タグアーカイブ: 意識

ドル・円は戻りの鈍い展開か、米税制改革の遅れなどを意識

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)の12月利上げ観測を背景としたドル買い基調は継続。ただ、トランプ米政権の税制改革の後ズレなどによる下押し圧力が意識され、積極的な買いは手控えられそうだ。
 東京株式市場では、前日から短期ファンド筋によるプログラム売買の影響で日経平均株価の乱高下が続いている。日経平均は大幅安の場面もみられるが、ドル・円に関しては株価との相関関係がやや薄れ、前日同様に113円台半ば以下では押し目買いを観測。米FRBの12月利上げ観測から、目先の取引でもドルは値を下げれば買い戻しが入りやすいだろう。
 ただ、本日の海外市場でドル・円の戻りメドは113円台後半とみられる。トランプ政策の柱である税制改革について、法人税減税の実施が2019年に後ズレする可能性が浮上し、今後の法案審議の行方が不安視されるためだ。仮に税制改革が骨抜きにされれば、企業業績の改善につながらず、株安・長期金利低下・ドル安の要因になりかねない。また、トランプ政権の政策運営への期待後退によるドル売りも想定されよう。
 一方、トランプ大統領は今週、日本などアジア各国を歴訪したが、日米首脳会談ではトランプ政権の対日貿易不均衡の是正に向けた姿勢が鮮明となり、「円高に振れやすい展開が意識された」(市場筋)という。また、米中首脳会談では朝鮮半島の非核化で一致したものの、対話による解決は今後の課題として積み残され、朝鮮半島有事という円買い要因は除去できなかった。
 こうしたなか、今晩の海外市場では24時発表の米国の11月ミシガン大学消費者信頼感指数が材料視されよう。同指数は前回をやや上回ると予想され、高水準継続により景気拡大を期待したドル買いがある程度入るとみられる。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・9月鉱工業生産(前月比予想:+0.3%、8月:+0.2%)
・18:30 英・9月製造業生産(前月比予想:+0.3%、8月:+0.4%)
・18:30 英・9月貿易収支(予想:-128.00億ポンド、8月:-142.45億ポンド)
・24:00 米・11月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:100.9、10月:100.7)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は上値の重い展開か、FRB人事や北朝鮮情勢を意識

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は上値の重い展開を予想したい。米連邦準備制度理事会(FRB)の12月追加利上げ観測に変わりはないが、FRB人事に絡む思惑で買いづらい見通し。また、北朝鮮問題が改めてクローズアップされ、警戒の円買いも観測される。
 前日の海外市場では材料難でドルは積極的に買いづらい展開となり、ドル・円は114円を割り込んだが、本日のアジア市場ではFRBによる12月利上げ観測を背景にやや値を戻す展開となった。今晩は重要イベントが乏しいなかで、24時発表の米国の9月JOLT(求人労働移動調査)求人件数が材料視される見通し。同求人件数は前回をやや下回ると予想されるものの、過去10年あまりでの最高水準は維持する公算でドル買い要因になるとみられる。
 ただ、FRB人事への思惑がドル買い意欲を減退させる可能性はあろう。NY連銀は6日、ダドリー総裁が2019年1月までの任期をまっとうせず、来年半ばに退任すると発表した。これにより、FRBの今後の政策決定への影響が指摘されている。退任の明確な理由は明らかにされておらず、イエレン議長の後任にパウエル理事の就任が決まったタイミングでの退任発表に、憶測が広がりやすい。
 一方、安倍晋三首相はアジア歴訪中のトランプ米大統領と前日会談し、米国製の武器購入を決めた。トランプ政権の対日貿易不均衡の是正に向けた姿勢が鮮明となり、円高が意識されやすい。また、日本が北朝鮮による核の脅威にさらされているとはいえ、武器購入は安全保障上、周辺国を刺激しやすく平和解決にはつながりにくい。目先の朝鮮半島有事が連想されれば、警戒の円買いに振れやすい展開となりそうだ。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・10月ハリファックス住宅価格(前月比予想:+0.2%、9月:+0.8%)
・18:00 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁講演(銀行監督フォーラム)
・19:00 ユーロ圏・9月小売売上高(前月比予想:+0.6%、8月:-0.5%)
・24:00 米・9月JOLT求人件数(予想:607.5万件、8月:608.2万件)
・02:35 クオールズ米FRB副議長(銀行監督担当)講演(決済機関関係会議)
・03:00 米財務省3年債入札(240億ドル)
・04:30 イエレン米FRB議長が上院式典であいさつ
・05:00 米・9月消費者信用残高(予想:+175.00億ドル、8月:+130.65億ドル)
・EU財務相理事会

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-引け後のアップルの決算や翌日の雇用統計を意識

高値もみ合いか 引け後のアップルの決算や翌日の雇用統計を意識

 今晩のNY市場は高値もみ合い継続か。今晩はトランプ大統領が次期FRB議長にパウエルFRB理事を指名する見通しのほか、下院で税制改革法案が可決される見通しが強まっており、相場の支援となることが期待される。ただ、どちらの材料も一定程度相場に織り込まれているとみられるほか、引け後のアップルの決算や翌日の米10月雇用統計の発表を控えており、影響は限定的なものになりそうだ。
 今晩の経済指標は新規失業保険申請件数のほか、パウエルFRB理事、ダドリー米NY連銀総裁の講演も予定されている。企業決算はS&P500採用の44社が発表予定で、取引時間前のダウ・デュポン、ラルフローレン、引け後のアップル、スターバックス、CBSなどなどが注目される。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は反落、出遅れマザーズ銘柄への物色を意識[FISCO]

30日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は反落、出遅れマザーズ銘柄への物色を (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,