タグアーカイブ: 推移

ドル・円は107円台で推移、欧州株は大方上昇

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は107円台を維持。ユーロ・ドルも1.23ドル台半ばまで下落しており、ドル買いが優勢になっている。NYダウ先物は引き続き下落しているが、欧州株式市場は英国を除きプラス圏で推移しており、リスク回避的な円買いは弱まったとみられる。一方、米国10年債利回りは一時2.92%台まで上昇している。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円97銭から107円15銭。ユーロ・円は132円22銭から132円43銭、ユーロ・ドルは1.2346ドルから1.2373ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米10年債利回り2.90%台で推移も、ユーロドルは下げ渋り

 米債は時間外で幅広い期間で売られ、米10年債利回りが2.90%前半まで上昇(先週引け2.875%)している。東京午前には米金利上昇にドル買いで反応していた為替市場も、欧州勢の参入を控えてやや鈍い動き。ユーロドルは1.23ドル後半で下げ渋り、ポンドドルが1.3980ドル前後でもみ合い。米債売りは、昨日の欧州債の下げに連れ安となった面もあるため、本日の欧州市場の行方を見極めたい向きも多いか。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は106円70銭台で推移、株安は想定内で問題にならず

 20日午前の東京市場でドル・円は106円70銭台で推移し、やや強い動きを見せている。日経平均株価は150円安で推移しているが、株安は想定の範囲内で材料視されていないようだ。ここまでのドル・円は106円56銭から106円76銭で推移。
 ユーロ・円は、132円18銭から132円41銭で推移、ユーロ・ドルは、1.2394ドルから1.2412ドルで推移。
■今後のポイント
・105円台後半で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=108円-112円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
NY原油先物(時間外取引):高値61.88ドル 安値62.74ドル 直近値62.64ドル
日経平均寄り付き:前日比94.89円安の22054.32円

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,