タグアーカイブ: 改善

【市場反応】米8月景気先行指数、予想外の改善でドル買い再燃、7月FHFA住宅価格指数は予想下振れ

[欧米市場の為替相場動向]
民間の米コンファレンスボードが発表した8月景気先行指数は前月比+0.4%と、予想外に7月の+0.3%から伸びが拡大した。
事前に発表された米7月FHFA住宅価格指数は前月比+0.2%と、6月+0.1%から伸びが改善したものの、予想+0.4%を下回った。
ドルは、予想を下回った住宅価格指数を嫌いいったん売りが優勢となったが、良好な景気先行指数を好感し、買いが再燃した。ドル・円は112円14銭まで下落後、112円34銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1929ドルで伸び悩む展開が続いた。
【経済指標】
・米・8月景気先行指数:前月比+0.4%(予想:+0.3%、7月:+0.3%)
・米・7月FHFA住宅価格指数:前月比+0.2%(予想:+0.4%、6月:+0.1%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米8月景気先行指数、予想外の改善でドル買い再燃、7月FHFA住宅価格指数は予想下振れ

民間の米コンファレンスボードが発表した8月景気先行指数は前月比+0.4%と、予想外に7月の+0.3%から伸びが拡大した。
事前に発表された米7月FHFA住宅価格指数は前月比+0.2%と、6月+0.1%から伸びが改善したものの、予想+0.4%を下回った。
ドルは、予想を下回った住宅価格指数を嫌いいったん売りが優勢となったが、良好な景気先行指数を好感し、買いが再燃した。ドル・円は112円14銭まで下落後、112円34銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1929ドルで伸び悩む展開が続いた。
【経済指標】
・米・8月景気先行指数:前月比+0.4%(予想:+0.3%、7月:+0.3%)
・米・7月FHFA住宅価格指数:前月比+0.2%(予想:+0.4%、6月:+0.1%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-年初来高値更新で地合いも一段と改善へ

連休明けたら大幅高、年初来高値更新で地合いも一段と改善へ

 19日の日経平均は大幅続伸。週明けのダウ平均が7日続伸し、最高値を更新したことで投資家心理が改善。ドル円も111円台半ばで推移したことで相場の支えとなった。6月2日の高値(20239.81円)を超えたことで、売り仕掛けていた向きの買い戻しが加速。6月20日のザラ場高値(20318.11円)を更新するとともに、終値ベースでも年初来高値を更新した。トヨタ自など輸出主力株を中心に、ほぼ全面高症状のなか、指数寄与度の高いファナックやソフトバンクGなどの上昇が目立った。また、衆議院を解散する意向を固めたとの報道で、イムラ封筒がストップ高まで買われるなど選挙関連株も高い。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1679/値下がり279と買いが優勢。証券会社が投資判断を引き上げた任天堂が商いを集めて大幅上昇。メガバンクや証券、保険など金融株が軒並み買われた。上方修正と増配が好感された旭ダイヤが急伸。子育て支援や教育無償化への思惑から幼児教育研究会や京進などに資金が向かった。先週上場のウォンテッドリーはストップ高。一方、上期の営業減益観測が報じられたニトリが軟調。地政学リスクへの警戒が和らぐ中、石川製作所や細谷火工など小型の防衛関連は売りに押される展開となった。

 きょうの日経平均は400円近い上昇で、今年何度か抵抗となっていた節目の2万円を難なく上回り、ザラ場・終値ともに年初来高値を更新した。足元の上昇には多くの投資家がついていけていないと想定される上に、金融株の多くはまだ今年の安値圏にあることなどを鑑みると、さらなる上昇余地はあると考える。先週の動きが非常に強く、25日線を早々に上に抜けた後も上昇が続き、週末値では75日線も上回った。週足でも26週線と13週線を上回っており、基調が変化する兆しはあった。ドル円も107円台を見た後に110円台を回復し、足元では112円台に迫るなど一気に円安が進んでおり、円安・株高の同時進行も期待できる相場環境。FOMCの結果を東京市場が消化するのは21日となるため、今晩の欧米株やあすの日本株は様子見姿勢が強まるだろうが、今の地合いでは、売りが出づらいことがポジティブに捉えられると考える。日経平均が高値を更新している割には、売買代金上位銘柄で年初来高値圏にある銘柄はそれほど多くない。そのため、主力株にも引き続き資金が向かいやすく、堅調な流れが維持されると予想す
る。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ギリシャの銀行、流動性が大幅に改善=クーレECB専務理事

[タリン 15日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は15日、ギリシャの銀行の流動性は大幅に改善したとの認識を示した。ただ、預金の回復は最近始まったばかりで緩やかなペースにとどまっているとも指摘した。タリンでの記者会見で述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:雇用関連指標の改善を好感して一時88円台後半まで上昇

14日の豪ドル・円は反発。本日発表された8月の失業率は5.6%で市場予想と一致したが、正規雇用者数は前月比+4.01万人となったことが好感された。全体の雇用者数は+5.42万人で市場予想の+2万人程度を大幅に上回った。労働参加率は65.3%に上昇した。雇用関連指標の改善を好感して豪ドルは強い動きをみせているが、豪ドル・ドルの取引では利食い目的の豪ドル売りが観測されている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7974ドルから0.8016ドル。なお、ユーロ・円のここまでの取引レンジは131円11銭から131円49銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円13銭-88円74銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米8月PPI、前月から改善も予想下回る、ドル買い後退

[欧米市場の為替相場動向]
米労働省が発表した8月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.2%と、7月-0.1%からプラスに改善し4月来の高水準となった。また、前年比でも+2.4%と、5月来の高水準となった。しかし、予想+0.3%、+2.5%にはそれぞれ届かなかった。また、連邦公開市場委員会(FOMC)が注視している燃料と食料品を除いたコア指数は前月比+0.1%と7月-0.1%からプラスに改善。また、前年比でも+2.0%と、5月来の高水準となった。しかし、予想+0.2%、+2.1%をそれぞれ下回った。
予想を下回ったインフレ指標を受けて米債利回りは低下。米10年債利回りは2.16%から2.15%で推移。ドル買いはいったん後退した。ドル・円は110円09銭から109円95銭へ弱含み推移。ユーロ・ドルは1.1976ドルから1.1990ドルへ強含んだ。
【経済指標】
・米・8月生産者物価指数(PPI):前月比+0.2%(予想:+0.3%、7月:-0.1%)
・米・8月生産者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、7月:-0.1%)
・米・8月生産者物価指数:前年比+2.4%(予想:+2.5%、7月:+1.9%)
・米・8月生産者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.1%、7月:+1.8%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米8月PPI、前月から改善も予想下回る、ドル買い後退

米労働省が発表した8月生産者物価指数(PPI)は前月比+0.2%と、7月-0.1%からプラスに改善し4月来の高水準となった。また、前年比でも+2.4%と、5月来の高水準となった。しかし、予想+0.3%、+2.5%にはそれぞれ届かなかった。また、連邦公開市場委員会(FOMC)が注視している燃料と食料品を除いたコア指数は前月比+0.1%と7月-0.1%からプラスに改善。また、前年比でも+2.0%と、5月来の高水準となった。しかし、予想+0.2%、+2.1%をそれぞれ下回った。
予想を下回ったインフレ指標を受けて米債利回りは低下。米10年債利回りは2.16%から2.15%で推移。ドル買いはいったん後退した。ドル・円は110円09銭から109円95銭へ弱含み推移。ユーロ・ドルは1.1976ドルから1.1990ドルへ強含んだ。
【経済指標】
・米・8月生産者物価指数(PPI):前月比+0.2%(予想:+0.3%、7月:-0.1%)
・米・8月生産者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、7月:-0.1%)
・米・8月生産者物価指数:前年比+2.4%(予想:+2.5%、7月:+1.9%)
・米・8月生産者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.1%、7月:+1.8%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米JOLT、7月分も過去最高、労働市場のスラック一段と改善

米労働省が発表した最新7月のJOLT求人件数は617万件と、減少予想に反し6月分を上回り過去最高を記録した。同指数はイエレン議長が労働市場のたるみ、スラックを判断する上で特に注視している。
JOLT求人件数の項目の中でもイエレン議長が最も注視している自発的退職者数は3.4万人増と、前月の7.6万人減から増加に転じた。退職率(Quits rate)では2.2%と、前月から上昇。金融危機前の水準にも並び、労働者が依然、市場に自信を持っている新たな証拠となった。また、求人ペースも高止まり。7月求人率(Job openings rate)は6月に続き4.0%と過去最高水準となった。過去最高の水準が2か月連続するのは初めて。雇用ペースも労働市場の強さを示した。7月の採用率(Hiring rate)は3.8%と6月3.7%から上昇。昨年2月来の高水準で、金融危機前の水準を回復。採用者数は6.9万人増と、6月の2.7万人減から増加に転じた。
イエレンFRB議長の雇用のたるみ具合を判断するダッシュボードの中で、9項目のうち、6項目が金融危機前の水準に改善。結果は、雇用の伸びが失業率を年末までにさらに低下させる勢いがあることを証明した。8月の雇用統計が幾分予想を下回ったことも、一時的な状況である可能性を示唆した。ハリケーン「ハービー」や「イルマ」の影響で、短期的な変動が予想されるものの、雇用創出の基本的ペースは依然堅調であることが証明された。
■イエレンFRB議長の雇用たるみダッシュボード(最新)
◎危機前に比べ状態が改善             危機前の水準と比較
7月解雇率(Layoffs/discharges rate):1.2%(6月1.2%)     1.4%
8月失業率(Unemploynent rate):4.4%(7月4.3%)      5%
7月求人率(Job openings rate):4.0 %(6月4.0%)       3%
7月退職率(Quits rate):2.2%(6月2.1%)           2.1% 
8月広義の失業率(U-6):8.6%(7月8.6 %)                 8.8%
7月採用率(Hiring rate):3.8%(6月3.7%)       3.8%
◎状態が危機前より依然悪い
8月雇用者数(Nonfirm payrolls):+15.6万人(7月+18.9万人) +16.18万人
8月長期失業率:39.7%(7月39.8%、2016年36.8%)                  19.1%       
8月労働参加率:62.9%(7月62.9%)                    66.1%

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

8月豪企業景況感指数は+15に改善、雇用が堅調=NAB

[シドニー 12日 ロイター] – 豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した8月の豪企業景況感指数は、前月比1ポイント上昇のプラス15で、2008年初め以来の高水準となった。豪企業景況感指数は長期平均(プラス5)の3倍の水準に達した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】日経平均のチャート節目-外部環境の改善で1日高値を上回る

日経平均は上下にヒゲを伴った「短陽線」を形成。北朝鮮による地政学リスクの後退やハリケーン・イルマの被害が想定以下だったことなどから週明けの米株は大幅高。ドル円も109円台半ばで推移するなど投資家心理が改善した。前日終値からギャップを伴って大幅に上昇も、買い一巡後は高値警戒感に加え、国連の安全保障理事会で、北朝鮮に対する新たな制裁決議を全会一致で採択したことで、北朝鮮から新たな挑発行動が懸念され上値は限定的。75日線(19860.77円)が抵抗線として意識される半面、一目均衡表の基準線(19662.71円)やボリンジャー・バンド+1σ(19716.01円)がサポートとして意識されている。週足形状の13週線(19814.91円)もレジスタンスとして意識されそうだ。大引けにかけて、利益確定に伴う手仕舞い売りや万が一の地政学リスクに備えた持ち高調整などで、上値を抑えることが想定される。1日高値(19735.96円)を維持できるか注目される。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

本日は南十字星(豪ドル)アップ致します、政策金利は据え置きか、ただ2Q各種指標は改善、明日のGDPへ好影響か

「政策金利は据え置きか、ただ2Q各種指標は改善、明日のGDPへ好影響か」

(ポイント)

*本日の政策金利は据え置き予想、豪ドル高がインフレ抑制効果を持つため
*ただ2Qの設備投資、建設支出、賃金の伸びは改善
*2Q・GDPは改善予想
*今年は通貨が強いが株価は弱い
*雇用統計で雇用者は増加もフルタイムは減少
*RBAの豪ドル高に対しての口先介入続く
*副首相の二重国籍問題が浮上
*7月中国の小売、鉱工業生産は弱かったが、製造業PMIは改善
*2Q・CPIは予想を下回り、インフレターゲット下限以下となった
*鉄鉱石価格は反発している
*小売売上、貿易面では改善しファンダメンタルズはまずまずである
*ムーディーズが銀行を格下げ
*景気後退しないというGDP成長の最長記録でオランダと並ぶ
*外国人の不動産購入にかかる税率を引き上げ
*首相支持率は低下継続

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,