タグアーカイブ: 意見

ドル円108.86円までじり高、日銀「主な意見」や一般教書演説原稿で

 ドル円は108.86円までじり高推移。日銀・金融政策決定会合「主な意見」(1月22-23日開催分)、トランプ米大統領の一般教書演説原稿、日経平均株価が下げ渋る展開となっていること、米10年債利回りが2.72%台で推移していることが背景。ユーロドルは1.2415ドル前後、ユーロ円は135.15円前後で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】日銀・主な意見「景気は緩やかに拡大している」

日銀・金融政策決定会合「主な意見」(1月22-23日開催分)
「景気は緩やかに拡大している」
「景気はバランスよく成長している」
「2019年度は消費税率引き上げの影響で、成長ペースの鈍化が見込まれる」
「原油価格の影響を除くと、物価上昇率は依然として緩慢」
「2%物価目標の達成にまだ距離」
「金融政策は現状維持が妥当」

追補
「経済・物価情勢の改善が続く場合、金利水準の調整が必要になる可能性も」
「市場で早期に金融緩和の修正期待が高まることは好ましくない」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】日銀・主な意見「景気は緩やかに拡大している」

日銀・金融政策決定会合「主な意見」(1月22-23日開催分)
「景気は緩やかに拡大している」
「景気はバランスよく成長している」
「2019年度は消費税率引き上げの影響で、成長ペースの鈍化が見込まれる」
「原油価格の影響を除くと、物価上昇率は依然として緩慢」
「2%物価目標の達成にまだ距離」
「金融政策は現状維持が妥当」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロはいろんな意見があってもまとまる(極東とは違う)

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=最近のユーロドル相場の上昇は有益ではない

*ECBコンスタンシオ副総=非常に緩和的な金融政策が長期間続く可能性を排除しない

(欧州は議論して遅々ながら進む、極東はテーブルにつかない)

FX為替ニュース

, , , , ,

東京為替概況:ドル・円は弱含み、日銀会合主な意見や北朝鮮懸念で円買い

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円35銭から112円67銭まで下落した。日銀の今月の金融政策決定会合で、金利水準の引き上げ検討を指摘する意見がみられたことや、「北朝鮮がミサイル発射の準備か」との報道を受けて、円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は134円88銭から134円46銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1888ドルから1.1941ドルまでじり高に推移した。前日の米長期金利の低下をきっかけにしたユーロの買い戻しが続いた。
・17時時点:ドル・円112円70-80銭、ユーロ・円134円55-65銭
・日経平均:始値22912.05円、高値22954.45円、安値22736.43円、終値22783.98円(前日比127.23円安)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は弱含み、日銀会合主な意見や北朝鮮懸念で円買い

 今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円35銭から112円67銭まで下落した。日銀の今月の金融政策決定会合で、金利水準の引き上げ検討を指摘する意見がみられたことや、「北朝鮮がミサイル発射の準備か」との報道を受けて、円買いが優勢になった。
 ユーロ・円は134円88銭から134円46銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1888ドルから1.1941ドルまでじり高に推移した。前日の米長期金利の低下をきっかけにしたユーロの買い戻しが続いた。
・17時時点:ドル・円112円70-80銭、ユーロ・円134円55-65銭
・日経平均:始値22912.05円、高値22954.45円、安値22736.43円、終値22783.98円(前日比127.23円安)
【経済指標】
・日・11月鉱工業生産速報値:前月比+0.6%(予想:+0.5%、10月:+0.5%)
【要人発言】
・日銀金融政策決定会合における主な意見(12月20-21日分)
「2%達成に距離ある現在、政策現状維持が妥当」
「経済物価の改善続く場合、金利調整検討が必要になる可能性」
・米CNN
「北朝鮮がミサイル発射の準備か、初期の兆候を確認」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

経済・物価の改善続けば、金利調整検討が必要になる可能性=日銀・主な意見

[東京 28日 ロイター] – 日銀は28日、今月20━21日に開催した金融政策決定会合で出た「主な意見」を公表した。物価上昇が緩やかであり現行の「長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)」を粘り強く継続すべきとの意見が主流となる中で、経済・物価の好転が続くなら金利水準を調整すべきとの意見があったことが分かった。上場投資信託(ETF)買い入れの副作用点検についても意見が出た。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

経済・物価の改善続けば、金利調整検討が必要になる可能性=日銀・主な意見

[東京 28日 ロイター] – 日銀は28日、今月20━21日に開催した金融政策決定会合で出た「主な意見」を公表した。物価上昇が緩やかであり現行の「長短金利操作(イールドカーブコントロール、YCC)」を粘り強く継続すべきとの意見が主流となる中で、経済・物価の好転が続くなら金利水準を調整すべきとの意見があったことが分かった。上場投資信託(ETF)買い入れの副作用点検についても意見が出た。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

「引き続き当局は否定的な意見が多い」

「引き続き当局は否定的な意見が多い」

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ビットコインについて、資金洗浄に利用されるリスクがあることなどからEUは規制対象とすることを検討する必要がある

*スペンサーNZ中銀総裁代行=ビットコインについて、このところの目覚ましい価格上昇は投機的なバブルのようであり、将来有用なものとなるには不安定過ぎる

FX為替ニュース

, , , ,

11月ロイター企業調査:ESG投資に関心薄く 多様な投資尺度に否定的意見も

[東京 13日 ロイター] – 11月ロイター企業調査で、ESG投資について聞いたところ、業績との連動性などに不透明感も多く、投資尺度として疑問だとする企業が多かった。業績と環境重視・女性活用といった価値観が直接結び付きにくいとみられているほか、多様な価値観を評価すること自体が企業にとって重荷になるといった見方もある。ESGの投資の採用銘柄となることにも消極的な回答が多かった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】日銀・主な意見「強力な金融緩和を粘り強く推進することが重要」

日銀・金融政策決定会合における主な意見(7月19-20日開催分)

「物価2%目標に向けて、現在の強力な金融緩和を粘り強く推進することが重要」
「ETFの副作用と効果をあらゆる角度から点検するべき」
「日銀の緩和は欧米中銀として開始遅く、出口が遅くなるのも不思議ではない」

追補
「2%の物価安定の目標の実現に向けて、政府・日銀が一貫した姿勢で臨むことが非常に重要」
「金融緩和の出口では、日本銀行が赤字を計上して大変なことになるという議論があるが、これは木を見て森を見ない議論である」
「わが国の景気は緩やかに拡大している」
「個人消費や設備投資といった内需は増加傾向にあり、先行き 2017、2018 年度は潜在
成長率を上回る成長を続けると見込まれる」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】日銀・主な意見「強力な金融緩和を粘り強く推進することが重要」

日銀・金融政策決定会合における主な意見(7月19-20日開催分)

「物価2%目標に向けて、現在の強力な金融緩和を粘り強く推進することが重要」
「ETFの副作用と効果をあらゆる角度から点検するべき」
「日銀の緩和は欧米中銀として開始遅く、出口が遅くなるのも不思議ではない」

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

緩和不足との片岡氏の意見に反論、副作用懸念=9月日銀会合議事要旨

[東京 6日 ロイター] – 日銀が6日公表した9月開催の金融政策決定会合の議事要旨によると、片岡剛士審議委員とみられる委員が、現状の金融緩和は不十分と指摘したのに対して、委員らが反論。さらなる緩和強化は金融仲介機能などに副作用を及ぼす可能性が高いと主張していたことがわかった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米国減税にこんな意見も  GS

*ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)

いま減税を実施するのは時宜を得ていない。直近の「国内総生産(GDP)成長率が3%で、ほぼ完全雇用にある状態の今が最も多くの財政刺激策を実施すべき時だとは言えない。今、最も大きな刺激策を打ち出す場合なのかどうか、私には分からない」と話した。

  ブルームバーグ

FX為替ニュース

, , , ,