円)から4/14高値(16911円)までの5日間で75日線まで一気に上昇。その後は微調整を経て、戻り高値を更新する流れだった。
 一目均衡表では遅行スパンが好転し、あす以降も転換線が上昇に転じる見込み。抵抗帯(雲)上限に上値を抑えられ気味だが、今年もこのまま一気に年初来高値(19668円)更新につながる展開も想定できる。

 一方、19000円-19500円は過去の累積売買代金が多く戻り売りが強くなる水準であることや、3/22の急落時に形成したマドを埋め切る(19337円)までは安心はできない。
 5月相場は4月に下値サポートになった24カ月移動平均線の下落基調が続く可能性が高く、4月と同じレンジにとどまる動きもイメージできる。となると、5月前半は足元の上昇の反動によって、二番底を探る動きなども想像できなくもない。

 短期的な上値メドは、3/2高値19668円、20000円など。下値メドは、4/24高値18910円、1/18安値18650円、昨年12/7までの短期もみ合いの下限18220円処などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5日線が75日線を上抜ける

日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『小陰線』を形成。前日の「陽の陽 はらみ線」と値幅がほぼ同水準の実線となり、高値圏で3日間こう着したことで週明けには、上下どちらかに動きそうだ。また、急速に上昇してきた5日線(19138.65円)が、4/26の25日線に次いで、3/22以来1カ月ぶりに75日線(19096.55円)を上抜けた。一方、4/26に一目均衡表の雲領域に入り込んだ実線はきょうも領域にとどまった。上下どちらかに振れたトレンドに行きやすく、薄めの一目均衡表を上抜けるか注目される。短期の騰落レシオ(6日)では、4/27(321.27)→4/28(263.95)に大幅改善したが、騰落レシオ(10日)は4/26(183.88)→4/28(263.95)と悪化。上値のメドは、17年2月SQ値(19276.09円)、一目均衡表の雲上限(19317.99円)、3/21安値(マド)(19337.22円)、17年3月SQ値(19434.30円)、心理的節目(19500円)となる一方、下値のメドは、17年1月

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

前日の中陽線と組み合わせ「陽の陽 はらみ線」を示現

 27日の中国本土株式市場で、上海総合指数は3日続伸。終値は前日比0.36%高の3152.19ポイントだった。上海、深セン両市場の売買代金は概算で5209億7100万元。

 上海総合指数は安く寄り付いた後、前場半ばまでは急速に下げ幅を広げた。習近平国家主席が金融システムの安全確保の重要性を強調し、不法行為の厳罰やデレバレッジ(資産・負債の圧縮)推進などを要請した発言が伝わり、金融当局による管理・監督の一層の強化に対する警戒感が売りを誘った。下げ幅は一時1.3%を超え、1月20日以来、約3カ月ぶりに心理的節目の3100ポイントを割り込む場面もあった。ただ、節目付近の底堅さを確認すると買い戻しが入り、指数が上向きに転じた。後場にプラス圏に浮上し、きょうの高値圏で取引を終了。午前中に発表された17年1−3月の工業企業利益が28.3%増となり、1−2月から3.2ポイント減速したものの、依然として高い伸びを維持したことも、投資家の安心感につながった。

 A株では、中国交通建設(601800)、中国鉄建(601186)など、このところ軟調な値動きが目立っているインフラ建設株が買い戻され、指数の上昇をけん引した。中国人寿保険(601628)など保険株の一角が続伸したほか、中国国際航空(601111)など航空株が高い。前日に下げた瀘州老窖(000568)など酒造株が反発した。半面、中国船舶重工(601989)、中国船舶重工集団動力(600482)など造船株の下げが目立った。華夏幸福基業(600340)、河鋼(000709)など「雄安新区」テーマ株が反落した。決算発表を控える不動産大手の万科企業(02202)も売られた。

 深セン成分指数は0.24%高の10229.19ポイントと3日続伸。上海B株指数は0.31%高の336.15ポイントと3日続伸、深センB株指数は0.92%安の1116.85ポイントと続落した。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]【スプレッドタイムセール予告!】4月28日(金)午後3時からスタート!

月末最後の金曜日は「プレミアムフライデー」!
当社では次のプレミアムフライデー・4月28日(金)午後3時からの12時間限定で『外貨ネクストネオ』一部通貨ペアのスプレッドを縮小いたします!

●ユーロ/米ドル(EUR/USD):0.3pips
 ⇒0.2pips 原則固定(例外あり)
●メキシコペソ/円(MXN/JPY):1.5銭
 ⇒0.3銭 原則固定(例外あり)

詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

75日線を上回り終値は3/29以来の19200円台

 日経平均は、下に短めのヒゲをともなった『中陽線』を形成。新たな小マド(19109.76円-19170.86円)を空けて上放れた。その後、上昇し終値ベースで3/29以来約1カ月ぶりに19200円台で取引を終了した。明確に75日線(19098.05円)を上回ったほか、一目均衡表の雲領域に潜り込んだ。今後、薄めの一目均衡表を上抜けるか注目される。短期の騰落レシオ(6日)では、4/25(281.24)→4/26(298.65)に上昇しており、騰落レシオ(10日)も4/25(134.17)→4/26(183.88)と200に接近し、買われ過ぎ感が強まっている。

上値のメドは、一目均衡表の雲上限(19336.64円)、3/21安値(マド)(19337.22円)、17年3月SQ値(19434.30円)、心理的節目(19500円)となる一方、下値のメドは、17年2月SQ値(19276.09円)、17年1月SQ値(19182.28円)、一目均衡表の雲下限(19159.17円)、13週線(19114.83円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]【スプレッドタイムセール予告!】4月28日(金)午後3時からスタート!

月末最後の金曜日は「プレミアムフライデー」!
当社では次のプレミアムフライデー・4月28日(金)午後3時からの12時間限定で『外貨ネクストネオ』一部通貨ペアのスプレッドを縮小いたします!

●ユーロ/米ドル(EUR/USD):0.3pips
 ⇒0.2pips 原則固定(例外あり)
●メキシコペソ/円(MXN/JPY):1.5銭
 ⇒0.3銭 原則固定(例外あり)

詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-終値が19000円を上回る

約1カ月ぶりに終値が19000円を上回る

 日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『中陽線』を形成。3/30以来約1カ月ぶりに終値が19000円を上回った。25日線(18790.29円)がサポートとして意識されるほか、75日線(19098.21円)や一目均衡表の雲下限(19159.17円)などがレジスタンスとして上値で控える。短期の騰落レシオ(6日)では、4/24(255.75)→4/25(281.24)に上昇しており、短期的調整も考えられる水準。一方、75日線を明確に上回れば上昇基調に拍車がかかろう。上値のメドは、75日線(19098.21円)、13週線(19098.67円)、一目均衡表の雲下限(19159.17円)、17年1月SQ値(19182.28円)となる一方、下値のメドは、心理的節目(19000円)、週足一目均衡表の転換線(18946.34円)、26週線(18908.62円)、16年12月SQ値(18867.45円)、一目均衡表の基準線(18854.91円)などとなる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-MACDがシグナルと交差

MACDがシグナルと交差し買いシグナル点灯

 日経平均は、上下に短めのヒゲをともなった『小陽線』を形成。わずかながら小さなマド(18523.40円-18542.42円)を空けて上放れた。一目均衡表の転換線(18496.19円)をサポートに底堅い展開。前日に記述したとおり、MACD(12日-26日)が上向きに変化したことで、きょう下向きのシグナル(9日)と交差(買いシグナルが点灯)した。ともにマイナス200を超えていることで戻りの期待が高まる。上値のメドは、25日線(18831.18円)、26週線(18845.81円)、16年12月SQ値(18867.45円)、一目均衡表の基準線(18921.83円)となる一方、下値のメドは、17年4月SQ値(18613.29円)、4/21高値(18523.40円)、心理的節目(18500円)、一目均衡表の転換線(18496.19円)、5日線(18451.45円)、4/17安値(18224.68円)などとなる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,