タグアーカイブ: 戻り

欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い展開か、北朝鮮制裁決議とハリケーン進路に注目[FISCO]

今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想したい。米朝対立が続くなか、北朝鮮が示唆して (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

ドル・円は戻りの鈍い展開か、北朝鮮制裁決議とハリケーン進路に注目

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想したい。米朝対立が続くなか、北朝鮮が示唆していた弾道ミサイルの発射が確認できず、過度な懸念はいったん後退。ただ、米国に接近中の大型ハリケーンによる被害への警戒から、ドルの買い戻しは小幅にとどまろう。
 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる米朝対立が続くなか、北朝鮮は9月9日の建国記念日に合わせ弾道ミサイルを発射するとの観測から、前週末は朝鮮半島有事を意識したリスク回避的な円買いが強まった。欧州中央銀行(ECB)が10月にも資産買い入れプログラム縮小を判断するとの見方によるユーロ買い・ドル売りの流れなどもあり、8日のNY市場でドル・円は昨年11月以来、10カ月ぶりの安値となる107円32銭まで一時下落した。しかし、週明けのアジア市場では、北朝鮮の挑発行為がみられなかったことで懸念は和らぎ、本邦勢が買い戻しを強め、ドルは108円台前半を中心とした値動きとなった。ただ、ある短期筋は「東アジア情勢への警戒は根強く、ドルの戻りのペースは鈍い」と指摘する。
 こうしたなか、今晩は11日午後(日本時間12日未明)に予定される北朝鮮への国連安保理の協議が注目される。足元では追加制裁決議案の採決に向け、米国と制裁強化に消極的な中国とロシアとの交渉が続く。北朝鮮はこれに先立ち声明を発表し、米国をけん制しているが、追加制裁が全会一致で決議されれば、北朝鮮が反発するリスクを懸念した円買いになる可能性がある。
 一方、大型ハリケーン「イルマ」はやや勢力を弱めたものの、今晩にもフロリダ州南部に上陸する見通し。また、新たに発生したハリケーン「ホセ」も「イルマ」との同様の進路をたどり、目先は米国本土に接近すると予測される。自然災害をにらんだ米国債買いで長期金利の低下が見込まれ、ドル売りになる可能性もある。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・02:00 米財務省3年債入札(240億ドル)
・国連安保理が米国提案の北朝鮮制裁決議を午後に採択予定

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル円テク=「再びボリバン下限下抜くも戻りが遅い」 

日足、またもやボリバン下限を下抜く。107.30からリバウンドもボリバン下限下抜きで先週終わる。9月7日-8日、9月1日-7日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。
ycc0911.JPG

週足、4月17日週-6月12日週の上昇ラインを下抜く。ボリバン下限へ。7月10日週-8月14日週の下降ラインでもみ合うも最後は下落。雲の下へ、ボリバン下限下抜き。
月足、17年1月-年7月の下降ラインが上値抵抗。サポートの17年4月-6月の上昇ラインを下抜く。16年6月-11月の上昇ラインがサポート。
年足、12年-13年の上昇ラインを下抜く。16年は陰線。17年も陰線スタート。15年‐16年の下降ラインに沿う。13年‐16年の上昇ラインがサポート。

FX為替ニュース

, , , , ,

LDNFIX=ドル円107円前半で下げ渋るも、戻りは限定的

 ロンドンフィックスにかけて円買い・ドル売りは一服するも、ドル円の戻りは鈍い。ドル円は107.32円まで2016年11月14日以来の安値を更新した後は、上昇に転じた米長期債利回りの動きを眺めながら戻しを試すも、上値は108円近辺にとどまっている。足もとではドルの買い材料が乏しく、明日9日の建国記念日に北朝鮮が一段の挑発行動に踏み切るとの警戒感から、ドル円の下押し圧力は残されている。
 ユーロドルは上げ一服も1.20ドル前半で底堅く、ポンドドルは1.3224ドルを頭に1.31ドル後半でしっかり。また、豪ドル/ドルは0.80ドル後半、NZドル/ドルは0.72ドル後半でやや買い優勢で推移。クロス円は方向感が鈍い。ユーロ円は129円後半、豪ドル円は87円近辺、NZドル円は78円前半で上値の重い動きとなるも、ポンド円は142.55円までじり高。
 加ドルは利食い売りがやや優勢。ドル/加ドルは一時1.2062加ドルまで加ドル高が進んだが、1.21加ドル半ばまでドルが買い戻されたほか、加ドル円は88.68円まで下押した。加8月就業者数は+2万2200人と、1万5000人から1万9000人程度の増加を見込んでいた市場予想を上回ったが、非正規雇用の+11万400人に対し、正規雇用が-8万8100人と、正規から非正規へのシフトを示す結果となり、加ドル買いは強まっていない。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円107円後半、下げ一服も戻りは鈍い

 ドル円は107.32円まで年初来安値を更新した後は米長期債利回りの持ち直しを眺めながら107円後半までやや下げ幅を縮小した。ただ、北朝鮮リスクへの警戒感が継続し、ドルの買い材料が乏しい中戻りは鈍い。
 また、ユーロドルは1.20ドル半ば、ポンドドルは1.32ドル近辺、豪ドル/ドルは0.8090ドル近辺で底堅く推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は戻りの鈍い展開か、引き続き北朝鮮情勢に警戒

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。今年の安値圏に値を下げたことで買い戻しが入りやすい展開となる見通し。ただ、北朝鮮の核実験やミサイル発射などの再度の挑発行為や、米朝の軍事衝突を想定した東アジアの緊張から、円買い圧力も続きそうだ。
 前日の海外取引時間帯では、米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーでハト派と位置付けられるブレイナード連邦準備制度理事会(FRB)理事や、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が、インフレの伸び悩みを理由に年内の利上げ実施に否定的な見解を示し、ドル売りを強めた。また、FOMC内では中立派のカプラン米ダラス連銀総裁も、日本時間の今朝行われた講演で利上げに関し「忍耐強くあるべきだと確信している」と述べた。
 こうしたFRB当局者の発言を受け、ドル・円は108円台に落ち込んでいる。目先は8月29日安値の108円27銭や4月安値の108円13銭が意識されやすい。ただ、108円台は2017年の安値圏で買い戻しの水準でもある。本日のアジア市場でも国内実需筋を中心とした押し目買いが観測され、108円半ば以上のレベルは維持している。今晩は23時発表の米国の8月ISM非製造業景況指数が堅調な内容になると予想されており、それを手がかりとしたドル買いで欧米市場でもドルの下値は堅いとみられる。
 とはいえ、ドルの戻りペースは鈍くなろう。5日のジュネーブ軍縮会議で北朝鮮代表が演説し、米国が北朝鮮に圧力をかけ続けるなら「さらに“贈り物”を受け取ることになる」と発言。今後も核実験やミサイル発射などで挑発を繰り返す考えを示した。北朝鮮は9月9日の建国記念日に合わせ、挑発行為を行う可能性が指摘され、8月29日と同様に日本上空を通過するミサイルの発射などに警戒が広がり、目先も円買い圧力が続きそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-2.3%)
・21:30 米・7月貿易収支(予想:-447億ドル、6月:-436億ドル)
・21:30 カナダ・7月貿易収支(予想:-33億加ドル、6月:-36億加ドル)
・22:45 米・8月サービス業PMI改定値(予想:56.9、速報値:56.9)
・23:00 米・8月ISM非製造業景況指数(総合)(予想:55.6、7月:53.9)
・23:00 カナダ中銀が政策金利発表(0.75%に据え置き予想)
・03:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=戻りを試す展開か IT・ハイテク株全般に買

東京市場は戻りを試す展開か。ドル円相場は1ドル=110円台前半と直近の円安水準を維持していることに加え、欧米株式も上昇。米国市場はIT・ハイテク株中心に戻りを試す展開となっており、日本株も前日上昇が目立ったソニーや日立製作所などから、電機・精密・化学を含めたハイテク株全般に買いが波及する展開が予想される。米半導体指数は三角もち合いの煮詰まりから上振れる兆しが出てきており、東京エレクなどの半導体関連銘柄を刺激する公算が大きい。
 取引時間中は中国8月製造業PMIの結果や、ドル円相場が110円台後半まで円安が進むかどうかが注目される。
 日経平均は8/18の下げで形成したチャート上のマド埋めが予想されるほか、TOPIXは25日線(1614.2P)を上回れるかが注目される。
 日経平均の予想レンジは19530円-19680円。出遅れ感の強い銀行や証券、不動産、保険などの内需金融セクターへ買い戻しが強まれば、19750円程度まで上値が伸びる公算が大きい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は戻りが鈍い、日本株は上げ幅縮小

 ドル・円は109円40銭台と、戻りの鈍い展開となっている。日経平均株価が徐々に上げ幅を縮小しており、リスク選好的なドル買い・円売りが弱まったもよう。ただ、米10年債利回りが2.20%台から2.21%台に持ち直しており、ドルの下値は堅そうだ。
 ここまでのドル・円の取引レンジは109円37銭から109円83銭。ユーロ・円は128円65銭から129円12銭、ユーロ・ドルは1.1748ドルから1.1766ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

今週のマーケット展望「週初から徐々に戻りを試す展開を予想」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(飯村真由)[FISCO]

こんにちは、フィスコリサーチアナリスト飯村真由の「マネックス証券の気になるレポート」です。先週の金 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,