タグアーカイブ: 指標

NY為替・15日=米指標でドルが一段高、ドル円110円後半へ

 NY為替市場ではドルが一段高。北朝鮮情勢をめぐる緊張が緩み、先週のドル安・円高の巻き戻しが先行する中、米経済指標の良好な結果も、ドル買いを後押した。7月の米小売売上高は前月比で市場予想を上回る+0.6%と、今年最大の伸びを記録し、前月分も上方修正された。また、米8月NY連銀製造業景況指数は市場予想を大きく上回る+25.2と、約3年ぶりの高い水準に改善し、米12月利上げ観測が再燃した。
 米10年債利回りが一時2.28%近辺まで上昇し、ドル円は一時110.85円まで上昇した。買いが一巡した後は110円半ばに水準を切り下げてこう着。予想比下振れの英消費者物価指数の結果を受けて軟調のポンドドルは1.2846ドルまで一段安となった。また、ユーロドルは1.1687ドル、豪ドル/ドルは0.7808ドル、NZドル/ドルは0.7230ドルまで下押し、ドル/加ドルは1.2778加ドルまでドル高に振れた。
 投資家のリスクオフの動きが後退しクロス円は底堅い動きも、値動きは限定的。ユーロ円は129円後半、豪ドル円は86円半ば、NZドル円は80円近辺、加ドル円は86円後半で推移した。一方、ポンド円は一時141.98円まで小反落した。
 6時現在、ドル円は110.67円、ユーロドルは1.1735ドル、ユーロ円は129.88円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

9月会合までの指標でインフレ動向より明確に=米連銀総裁

[シンシナティ(米オハイオ州) 2日 ロイター] – 米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は、足元のインフレ鈍化に過剰反応すべきではないとし、9月19─20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)までに入手するデータを注視する考えを示した。講演後、記者団に述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロドル1.18ドル前半で小動き、ユーロ圏の指標に反応薄

 ユーロドルの調整の下げは1.1811ドルにとどまり、1.1830ドル近辺で底堅い動き。ユーロ円も130.15円を安値に下げ渋っている。7月のユーロ圏・独製造業PMI・確報値はともに速報値や市場予想よりやや低下したものの、高い水準を維持しているほか、独7月失業者数は-9000人と、予想以上に減少した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】デベルRBA総裁補佐「直近の指標、経済に信頼感を供与」=追補

デベルRBA(豪準備銀行)総裁補佐
「豪ドルの上昇は豪経済の支援とならず」
「通貨の強さは経済の調整を混乱させる」

追補
「直近の指標、経済に信頼感を供与」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NZドル円注文 先週指標(本文参照)弱く週足陰線、今週はCPI

先週は主要な指標ではないが弱いものがほとんどであった。

・ 7月ANZ消費者信頼感指数 前127.8 結果125.4
・ 6月製造業パフォーマンス指数 前58.2 結果56.2
・ 6月REINZ住宅販売 前年比 前-18.4% 結果 -24.7%
・ 6月食品価格 前月比 前2.4% 結果0.2%
・ 6月トラックメーター指数 前月比 前4.0% 結果0.0%
・ 6月クレジットカード消費 前月比 前-0.4% 結果0.0%

n0715.JPG

FX為替ニュース

, , , , , ,

米国株、ダウなど最高値 さえない指標で利上げ観測後退

[14日 ロイター] – 米国株式市場は続伸し、ダウ平均とS&P500が最高値を更新した。さえない米経済指標を受け、年内の追加利上げ観測が後退した。この日はJPモルガンなど大手銀行が予想を上回る決算を発表したものの、金融株は軟調となり、相場の上値を抑えた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

LDN午前=英利上げ支持否定発言でポンド売り先行も指標で反発

 ロンドン午前は、ブロードベントBOE(イングランド銀行)副総裁の利上げ支持を否定する発言が伝わり、ポンドドルは6月28日以来、2週間ぶりの安値1.2812ドル、ポンド円は同30日以来の安値145.28円まで下落した。ユーロドルも連れて1.1442ドル、ユーロ円は先週末7日以来、3営業日ぶりの安値129.72円まで水準を下げた。昨日、同副総裁の講演を控え、タカ派的な発言を期待してポンド買いが進む場面があった。だが、金融政策には言及せず、ブレグジットが英貿易に与える悪影響に触れたことからポンド売りに転じた経緯もあり、本日の発言もポンド売り材料として注目を集めた。
 しかし、英6月失業者数が6000人の増加にとどまり、市場予想の+1万人や前月の修正+7500人より少なかった。5月ILO失業率(3カ月)も4.5%と42年ぶりの低水準。ポンドは1.2886ドルまで上昇し、ポンド円は146円前半まで買い戻された。ユーロも安値から多少戻し、対ドルで1.14ドル半ば、ユーロ円は130円付近で推移した。
 ドル円は東京タイムからの円高地合いを維持。安値もみ合いでイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を待つ状態だった。
 資源国通貨は欧州通貨が上下するなか、欧州通貨クロスの動きに振らされた調整主体の展開だった。豪ドル/ドルは0.76ドル半ば、NZドル/ドルは0.72ドル前半で小動き。豪ドル円は86.65円、NZドル円は6月30日以来の安値81.93円をつけたものの戻した。加ドルは原油相場が高値もみ合いを維持していたが、加政策金利の発表を控えるなか、買い地合いを強めるには至らず、ドル/加ドルは一時1.2939加ドル、加ドル円は87.70円まで加ドルが軟化する場面があった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】マカファーティMPC委員「今後の指標、金利を決める上で重要」

マカファーティ英MPC(金融政策委員会)委員
「中国の銀行セクターの状況は、英経済にとってもリスク」
「今後の経済指標は政策金利を決める上で重要」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ほんとに米国の指標は何が出るかわからない面白さ

「ほんとに米国の指標は何が出るかわからない面白さ」

6月製造業景気指数=57.8、前月の54.9から上昇し、2014年8月以来、約3年ぶりの高水準となった

 雇用も57.2と、前月の53.5から上昇、一方、支払価格は55.0で、前月の60.5から低下し、景気が全般的に改善する一方で、価格の伸びは鈍化している

(改定値も大きく変わり市場を楽しませる)

FX為替ニュース

, , , ,