タグアーカイブ: 影響

黒田 VS 平野 が円高に影響も

「黒田 VS 平野 が円高に影響も」

これと為替相場を決定する貿易需給とは直接関係がないが 2月のリパトリ円高へ向かう頃に 議論が深まると
ムードで為替をやる人々や海外勢は円を買うだろう(米国のリパトリ法案もあるが)

++++++++++++++++++

「朝日新聞」

全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ〈FG〉社長)は16日の定例会見で、「マイナス金利の恒常化は望ましくない」とし、「社会インフラとしての金融機関や金融システムに大きな支障となる可能性がある」と述べた。
 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁は13日のスイスでの講演で、過度な金利低下で銀行の金利収益が減れば、貸し出しに消極的になり、緩和効果に悪影響を与えるという考え方を紹介。その上で、そうした「金融仲介機能の低下」は起きていないと述べた。
 これに対し平野氏は「(金融仲介機能が妨げられる)状況が今その姿を現しつつある。近い将来、起きてもおかしくない状況になりつつある」と反論した。
 メガバンクは低金利の影響が直撃し、相次いで人員や業務量の削減、店舗の統廃合を打ち出している。今後従業員の2割超の約1・9万人を削減するみずほフィナンシャルグループ(FG)の佐藤康博社長は13日の会見で、「(2%の物価上昇目標の扱いは)柔軟な発想で対応することが必要だ」と述べた。緩和の悪影響が目立つメガバンクの首脳からは、緩和への批判や修正を求める発言が続いている。(福山

「その後の日経の記事」

日銀の黒田東彦総裁の金融緩和を巡る発言に変化が生じている。金融機関の収益圧迫など副作用への言及が増えているのだ。「金融政策は金融機関のためにやるものではない」とした、かつての強硬な姿勢は後退したようにみえる。メガバンクには経営に配慮した発言と歓迎する向きもある。総裁の真意はどこにあるのだろうか。

 「実は今、黒田さんがチューリヒで講演された講演録を手元に持っている」。16日に開いた全国銀行協会の定例記者会見。平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)はおもむろに紙を取り出した。平野氏はかつてマイナス金利政策に反対を表明。黒田総裁の一挙手一投足に注目するが、批判的なトーンは抑え気味だ。

 最近の総裁発言からは、銀行を案じる姿勢がにじむ。「低金利環境が金融機関の経営体力に及ぼす影響は累積的なものである。こうしたリスクにも注意していく」。13日の講演では「累積的」との新たな表現を使い、マイナス金利の影響に配慮する構えをみせた。

 同じ講演では「リバーサル・レート」という経済理論にも言及。通常は中央銀行が政策金利を下げれば経済が刺激されるが、ある一定水準を超えると副作用が出やすくなるという考え方。黒田総裁は「(銀行の財務悪化で)金融仲介機能が阻害され、かえって金融緩和の効果が反転する可能性がある」との解説を加えた。銀行を重んじる。

 黒田総裁は銀行に寄り添い、緩和を縮小しようとしているのか。確かに日銀内では金融機関の収益への懸念が強まっている。銀行はマイナス金利導入に伴い、個人や企業への貸し出しで金利を下げざるを得ず、収益力が低下しているからだ。実際に日銀が長期金利の誘導目標を引き上げるとの観測も出ている。実現すれば銀行にはプラスだ。

 だが総裁の真意は緩和縮小ではなさそうだ。BNPパリバ証券の河野龍太郎氏は「2%の物価安定目標には時間がかかると判断し、今のうちに副作用を減らそうとしている」とみる。緩和長期化を前提に銀行に目を凝らし始めたという解説だ。

 10月の記者会見でも政策を維持しようとの考えが透けた。黒田総裁は省人化投資を進める企業を評価。人件費は減る恐れがあるが、「生産性を上げ、潜在成長率を引き上げるプラスの面もある」。所得増が消費を増やす好循環は大事だが、目先は物価が上がらなくても問題ないというわけだ。

 物価目標を掲げ続ける日銀は、副作用の影響を和らげる調整をすることはあっても、すぐには出口には向かわず、追加緩和もない。それが今の立ち位置とみられる。金融機関には厳しい環境が長く続く公算が大きい。

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】セントルイス連銀総裁「税制改革の影響を考慮するのは尚早」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「税制改革の影響を見通しにおいて考慮するのは尚早」
「賃金引上げには米生産性の高まりが必要」

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

中国当局、ウィッキー・チャオらに5年間投資活動を禁止、パラダイス文書の影響か[FISCO]

 中国証券監督管理委員会(証監会)は9日、著名女優のウィッキー・チャオと夫の黄有龍氏に対して、「ペー (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は値を下げる展開、ポンド・ドル上昇など影響

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は値を下げる展開となり、足元は113円40銭付近で推移。18時半に発表された英国の9月鉱工業生産や9月貿易収支が予想以上に堅調でポンド買い・ドル売りに振れている。また、ボトニー・オーストリア中銀総裁の「欧州中央銀行(ECB)は、資産買い入れ終了の意図を示すべきだった」との発言を受けて、ユーロ・ドルも上げており、ドル・円でもドル売りの流れとなったようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円36銭から113円64銭。ユーロ・円は132円02銭から132円24銭、ユーロ・ドルは1.1623ドルから1.1662ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ポーランド中銀総裁、足もとのズロチ高を金融引き締めと同様の影響と指摘

こんばんは。越後屋です。ポーランド中銀は8日、29会合連続で政策金利を現行の1.50%に据え置くことを決めました。声明ではインフレの現状判断について前回の「コアインフレは依然低い」から「コアインフレは上昇している」に上方修正。インフレ見通しについては2017年を前回…

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米地方選での民主勝利も影響は限定的[FISCO]

今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。材料難で薄商いのなか、米連邦準備制度理事 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル・円は底堅い値動きか、米地方選での民主勝利も影響は限定的

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。材料難で薄商いのなか、米連邦準備制度理事会(FRB)の12月利上げ観測を背景にドル売りを仕掛けづらい展開となる見通し。また、米地方首長選で野党・民主党が勝利したものの、想定内の選挙結果だったため手がかり材料とはなりにくいだろう。
 本日の東京株式市場で日経平均株価が一時2万3千円の大台を突破したにもかかわらず、ドル・円は上値が重く前日同様に114円付近での売り圧力に上昇が抑えられた。今週に入り6日に一時114円73銭まで上昇したものの、終値ベースでは今月1日の114円18銭を上抜けられず、依然として114円台は強い売り圧力に押される展開となっている。今晩の取引で米10年債利回りが低水準での推移を続ければ、引き続きドル買いは進めにくいだろう。
 ただ、フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は7日、インタビューで12月12-13日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを支持するとの見解を述べた。来年以降の利上げに関しては、物価上昇が加速する兆候を確認したいとの慎重な姿勢を示しているが、現時点でFRBは年3回の利上げペースを維持するとの見方が広がっており、ドルは売りづらい展開となりそうだ。
 一方、7日に行われたニュージャージーとバージニアの州知事選とニューヨークの市長選は民主党の3候補が勝利した。ただ、いずれも予想の範囲内となったことから、選挙結果を手がかりとした動きは想定しにくい。足元では、昨年の大統領選での指名候補争いでヒラリー・クリントン氏は対立候補だったバーニー・サンダース上院議員が不利になる工作をしていた、と当時の選挙担当者が暴露するなど、民主党内では分裂が続く。
 直近の世論調査によると、トランプ大統領の支持率は37%と、就任1年目の大統領としては異例の不人気ぶりを示した。同じ調査では、不支持率が59%にも上っている。しかし、日本の政治情勢と同様に米国でも野党の自滅が政権を支える状況となっている。来年の中間選挙に向けトランプ大統領の政権運営に不安は残るものの、現時点で政治情勢の不透明感を手がかりとしたドル売りには及ばないだろう。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・18:00 欧州中央銀行(ECB)が経済報告書発表
・19:00 欧州委員会が経済見通し発表
・22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.2万件、前回:22.9万件)
・24:00 米・9月卸売在庫改定値(前月比予想:+0.3%、速報値:+0.3%)
・03:00 米財務省30年債入札(150億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【指標結果】RBNZ声明「新政権の政策目標の影響は不透明」

RBNZ声明
「金融政策はしばらくの間は緩和的にとどめる」
「不確定要素が多く、その都度に政策の調整が必要」
「長期的インフレ率は2%程度にとどまる」
「新政権の政策目標の影響は不透明」
「NZドル安が持続すれば、インフレ押し上げへ」
「2019年第2四半期に金利上昇-従来は2019年第3四半期」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】伊中銀総裁「カタルーニャ情勢が経済に与える影響を懸念」

ビスコ伊中銀総裁
「カタルーニャ情勢の不透明感が欧州経済に与える影響を懸念」

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは強含み、米ドル高・円安の相場展開の影響受ける

6日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。一時87円66銭まで買われた。米ドル・円相場が円安方向に振れたことが要因。米ドル・円は114円74銭まで買われており、豪ドルの対円レートを押し上げた。ユーロ・円は132円35銭から133円12銭まで買われた。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円17銭-87円66銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,