タグアーカイブ: 日本

欧州委、価格カルテルで日本などの自動車部品メーカー5社に制裁金

[ブリュッセル 22日 ロイター] – 欧州委員会は、自動車部品メーカー5社にシートベルトやエアバックなどの価格カルテルに関与したとして総額3400万ユーロの制裁金を科したと発表した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日本と中国の株買い増し、高値でもまだ欲しい=ジュリアス・ベア

[東京 22日 ロイター] – スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアのアジア地域最高投資責任者(CIO)、バシュカール・ラクミナラヤン氏(シンガポール在勤)は、ロイターとのインタビューで、好調な企業業績や政治的不透明感の後退などを背景に、2─3週間前に日本株と中国株の買い増しに動いたことを明らかにした。そのうえで、日本株は高値水準にあるが、まだ買いたいとの意向を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円はこう着も、日本株安に警戒

 ドル・円は112円50銭付近でこう着した値動き。米10年債利回りは2.360%付近で横ばい推移が続き、売り買いともに仕掛けづらい展開となっている。ただ、日経平均株価が一時下落に転じており、目先はリスク回避的な円買いがドル・円を押し下げる可能性があろう。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円40銭から113円14銭。ユーロ・円は132円81銭から133円16銭、ユーロ・ドルは1.1765ドルから1.1822ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日本は自由貿易を支持する立場を取っているが、実際は米国より保護主義的

「日本は自由貿易を支持する立場を取っているが、実際は米国より保護主義的」

ロス米商務長官=日本は自由貿易を支持する立場を取っているが、実際は米国より保護主義的だ

 自動車の検査手続きと販売網を確保する障壁の高さや、米国産牛肉に豪州産よりも高い関税がかかることなどを例示した。

 読売新聞

 (しかし日本の自動車業界は自由放任主義だ)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

「発言おさらい、エストニア中銀総裁(ドイツ派?)、英中銀副総裁、ロス長官(日本は保護主義)スイス エバンズ総裁」

*ハンソン・エストニア中銀総裁=金融刺激策の停止を待ち過ぎれば混乱を招く恐れがあり、ユーロ圏経済の見通し改善により、ECBの政策シフトが正当化される

*ブロードベント英中銀副総裁=物価やブレグジットなど様々な不透明要因が存在するなかでも、英中銀は失業率の低下がインフレの押し上げにつながるとの前提を覆すべきでない

*スイス政府=フラン相場はこのところ対ユーロで下落しているもののなお「高く評価」されている

*ロス米商務長官=日本は自由貿易を支持する立場を取っているが、実際は米国より保護主義的だ

*エバンズ・シカゴ連銀総裁=FOMCには予断を持たずに臨む インフレに関してはまだ道のりは長い。経済情勢は強く、それがインフレを正しい方向に押し上げると期待しているが、引き続き緩和的な政策が必要になると思う

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は弱含み、日本株安や米長期金利低下で113円割れ

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円50銭から112円91銭まで下落した。日経平均株価が寄り付きから大きく下げ、6日続落の351円安で引けたことを受けて、リスク回避的な円買いが強まった。また、米国の株価指数先物も下落し、10年債利回りが2.37%台から2.34%台まで低下したことで、ドル売りも強まった。
 ユーロ・円は133円89銭から133円30銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1785ドルから1.1817ドルまでじり高になった。
・17時時点:ドル・円112円95-05銭、ユーロ・円133円40-50銭
・日経平均:始値22250.98円、高値22305.24円、安値22004.79円、終値22028.32円(前日比351.69円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、日本株安や米長期金利低下で113円割れ

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円50銭から112円91銭まで下落した。日経平均株価が寄り付きから大きく下げ、6日続落の351円安で引けたことを受けて、リスク回避的な円買いが強まった。また、米国の株価指数先物も下落し、10年債利回りが2.37%台から2.34%台まで低下したことで、ドル売りも強まった。
 ユーロ・円は133円89銭から133円30銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1785ドルから1.1817ドルまでじり高になった。
・17時時点:ドル・円112円95-05銭、ユーロ・円133円40-50銭
・日経平均:始値22250.98円、高値22305.24円、安値22004.79円、終値22028.32円(前日比351.69円安)
【経済指標】
・日・7-9月期GDP1次速報:前期比年率+1.4%(予想:+1.5%、4-6月期:+2.6%←+2.5%)
・日・9月鉱工業生産改定値:前月比-1.0%(速報値:-1.1%)
【要人発言】
・日本政府筋
「景気回復でGDPギャップはプラスに転化」

FX為替ニュース

, , , , , , ,

「日本の7-9月期 GDP」

3Q-実質GDP(前期比年率)

前回:+2.5% 予想:+1.5% 結果:+1.4%

内需が0.2%分の押し下げ効果、外需の寄与度は0.5%分のプラスだった。

 項目別にみると、個人消費が0.5%減と、7四半期ぶりにマイナスだった。天候不順で衣料品などへの支出が低迷した。

 輸出は1.5%増、輸入は1.6%減だった。米国向け自動車やアジアへの半導体などが伸びた。国内需要の低迷で輸入量が減少した。

 設備投資は0.2%増と、4四半期連続でプラスだった。企業収益や景況感の改善を背景に企業の設備投資需要が高まった。住宅投資は0.9%減。公共投資は2.5%減。民間在庫の寄与度は0.2%のプラスだった。

 

FX為替ニュース

, , , ,

東京為替概況:ドル・円は弱含み、日本株安やポンド・円下落で円買い優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円71銭から113円35銭まで下落した。日経平均株価が利益確定とみられる売りに前週末比300円安で引けたこと。また、英国のメイ首相への退陣圧力が増しているとの報道や、EU離脱交渉の停滞懸念からポンドが売られ、ポンド・円が149円台から148円台まで下落したことで、ドル・円でも円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は132円60銭から132円06銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1665ドルから1.1639ドルまでじり安に推移した。
・17時時点:ドル・円113円40-50銭、ユーロ・円132円00-10銭
・日経平均:始値22607.56円、高値22607.92円、安値22380.99円、終値22380.99円(前日比300.43円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、日本株安やポンド・円下落で円買い優勢

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円71銭から113円35銭まで下落した。日経平均株価が利益確定とみられる売りに前週末比300円安で引けたこと。また、英国のメイ首相への退陣圧力が増しているとの報道や、EU離脱交渉の停滞懸念からポンドが売られ、ポンド・円が149円台から148円台まで下落したことで、ドル・円でも円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は132円60銭から132円06銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1665ドルから1.1639ドルまでじり安に推移した。
・17時時点:ドル・円113円40-50銭、ユーロ・円132円00-10銭
・日経平均:始値22607.56円、高値22607.92円、安値22380.99円、終値22380.99円(前日比300.43円安)
【経済指標】
・日・10月企業物価指数:前年比+3.4%(予想:+3.1%、9月:+3.0%)
・英・11月ライトムーブ住宅価格(前月比:-0.8%、10月:+1.1%)
【要人発言】
・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「12月の利上げを想定している」
「利上げと債券縮小は経済的ショックへの準備の側面も」
「米経済は全速力、労働市場の緩みは非常に少ない」
「今年1回、来年3回の利上げ想定、インフレ目標に向けた進展を確認したい」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円113.71円、日本の10月国内企業物価指数+3.4%

 ドル円は113.71円までじり高。日本の10月の国内企業物価指数は、前月比+0.3%、前年比+3.4%となり、9月の前月比+0.3%、前年比+3.1%から上昇した。ユーロドルは1.1660ドル前後、ユーロ円は132.58円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週の決算、テンセント、シスコ ウォルマート 日本の金融

13(月)楽天 荏原、あおぞら銀、みずほFG、アイフル、T&D

14(火)昭電工、DIC、昭和シェル 鹿島、電通、大塚HD、出光興産、リクルート、日本郵政、かんぽ生命、ゆうちょ銀、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、第一生命HD、住友不  ホーム・デポ

15(水)騰訊控股(テンセント)シスコシステムズ

16(木)ウォルマート

17(金)SOMPO 、MA&AD、東京海上

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は上げ渋り、日本株安や米税制改革の遅れを嫌気

 10日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。日本株安や米税制改革の遅れが嫌気されリスク回避的なドル売り・円買いの流れとなった。
 ドル・円は朝方から押し目買いが入りやすい地合いとなったが、日経平均株価は前日比300円超下落したほか、米税制改革の後ズレの可能性が広がり、ドルの上昇は限定的となった。
 ただ、ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続いているものの、日銀によるETF買いが見込まれリスク回避のドル売り・円買いは強まっていないようだ。
 ドル・円は113円30銭台と本日安値圏で推移しているが、引き続き押し目買いにより底堅い値動きが期待される。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円27銭から113円53銭、ユーロ・円は131円95銭から132円13銭、ユーロ・ドルは1.1639ドルから1.1653ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は上げ渋り、日本株安や米税制改革の遅れを嫌気

10日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。日本株安や米税制改革の遅れが嫌気されリスク回避的なドル売り・円買いの流れとなった。

ドル・円は朝方から押し目買いが入りやすい地合いとなったが、日経平均株価は前日比300円超下落したほか、米税制改革の後ズレの可能性が広がり、ドルの上昇は限定的となった。
ただ、ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続いているものの、日銀によるETF買いが見込まれリスク回避のドル売り・円買いは強まっていないようだ。
ドル・円は113円30銭台と本日安値圏で推移しているが、引き続き押し目買いにより底堅い値動きが期待される。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円27銭から113円53銭、ユーロ・円は131円95銭から132円13銭、ユーロ・ドルは1.1639ドルから1.1653ドルで推移した。
【経済指標】
・10月マネーストックM3:前年比+3.5%(予想:+3.4%、9月:+3.4%)

【要人発言】
・豪準備銀行(四半期金融政策報告)
「基調インフレ率が目標レンジ2-3%の下限到達は2019年はじめ以降」

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,