タグアーカイブ: 推移

ドル・円は110円80銭から111円08銭で推移

[欧米市場の為替相場動向]
 22日の欧州外為市場では、ドル・円は110円80銭から111円08銭で推移した。欧州株は全面高、米株先物も上昇し、米10年債利回りは3.07%台で推移していたが、持ち高調整とみられるドル売りがやや優勢になった。
 ユーロ・ドルは1.1804ドルから1.1830ドルで推移し、ユーロ・円は130円91銭から131円35銭で推移した。
 ポンド・ドルは1.3448ドルから1.3492ドルで推移。英議会でインフレ報告公聴会が始まった際にポンド買いが一時強まった。ドル・スイスフランは0.9945フランから0.9967フランで推移した。
[経済指標]
・英・4月公共部門純借入額(銀行部門除く):+78億ポンド(予想:+85億ポンド、3月:+8億ポンド←+13億ポンド)
[要人発言]
・リーカネン・フィンランド中銀総裁
「ユーロ圏の基調インフレが加速し総合インフレの上昇を下支えするには時間が必要」
・カーニー英中銀総裁
「英国経済は、中銀が国民投票前に予測していたより弱い」
・欧州連合(EU)
「加盟国は豪・NZと自由貿易に関する交渉開始で合意」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は110円90銭から111円08銭で推移

[欧米市場の為替相場動向]
 22日の欧州外為市場では、ドル・円は110円90銭から111円08銭で推移している。欧州株は大方上昇、米株先物も上昇し、米10年債利回りは3.07%台で推移しているが、全体的に小動きの状態が続いている。
 ユーロ・ドルは1.1804ドルから1.1830ドルで推移。ユーロ・円は131円03銭から131円35銭で推移している。
 ポンド・ドルは1.3450ドルから1.3492ドルで推移。英議会でインフレ報告公聴会が始まった際にポンド買いが一時強まった。ドル・スイスフランは0.9945フランから0.9967フランで推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

株式前引けを控え、ドル円は110.92円前後で推移

現在の推移(レンジ)   
ドル円    110.92円  (111.08 /  110.86) 
ユーロドル 1.1783ドル (1.1797 /  1.1779) 
ユーロ円  130.69円   (130.97 /  130.60) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は111円を挟んだ水準で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 21日のドル・円相場は、東京市場では110円82銭から111円40銭まで上昇。欧米市場でドルは111円38銭から110円96銭まで反落し、111円02銭で取引を終えた。
 本日22日のドル・円は、111円を挟んだ水準で推移か。米長期金利の伸び悩みやイランをめぐる地政学的リスクの高まりなどを背景に、ドル売り・円買いがやや優勢となっている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、111円を挟んだ水準でもみ合いとなる展開が予想される。
 米長期金利の伸び悩みを背景にドル買い・円売りが一服。また、最近の上伸を受けた利益確定目的のドル売りも目立っている。さらに、ポンペオ米国務長官は21日、ワシントン市内での演説で、トランプ政権の包括的な対イラン戦略を公表し、イランに対して過去にないほどの経済的圧力をかけると表明。これを受けて、イランをめぐる地政学的リスクも意識されており、ドルの上値を抑えている。
 23日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を控えて内容を見極めたいとの見方から、積極的な商いも手控えられているもよう。本日の東京市場は日経平均株価の動きを手掛かり材料に、111円を挟んだ水準でもみ合いとなる展開が予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,