タグアーカイブ: 懸念

東京為替概況:ドル・円は弱含み、米政権やスペインテロへの懸念で売り進む

今日の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。109円58銭から108円97銭まで下落した。トランプ米政権への先行き懸念が再燃するなか、スペイン・バルセロナでのテロ事件発生を受けて、リスク回避ムードが広がり、ドル売り・円買いが進んだ。ただ、109円台前半では国内勢からといわれる活発なドル買いがみられ、一時下げ渋った。
ユーロ・円は128円47銭から127円84銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1709ドルから1.1758ドルで推移した。
・17時時点:ドル・円109円00-10銭、ユーロ・円127円80-90銭
・日経平均:始値19471.27円、高値19543.13円、安値19433.09円、終値19470.41円
(前日比232.22円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、米政権やスペインテロへの懸念で売り進む

 今日の東京外為市場で、ドル・円は弱含み。109円58銭から108円97銭まで下落した。トランプ米政権への先行き懸念が再燃するなか、スペイン・バルセロナでのテロ事件発生を受けて、リスク回避ムードが広がり、ドル売り・円買いが進んだ。ただ、109円台前半では国内勢からといわれる活発なドル買いがみられ、一時下げ渋った。
 ユーロ・円は128円47銭から127円84銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1709ドルから1.1758ドルで推移した。
・17時時点:ドル・円109円00-10銭、ユーロ・円127円80-90銭
・日経平均:始値19471.27円、高値19543.13円、安値19433.09円、終値19470.41円(前日比232.22円安)
【経済指標】
・独・7月生産者物価指数:前年比+2.3%(予想:+2.2%、6月:+2.4%)
・ユーロ圏・6月経常収支(季調前):+281億ユーロ(5月:+179億ユーロ←+183億ユーロ)
【要人発言】
・ダンフォード米統合参謀本部議長
「日米どちらかへの攻撃は双方への攻撃と同じ」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】ECB議事要旨「ユーロの上昇の行き過ぎを懸念」

欧州中央銀行(ECB)理事会、議事要旨公表(7月20日開催分)
「為替と原油の影響でインフレ総合指数は前回の予想より若干弱含む」
「成長見通しは改善、インフレ見通しは緩やかに目標に近づいている」
「ユーロの上昇の行き過ぎを懸念」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

トランプ政権の対中調査、米企業は貿易摩擦生む可能性を懸念

[ワシントン 3日 ロイター] – トランプ米政権が中国の知的財産保護権侵害や不公正な貿易慣行を巡り調査に乗り出す意向を示していることについて、米企業団体などはその正当性を認めながらも、デリケートな問題の対応を誤れば国内企業に不利益をもたらす貿易摩擦に発展する恐れがあると懸念している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日続伸、トランプ政権に対する懸念が再燃

COMEX金8月限終値:1254.90 ↑9.40
 21日のNY金先物8月限は6日続伸。1242.80ドルから1255.90ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米大統領報道官の辞任を受けてトランプ政権に対する懸念が再燃。為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む格好となったことから、金はしっかりの展開となった。日足チャートでは、25日移動平均線や200日移動平均線が位置する1240ドル水準を上抜けている。

原油:反落、7月のOPEC生産量増加の報告を嫌気
NYMEX原油9月限終値:45.77 ↓1.15
 21日のNY原油先物9月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比-1.15ドルの45.77ドルで取引を終えた。21日から中心限月は9月限に移行した。7月の石油輸出国機構(OPEC)の生産量は今年最大となる可能性があるとの見方から、原油先物は軟調に推移した。
 米国、リビア、ナイジェリアの生産量は抑制されていないとの懸念や、エクアドルは歳入を増やすために年末まで原油の生産量を引き上げるとの見方があることから、原油先物の上値は重くなっている。為替相場がユーロ高・ドル安に振れたことも原油先物相場に対する支援材料となったようだ。
 原油需要の大幅な増加は当面期待できないことから、市場関係者の間では供給超過の状態がすみやかに解消されることは難しくなったとの見方が広がっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:6日続伸、トランプ政権に対する懸念が再燃

COMEX金8月限終値:1254.90 ↑9.40
 21日のNY金先物8月限は6日続伸。1242.80ドルから1255.90ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米大統領報道官の辞任を受けてトランプ政権に対する懸念が再燃。為替市場では、ドルが主要通貨に対して弱含む格好となったことから、金はしっかりの展開となった。日足チャートでは、25日移動平均線や200日移動平均線が位置する1240ドル水準を上抜けている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル安値探る、トランプ政権への懸念が重しに

NY外為市場ではドルの安値を探る展開が続いた。ロシア問題に加え、トランプ政権はリーガルチームやコミュニーケーションチームの入れ替えを進めるなど、経済政策の実施の遅れが懸念されている。ドル・円は111円56銭から111円05銭まで下落し、6月22日来の安値を更新。ユーロ・ドルは1.1635ドルから1.1683ドルまで上昇し、2015年8月以降ほぼ2年ぶり高値を更新した。
米10年債利回りは2.26%から2.22%まで低下。ドル指数は93.86まで下落し、1年ぶりの安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金:3日続伸、米政権運営への懸念が高まり

COMEX金8月限終値:1241.90 ↑8.20
 18日のNY金先物8月限は3日続伸。1232.20ドルから1244.10ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。共和党上院がオバマケア代替法案の採決を断念したことで、減税法案など重要法案の成立期待が後退。政権運営への懸念が高まったことから、金は堅調な推移となった。日足チャートでは、25日移動平均線や200日移動平均線が位置する1240ドル台を回復している。

原油:反発、サウジアラビアはさらなる輸出削減を検討との見方
NYMEX原油8月限終値:46.40 ↑0.38
 18日のNY原油先物8月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.38ドルの46.40ドルで取引を終えた。サウジアラビアが追加輸出削減を検討しているとの報道が材料視された。報道によると、サウジはリビアとナイジェリアの生産増加を相殺するため、単独でさらに日量100万バレルの輸出削減を検討しているもよう。
 市場関係者の間では、サウジアラビアが原油輸出額をさらに削減し、世界の原油需要が増加した場合、原油価格は現在よりも高い水準で安定する可能性があるとの見方が浮上している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,