タグアーカイブ: 手掛かり材料

ドル・円は106円台半ば近辺で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 19日のドル・円相場は、東京市場では106円10銭から106円65銭まで上昇。欧米市場でドルは106円73銭まで買われており、106円59銭で取引を終えた。
 本日20日のドル・円は、106円台半ばで推移か。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。
 前日の米国市場はプレジデンツデーの祝日のため、休場。主要経済指標の発表がなく新規材料難で方向感に乏しい中、106円台半ばで小浮動している。最近の急落を受けたドルの買い戻しの動きは継続しているもよう。
 日本時間21日夜に行われる英中銀のカーニー総裁やブロードベント副総裁らによる議会証言や、21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨に対する市場の注目が集まっているようだ。本日の東京市場は日経平均株価の動きを眺め、ドル・円は106円台半ばから後半の水準でのレンジ内取引が予想される。有力な手掛かり材料は不足しており、日中におけるドル円の値幅は上下ともに限られそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は主に106円台前半で推移か、本日も日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 16日のドル・円相場は、東京市場では106円35銭から105円55銭まで下落。欧米市場でドルは106円40銭まで反発し、106円27銭で取引を終えた。
 本日19日のドル・円は、主に106円台前半で推移か。新規材料難で全体的に動意薄の中、ポジション調整的なドルの買い戻しが散見されている。日経平均株価の動きを手掛かり材料に、106円台前半で小動きに推移する展開が予想される。
 16日以降、持ち高調整目的とみられる円売り・ドル買いがやや目立っている。また、前週末の欧米株式市場が堅調に推移し投資家のリスク姿勢が後退したことも、ドル相場を下支えしている。市場は21日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を注目している。3月の追加利上げを含む今後の利上げペースについてのヒントが示されるかどうか内容を見極めたいとの思惑から、様子見ムードが徐々に広がっているようだ。
 本日の東京市場では日経平均株価の動向をにらみ、106円台前半で底堅く推移する展開となろう。ただ、中国本土、香港市場、米国市場は休場となることから、積極的な売買は手控えられそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

来週のNZドル「弱含みか、小売売上高などが手掛かり材料に」

[NZドル]
 来週のNZドル・円は弱含みか。インフレ動向をめぐる思惑からNZドルの売り買いが交錯しているなか、10-12月期小売売上高の発表が注目される。市場予想を下回った場合、NZドル売りにつながる可能性がある。中国が21日まで旧正月の連休に入っているため、材料不足感は否めない状況になりそう。
○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
・23日:10-12月期小売売上高(7-9月期:前期比+0.2%)
・予想レンジ:77円00銭-80円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週のカナダドル「もみ合いか、貿易、雇用統計が有力な手掛かり材料に」

[カナダドル]
 来週のカナダドル・円はもみ合いか。カナダ中銀の早期追加利上げ観測が後退しているなか、12月貿易収支や1月雇用統計(失業率など)の発表が材料になる。なかでも雇用統計は、前月に失業率が大きく低下し、雇用者数は大幅に増加しており、サプライズ的な改善が続くのか注目される。原油価格の動向も引き続きカナダドル相場の指針になる。
○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
・6日:12月貿易収支(11月:-25.4億加ドル)
・9日:1月失業率(予想:5.8%、12月:5.7%)
・予想レンジ:88円00銭-90円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

来週のスイスフラン「下げ渋りか、ユーロ・ドルの相場動向が手掛かり材料に」

[スイスフラン]
 来週のスイスフラン・円は下げ渋りか。安全逃避的なフラン買いは一段落したが、ユーロ買い・米ドル売りの興味が大きく後退する状況ではないとみられている。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロに連動するスイスフランの対円レートは115円台で下げ渋る可能性は残されている。
○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:115円00銭-118円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

来週のユーロ「下げ渋りか、ユーロ圏GDPなどの経済指標が手掛かり材料に」

[ユーロ]
「下げ渋りか、ユーロ圏GDPなどの経済指標が手掛かり材料に」
 来週のユーロ・ドルは下げ渋りか。欧州中銀(ECB)のドラギ総裁は25日の理事会後の記者会見で、足元のユーロ高に強い懸念を示さず、今後の金利正常化を期待したユーロ買いは継続しそうだ。また、トランプ大統領の一般教書演説やそれに先立つインフラ整備計画の内容が乏しければ、政策運営への不安からドル売りに振れやすい見通し。
・予想レンジ:1.2300ドル−1.2600ドル

「底堅い動きか、ユーロ圏の金利先高観は後退せず」
 来週のユーロ・円は底堅い動きとなりそうだ。25日に行われた欧州中銀(ECB)理事会で資産買入れのフォワードガイダンスは維持されたが、ドラギ総裁から足元のユーロ高に対する強いけん制は聞かれなかった。このため、ECBの今後の引き締めを期待したユーロ買いが続く見通し。10-12月期域内総生産(GDP)速報値(30日)など経済指標が手がかりに。○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・30日:10-12月期域内総生産(前年比予想:+2.7%)
・31日:1月消費者物価指数速報値(前年比予想:+1.2%)
・予想レンジ:135円00銭-137円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週のスイスフラン「もみ合いか、ユーロ・円の相場動向が手掛かり材料に」

[スイスフラン]
「もみ合いか、ユーロ・円の相場動向が手掛かり材料に」
 来週のスイスフラン・円はもみ合いか。米、独の政治不安を意識した安全逃避的なフラン買いは一段落する見通し。欧州中央銀行(ECB)と日本銀行の金融政策はいずれも現状維持と予想されるが、ECBの金融緩和策の早期縮小観測が台頭した場合、投機的な円売り・ユーロ買いが強まり、この影響でスイスフランの対円レートは強含みとなる可能性は残されている。
○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:114円50銭-116円50銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の英ポンド「もみあいか、10-12月期GDPなどが手掛かり材料に」

[英ポンド]
「もみあいか、10-12月期GDPなどが手掛かり材料に」
 来週のポンド・円はもみあいか。英雇用統計や10-12月期国内総生産など重要経済指標が材料視される。欧州中銀(ECB)理事会が緩和政策維持の方針なら、2月7-8日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)に向けた引き締め期待は後退する見通し。ただ、日銀金融政策決定会合で「異次元緩和」堅持なら円売りが見込まれる。
○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・24日:ILO失業率9-11月期(予想:4.3%、8-10月:4.3%)
・26日:10-12月期国内総生産(前年比予想:1.4%、7-9月期:+1.7%)
・予想レンジ:152円00銭−155円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は110円台前半で推移か、引き続き日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 16日のドル・円相場は、東京市場では110円48銭から110円98銭まで反発。欧米市場でドルは110円88銭まで買われた後、110円25銭まで反落し、110円53銭で取引を終えた。
 本日17日のドル・円は、110円台前半で推移か。ユーロ高・ドル安や米長期金利の小幅な低下などを背景にドルは対円で弱含みに推移している。日本時間夜に発表される米主要経済発表を控えて様子見ムードが強まる中、日経平均株価の動きをにらみ、110円台前半から半ばの水準でのレンジ内取引が予想される。
 海外市場では、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の出口戦略をめぐる思惑を背景に、対ドルでユーロ高が進行。この影響でドル安・円高は続いている。また、米株式が下落したほか、米長期金利も小幅に低下したことも、ドル売りを促した。東京市場に入ってからもこの流れを引き継ぎ、ドル売り・円買い基調が継続している。
 本日は日経平均株価の動きを眺め、主に110円台前半から半ばの水準のレンジ内取引となると予想される。また、日本時間夜に発表が予定されている12月の米鉱工業生産や1月の米NAHB住宅市場指数、米地区連銀経済報告の内容を見極めたいとの思惑からドル・円などの為替取引はやや動意薄の状態が続く可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は110円台半ばで推移か、日経平均株価や米長期金利の動向が手掛かり材料に

 15日のドル・円相場は、東京市場では111円19銭から110円58銭まで下落。欧米市場でドルは110円82銭まで買われた後、110円33銭まで反落し、110円53銭で取引を終えた。
 本日16日のドル・円は、110円台半ばで推移か。新規材料に欠ける中、ドル売り・円買いが優勢となっている。ただ、日経平均株価や米長期金利の動向をにらみ、110円台前半で下げ渋る展開が予想される。
 黒田日銀総裁が15日の支店長会議の冒頭の挨拶で「経済は今後も緩やかな拡大を続ける」と述べた。市場では日銀が何らかの手段で追加緩和を行なう可能性は低いとの見方が広がっており、金融緩和の早期縮小を意識したドル売り・円買いも観測されている。米追加利上げを想定したドル買いは縮小しており、ドル相場を下押ししているもよう。市場では16日(日本時間夜)に発表される1月のNY連銀製造業景気指数の発表を控えて、模様眺めムードも強まっている。
 本日の東京市場では主要な経済指標の発表もなく材料不足のなか、主に110円台半ばで推移すると予想される。ただ、日経平均株価や米長期金利の動向をにらみ、110円台前半で下げ渋る展開が予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は主に111円台前半で推移か、日経平均株価の動向が手掛かり材料に

 12日のドル・円相場は、東京市場では111円06銭から111円41銭まで反発。欧米市場でドルは111円69銭まで買われた後、110円92銭まで反落し、111円06銭で取引を終えた。
 本日15日のドル・円は、111円台前半で推移か。新規材料難で方向感に欠ける中、日経平均株価の動向をにらみ、主に111円台前半で推移する展開が予想される。
 前週末12日に発表された米消費者物価指数や米小売売上高がおおむね堅調な内容となったことを背景に、ドル買い・円売りは大きく後退していないようだ。また、米長期金利が小幅に上昇していることも、ドルを下支えしている。本日の東京市場では日経平均の動向をにらみ、主に111円台前半で推移すると予想される。ただ、主要な経済指標の発表もなく材料不足であるほか、米国市場がキング牧師誕生日の祝日に伴い休場のため、積極的な商いは手控えられ、全体的に動意薄に乏しい展開となりそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は112円台後半で推移か、日本の長期金利や日経平均の動向が手掛かり材料に

 9日のドル・円相場は、東京市場では113円18銭から112円50銭まで下落。欧米市場でドルは112円97銭から112円37銭まで反落し、112円65銭で取引を終えた。
 本日10日のドル・円は、112円台後半で推移か。日本銀行の量的緩和縮小をめぐる思惑と米長期金利の上昇を背景に売り買いが交錯し、112円台後半でもみ合う展開が予想される。
 日銀が9日、超長期国債の買い入れ減額を公表したことを受けて、市場では量的緩和縮小が意識され、円買い・ドル売りが加速した。ただ、米長期金利の上昇を背景にドルの買い戻しも目立ち、ドル・円は112円台半ばで下げ渋っている。
 市場では今回の日銀による超長期国債買い入れ減額については予想に反したものであるとしながらも、日銀の出口戦略を意識するのは時期尚早であるとの見方が強い。一方で、各国の中央銀行による利上げや量的緩和縮小を背景に世界的に債券需要は減少し、長期債などの利回り水準は上昇するとの思惑も広がっている。
 本日の東京市場は日経平均株価や日本の長期金利の動向が手掛かり材料になりそうだ。ドル・円は112円台後半でもみ合う展開が予想されるが、長期債利回りが反落した場合、ドルは底堅い動きとなる可能性がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,