タグアーカイブ: 日本

米国の金融資産は日本の6倍、人口が3倍なので 約2倍か

*米国の2Q家計純資産額は96兆2000億ドルと、前四半期(下方改定)の94兆5000億ドルからやや増加した。米株高のほか住宅価値の上昇により押し上げられた。

家計債務の伸び率は3.7%と、前期の3.4%から加速した。

*日本の個人の金融資産は1800兆円をこえているので 米国は約6倍か

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の豪ドル「底堅い展開か、日本の総選挙への思惑で円売り優勢も」

[豪ドル]
 来週の豪ドル・円は底堅い展開か。主要経済指標の発表がなく材料難の状況のなか、豪準備銀行(中央銀行)のロウ総裁が利上げに慎重な発言をしたことで豪ドルは買いづらい。一方、安倍首相が衆院解散・総選挙の実施を表明するとみられ、引き続きアベノミクス長期化・日銀の異次元緩和継続の連想が円売りにつながる。
○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:88円00銭-91円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

中国の仮想通貨取引所が続々営業停止、高まる日本の存在感【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

中国の仮想通貨取引所が、9月15日以降人民元による仮想通貨の取引サービスを停止すると続々発表しているこ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は上昇基調継続か、米FOMCや日本の総選挙に思惑

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上昇基調の継続を予想する。今晩から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融正常化方針に思惑が広がりやすく、ドル売りは仕掛けづらい見通し。また、日本の総選挙の可能性が浮上し、安倍政権存続の観測から円安が意識されそうだ。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は19-20日開催のFOMCで、政策金利を1.00-1.25%に据え置く見通し。足元で発表された米経済指標は強弱まちまちだが、バランスシート縮小の決定は金融政策正常化の一環としてドル買い要因となろう。年内の追加利上げについては、やや悲観的な見方が上回っていたが、CMEグループが算出するFedウォッチでは、12月の利上げ実施を見込む強気派が据え置きを観測する弱気派を逆転。前日NY市場では米国の長期金利や株価の上昇を背景に、ドル・円は強含む展開となった。今晩の海外市場ではFRBの政策決定を控え、積極的には動きづらいものの、本日のアジア市場で日経平均株価が20000円の大台を回復したことで円売りは続くとみられ、ドル・円を押し上げる展開が想定される。
 一方、日本の衆院解散・総選挙も話題になる可能性があろう。10月10日公示、同22日投開票の日程が取りざたされる。野党第1党の民進党が党首交代後も党勢を回復できていないほか、野党は新党結成の動きも遅れが目立つため、仮に総選挙が実施されれば自公が勝って政権を維持する公算が大きい。明日からは日銀金融政策決定会合が始まることもあり(21日まで)、海外の市場参加者には異次元緩和継続による日本株高・円売りが意識されそうだ。ただし、争点の1つとみられる消費税の10%への引き上げについては、財政再建などの立場からは支持されても、成長の腰折れにつながるとの懸念もある。今年6月に行われた英総選挙で圧勝とみられたメイ政権が過半数割れとなった経緯から、安倍政権の勝利が予想されても、政策次第では円売りが強まらないかもしれない。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:00 ユーロ圏・7月経常収支(6月:+212億ユーロ)
・18:00 独・9月ZEW景気期待指数(予想:12.0、8月:10.0)
・21:30 米・8月住宅着工件数(予想:117.4万戸、7月:115.5万戸)
・21:30 米・8月住宅建設許可件数(予想:122.0万戸、7月:123.0万戸←122.3万戸)
・21:30 米・8月輸入物価指数(前月比予想:+0.4%、7月:+0.1%)
・21:30 米・4-6月期経常収支(予想:-1160億ドル、1-3月期:-1168億ドル)
・米連邦公開市場委員会(FOMC、20日まで)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、日本の早期総選挙に絡む思惑で円売り

 今日のアジア市場で、ドル・円は小じっかり。111円00銭から111円43銭まで上昇した。東京市場が「敬老の日」の休場で薄商いとなるなか、日本の衆院解散・総選挙の観測から、アベノミクス長期化・日銀の異次元緩和の継続が連想され、円売りが優勢になった。
 ユーロ・円は132円43銭から133円12銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1915ドル1.1956ドルでもみ合いになった。
・17時時点:ドル・円111円40-50銭、ユーロ・円132円80-90銭
・日経平均:休場
【経済指標】
・英・9月ライトムーブ住宅価格:前月比-1.2%(8月:-0.9%)
【要人発言】
・安倍首相
「衆院解散、訪米から帰国後に判断したい」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は底堅い値動きか、日本の早期総選挙絡みの思惑で円売り基調に

[今日の海外市場]

 今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米国の年内追加利上げ観測の後退でドル買いは慎重となる見通し。ただ、安倍晋三首相が10月にかけて解散・総選挙に踏み切る意向とみられ、アベノミクス長期化への思惑などから円売りに振れやすい地合いとなりそうだ。
 15日に発表された米経済指標のうち、8月小売売上高は前月比-0.2%と予想を下振れ、マイナス圏に落ち込んだ。8月鉱工業生産も前月比-0.9%と、7カ月ぶりのマイナス圏に転落。9月のNY連銀製造業景気指数やミシガン大学消費者信頼感指数は予想を上回ったものの、同日のNY市場では小売売上高の低調な内容が嫌気され、連邦準備制度理事会(FRB)の年内追加利上げ観測は後退した。ただ、週明けのアジア市場では、東京市場が「敬老の日」の休場で薄商いとなるなか、米経済指標を手がかりとしたドル売りは一巡し、111円台で推移した。
 今晩のドル・円は引き続き底堅い展開となる見通し。安倍首相は本日午前、公明党の山口那津男代表と会談し、来月にも総選挙を実施する意向を伝えたもよう。直接的な手がかりにはなりにくいものの、アベノミクス長期化への思惑から、日銀の異次元緩和の継続が期待され、円売りが見込まれる。また、英中銀の早期利上げ観測によるポンド・円の上昇などで、クロス円がドル・円をけん引する展開もありうる。
 一方、ロシアと中国の両海軍が本日から開始した合同軍事演習が意識されよう。国連安保理でも両国は北朝鮮を擁護する立場を鮮明にしており、日本海などでの演習から朝鮮半島有事への警戒につながりやすい。このため、リスク回避の円買いも根強いとみられ、ドル・円の上昇は小幅にとどまる可能性もある。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 ユーロ圏・8月消費者物価指数改定値(前年比予想:+1.5%、速報値:+1.5%)
・23:00 米・9月NAHB住宅市場指数(予想:67、8月:68)
・05:00 米・7月対米証券投資(6月:ネット長期有価証券+344億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

日本より先にプライマリーバランスが黒字

ロイター – ギリシャは2017年のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字は目標を上回るとの見方を示した。
ギリシャに対する第3次支援プログラムは来年8月に終了予定。同国は、第3次支援に関する国際債権団のレビューが早急に終わり、資本市場への復帰が円滑に進むことを望んでいる。
ギリシャは7月に、3年ぶりの国債を発行。5年債で30億ユーロを調達した一方、2014年発行の5年債を早期償還した。

FX為替ニュース

, , , , ,

米国減税盛り上がる、日本は消費増税で盛り上がる

*米共和党のテッド・クルーズ上院議員は13日、税制改革を通して法人税率を現在の35%から15─20%に引き下げる必要があるとの考えを示した。トランプ政権、および議会共和党は20─25%を下回る水準を目指している。

安倍晋三首相は、2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げについて「予定通り行っていく考えだ」と述べた。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドルで4% 日生ドル劣後債券 日本で売らず でも市場で買える

日本生命保険は13日、米ドル建て劣後債の発行条件を決めたと発表した。シンガポール証券取引所に上場し、米国と欧州、アジアと中心とする海外市場で募集する。日本国内では募集しない。主な条件は以下の通り。

・年限=30年(2027年9月以降は繰り上げ償還可能)
・発行額=8億米ドル
・表面利率=27年9月まで年4.00%(固定金利)
      27年9月以降は5年ごとに金利見直し(ステップアップあり)
・発行価格=額面の100%
・格付け=A-(S&P)

++++++++++2000年前後は内外の一流銀行が永久劣後債を発行、当時の利回りが10%前後 住友、富士、パリバ スタチャンなどなど

ただ永久債とならず発行体は次々に事前償還してきた(市場金利急低下で)

日本でこれを売れば瞬間蒸発するだろうが 美味しいところは海外にもっていかれてしまう

FX為替ニュース

, , , , , ,

そりゃ自画自賛しないと 日本もECBも

*コンスタンシオECB副総裁=ECBの非伝統的な政策措置によりデフレの脅威は克服され、インフレ率は最終的にECBの目標に回帰するとの考えを示した。

また、マイナス金利はユーロ圏で効果的だったとも指摘。マイナス金利政策は緊密な注視が必要な政策であるとの認識も示した。

FX為替ニュース

, , ,