タグアーカイブ: 手掛かり材料

ドル・円は111円を挟んだ水準で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 21日のドル・円相場は、東京市場では110円82銭から111円40銭まで上昇。欧米市場でドルは111円38銭から110円96銭まで反落し、111円02銭で取引を終えた。
 本日22日のドル・円は、111円を挟んだ水準で推移か。米長期金利の伸び悩みやイランをめぐる地政学的リスクの高まりなどを背景に、ドル売り・円買いがやや優勢となっている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、111円を挟んだ水準でもみ合いとなる展開が予想される。
 米長期金利の伸び悩みを背景にドル買い・円売りが一服。また、最近の上伸を受けた利益確定目的のドル売りも目立っている。さらに、ポンペオ米国務長官は21日、ワシントン市内での演説で、トランプ政権の包括的な対イラン戦略を公表し、イランに対して過去にないほどの経済的圧力をかけると表明。これを受けて、イランをめぐる地政学的リスクも意識されており、ドルの上値を抑えている。
 23日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を控えて内容を見極めたいとの見方から、積極的な商いも手控えられているもよう。本日の東京市場は日経平均株価の動きを手掛かり材料に、111円を挟んだ水準でもみ合いとなる展開が予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円は主に109円台前半で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 11日のドル・円相場は、東京市場では109円57銭から109円20銭まで下落。欧米市場でドルは109円15銭から109円44銭まで反発し、109円31銭で取引を終えた。
 本日14日のドル・円は、109円台前半で推移か。新規材料難で方向感にかける中、109円台前半で小動きに推移している。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、109円台前半から半ばの水準で底堅く推移する展開となりそうだ。
 米長期金利の上昇一服などを眺めて、ドル・円は109円台前半でのもみ合いが続いている。また、最近の上昇を受けて利益確定目的のドル売りも入りやすくなっているもよう。市場では15日(米東部時間)に発表される4月の米小売売上高の発表や5月のNY連銀製造業景気指数を控えて内容を見極めたいとの思惑から市場の模様眺めモードも広がっている。
 本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、ドル・円は109円台前半から半ばの水準でのレンジ内取引が予想される。材料出尽くし感も広がっており、ドル円の値幅は上下ともに限られそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に109円台前半で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 4月30日のドル・円相場は、東京市場では109円02銭から109円26銭まで反発。欧米市場でドルは109円45銭まで買われた後、一時109円09銭まで反落したが、109円33銭で取引を終えた。
 本日5月1日のドル・円は、109円台前半で推移か。米長期金利の低下などを背景にドル・円は109円台前半で小動きに推移している。海外の多くがメーデーで休場となり閑散商いの中、日経平均株価の動向をながめ、109円台前半で底堅く推移する展開が予想される。
 米株式市場の下落や米長期金利の小幅な低下を背景にドル売り・円買いが強まっている。また、イスラエルのネタニヤフ首相はイランの核開発の秘密計画に関する資料を保有していることを明らかにするなど地政学的リスクの高まりも意識されているもよう。ただ、米ホワイトハウスは4月30日、貿易摩擦の解消に向けた中国との協議を5月3日から行うことを発表した。市場参加者の間では米中貿易摩擦解消への期待感が広がっており、ドルを下支えしている。
 目先的には日本時間1日夜に発表される4月の米ISM製造業景況指数や1-2日の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて模様眺めムードが強まっているが、日経平均株価が下げ渋った場合、ドル・円は109円台前半で底堅い動きとなる可能性が高い。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に109円台前半で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 26日のドル・円相場は、東京市場では109円47銭から109円25銭まで下落。欧米市場でドルは109円07銭まで下げた後に109円42銭まで反発し、109円30銭で取引を終えた。
 本日27日のドル・円は、主に109円台前半で推移か。米長期金利の低下を背景にドル売り・円買いが優勢となっている。日経平均株価の動向をながめ、109円台前半で底堅く推移する展開が予想される。
 米長期金利の低下を意識してドル買い・円売りは一服しつつあるが、欧米株式市場が堅調に推移したほか、良好な内容の米経済指標がドルの下支え要因となっている。本日午前中に開催される南北首脳会談や日銀金融政策決定会合、日本時間夜に発表される2018年1−3月期米実質GDP(速報値)を控えて、内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードも強まっている。
 今回の日銀金融政策決定会合では、現行の金融緩和政策を継続する公算が大きい。市場では同時に発表される経済・物価情勢の展望リポートの2019年度の物価上昇率見通しや黒田日銀総裁の会見の内容に注目が集まっている。物価見通しが変更されなかった場合、ドルは109円台前半で底堅く推移するとみられる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

来週の英ポンド「もみ合いか、1-3月期GDPが有力な手掛かり材料に」

[英ポンド]
 来週のポンド・円はもみあいか。3月の消費者物価指数(CPI)や小売売上高など低調な経済指標が相次ぐなか、27日の1-3月期国内総生産(GDP)が市場予想を下回った場合、5月利上げ観測は大幅に後退し、ポンド売り優勢の展開となりそうだ。また、米トランプ政権の不均衡貿易是正の姿勢から円買い圧力がかかりやすく、ポンドを押し下げる要因となろう。
○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・27日:1-3月期国内総生産速報値(前年比予想:+1.5%、10-12月期:+1.4%)
・予想レンジ:149円00銭−153円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は主に106円台前半で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 3月30日のドル・円相場は、東京市場では106円54銭から106円14銭まで下落。欧米市場でドルは106円13銭まで下げた後に106円30銭まで反発し、106円28銭で取引を終えた。
 本日4月2日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。全体的に動意薄の中、106円台前半で小動きとなっている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台前半で底堅く推移する展開が予想される。

 前週末の欧米市場が聖金曜日に伴い株式や債券などの多くの金融市場が休場だったことから参加者が少なく、全体的に動意薄の展開となっている。ただ、米中貿易摩擦問題への根強い警戒感から、ドルの上値は抑えられているもよう。中国財政省は1日、米国からの輸入品の果物や豚肉などに最高25%の関税をそれぞれ上乗せするに対米報復措置を2日から実施することを明らかにするなど今後の米中の動向に注目が集まっている。
 また、日本時間夜には3月の米ISM製造業景況指数が発表されるほか、4日は3月の米ISM日製造業景況指数、6日には3月の米雇用統計など主要な経済指標が相次いで発表される。これらの内容を見極めたいとの理由で投資家の間では様子見ムードが広がっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

来週の英ポンド「伸び悩みか、3月PMI製造業などが手掛かり材料に」

[英ポンド]
 来週のポンド・円は伸び悩みか。英中央銀行の5月利上げ観測が広がるなか、3月製造業PMIなど経済指標は前回下振れが予想され、ポンド買いは一服する可能性がある。一方、欧州連合(EU)離脱に関し、2020年末の移行期間の完了後に関税同盟から撤退する方針だが、5月中の議会採決に不透明感が広がりやすく、ポンド売り材料となりそうだ。
○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・3日:3月マークイット製造業PMI(予想:54.7、2月:55.2)
・5日:3月マークイットサービス業PMI(予想:54.0、2月:54.5)
・予想レンジ:147円00銭−151円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は106円台半ば近辺で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 19日のドル・円相場は、東京市場では106円10銭から106円65銭まで上昇。欧米市場でドルは106円73銭まで買われており、106円59銭で取引を終えた。
 本日20日のドル・円は、106円台半ばで推移か。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。
 前日の米国市場はプレジデンツデーの祝日のため、休場。主要経済指標の発表がなく新規材料難で方向感に乏しい中、106円台半ばで小浮動している。最近の急落を受けたドルの買い戻しの動きは継続しているもよう。
 日本時間21日夜に行われる英中銀のカーニー総裁やブロードベント副総裁らによる議会証言や、21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に対する市場の注目が集まっているようだ。本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、ドル・円は106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。有力な手掛かり材料は不足しており、日中におけるドル円の値幅は上下ともに限られそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に106円台前半で推移か、本日も日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 16日のドル・円相場は、東京市場では106円35銭から105円55銭まで下落。欧米市場でドルは106円40銭まで反発し、106円27銭で取引を終えた。
 本日19日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。新規材料難で全体的に動意薄の中、ポジション調整的なドルの買い戻しが散見されている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台前半で小動きに推移する展開が予想される。
 16日以降、持ち高調整目的とみられる円売り・ドル買いがやや目立っている。また、前週末の欧米株式市場が堅調に推移し投資家のリスク姿勢が後退したことも、ドル相場を下支えしている。市場は21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を注目している。3月の追加利上げを含む今後の利上げペースについてのヒントが示されるかどうか内容を見極めたいとの思惑から、様子見ムードが徐々に広がっているようだ。
 本日の東京市場では日経平均株価の動向をにらみ、106円台前半で底堅く推移する展開となろう。ただ、中国本土、香港市場、米国市場は休場となることから、積極的な売買は手控えられそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

来週のNZドル「弱含みか、小売売上高などが手掛かり材料に」

[NZドル]
 来週のNZドル・円は弱含みか。インフレ動向をめぐる思惑からNZドルの売り買いが交錯しているなか、10-12月期小売売上高の発表が注目される。市場予想を下回った場合、NZドル売りにつながる可能性がある。中国が21日まで旧正月の連休に入っているため、材料不足感は否めない状況になりそう。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・23日:10-12月期小売売上高(7-9月期:前期比+0.2%)
・予想レンジ:77円00銭-80円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,