タグアーカイブ: 意識

【テクニカル】日足テクニカル・ユーロドル=2日連続止められている一目・基準線を意識

陽線引け。9日安値1.2206ドルにとどかず、1.22ドル半ばさえも割り込むことができずに、5営業日ぶりの陽線引けとなった。上値は21・22日ともに、日足一目均衡表・基準線で止められたが、同線は1.23ドル後半へ、一目・転換線も1.24ドル台に水準を上げ、上昇トレンドの継続を示唆している。本日は昨日の安値を支持に買いで臨み、一目・基準線を超えた場合は追撃買いか。

レジスタンス1  1.2381(日足一目均衡表・基準線)
前日終値     1.2329
サポート1    1.2206(2/9安値)

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は下げ渋り、ドル高一服や米長期金利の上げ渋りを意識

COMEX金4月限終値:1332.70 ↑0.60
 22日のNY金先物4月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.60ドルの1オンス=1332.70ドルで取引終了。通常取引の時間帯では1325.10ドルまで下げた後に1334.10ドルまで戻した。米利上げ継続の可能性が高いことから、金先物の上値は重くなったが、主要通貨に対するドル高は一服したことや、米長期金利の上げ渋りを受けて安全逃避的な買いが入った。NYダウの反発は特に意識されなかったようだ。

・NY原油先物:大幅反発、原油在庫減少やドル安を意識
NYMEX原油4月限終値:62.77 ↑1.09
 22日のNY原油先物4月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+1.09ドルの62.77ドルで取引を終えた。通常取引の時間帯で63.09ドルまで買われた。米エネルギー情報局(EIA)が22日公表した石油在庫統計で原油在庫は増加予想に反して減少していたことや、ガソリン在庫の増加幅が市場予想を下回ったことが原油先物の上昇を促した。為替相場がドル安に振れたことや米国株の反発もプラス材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

「下げ渋り、ドル高一服や米長期金利の上げ渋りを意識

COMEX金4月限終値:1332.70 ↑0.60
 22日のNY金先物4月限は下げ渋り。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+0.60ドルの1オンス=1332.70ドルで取引終了。通常取引の時間帯では1325.10ドルまで下げた後に1334.10ドルまで戻した。米利上げ継続の可能性が高いことから、金先物の上値は重くなったが、主要通貨に対するドル高は一服したことや、米長期金利の上げ渋りを受けて安全逃避的な買いが入った。NYダウの反発は特に意識されなかったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は大幅反発、原油在庫減少やドル安を意識

NYMEX原油4月限終値:62.77 ↑1.09
 22日のNY原油先物4月限は大幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は前日比+1.09ドルの62.77ドルで取引を終えた。通常取引の時間帯で63.09ドルまで買われた。米エネルギー情報局(EIA)が22日公表した石油在庫統計で原油在庫は増加予想に反して減少していたことや、ガソリン在庫の増加幅が市場予想を下回ったことが原油先物の上昇を促した。為替相場がドル安に振れたことや米国株の反発もプラス材料となったようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は戻りの鈍い展開か、米財政赤字などを意識

[今日の海外市場]
 20日の欧米外為市場では、ドル・円は戻りの鈍い展開を予想する。ユーロ・ドルの弱含みが続き、ドルはある程度押し上げられる見通し。ただ、連休明けの米国市場では財政赤字などがテーマになるとみられ、ドル買いは小幅にとどまりそうだ。
 ユーロ・ドルは前週末の取引で2014年12月以来、3年超ぶりの高値となる1.2555ドルまで強含んだが、その後は利益確定売りなどに押される展開となっている。前日からは1.23ドル台後半を中心とした値動き。22日に公表される欧州中央銀行(ECB)の1月理事会議事要旨を見極めたいとのムードが広がるなか、今晩24時のユーロ圏の2月消費者信頼感指数(速報値)が注目される。同指数は昨年11月にプラスに転じ、その後も着実に回復基調を強めている。ただ、予想通り前回から低下すれば、景気回復を背景としたECBの出口戦略への思惑は弱まり、ユーロ・ドルは値を下げやすくなり、その影響でドルは相対的に買われる見通し。
 ただ、連休明けの米国市場は前週同様に不安定な動向が予想される。12日に予算教書が発表された後、減税や国防費の増加などによる財政赤字の大幅拡大に懸念が強まっており、連休明けの今晩も材料難のなかでテーマになりやすいだろう。足元では財政赤字拡大に伴い国債の増発が見込まれ、長期金利が上昇。逆に株価が押し下げられ、ドル・円ではドル売り・円買いに振れやすい地合いが続く。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・19:00 独・2月ZEW景気期待指数(予想:16.0、1月:20.4)
・23:15 英中銀のカーニー総裁やブロードベント副総裁らがインフレ報告で議会証言
・24:00 ユーロ圏・2月消費者信頼感指数速報値(予想:1.0、1月:1.3)
・03:00 米財務省2年債入札(280億ドル)
・EU財務相理事会

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開を意識か

20日のアジア市場で豪ドル・円は反転。一時84円21銭まで下げたが、米ドル・円相場が円安方向に振れていることから、84円台半ばまで戻した。豪ドル・ドルの取引では特に目立った動きは確認されていないようだ。日経平均株価の下げ幅は縮小しており、株安が一服したことを意識した円売り・豪ドル買いも観測されている。なお、米ドル・円は106円55銭まで下げた後に106円86銭まで買われている。ユーロ・円は132円15銭から132円51銭で推移している。
・豪ドル・円の取引レンジ:84円21銭-84円57銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、米小売売上高の減少やドル安などを意識

COMEX金4月限終値:1358.00 ↑27.60
 14日のNY金先物4月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+27.60ドルの1オンス=1358.00ドルで取引終了。一時1358.60ドルまで買われた。この日発表された米1月小売売上高は予想に反して減少したことや、12月実績が前月比+0.4%から0.0%に下方修正されたことが買い材料になった。ドル安・ユーロ高が進行したことや米財政赤字増大に対する懸念が浮上していることも材料視されたようだ。

・NY原油先物:反発、予想を下回る原油在庫増やドル安が意識される
NYMEX原油3月限終値:60.60 ↑1.41
 14日のNY原油先物3月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+1.41ドルの60.60ドルで取引を終えた。一時60.65ドルまで買われた。原油在庫の増加幅は予想を下回ったことや、主要通貨に対するドル安が進行したことが要因。NYダウの反転も意識された。ガソリン在庫の増加幅は予想を上回ったが、特に嫌気されなかったようだ。なお、WTI先物4月限の終値は前日比+1.48ドルの60.51ドル。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY金先物は大幅続伸、米小売売上高の減少やドル安などを意識

COMEX金4月限終値:1358.00 ↑27.60
 14日のNY金先物4月限は大幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比+27.60ドルの1オンス=1358.00ドルで取引終了。一時1358.60ドルまで買われた。この日発表された米1月小売売上高は予想に反して減少したことや、12月実績が前月比+0.4%から0.0%に下方修正されたことが買い材料になった。ドル安・ユーロ高が進行したことや米財政赤字増大に対する懸念が浮上していることも材料視されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:下げ渋り、ユーロ・円の相場動向などを意識

12日の豪ドル・円は下げ渋り。85円21銭まで買われた後、一時84円76銭まで売られたが、欧米株高への期待でリスク回避的な豪ドル売りは縮小しつつある。ユーロ・円は132円78銭から133円65銭まで反発しており、この値動きに影響されたとの見方もある。
・豪ドル・円の取引レンジ:84円76銭-85円21銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,