タグアーカイブ: 戻り

NY為替・18日=ドル円 110円後半で上値重く、ユーロの戻りも限定

 NYタイムの為替市場では、米長期債利回り低下を受けてドル円が110円後半で上値重く推移した。ロンドン午前の111.08円を高値に110.61円まで売られた。米10年債利回りは3.05%半ばまで低下した。NY午後にかけては、第2回米中通商協議の結果を見極めたい向きも多く、小幅な上下にとどまった。
 ユーロドルはNY入り際に1.1750ドルと約5カ月ぶりの水準まで弱含み、ユーロ円がロンドン午前の131.13円を頭に130.24円まで下落し、それぞれの戻りも限定的だった。また、ユーロ/スイスフラン(CHF)は1.18CHF前半から1.1730CHFまでのCHF高・ユーロ安に動いた。伊新政権への警戒感がユーロの重し。欧州連合(EU)に対して懐疑的な伊連立政権樹立により、伊はEUの財政規律を守れない可能性がでてきている。
 ユーロに連れ安となり、ポンドドルは1.3455ドルまで下値を広げ、ポンド円が149円後半から149円前半に水準を落とした。
 NY朝に発表された加4月消費者物価指数(CPI)と同3月小売売上高を受けて、加ドル売りが強まった。加ドル円は86円後半から85.77円まで売り込まれ、ドル/加ドルは1.28加ドル近辺から1.2911加ドルまで加ドル安・ドル高に振れた。加4月CPIは前年比で総合+2.2%、コア+1.9%とそれぞれ市場予想から0.1%下振れ、加3月小売売上高が前月比+0.6%と予想を上回るも、同除自動車が-0.2%とプラス予想からマイナスに沈んだ。
 オセアニア通貨は加ドルに引きずられて弱含む場面はあったが、NY午後にかけては下げ渋った。豪ドル/ドルは0.7489ドル、豪ドル円が83.05円を底に、それぞれ0.75ドル前半と83円前半で推移。NZドル/ドルは0.69ドル前半、NZドル円が76円半ばから後半でじり高となった。
 トルコリラ(TRY)円はロンドン序盤の24.90円付近から24.58円まで弱含み、ドルTRYも4.5052TRYまでTRY安・ドル高を記録した。トルコはトランプ米政権が課した鉄鋼・アルミへの追加関税に対抗し、米国へ報復措置を取るとの一部報道が伝わった。米トルコ間の関係が更に悪化する懸念が高まり、TRYへの売り圧力が強まった。
 TRYに引きずられる形で南ア・ランド(ZAR)も軟調となり、ZAR円が8.66円まで下落し、ドルZARが12.81ZAR台までZAR安・ドル高に傾いた。
 ドル円は110.75円近辺、ユーロドルは1.1770ドル付近、ユーロ円は130.36円前後で週引けした。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は戻りが鈍い、米長期金利は横ばい推移

 7日午後の東京市場でドル・円は109円10銭付近で戻りの鈍い展開となっている。日経平均株価のマイナス圏推移が続く一方、米株式先物は上昇しているが、米10年債利回りは前週末比ほぼ横ばい推移となっており、ドル、円とも売り買い仕掛けづらい状況。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円76銭から109円20銭。ユーロ・円は130円20銭から130円59銭、ユーロ・ドルは1.1954ドルから1.1978ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ユーロ下げ渋るも、戻りは鈍い

 ユーロ売りは一服するも、戻りは鈍い。ユーロドルは1.2098ドルを安値に1.2120ドル近辺、ユーロ円は132.29円を安値に132.40円近辺で推移。
 また、ドル円は109.20円近辺、ポンド円は152円前半、豪ドル円は82円後半で小動き。ダウ平均は前日比200ドル高水準で堅調地合いを維持し、米10年債利回りは2.99%台で小動き。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル・円は戻りが鈍い、米株先物の軟調地合いで

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は、欧州市場で106円89銭まで下げた後107円台を回復。米10年債利回りが2.80%付近に持ち直したことで、ドルがやや買い戻された。ただ、米株先物は軟調地合いが続き、今晩の株安を警戒したドル売り・円買いが観測され、ドル・円は戻りのペースが鈍い。ユーロ・ドルはドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の講演を控え、1.23ドル台後半で底堅い推移になっている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円89銭から107円03銭。ユーロ・円は132円19銭から132円44銭、ユーロ・ドルは1.2362ドルから1.2380ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は戻りが鈍い、米中問題への警戒で買いは慎重

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は、欧州市場で107円を挟んだ値動きで、戻りは鈍い。欧州株は全面高、米株先物は大幅高で、リスク選好的な円売りが観測される。一方、米10年債利回りは2.80%付近で推移し、前日比ほぼ横ばいだが、米中貿易摩擦に関する報道への警戒からドル買いは慎重になっているもよう。ユーロ・ドルも1.23ドル台前半で小動きが続いている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円85銭から107円07銭。ユーロ・円は131円73銭から131円94銭、ユーロ・ドルは1.2313ドルから1.2331ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は戻りが鈍い、節目付近で売り

 9日午前の東京市場で、ドル・円は戻りの鈍い値動き。106円台に下げたことで国内勢が買戻しを入れたが、節目の107円付近の売りに回復は阻止された。
 前週末の弱い米3月雇用統計などを背景としたドル売り・円買いの流れを受け継ぎ、週明けアジア市場では106円台後半を中心とした値動き。国内勢による買戻しで下値の堅さが意識されている。
 ランチタイムの日経平均先物は小幅安で推移しており、107円付近では目先の日本株安継続を警戒したドル売り・円買いに振れやすい。米株の自律反発期待でドル買いも観測されるが、米中貿易戦争への懸念で、ドル買いには慎重のようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円81銭から107円04銭、ユーロ・円は131円11銭から131円43銭、ユーロ・ドルは1.2266ドルから1.2287ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は戻りが鈍い、節目付近で売り

9日午前の東京市場で、ドル・円は戻りの鈍い値動き。106円台に下げたことで国内勢が買戻しを入れたが、節目の107円付近の売りに回復は阻止された。

前週末の弱い米3月雇用統計などを背景としたドル売り・円買いの流れを受け継ぎ、週明けアジア市場では106円台後半を中心とした値動き。国内勢による買戻しで下値の堅さが意識されている。
ランチタイムの日経平均先物は小幅安で推移しており、107円付近では目先の日本株安継続を警戒したドル売り・円買いに振れやすい。米株の自律反発期待でドル買いも観測されるが、米中貿易戦争への懸念で、ドル買いには慎重のようだ。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円81銭から107円04銭、ユーロ・円は131円11銭から131円43銭、ユーロ・ドルは1.2266ドルから1.2287ドルで推移した。
【要人発言】
・安倍首相
「核やミサイル、拉致問題で具体的な行動がなければ北朝鮮に圧力」
「日米が100%ともにあることを首脳会談で内外に明確に示す」
【経済指標】
・日・2月経常収支:+2兆760億円(予想:+2兆1960億円、1月:+6074億円)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京終盤から欧州入りにかけドル円は107円前半で戻りを試す動き

 東京終盤から欧州入りにかけ、ドル円は107円前半で戻りを試す動きとなっている。東京タイム朝方にトランプ米大統領が中国に対して報復の追加関税を課すとの見解を示したことでリスク回避の円買いが進んだが、107.00円まで広げた下落幅をほぼ帳消し。朝方からのレンジ上限107.44円や、昨日NYタイムにつけた2月28日以来の高値107.49円をうかがう様相となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は戻りが鈍い、米株先物は大幅安

 6日午後の東京市場でドル・円は107円30銭台で戻りの鈍い値動き。米株先物は大幅安となり、今晩の米国株は大きな下げが予想されるため、ドル売り・円買いに振れやすい。日経平均株価も下落に転じている。中国商務省が「国益を守るため、新たな包括的措置を講じる」と表明している。米10年債利回りは2.81%台まで低下して推移している。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円00銭から107円44銭。ユーロ・円は131円09銭から131円49銭、ユーロ・ドルは1.2234ドルから1.2260ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,