タグアーカイブ: 日経平均株価テクニカル分析

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-転換線の上昇でさらなる押し上げ要因になるか

1/16の日経平均株価は続伸。短期指標の5日移動平均線(23,763円 1/16)を日中に下からブレークする格好となり、1/9に付けた終値ベースの昨年来高値(23,849円)を更新した。
 依然として高値もみ合いの範ちゅうではあるが、あすは一目均衡表の基準線、転換線の上昇が株価のさらなる押し上げ要因として作用するかが注目される。

 月足の一目均衡表では1月は転換線が上昇に転じるタイミングでもあり、上値追いには追い風となる。一方、12カ月移動平均線からの上方かい離率は15.7%(1/16)と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇しており、上値を抑える要因になりえる。

 当面、上値の目安となりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値の目安は、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-5日線意識して高値もみ合い続く

1/15の日経平均株価は反発。5日移動平均線(23,743円 1/15)を意識して、高値もみ合いが続いている。一目均衡表では1/17には基準線、転換線ともに上抜きが確認されることで、株価の押し上げ要因として作用するかが注目される。

 月足の一目均衡表では1月は転換線が上昇に転じるタイミングでもあり、上値追いには追い風となる。しかし一方で、12カ月移動平均線からの上方かい離率は14.7%(1/15)と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇しており、足元の上値の重さの要因になっているようだ。

 当面、上値の目安となりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値の目安は、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-基準線、転換線の上昇がポジティブに作用するか?

1/12の日経平均株価は3日続落。前日のレンジとほぼ変わらずであったが、5日移動平均線(23,743円 1/12)を下回る引けとなった。ただ、高値圏でのモミ合いの範ちゅうであり、先高期待は依然として強い。一目均衡表では直近3日間は基準線、転換線とも横ばいで推移しており、来週は両線の上昇転換が株価の押し上げ要因として作用するかが注目される。

 月足の一目均衡表では1月は転換線が上昇に転じるタイミングでもあり、上値追いには追い風となる。しかし一方で、12カ月移動平均線からの上方かい離率は14.4%(1/12)と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇しており、足元の上値の重さも納得できる。

 当面、上値の目安となりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値の目安は、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析−高値圏で空中戦続く

1/11の日経平均株価は続落。5日移動平均線(23,713円 1/11)上を意識して終えた。上値が重いながらも、底堅さが続いている。高値圏でのモミ合いの範ちゅうであり、先高期待は依然として強い。一方、ボリンジャーバンド(25日)ではプラス2シグマ(23,788円 1/11)を若干割り込んだ。

 月足の一目均衡表では1月は転換線が上昇に転じるタイミングでもあり、上値追いには追い風となる。一方、12カ月移動平均線からの上方かい離率は14.7%(1/11現在)と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇しており、足元の上値の重さは不思議ではない。

 当面、上値の目安となりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値の目安は、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析−今年初の下落も高値モミ合いの範ちゅう

1/10の日経平均株価は今年初の下落となったが、小幅安にとどまり高値圏でのモミ合いの範ちゅう。前日の上昇で形成したマドも埋めずに底堅い展開となった。ボリンジャーバンド(25日)ではプラス2シグマ(23,695円 1/10)上での推移が続いた。5日移動平均線(23,524円 1/10)の強い上昇が続くなか、引き続き先高期待は強い。

 1月は月足の一目均衡表では転換線が再び上昇に転じるタイミングでもあり、微調整をはさみながらも一段と上値を試す展開となるかが注目される。一方、12カ月移動平均線からの上方かい離率は15.0%(1/10現在)と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇しており過熱感も多少は感じられる。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値メドは、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析−大発会から3日続伸、短期的な水準は正念場

1/9の日経平均株価は大発会から3日続伸。買い先行のあとは24,000円を前にして伸び悩む展開となった。12/28安値を起点に「三空」を形成、ボリンジャーバンド(25日)ではプラス2シグマ(23,569円 1/9)上での推移が続いた。

 1月は月足の一目均衡表では転換線が再び上昇に転じるタイミングでもあり、微調整をはさみながらも一段と上値を試す展開となるかが注目される。一方、12カ月移動平均線からの上方かい離率は1/9現在15.3%と、2016年12月(12.1%)や昨年11月(13.7%)時を上回る水準まで上昇している。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値メドは、11/9高値23,382円前後、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-蓄積エネルギーが発散、月足転換線の上昇日柄にも即反応

大発会の日経平均株価は741.39円高の高値引けとなり、取引時間中に付けた昨年来高値(23,382円、11/9)を一気に上回った。2016年11/10以来の上げ幅となり、終値ベースで23,500円台に乗せたのは1992年1/7以来となる。

 12/15安値(22,478円)を起点とした上昇後、23,000円上に抜けそうで抜け出せない狭いレンジの動きが続いたが、その蓄積されたエネルギーが結果的に上方向に発散する格好となった。1月は月足の一目均衡表では転換線が再び上昇に転じるタイミングでもあり、微調整をはさみながらも一段と上値を試す展開となるかが注目される。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。下値メドは、23,000円前後、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円などが考えられる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-直近6年間で大きく動いた「大発会」、18年もそうか?

年明け大発会の日本株のカギとなるのは、当然ながら休み中の海外市場の動向といっても過言ではない。大納会を含む週と大発会を含む週との間で日経平均の日々の変動幅をみると、2011年以降の直近6年間はすべての年で大発会の日の変動幅が最も大きい。これはお正月休み中の海外株式や為替の影響を1日で織り込むためである。
 米国のダウ平均が25,000ドルを前に足踏みを続けている。足踏みといっても、さらなる上昇に向けての踊り場であれば心配することはなく、米主要指数が再び史上最高値を更新すれば、年が明けても日本株を売る理由はない。
 
 日経平均は12月の高値(22,994円)と安値(22,119円)のレンジでもみ合いが続いており、上下どちらかに放れるエネルギーが蓄積されている。現在はレンジの上方で推移しているため、依然として上昇バイアスの方が優勢ではある。きっかけ次第で上方向に勢い付けば、11/9高値(23,382円)を更新する可能性が高まる。
 一方、3回以上もトライして抜け出そうで抜けない23,000円の壁。11/9高値を前に時間をかけて次第に値動きが小さくなっており、突如として大きな陰線を形成することもあるパターンであるため注意しておきたい。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
 下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-直近6年間で大きく動いた「大発会」、18年もそうか?

年明け大発会の日本株のカギとなるのは、当然ながら休み中の海外市場の動向といっても過言ではない。大納会を含む週と大発会を含む週との間で日経平均の日々の変動幅をみると、2011年以降の直近6年間はすべての年で大発会の日の変動幅が最も大きい。これはお正月休み中の海外株式や為替の影響を1日で織り込むためである。
 米国のダウ平均が25,000ドルを前に足踏みを続けている。足踏みといっても、さらなる上昇に向けての踊り場であれば心配することはなく、米主要指数が再び史上最高値を更新すれば、年が明けても日本株を売る理由はない。
 
 日経平均は12月の高値(22,994円)と安値(22,119円)のレンジでもみ合いが続いており、上下どちらかに放れるエネルギーが蓄積されている。現在はレンジの上方で推移しているため、依然として上昇バイアスの方が優勢ではある。きっかけ次第で上方向に勢い付けば、11/9高値(23,382円)を更新する可能性が高まる。
 一方、3回以上もトライして抜け出そうで抜けない23,000円の壁。11/9高値を前に時間をかけて次第に値動きが小さくなっており、突如として大きな陰線を形成することもあるパターンであるため注意しておきたい。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
 下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-後場軟調は先行スパンの急低下か

12/28の日経平均株価は反落。10日移動平均線(22,851円 12/28)を9日ぶりに下回り、25日移動平均線(22,730円 同)まで下落する格好となった。一目均衡表では先行スパン(雲上限)が急低下(22,481円→22,335円)するタイミングであったことも、後場の軟調につながった要因と考えられる。転換線(22,856円)を下回り、基準線(22,556円)が下げが続く場合の下値のフシとなる。

 依然として上昇バイアスが優勢ではある。12月高値をつないだ抵抗線を上方向に明確に抜ければ勢い付く公算が大きい。ただ、12/15安値(22,478円)を起点とした上昇後、狭いレンジから上に抜け出せそうで抜け出せない。11/9高値(23,382円)を前に時間をかけて次第に値動きが小さくなっており、きょうのように突如として下げることもよくあるため注意しておきたい。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
 下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-3日間続けて100円未満の乏しさ

12/27の日経平均株価は小幅反発。10日移動平均線(22,842円 12/27)上で小動きが続いている。きょうの高値と安値の値幅は81.7円と、100円未満の値動きが3日続いた。
 依然として上昇バイアスが優勢ではある。12月高値をつないだ抵抗線を上方向に明確に抜ければ勢い付く公算が大きい。ただ、12/15安値(22,478円)を起点とした上昇後、狭いレンジから上に抜け出せそうで抜け出せない。11/9高値(23,382円)を前に時間をかけて次第に値動きが小さくなっており、このパターンは突如として急落する動きもあるため注意しておきたい。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
 下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-値幅が一段と縮小、米株再開で方向でるか

12/26の日経平均株価は反落。前日よりも高値と安値の値幅が一段と縮小(72.5円程度)し、売り買い交錯のもみ合い。依然として12月の3つの高値が壁として意識されている状況である。ただ、12/15安値(22,478円)前後の狭いレンジでエネルギーが蓄積されており、12月高値をつないだ抵抗線を上方向に明確に抜ければ勢い付く公算が大きい。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-週間値幅の300円未満は9月以来

12/22の日経平均株価は小幅反発。直近安値の切り下げることはなかったが、上昇が続いた5日移動平均線(22,886円 12/22)付近で頭打ち。23,000円を若干下回る12月の3つの高値が壁として意識されつつある。週間の値幅は9月以来の300円未満にとどまった。
 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内での推移が続くが、直近安値となる12/15安値(22,478円)がレンジ中値付近でとまった。12/15安値前後の狭いレンジでエネルギーが蓄積されているとすれば、12月高値をつないだ抵抗線を上方向に明確に振れれば勢い付く公算が大きい。来週初の基準線の上昇で動意がみられるかが注目される。

 当面、上値のフシとなりやすいのは、9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972円)を通る上昇ライン上。ほか、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近などがある。
下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-「十字足」が分岐点になるか

12/21の日経平均株価は小幅反落。依然として12月相場のレンジ上限でもみ合いが続いている。直近3日間で安値を若干切り下げる動きではあるが、きょうは「十字足」に近いかたちで引けており、上放れにつながるかが焦点となる。株価の下方では、5日移動平均線(22,816円 12/21)や10日移動平均線(22,814円 同)、一目均衡表の転換線(22,736円)が同水準に収れんしており、株価の押し上げ要因として作用するかが注目される。

 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内での推移が続くが、直近安値となる12/15安値(22,478円)がレンジ中値付近でとまるかたちになっている。12/15安値前後の狭いレンジでエネルギーが蓄積されているとすれば、上方向に明確に振れれば勢い付く公算が大きい。当面は、先週前半に上値を抑えられた9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上昇ライン上が上値のフシとなる可能性が高い。
 
 上値メドは、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近など。下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-戻り売りこなし、23000円超えにリーチか

12/20の日経平均株価は小幅反発。12月相場のレンジ上限でもみ合いが続く。23,000円の心理的節目を前に伸び悩むが下値も堅い。株価の下方では、5日移動平均線(22,781円 12/20)や10日移動平均線(22,778円 同)、一目均衡表の転換線(22,736円)が同水準に収れんしており、株価の押し上げ要因として作用するかが注目される。戻り売りをこなしており、23,000円超えにリーチがかかった公算が大きい。

 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内での推移が続くが、12/15安値(22,478円)がレンジ中値付近にとどまったことで、その反動となる上昇の動きはやや勢い付く公算が大きい。 12/12高値(22,994円)を上抜ければ、11/9高値に向けて騰勢を強める展開が予想される。当面は、先週前半に上値を抑えられた9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上昇ライン上が上値のフシとなる可能性が高い。
 
 上値メドは、11/9高値23,382円、11/9高値から11/16安値までの下落幅をその中値から上げた24,087円、4/17安値から6/20高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,792円付近など。下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-23000円のマド超えに期待したい

12/19の日経平均株価は反落。23000円の心理的節目を前に再び伸び悩む展開となった。一目均衡表では転換線上昇による支援材料はあったものの、5日移動平均線(22,755円 12/19)の上昇が抑えられた。あすも続く転換線の上昇に加え、5日移動平均線の上昇が株価を押し上げるかが注目される。寄り付きからマドを空ける23000円超えに期待したい。

 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内での推移が続くが、12/15安値(22,478円)がレンジ中値付近にとどまったことで、その反動となる上昇の動きはやや勢い付く公算が大きい。12/12高値(22,994円)を上抜ければ、11/9高値に向けて騰勢を強める展開が予想される。
 当面は、先週前半に上値を抑えられた9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上昇ライン上が上値のフシとなる可能性が高い。
 
 上値メドは、12/12高値22,994円、11/9高値23,382円、4/17安値から6/10高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,791円付近など。下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析

直近高値更新なら倍返しで年初来高値も

 12/18の日経平均株価は大幅反発。直近3日間の下げ幅を帳消しにし、12月相場のレンジ上限に浮上した。25日移動平均線(22,557円 12/18)が再び上昇に転じ、株価の反発力に作用する格好となった。

 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内での推移が続くが、12/15安値(22,478円)がレンジ中値付近にとどまったことで、その反動となる上昇の動きはやや勢い付く公算が大きい。12/12高値(22,994円)を上抜ければ、11/9高値に向けて騰勢を強める展開が予想される。
 一目均衡表ではいったん逆転した遅行スパンが好転となり、基準線の下げが止まるとともに、あすは転換線の強い上昇が株価の支援材料になるかが注目される。
 当面は、先週前半に上値を抑えられた9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上昇ライン上が上値のフシとなる可能性が高い。
 
 上値メドは、12/12高値22,994円、11/9高値23,382円、4/17安値から6/10高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,791円付近など。下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-半値押しをイメージする展開

日経平均株価は25日移動平均線(22,548円 12/15)を一時下回る場面もあったが、終値では同線上を維持。12/6安値(22,119円)からの上昇に対する半値押しをイメージする展開となった。

 来週は順調なら25日移動平均線が再び上昇に転じる可能性が高く、株価の反発要因に作用するかが注目される。一目均衡表ではいったん逆転した遅行スパンの好転を通じ、反発基調に転じられるかが焦点となる。
 11/9高値(23,382円)以降のレンジ内で推移しており、足元のレンジ中値付近からの反発で12/12高値(22,994円)を上抜ければ、11/9高値に向けて騰勢を強める公算が大きい。
 その際は今週前半に上値を抑えられた9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上昇ライン上が上値のフシとなる可能性が高い。
 一方、11/9高値以降のレンジが続くならば、12/6安値に迫る動きが想定され、一目均衡表の抵抗帯(雲)の上限(22,299円 12/18)やボリンジャーバンド(25日)のマイナス2シグマ(22,114円 12/15)などまで下落余地が生じることになる。

 上値メドは、12/12高値22,994円、11/9高値23,382円、4/17安値から6/10高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,791円付近など。下値メドは、12/6安値22,119円〜11/16安値21,972円、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-25日線の下げでより上値への動き鈍く

日経平均株価は3日続落。25日移動平均線(22,561円 12/14)の下落基調が上値の重さに影響したもよう。ただ、底堅さは相変わらずで、下値は前日安値(22,697円)を若干切り下げるにとどまった。
 今週は9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上値抵抗ラインに頭を抑えられている。上値ではさほど気にするフシではないものの、25日移動平均線の上昇が一服していることで同線を一時的に割り込む場面なども想定しておきたい。

 イメージできる短期的な動きとしては、11/9高値(23,382円)を前にして、25日移動平均線を挟んだもみ合い。月後半までの日柄調整でエネルギーが蓄積されたのち、高値更新につながる展開である。また、再び上昇に変わっていく25日移動平均線をサポートに11/9高値近くまで上昇したあと、12/12高値(22,994円)までの小さな揺り戻しを入れて高値を更新していくパターンもあろう。
 一方、11/9高値を上回れない状態で、11/16安値を起点に12/6安値(22,119円)を通る下値支持線を下回ると、一段安となる調整パターンが考えられる。

 上値メドは、11/9高値23,382円付近、4/17安値から6/10高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,791円付近など。下値メドは、25日移動平均線、12/6安値〜11/16安値、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-25日線が下げに転じる

12/13の日経平均株価は続落。5日移動平均線(22,774円 12/13)の上昇が株価の支援材料にはならず、25日移動平均線(22,570円 同)が下げに転じたことがより影響する格好となった。ただ、10日移動平均線(22,692円 同)をサポートに下げ幅は限定的で、底堅さは相変わらずといったところだろう。
 今週は9/8安値(19,239円)を起点に11/16安値(21,972)を通る上値抵抗ラインに頭を抑えられている。上値でさほど気にするフシではないものの、25日移動平均線の上昇が一服していることで同線を一時割り込む場面なども想定しておきたい。

 イメージできる当面の動きとしては、11/9高値(23,382円)を前にして、25日移動平均線を挟んだもみ合い。月後半までの日柄調整でエネルギーが蓄積されたのち、高値更新につながる展開である。また、早々に11/9高値近くまで上昇したあと、いったん12/1高値(22,994円)までの小さな揺り戻しを入れて高値更新するパターンもあろう。
 一方、11/9高値を上回れない状態で、11/16安値を起点に12/6安値(22,119円)を通る下値支持線を下回ると、一段安となる調整パターンが考えられる。

 上値メドは、11/9高値23,382円付近、4/17安値から6/10高値までの上昇幅の2倍を高値に加えた24,506円付近、11/9高値から11/16安値までの倍返しとなる24,791円付近など。下値メドは、25日移動平均線、12/6安値〜11/16安値、10/20高値21,489円、9/8安値から11/9高値までの上昇に対する半値押しとなる21,310円、11/9高値からのE計算値20,562円付近などが考えられる。
 日柄面で次に変化日となりやすいのは、12/13(9/8安値から65日目)となる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,