タグアーカイブ: 政治リスク

【見通し】今日の株式見通し=政治リスクがくすぶり上値の重い展開か

東京市場は上値の重い展開か。FOMC直前で基本的には動きづらい地合い。先週末の欧米株はそろって上昇しているが、ドル円は足元で105円90銭近辺と、円高基調が続いている。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて25円安の21415円、ドル建てが30円高の21470円と安寄りを示唆しており、外部要因からは買い材料に乏しい。

 国内では森友問題が長期化する中、きょうから参院予算委員会で同件に関する集中審議が開催される。ニュースのヘッドラインに指数が敏感に反応するような場面もあるかもしれない。CME225先物に寄せて21500円を割り込んだ場合、一時的にはリスク回避の売りが強まる可能性もある。大きく売り込まれる場面では押し目買いが入ると考えるが、全体的には商いも盛り上がらず、方向感に乏しい展開が続くと予想する。日経平均の予想レンジは21280円-21600円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY株見通し-政治リスクの高まりで軟調な展開か

今晩のNY市場は軟調な展開か。先週のコーン米国家経済会議(NEC)委員長の辞任に続き、昨日はティラーソン国務長官が更迭されるなど、トランプ大統領の政権運営に対する不透明感が高まっているほか、米共和党の牙城である米ペンシルバニア州の下院補選では民主党が勝利したとの報道もあり、政治リスクが相場の重しとなりそうだ。中国との通商摩擦激化見通しも企業業績の悪化懸念を高めている。年初から好調なテクノロジー株などには引き続き利益確定売り圧力が高まりそうだ。
 今晩の経済指標は米2月生産者物価指数、米2月小売売上高、米週間原油在庫など。企業決算はシグネット・ジュエラーズなど。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル106円半ばで上値重い、政治リスクや米国の保護貿易を警戒

[東京 14日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の106円半ばだった。日経平均が寄り付きからマイナス圏で推移。ドルも上値の重さが意識された。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米国の保護主義や欧州の政治リスクなどに警戒[FISCO]

2日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。米国の保護主義的な姿勢で貿易戦争への懸念から (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円は弱含みか、米国の保護主義や欧州の政治リスクなどに警戒

[今日の海外市場]
 2日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。米国の保護主義的な姿勢で貿易戦争への懸念からドル売りが継続する見通し。また、イタリア総選挙やドイツ大連立政権の行方に対する不透明感への警戒から、クロス円は円買い先行となりそうだ。
 トランプ米大統領は1日、1月の一部家電やソーラーパネルに加え、鉄鋼製品などの輸入制限を決めた。主に中国を念頭に置いた措置とみられるが、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は声明を発表し、近く対抗策を打ち出す方針。その他の関係各国もいっせいに反発しており、貿易戦争に発展するとの懸念から、足元ではドル売りが強まっている。
 株式市場にも波紋が広がり、1日のNYダウは前日比400ドル超下げ、本日は日経平均株価が一時600円超下落した。欧米株式先物は2日午後時点ではほぼマイナス圏で推移しており、今晩の欧米株安を警戒したドル売り・円買いの流れとなっている。米国の保護主義的なスタンスで世界的に株安となれば、リスク回避の円買いが続きそうだ。
 また、欧州政治リスクも不安視されている。4日投開票のイタリア総選挙で、現在のユーロ体制に否定的な中道右派連合が勢力を拡大する事態となれば、大きなユーロ売り要因となろう。さらにドイツの社会民主党(SPD)の大連立政権参加に関する投票結果にも不透明感が漂う。
 米国の保護主義的なスタンスによるドル売りと、世界的な株安や欧州政治リスクへの警戒、そして、黒田日銀総裁の出口言及による円買いで、ドル・円は本日アジア市場で節目の106円を割り込んだ。足元では2月16日に付けた105円55銭が下値ターゲットとして意識される。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・2月建設業PMI(予想:50.5、1月:50.2)
・19:00 ユーロ圏・1月生産者物価指数(前年比予想:+1.6%、12月:+2.2%)
・19:00 カーニー英中銀総裁講演(天候不良でスコットランド経済会議から変更)
・22:30 カナダ・10-12月期GDP(前期比年率予想:+2.0%、7-9月期:+1.7%)
・24:00 米・2月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:99.5、速報値:99.9)
・メイ英国首相が離脱後の対EU関係について演説

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=政治リスクがドルの上値を抑える

本日のドル円は上値が重くなりそうだ。ダウ平均は史上最高値を更新し、日米金利のかい離差が大きく縮まることもないため、ドルの買い材料はある。しかし先週から始まった新たなロシアゲートの展開から、米国の政治リスクがドルの上値を抑えることになりそうだ。また国内の問題から目を逸らすため、トランプ米大統領は北朝鮮問題、イスラエルの首都問題、そして本日に米貿易収支が発表されるが、貿易不均衡問題など海外に目を逸らさせる可能性もあるが、そのどれをとってもドル売り材料なため、ドルを積極的に買い上げるのは難しくなりそうだ。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、日足一目均衡表の雲の上限にあたる113.13円、その上は11月16日の高値113.33円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、昨日と本日の安値近辺の112.37円、その下は日足一目均衡表の転換線がある111.91円。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY為替見通し=政治リスクがドルの上値を抑える

 本日のドル円は上値が重くなりそうだ。ダウ平均は史上最高値を更新し、日米金利のかい離差が大きく縮まることもないため、ドルの買い材料はある。しかし先週から始まった新たなロシアゲートの展開から、米国の政治リスクがドルの上値を抑えることになりそうだ。また国内の問題から目を逸らすため、トランプ米大統領は北朝鮮問題、イスラエルの首都問題、そして本日に米貿易収支が発表されるが、貿易不均衡問題など海外に目を逸らさせる可能性もあるが、そのどれをとってもドル売り材料なため、ドルを積極的に買い上げるのは難しくなりそうだ。
・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、日足一目均衡表の雲の上限にあたる113.13円、その上は11月16日の高値113.33円。
・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、昨日と本日の安値近辺の112.37円、その下は日足一目均衡表の転換線がある111.91円。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

独企業、国内外の政治リスクの影響ない=IFOエコノミスト

[ミュンヘン 24日 ロイター] – ドイツのIFO経済研究所のエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は24日、国内外の政局を巡る先行き不透明感や欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れプログラム縮小は、独企業の業況感に影響していないようだとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロもポンドも政治リスクが上値を抑える

先週のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)以来、ポンドドルは上値が重くなっている。週後半まで英国からは大きな経済指標の発表予定が無いこともあり、ポンドだけでトレンドを作って動くのは難しいだろうが、ポンドが上昇する局面では売り遅れている市場参加者の売りが入る可能性が高い。また英国の政治を騒がしているセックス・スキャンダルやパラダイス文書などの政治問題も上値を抑えることになりそうだ。
 ユーロドルは、ここ1週間は似たような水準で取引されている。しかし金曜日の雇用統計時の市場の反応を見ると、上値は売りが優勢で頭が重くなりそうだ。ユーロも週末を挟んでプチデモン・カタルーニャ州前首相がベルギーで逮捕されたことや、メルケル独首相の連立協議が難航しているという政治的な混迷が上値を抑えることになりそうだ。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは2日と3日に超えることができなかった1.1690ドル、ポンドドルはMPC発表直前の安値1.3195ドル前後が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは7月20日の安値1.1479ドル、ポンドドルは9月5日安値の1.2909ドルが下値めど。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,