タグアーカイブ: 推移

ドル・円は112円台前半で推移か、リスク回避の円買い継続でドルは上げ渋る可能性

 22日のドル・円相場は、東京市場では112円56銭から111円65銭まで下落。欧米市場でドル・円は一時112円17銭まで戻したが、112円00銭で取引を終えた。
 本日25日のドル・円は、新規材料に欠ける中、日経平均株価や米長期金利の動きを眺め、112円台前半で推移か。ただ、米朝間の緊張の高まりを背景に有事の円買いも根強く、ドルの上値は限定的とみられる。
 米国の年内追加利上げ観測や米長期金利の動きを眺め、ドル買い・円売りが優勢となっている。また、24日に行われたドイツ連邦議会選挙では、メルケル首相が率いる与党キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が第1党になる見通しとなった。ただ、新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)に大躍進を許し、得票率が予想を下回る結果となった。厳しい連立協議に直面するとの見方から、ドル買い・ユーロ売りが優勢となっており、これにつれてドル買い・円売りの動きも強まりそうだ。
 ただ、米国防総省は23日、B1爆撃機とF15戦闘機が北朝鮮と韓国の軍事境界線を越えて、北朝鮮の国際空域を飛行したと発表。一方で、北朝鮮の李容浩外相が国連総会での一般討論演説で「米本土全土に我々のロケットが到達することが一層不可避になる」と警告するなど、米朝間の緊張は高まっている。このため、比較的安全資産される円買いは依然根強いことから、ドルは112円台後半で上げ渋る可能性は残されている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY株式オープン控え、ドル円は112.00円前後で推移

現在の推移(レンジ)   
ドル円    112.00円  (112.56 /  111.65) 
ユーロドル 1.1964ドル (1.2004 /  1.1938) 
ユーロ円  133.99円   (134.41 /  133.50) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は111円90銭から112円09銭で推移

[欧米市場の為替相場動向]
 22日のロンドン外為市場では、ドル・円は111円90銭から112円09銭で推移した。欧州株が全般的に上昇する一方、米国10年債利回りが2.24%台に低下するなかで、もみ合いになった。
 ユーロ・ドルは1.2004ドルまで上昇後、1.1959ドルまで下落。独、ユーロ圏の9月PMI速報値の上昇を好感してユーロ買いが先行した後、売りに転じた。ユーロ・円は134円40銭から133円97銭まで下落した。
 ポンド・ドルは1.3586ドルから1.3537ドルまで下落。メイ英首相のEU離脱の方針についての演説を控え、持ち高調整のポンド売りが優勢になった。ドル・スイスフランは0.9675フランから0.9702フランで推移した。
[経済指標]
・特になし
[要人発言]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「景気回復の勢いが若者の失業を減らすだろう」
「物価安定はまだ達成されていない」
・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「年内にもう1度の利上げの可能性がある」
「フェデラルファンド金利は2.5%がニューノーマル」
「向こう数年間の主要政策手段は金利操作」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,