Tag Archive: 懸念

NY原油先物は大幅続落、供給超過に対する懸念消えず

NYMEX原油8月限終値:43.51 ↓0.92
 20日のNY原油先物8月限は下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-0.92ドルの43.51ドルで取引を終えた。中心限月は8月限に移行した。為替相場に大きな動きはなかったが、原油供給超過に対する市場の懸念は消えていないことや、欧米株安が嫌気されたようだ。米国内の在庫調整が一段落するまでは原油先物の反発は期待できないとの声が聞かれている。なお、WTI先物7月限の終値は前日比-0.97ドルの43.23ドルだった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は大幅続落、供給超過に対する懸念消えず

NYMEX原油8月限終値:43.51 ↓0.92
 20日のNY原油先物8月限は下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-0.92ドルの43.51ドルで取引を終えた。中心限月は8月限に移行した。為替相場に大きな動きはなかったが、原油供給超過に対する市場の懸念は消えていないことや、欧米株安が嫌気されたようだ。米国内の在庫調整が一段落するまでは原油先物の反発は期待できないとの声が聞かれている。なお、WTI先物7月限の終値は前日比-0.97ドルの43.23ドルだった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

メキシコ料理のチポトレが大幅安 マーケティング費用増加で利益率に懸念=米国株個別

 メキシコ料理のチポトレ・メキシカンが商いを伴って大幅安。TVCMやネット広告などマーケティング費 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

足元のインフレ弱含みを懸念─米シカゴ連銀総裁=CNBC

[ワシントン 20日 ロイター] – 米シカゴ地区連銀のエバンズ総裁は、足元のインフレ指標の弱含みを不安視しており、2%のインフレ目標を達成できるか懸念を強めているとの立場を示した。CNBCとのインタビューで述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

英中銀総裁、ユーロ建て清算業務の移転に懸念 EUをけん制

[ロンドン 20日 ロイター] – イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁は20日、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、英ロンドンが拠点となっているユーロ建てデリバティブ(金融派生商品)の清算業務を欧州に移すことにより、顧客のコストが増大するなどと述べた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

反落、原油供給超過への懸念残る

NYMEX原油7月限終値:44.20 ↓0.54
 19日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-0.54ドルの44.20ドルで取引を終えた。為替相場がドル高・ユーロ安に振れたことやリビア産原油の生産増加などが嫌気されたようだ。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが先週16日午後に公表した国内の石油掘削リグ稼働数は、前週比6基増加し747基となっていた。稼働数は22週連続で増加しており、供給超過の状態がすみやかに解消されるとの見方は後退している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円は弱含みか、主要国で与党の求心力低下を懸念

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の正常化に関するタカ派寄りの見解を背景としたドル買いは一服。米国や英国、日本など主要国で与党の求心力低下が意識され、円買いに振れやすい展開となりそうだ。
 前週開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、FRBが強気な金融政策の正常化方針を示したことで、今後は米国の経済指標がFRBの観測を後押しできるかが焦点となった。ただ、16日に発表された5月住宅着工件数や6月ミシガン大消費者信頼感指数が低調となり、ドルを押し下げた。同時に、米国の政治リスクも意識されているようだ。連邦捜査局(FBI)に対する司法妨害の疑いで、モラー特別検察官がトランプ大統領の捜査を開始したと報じられたことに関連し、大統領は前FBI長官の解任について、「捜査されている」とツイッターに投稿。自身への捜査を認めるようなコメントを発信したことで、政局不安を誘発した。
 もっとも、政治リスクは米国だけではない。英国では、近く開始が予定される欧州連合(EU)との離脱交渉について、「ハード・ブレグジット」路線を堅持しない場合には、保守党内からメイ首相への不満が強まり、党内の権力争いに発展する可能性が地元メディアで報じられた。首相経験者を取材源とする報道によると、目先の議会運営の進め方によってはメイ首相の退陣リスクが強まるケースも想定される。19日にまたもロンドンで発生したテロ事件とともに、ポンドには下方圧力がかかりそうだ。
 さらに、日本では安倍内閣の支持率低下がクローズアップされている。おおむね40%台でまだ高支持率といえるが、7月2日投開票の東京都議会選で自民党が大敗した場合には、党総裁としての責任が問われる展開も予想される。今晩は重要イベントが予定されていないため、これらの政治リスクが意識されれば、ドル・円、クロス円とも円買い方向に振れるかもしれない。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・21:00 ダドリーNY連銀総裁が討論会参加
・08:00 エバンス米シカゴ連銀総裁講演(経済情勢と金融政策)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【発言】前FBI長官「大統領が会合についてうそを付くだろうと懸念」

コミー前FBI長官「
大統領が会合についてうそを付くだろうと懸念」
「大統領はフリン氏調査の中止命令はしなかった」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

欧米為替見通し:ドル・円は下値の堅い値動きか、中東情勢悪化への懸念はやや後退[FISCO]

今日7日の欧米外為市場では、ドル・円は下値の堅い値動きを予想したい。8日の英総選挙など重要イベントを (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

焦点:「骨太」から消費増税言及消える、財政健全化に懸念の声 

[東京 7日 ロイター] – 9日に閣議決定する予定の「骨太方針」の素案から2019年10月に消費税率10%へ引き上げるとの文言が消えた。また、20年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するとの目標に加え、債務残高のGDP(国内総生産)比を安定的に引き下げることも併記され、財政健全化の動きが大幅に後退する懸念が、財政・金融政策の専門家から浮上している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は下値の堅い値動きか、中東情勢悪化への懸念はやや後退

[今日の海外市場]
 今日7日の欧米外為市場では、ドル・円は下値の堅い値動きを予想したい。8日の英総選挙など重要イベントを控え動きづらいなか、中東湾岸諸国のカタールとの国交断絶問題を注視する展開となろう。短期的に警戒が和らぎ原油価格が持ち直せばクロス円が上昇し、ドルをサポートしよう。
 明日8日は欧州中銀(ECB)理事会と米連邦捜査局(FBI)前長官の議会証言、英総選挙といった重要イベントが集中する。現時点ではECBの金融緩和の解除に関する議論でユーロ買いが強まりやすい一方、英総選挙で与党・保守党が苦戦すればポンド売りに振れやすい見通し。
 また、前FBI長官の証言から、トランプ米大統領から大統領選へのロシアの関与に関する捜査を妨害しようとしていた事実が明らかになれば、政治情勢の先行き不透明感でドル売りが優勢となりそうだ。こうしたリスクを回避しようと、目先も米国債など安全資産に資金が流入しやすいだろう。このため、米国市場は株安や金利低下に振れ、ドルが弱含む可能性はあろう。
 一方、6月4日から5日にかけて、サウジアラビアをはじめエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)など5カ国が、イスラム過激派組織などを支援しているとしてカタールとの外交断絶を相次いで発表。こうした事態を受け、石油輸出国機構(OPEC)に加盟する産油国の協調減産体制の足並みが乱れるとの見方が広がり、原油は売り先行となった。
 ただ、中東情勢は予断を許さないものの、足元では過度な懸念は後退し、原油価格は持ち直しつつある。また、今晩発表される米原油在庫で需給引き締まりが確認できれば、原油価格は短期的に回復し、クロス円は上昇する見通し。ドル・円はクロス円の上昇(円安)にけん引される形で下値の堅い値動きとなるだろう。

【今日の欧米市場の予定】
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-3.4%)
・04:00 米・4月消費者信用残高(予想:+150.00億ドル、3月:+164.31億ドル)
・米上院情報特別委員会・公聴会:コーツ国家情報長官、マッケイブFBI長官代行、ロジャーズ国家安全保障局長官、ローゼンスタイン司法副長官が証言

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

米航空当局、ラップトップ装う装置の爆発を懸念=ユナイテッド航空

[カンクン(メキシコ) 5日 ロイター] – 米ユナイテッド航空は5日、ラップトップを装った爆発物がそのまま機内で爆発する危険性を、航空当局が懸念していると明らかにした。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,