Tag Archive: 後退

焦点:米自動車業界、すでに現れた「後退」の兆し

[ローズタウン(オハイオ州) 21日 ロイター] – 米自動車業界が下降局面に向かうのではないかという懸念がウォール街でささやかれているが、米ゼネラルモーターズ(GM)の国内工場で働く数千人の労働者は、すでに厳しい状況にさらされている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:リスク選好の動きが後退、米上院、ヘルケア採決を遅らせる可能性を嫌気

 NY外為市場では、リスク選好の動きが後退した。トランプ政権による経済政策の実施が遅れるとの思惑が再燃した。米上院は、共和党のヘルスケア法案の採決を7月4日の独立記念日以降に先送りする意向を示した。現状で、共和党内で十分な支持が得られていないため。ヘルスケア法案の可決が遅れることは、必然的に税制改革にも後れを生むことになるため、失望感につながった。
ダウ平均株価は下げ幅を広げ、米国東部時間午後2時20分現在62ドル安で推移。ドル・円は112円47銭の高値から112円10銭へ反落。ユーロ・ドルは上昇幅を広げ、1.1269ドルから1.1342ドルまで上昇し、昨年8月来の高値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

NY外為:リスク回避が後退、原油反発で

 NY外為市場では原油価格の下げ止まりでリスク回避の動きが後退した。ドル・円は111円08銭の安値から111円45銭まで上昇。ユーロ・円は123円91銭から124円33銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.1172ドルから1.1145ドルへ下落。
ダウ平均株価は米国東部時間午後1時現在、25ドル高。米10年債利回りは2.14%から2.15%まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ポンド続落、BOEの利上げ観測が後退

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場ではポンド売りが継続した。ポンド・ドルは1.2677ドルから1.2643ドルまで下落した。ポンド・円は141円41銭から140円88銭まで下落し、15日来の安値を更新。ユーロ・ポンドは0.8798ポンドから0.8819ポンドまで上昇し、14日来の高値を更新した。
ポンドは利上げ観測が後退したことや、格下げへの懸念が重しとなった。
英国中央銀行のカーニー総裁が、英国の欧州連合(EU)離脱による域内経済への影響を引き続き懸念しており、利上げを急がないとの見解を示した。また、米格付け会社S&Pは英景気への下振れリスクが高まりつつあると指摘した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

原油:反落、原油供給超過への懸念残る
NYMEX原油7月限終値:44.20 ↓0.54
 19日のNY原油先物7月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比-0.54ドルの44.20ドルで取引を終えた。為替相場がドル高・ユーロ安に振れたことやリビア産原油の生産増加などが嫌気されたようだ。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが先週16日午後に公表した国内の石油掘削リグ稼働数は、前週比6基増加し747基となっていた。稼働数は22週連続で増加しており、供給超過の状態がすみやかに解消されるとの見方は後退している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金:反落、ドル安一服で割安感が後退

COMEX金8月限終値:1246.70 ↓9.80
 19日のNY金先物8月限は反落。1244.30ドルから1257.30ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。為替市場ではドル安が一服しており、ドル指数は97.5台まで戻している。ドル安一服で割安感が後退したことから、金はさえない展開となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防が続いている。この水準を割り込むと5月安値1220ドル辺りが意識されよう。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

[通貨オプション] 変動率、年初来最低水準へ、リスク警戒感が後退

ドル・円オプション市場で変動率は低下。リスク警戒感を受けたオプション買いが後退し、年初来で最低水準で推移した。
 リスクリバーサルは小動き。調整色が強かった。
■変動率
・1ヶ月物7.84%⇒7.65%(08年10/24=31.044%)
・3ヶ月物8.12%⇒8.02% (08年10/24=31.044%)
・6ヶ月物8.71%⇒8.63%(08年10/24=25.50%)
・1年物 9.16%⇒9.12%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1ヶ月物+0.66%⇒+0.67%(08年10/27=+10.90%)
・3ヶ月物+0.87%⇒+0.89%(08年10/27=+10.90%)
・6ヶ月物+1.13%⇒+1.10%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.41%⇒+1.41%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の豪ドル「もみ合いか、利下げ観測の一段の後退が下支えに」

[豪ドル]
 来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)が懸念している雇用情勢に大幅な改善がみられたことが好感され、利下げ観測の一段の後退が豪ドルの下支えとなる。ただ、下落傾向にある鉄鉱石価格の動向が上値を抑える可能性に注意か。
○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・特になし
・予想レンジ:83円00銭-86円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

[通貨オプション] リスク警戒感を受けたOP買いが後退

 ドル・円オプション市場で変動率は低下。リスク警戒感を受けたオプション買いが後退した。
 リスクリバーサルで円コールスプレッドは縮小。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが後退した。
■変動率
・1ヶ月物8.43%⇒7.87%(08年10/24=31.044%)
・3ヶ月物8.34%⇒8.11% (08年10/24=31.044%)
・6ヶ月物9.04%⇒8.74%(08年10/24=25.50%)
・1年物 9.53%⇒9.17%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)
■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1ヶ月物+0.99%⇒+0.84%(08年10/27=+10.90%)
・3ヶ月物+1.11%⇒+0.96%(08年10/27=+10.90%)
・6ヶ月物+1.29%⇒+1.17%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+1.55%⇒+1.47%(8年10/27=+10.71%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今週の欧州政治イベントはリスクオフの一段の後退につながる見通し、SMBC日興証券(花田浩菜)[FISCO]

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。6月8日にイ (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【発言】ウィルキンスBOC副総裁「刺激策の後退が必要かどうか評価」

ウィルキンスBOC(カナダ銀行、中銀)副総裁
「BOCは刺激策を後退させることが必要かどうか評価する」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

年間株価番付、首位トルコ、2位ギリシャ、ナスダック4位に後退、豪はマイナス圏へ

      2017年    
    2016年末 6月9日
1位 トルコ 78138.69 98942.87 20804.18 26.62
2位 アテネASE 643.64 782.1 138.46 21.51
3位 韓国 2026.46 2381.69 355.23 17.53
4位 ナスダック 5383.12 6207.92 824.80 15.32
5位 DAX 11481.06 12815.72 1334.66 11.62
6位 NZ 6881.22 7436.1 554.88 8.06
7位 NYダウ 19762.6 21271.97 1509.37 7.64
8位 スイス SMI 8219.87 8845.85 625.98 7.62
9位 FTSE 7142.83 7527.33 384.50 5.38
10位 日経 19114.37 20013.26 898.89 4.70
11位 ブラジル 60227.29 62210.56 1983.27 3.29
12位 南ア 50653.54 52216.93 1563.39 3.09
13位 上海総合 3103.64 3158.4 54.76 1.76
14位 5719.1 5715.46 -3.64 -0.06
15位 ロシアMICE 2232.72 1883.34 -349.38 -15.65
      2017年    
    2016年末 6月2日
1位 トルコ 78138.69 98867.9 20729.21 26.53
2位 アテネASE 643.64 786.57 142.93 22.21
3位 ナスダック 5383.12 6305.8 922.68 17.14
4位 韓国 2026.46 2371.72 345.26 17.04
5位 DAX 11481.06 12822.94 1341.88 11.69
6位 スイス SMI 8219.87 9043.96 824.09 10.03
7位 NZ 6881.22 7499.97 618.75 8.99
8位 NYダウ 19762.6 21206.29 1443.69 7.31
9位 FTSE 7142.83 7547.63 404.80 5.67
10位 日経 19114.37 20177.28 1062.91 5.56
11位 南ア 50653.54 52889.7 2236.16 4.41
12位 ブラジル 60227.29 62510.7 2283.41 3.79
13位 5719.1 5821.11 102.01 1.78
14位 上海総合 3103.64 3105.54 1.90 0.06

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ユーロドルテク=「山なり、3連続陰線 首位から2位へ後退」

日足、先週後半3連続陰線。5月30日-6月2日の上昇ラインを下抜く。4月17日-5月12日の上昇ラインがサポート。6月8ひ-9日、7日-8日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。ボリバン中位。
edcc0611.JPG

週足、3月27日週-4月3日週の下降ラインを上抜け上窓を開ける。ボリバン上限を大きく上抜いていたが先週バンド内へ戻る。4月17日週-5月8日週の上昇ラインがサポートだが下抜くか。16年11月7日週-17年3月27日週の下降ラインを上抜く。
月足、17年4月-5月、3月-4月の上昇ラインがサポート。16年11月‐17年3月の下降ラインが上値抵抗であったが上抜く。15年8月-16年5月の下降ラインが上値抵抗。
年足、14年から3年連続陰線、今年は陽線スタート。14年‐15年の下降ラインは上抜く、00年‐01年の上昇ラインがサポート。2011年‐14年の下降ラインが上値抵抗。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は小じっかり、イベント・リスクは後退

 9日午前の東京外為市場でドル・円は小じっかり。英総選挙など重要イベントを終え警戒が弱まり、円売りに振れやすい地合いとなった。
 前日の欧州中銀(ECB)理事会、米連邦捜査局(FBI)の前長官による議会証言などのイベントがほぼ想定通りの結果となり、市場は警戒ムードが和らいでいる。英保守党の過半数割れを受け、ポンド・円がドル・円を押し下げる場面もあったが、ドル・円はその後値を戻す展開。
 ランチタイムの日経平均先物は堅調な値動きで推移しており、リスク選好のドル買い・円売りの流れ。日経平均株価が後場も20000円台を維持できれば、ドル・円の上昇基調は続くだろう。ただ、他に材料が乏しいため、ドルの極端な上昇は想定しにくい。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円77銭から110円35銭、ユーロ・円は122円82銭から123円54銭、ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1237ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、イベント・リスクは後退

9日午前の東京外為市場でドル・円は小じっかり。英総選挙など重要イベントを終え警戒が弱まり、円売りに振れやすい地合いとなった。

前日の欧州中銀(ECB)理事会、米連邦捜査局(FBI)の前長官による議会証言などのイベントがほぼ想定通りの結果となり、市場は警戒ムードが和らいでいる。英保守党の過半数割れを受け、ポンド・円がドル・円を押し下げる場面もあったが、ドル・円はその後値を戻す展開。

ランチタイムの日経平均先物は堅調な値動きで推移しており、リスク選好のドル買い・円売りの流れ。日経平均株価が後場も20000円台を維持できれば、ドル・円の上昇基調は続くだろう。ただ、他に材料が乏しいため、ドルの極端な上昇は想定しにくい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円77銭から110円35銭、ユーロ・円は122円82銭から123円54銭、ユーロ・ドルは1.1179ドルから1.1237ドルで推移した。
【経済指標】
・日・5月マネーストックM3:前年比+3.4%(予想:+3.6%、4月:+3.6%)
・中・5月消費者物価指数:前年比+1.5%(予想:+1.5%、4月:+1.2%)
・中・5月生産者物価指数:前年比+5.5%(予想:+5.6%、4月:+6.4%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

7日の米国市場ダイジェスト:ダウは37ドル高、重要イベントを前に不透明感がやや後退(訂正)[FISCO]

■NY株式:ダウは37ドル高、重要イベントを前に不透明感がやや後退NYダウ       ナスダック終値:21173. (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,