タグアーカイブ: 日本株

政治から読み解く【経済と日本株】共産・志位氏:経済制裁強化と一体に対話と交渉による解決を[FISCO]

共産・志位氏は「トランプ米大統領が「完全に破壊」と恫喝すれば、北朝鮮は「超強硬な対応措置」と恫喝。 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 来週は為替が日本株をサポートか

地政学リスク意識も下げは限定、来週は為替が日本株をサポートか

 22日の日経平均は5日ぶりに小幅反落。ダウ平均が10日ぶりに反落したことに加え、東京市場も前日には20500円まで迫る上昇となったことで反動が重石となった。北朝鮮の金委員長が史上最高の強硬対抗措置を検討していると伝わったことで地政学リスクが高まったが、下値は限定的だった。26日の9月期権利付き最終日を控え、配当の再投資に絡んだ買いが入るとの思惑から底堅く推移した。メディパルとの提携を発表したJCRファーマが大幅高となったほか、スク・エニHDやジンズなども年初来高値を更新した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり636/値下がり1276と売りが優勢。北朝鮮リスク再燃で石川製作所や細谷火工など防衛関連が急伸。上方修正発表のウイルコやアバールデータが大幅高となった。子会社のマザーズ上場が承認されたクロップスはストップ高比例配分。一方、売り出し価格の決定を来週に控える中、日本郵政が売りに押される展開。JFEや神戸鋼など鉄鋼株が弱い動きとなった。資生堂やコーセーなどの化粧品やマツモトキヨシやゲンキーなどドラッグストアの一角も大幅安。enishは新作ゲームの事前登録者数に関するリリースが失望を誘った格好で下げ幅を広げた。

 きょうは日経平均は51円安と小幅な下げにとどまったものの、東証1部の騰落を見ると、値下がりが値上がりの倍近くあり、指数の底堅さが際立った。メガバンク3行はそろってプラス。このところの上昇度合いを考えると、軟調相場では真っ先に利益確定売りに押されても不思議ではなかったが値を保った。先週、今週と金融株に強い動きが見られるほか、円安進行でトヨタなども騰勢を強めており、指数は当面強い動きが続くと考える。ただし、大型株に資金が向かう一方で、中小型株が換金売りに押されるようだと、こう着感が強まり上値が重くなる展開も想定される。市場のエネルギーを確認する意味では、東証1部の売買代金に注目しておきたい。今週は3兆円を超える日もあるなど高水準の日が多かった。商いが細らなければ、日経平均は高値更新基調が続くと考える。

【来週の見通し】
 堅調か。9月のFOMCを受けて年内あと一回の利上げが意識されたことから、米国の長期金利は低下しづらくなり、為替も円高には進みにくくなると予想する。月末で米国の経済指標も多く、良好な内容が確認できれば、円安進行が日本株を押し上げると考える。今週の日経平均が年初来高値を更新したことから、週前半は9月の権利・配当取りをにらんだ駆け込み買いも期待できそう。権利落ち後は下げる展開も想定されるが、10月からの新四半期入りや月初の株高のアノマリーを意識した買いが下値を支える可能性が高い。また、衆議院解散発表となれば政策期待も高まりやすく、物色の幅が広がることが商い活況を促す展開も想定される。北朝鮮動向は引き続きかく乱要因だが、株式市場には耐性もつきつつあり、下げづらく上げやすい地合いが続くと予想する。

【今週を振り返る】
 強い動きとなった。米国株高や円安進行を好感し、連休明け19日の日経平均は大幅高で節目の2万円を大きく上回り、年初来高値を更新した。衆議院の早期解散観測も刺激材料となり、投資家心理が強気に傾いた。注目のFOMCは市場の想定線の内容で、米株市場に特段の波乱が生じなかったことが安心材料となった上に、米長期金利の上昇で円安が進行したことから、FOMC通過後に一段高となった。週後半は地政学リスクが意識されて売りに押されたものの、週間では大幅高を記録した。日経平均は週間では約386円の上昇となり、週足では2週連続で陽線を形成した。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

政治から読み解く【経済と日本株】民進・蓮舫氏:所信表明演説だけ行い解散というのは見事なご都合主義[FISCO]

民進・蓮舫氏は「憲法に基く臨時国会開催要請を無視し、ようやく開くと思えば所信表明演説だけ行い解散と (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

政治から読み解く【経済と日本株】民進・金子氏:私は消費増税に反対、消費増税の使途変更なら25年問題に拍車[FISCO]

民進・金子氏(前参議院議員)は「池尾和人氏は金融緩和をすればハイパーインフレの恐れがあるとか、消費 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は下げ渋り、日本株の底堅さを意識

 20日午前の東京外為市場で、ドル・円は下げ渋り。日経平均株価が底堅い値動きとなり、円買いは後退したようだ。
 ドル・円は、日経平均が前日終値付近で不安定な値動きとなり、前日みられたリスク選好的なドル買い・円売りは後退。ただ、日経平均は20000円の大台を維持しており、底堅い値動きが続いた。
 ランチタイムの日経平均先物は小幅高だが、目先の日本株は前日終値付近での推移が見込まれ、ドルは目先ももみあい継続の見通し。今晩の米連邦準備制度理事会(FRB)による政策決定を控え、動きづらい展開となりそうだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円47銭から111円64銭、ユーロ・円は133円73銭から133円98銭、ユーロ・ドルは1.1987ドルから1.2001ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は下げ渋り、日本株の底堅さを意識

20日午前の東京外為市場で、ドル・円は下げ渋り。日経平均株価が底堅い値動きとなり、円買いは後退したようだ。
ドル・円は、日経平均が前日終値付近で不安定な値動きとなり、前日みられたリスク選好的なドル買い・円売りは後退。ただ、日経平均は20000円の大台を維持しており、底堅い値動きが続いた。
ランチタイムの日経平均先物は小幅高だが、目先の日本株は前日終値付近での推移が見込まれ、ドルは目先ももみあい継続の見通し。今晩の米連邦準備制度理事会(FRB)による政策決定を控え、動きづらい展開となりそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円47銭から111円64銭、ユーロ・円は133円73銭から133円98銭、ユーロ・ドルは1.1987ドルから1.2001ドルで推移した。

【経済指標】
・日・8月貿易収支:+1136億円(予想:+1044億円、7月:+4217億円)
・NZ・4-6月期経常収支:+6.18億NZドル(予想:-9.00億NZドル、1-3月期:+2.44億NZドル)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

政治から読み解く【経済と日本株】民進・有田氏:28日解散なら、参議院は朝10時に議席指定と北朝鮮への非難決議採択、午[FISCO]

民進・有田氏は「党臨時国会に向けて質問主意書を準備している。北朝鮮の核・ミサイル問題とJアラームのあ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は切り返し、日本株の強含みで

 19日午前の東京外為市場で、ドル・円は切り返し。米金利の低下でドル売り先行となったが、その後は日本株の強含みで円売りに振れた。
 ドル・円は、米10年債利回りが2.214%まで低下したのに伴い、一時111円37銭まで下落。その後、米金利が下げ止まったほか、日経平均株価が20000円の大台を上抜けたことが好感され、リスク選好的なドル買い・円売りの流れに。
 ドルは正午にかけて朝方の高値を上抜け、111円60銭台に切り返した。ランチタイムの日経平均先物は250円超高の堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を期待した円売りがドルを押し上げる見通し。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円37銭から111円60銭、ユーロ・円は133円23銭から133円52銭、ユーロ・ドルは1.1950ドルから1.1975ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は切り返し、日本株の強含みで

19日午前の東京外為市場で、ドル・円は切り返し。米金利の低下でドル売り先行となったが、その後は日本株の強含みで円売りに振れた。
ドル・円は、米10年債利回りが2.214%まで低下したのに伴い、一時111円37銭まで下落。その後、米金利が下げ止まったほか、日経平均株価が20000円の大台を上抜けたことが好感され、リスク選好的なドル買い・円売りの流れに。

ドルは正午にかけて朝方の高値を上抜け、111円60銭台に切り返した。ランチタイムの日経平均先物は250円超高の堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を期待した円売りがドルを押し上げる見通し。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円37銭から111円60銭、ユーロ・円は133円23銭から133円52銭、ユーロ・ドルは1.1950ドルから1.1975ドルで推移した。
【要人発言】
・豪準備銀(議事要旨)
「豪ドル高は国内成長やインフレに重石」
「さらなる豪ドルの上昇は成長やインフレを鈍化させる」
「米ドルの下落によって豪ドルは上昇した」

FX為替ニュース

, , , , , ,

政治から読み解く【経済と日本株】民進・尾辻氏:OECD平均の学費の私費負担割合は約30%、日本は約65%[FISCO]

民進・尾辻氏は「OECD平均の私費負担割合は約30%。日本は約65%。私費負担の割合が高いことが一目瞭然。」 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円はこう着、日本株はじり高

 ドル・円は109円30銭台でこう着。日経平均株価はじりじり値を切り上げ、前日比200円超上昇で推移しており、リスク選好的なドル買い・円売り基調が続く。ただ、国内勢によるドルの買い戻しが一巡する一方、利益確定売りも観測され、ドルの上値は目先も重そうだ。
 ここまでのドル・円は109円24銭から109円58銭。ユーロ・円は130円68銭から130円91銭、ユーロ・ドルは1.1946ドルから1.1964ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,