タグアーカイブ: 指標

【発言】BOE副総裁「指標のヘッドラインより、経済の緩みある」

ラムスデンBOE(イングランド銀行)副総裁
「英国の最大のリスクはブレグジット後の貿易協定の不確実性」
「MPCの決定とは何か異なった英国経済の評価がある」
「より柔軟性のある労働市場は、インフレを引き起こさずに経済の成長余地があるということ」
「経済指標のヘッドラインより、経済の緩みがもっとある」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し=引き続き堅調か 指標は米10月住宅着工件数など

今晩のNY市場は引き続き堅調か。昨日はウォルマートやシスコシステムズの好決算を受けてセンチメントが大きく改善した。ナスダック総合が史上最高値を更新し、ダウ平均とS&P500も20日移動平均線の水準を回復した。時価総額最大のアップルは6日ぶりに反発し、利益確定売りの流れは一巡したようだ。昨日のアフター・マーケットでは、引け後発表の決算が好感されたロス・ストアーズが8.08%高、ギャップが7.71%高と急伸しており、今晩の取引でも消費関連株の堅調が期待できる。ダウ平均とS&P500は11月8日につけた終値での史上最高値までそれぞれ0.45%、0.34%に迫っており、3指数そろっての最高値更新を期待したい。
 今晩の経済指標は米10月住宅着工件数、米10月建設許可件数など。企業決算は寄り前にフットロッカーなどが発表予定。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

豪ドル円は指標悪く弱含むも、買いオーダーに支えられる

 豪ドル円は、今朝方に発表された豪9月売上高が予想を下振れし、88円近辺から87.57円まで下落。その後も安値圏で推移し、戻りは鈍い。昨日は88.00円近辺の売りをこなしたが、その上の水準にも売りが控えており、上抜けても買いの勢いは増さなかった。
 近場のオーダー状況をみると、指標結果にもかかわらず思った以上に87円半ばから前半にかけて買いが控えている。来週火曜日の豪準備銀行(RBA)政策金利発表前に、先月に豪ドルを売っていた向きの買い戻しもありそうだ。上サイドは依然として売りが優勢、88円前半から半ばでは上値が重くなる可能性は高い。

FX為替ニュース

, , , , , ,

指標低迷なら中銀は緩和的金融政策の維持を=IMF専務理事

[パリ 26日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日、経済指標の低迷が続くところの中央銀行は緩和的金融政策を維持しつつ、資産バブルの脅威を防ぐために資産価格への監視を続けるべきだとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

指標低迷なら中銀は緩和的金融政策の維持を=IMF専務理事

[パリ 26日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日、経済指標の低迷が続くところの中央銀行は緩和的金融政策を維持しつつ、資産バブルの脅威を防ぐために資産価格への監視を続けるべきだとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロドルは1.17ドル半ば 仏指標は予想を上回るも反応薄

 欧州序盤のユーロドルは小幅な値動きながらも、1.17ドル半ばでやや上値が重い。先ほど発表された仏10月業況感指数、仏10月製造業とサービス業PMIは市場予想を上回る結果となったが、市場の反応は薄かった。本日はこの後に独・ユーロ圏のPMI速報値が発表される。今週の注目は26日(木)の欧州中央銀行(ECB)理事会のため、この後の指標がよほど予想から外れた結果にならなければ、取引材料とはなり難いか。ユーロ円は133円半ば、ユーロポンドは0.89ポンド近辺で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米国株は主要指数が4日連続最高値、税制改革期待や堅調な指標で

[ニューヨーク 5日 ロイター] – 米国株式市場は主要3株価指数が4日連続で終値ベースの最高値を更新。議会下院がこの日、税制改革案通過を後押しする2018会計年度予算決議案を承認したことを受け、投資家の間で税制改革の実現への期待が高まっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【FISCOソーシャルレポーター】Hama:年度折り返しの株式市場を「新高値」指標から見ると?![FISCO]

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家Hama氏(ブログ「実践で学ぶ、負けない現代株式投資」 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

指標と議事録受け、豪ドル円一時89.07円まで上昇

 豪4-6月期住宅価格指数は前期比+1.9%と市場予想の+1.1%よりも強含み、同時刻に発表されたRBA議事録では豪ドルの上昇は(米)ドル安が背景で、豪ドルのさらなる上昇は経済成長やインフレを鈍化させると、内容に目新しいものが無かったこともあり、豪ドル/ドルは0.7994ドル、豪ドル円は89.07円まで一時上昇した。しかし買いの勢いも弱く豪ドル/ドルは0.7970ドル前後、豪ドル円も88.90円前後まで現在は戻して取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=米指標でドルが一段高、ドル円110円後半へ

 NY為替市場ではドルが一段高。北朝鮮情勢をめぐる緊張が緩み、先週のドル安・円高の巻き戻しが先行する中、米経済指標の良好な結果も、ドル買いを後押した。7月の米小売売上高は前月比で市場予想を上回る+0.6%と、今年最大の伸びを記録し、前月分も上方修正された。また、米8月NY連銀製造業景況指数は市場予想を大きく上回る+25.2と、約3年ぶりの高い水準に改善し、米12月利上げ観測が再燃した。
 米10年債利回りが一時2.28%近辺まで上昇し、ドル円は一時110.85円まで上昇した。買いが一巡した後は110円半ばに水準を切り下げてこう着。予想比下振れの英消費者物価指数の結果を受けて軟調のポンドドルは1.2846ドルまで一段安となった。また、ユーロドルは1.1687ドル、豪ドル/ドルは0.7808ドル、NZドル/ドルは0.7230ドルまで下押し、ドル/加ドルは1.2778加ドルまでドル高に振れた。
 投資家のリスクオフの動きが後退しクロス円は底堅い動きも、値動きは限定的。ユーロ円は129円後半、豪ドル円は86円半ば、NZドル円は80円近辺、加ドル円は86円後半で推移した。一方、ポンド円は一時141.98円まで小反落した。
 6時現在、ドル円は110.67円、ユーロドルは1.1735ドル、ユーロ円は129.88円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,