タグアーカイブ: 懸念

来週のスイスフラン「もみあいか、地政学リスク増大への懸念残る」

[スイスフラン]
 来週のスイスフラン・円はもみあいか。スペイン内政不安を意識したユーロ売り・スイスフラン買いは一巡しつつある。ただし、地政学リスク増大に対する警戒感は消えていないことから、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、スイスフランの対円レートは114円台半ば近辺で下げ渋る展開が予想される。
○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:114円50銭-116円50銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

アップル株、iPhone8需要低迷を投資家が懸念

[19日 ロイター] – 米アップルの株価が19日のニューヨーク市場で大幅安。スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)8」の低調な需要を伝えるいくつかの材料が出てきたことを投資家やアナリストが懸念したためで、終値は2.4%安だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円112.05円付近、テイラー・タントラムへの懸念

 ドル円は昨晩のテイラー次期FRB議長誕生懸念で112.29円まで、本日は日経平均株価の続伸を受けて112.31円まで上昇したものの、朝鮮半島情勢への警戒感からか伸び悩む展開となっている。
 スタンフォード大のジョン・テイラー教授は、トランプ米政権が求める低金利政策の維持からは最も遠いタカ派の人物であり、テイラー次期FRB議長誕生の可能性は低いと思われる。「テイラー・ルール」によるFF金利の適正水準は、現在の1.00-25%の3倍となる3.74%となっており、もしテイラー次期FRB議長が決定した場合は、テイラー・タントラムによる、債券市場と新興国市場の暴落となりかねない。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:ポンド下落、ブリックジット協議への懸念

 NY外為市場ではポンド売りに拍車がかかった。英国と欧州連合(EU)の離脱協議が暗礁に乗り上げたことが警戒感につながった。
ポンド・ドルは1.3301ドルから1.3247ドルへ下落。ポンド・円は148円72銭から148円18銭まで下落し、12日来の安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ、欧州政治への懸念で軟調な動きが続く

 ユーロは東京タイムからの軟調な展開が続き、ユーロドルは1.1781ドルまで下値を広げ、ユーロ円が131.66円と9月15日以来の安値まで下落した。売り要因の1つとして、週末の独地方選挙でメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟の敗北、オーストリア下院選挙で右傾化が鮮明になったことなどで、欧州地域の政治への不透明感が強まったことがある。また、スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題も依然としてユーロの重しとなっているか。 
 ポンドはユーロポンドの売り(ポンド買い)がでていることで下支えされ、ポンドドルは1.33ドル付近で小じっかり、ポンド円が148円半ばで下げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ECBは緩和的政策維持、資産購入縮小でも懸念不要=仏中銀総裁

[パリ 15日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるフランソワ・ビルロワドガロー総裁は15日、ECBは金融政策を全体として緩和的に保つ方針であり、資産買い入れ縮小を懸念する必要はないとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ円は本日安値圏に再び下落 カタルーニャ情勢への懸念も根強い=NY為替チェック

 NY時間の終盤に差し掛かってユーロが戻り売りに押されている。この日の米消費者物価指数(CPI)が (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】11日の要人発言=FOMC「何人かのメンバー、物価に懸念」

カプラン米ダラス連銀総裁
「今後のFOMCでは利上げに関してはオープンで臨む」
「完全雇用という目標に向けて前進している」
「利上げを遅らせ過ぎるとリセッション(景気後退)の可能性を高める」
「将来の利上げは、インフレ状況の進展を検討」

ダスティス・スペイン外相
「現在のスペインの憲法下ではカタルーニャの独立は許可できない」

王・中国外務相
「米国は中国の領域を尊重するべきだ」

ハモンド英財務相
「英国の経済は強固だが、出来るだけ早めに取り払わなければならない不確定要素が多数ある」
「英国は生産性向上に関して潜在的な問題がある」
「我々はブレグジットに関して、取引をしないことを含めて全てのシナリオがある」
「現実的に起こりうる最悪なシナリオも考えておく必要がある」
「ブレグジット後英国が自由に決定できることを望んでいる、雇用と反映に焦点を与えることが出来る」
「EU各国とは友好関係でいることを望んでいる、友人は問題があれば話し合える」
「決定が下れば、ブレグジットが終了する日程をはっきりすることを望む」

ラホイ・スペイン首相
「政府は正式にカタルーニャ自治州に独立を宣言したか否かを聞くことにした」

エバンス米シカゴ連銀総裁
「米国の賃金は改善していると思われる」
「引き続き政策変更は緩やかにするのがよい」
「米国のファンダメンタルズは非常に強い」
「世界と欧州圏の経済は良くなっている」
「賃金は予想していたよりも強くなっていない」
「インフレが弱まる理由はたくさんある」
「2019年までに目標の2%のインフレになるように、もう少し緩和策をとる必要があるかもしれない」
「税制改革は、米経済や金融政策にどのように影響するか十分な詳細がない」
「インフレを2%にできるだけ達成することが重要」
「利上げを重ねるよりもインフレを確かなものにするために待つほうが、害がない」

スペイン社会党党首
「スペインとカタルーニャはカタルーニャが独立を宣言したかを知る必要がある」
「憲法を改正し、どのようにしてカタルーニャがスペインに適するかを話しあわなければならない」
「首相と憲法改正について研究することを同意している」

李・北朝鮮外務相
「トランプ米大統領が戦争への導火線に火をつけた」
「米国との対等な関係(balance of power)になっている」
「核開発は地域の平和と安全を保障するもの」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「緩やかな利上げを続けるべき」
「インフレへの構造的な影響は継続する可能性」
「低インフレは一時的要因の打撃と中長期的な要因に影響されている」

トランプ米大統領
「NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉で、カナダのみと協定を結ぶ可能性」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(9月19-20日開催分)
「多くのメンバーが年内の追加利上げが正当化されると判断」
「低インフレは一時的な要因によるものではないと多くのメンバーが懸念」
「何人かのメンバーは、追加利上げは今後のデータ次第であるべきと判断」
「賃金の伸びが加速すると大半のメンバーが予測」
「何人かのメンバーは2%目標を下回るインフレ基調に懸念を示す」
「何人かのメンバーはインフレ上昇が確信できるまで利上げの見送りを主張」

ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「今後2年でインフレは2%目標に上昇すると予想」
「今後2年は緩やかな利上げが適切」
「バランスシートの縮小に4年間はかかる」
「ハリケーンは短期的に雇用と生産に影響」

プラートECB理事
「デフレのリスクは解消されている」
「ユーロ圏のインフレは依然として抑制されている」

エルドアン・トルコ大統領
「米国とのビザを巡る対立が早急に解決することを望む」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米9月FOMC議事録:低インフレの長期化を懸念(訂正)

 米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した9月19−20日開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、多くの当局者が12月までの追加利上げが正当化されると考えていることが再確認された。米金利先物市場での12月の利上げ確率は80%で、利上げを織り込んでいる。FRBは9月FOMCで市場の予想通り政策金利の据え置きを決定。同時に、4.5兆ドルにのぼる保有資産の縮小を10月から緩やかに開始する方針を発表した。
9月会合では同時に、インフレの低下が一時的であるか、長期化するものなのかどうかを協議。一部の当局者は年内の追加利上げを支持する前に物価が上昇した強い証拠が必要だと主張した。多くの当局者が低インフレが一時的要因のみでなく、長期化する可能性に懸念を強め始めた。数人の当局者は年内の追加利上げは今後数か月の経済のデータで、インフレが2%の目標に向けて上昇するとの自信が強まるかどうか次第だと主張。
FRBの平均金利見通しは年内にあと1回、2018年に3回。FRBの見通しは市場に比べて楽観的となる傾向にある。今後のインフレ動向次第では利上げペースが鈍化する可能性もある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【FOMC議事録】「多くのメンバーは低インフレが一時的な要因のみではない可能性を懸念」

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を公表。
多くのメンバーは低インフレが一時的な要因のみではない可能性を懸念していたことが明らかになった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ECB、銀行不良債権をなお懸念 各行の対処望む=メルシュ専務理事

[ミラノ 9日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は9日、ECBはユーロ圏の銀行が現在抱える不良債権についてなお懸念しており、各行が対処することを望んでいると述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,