タグアーカイブ: 影響見極め

トラベラーズ ハリケーンの影響見極めで自社株買いプログラムを一時的停止=米国株個別

 ダウ採用銘柄のトラベラーズが横ばいで推移。ハリケーン「イルマ」が熱帯低気圧に勢力を落としたことを (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=都議選自民惨敗の影響見極め

都議選自民惨敗の影響見極めで上値の重い展開か

 東京市場は上値の重い展開か。先週末の欧州株は軟調で米国株はまちまちの動き。ドル円は6月シカゴ購買部協会景気指数の好結果などを受けてドル高・円安に傾き、足元では112円20銭近辺で推移している。円建てのCME225先物は大証日中終値と比べて75円高の20065円、ドル建てが115円高の20105円で取引を終えた。米国ではダウ平均が反発しており、この点は大きな安心感になる。一方、週末の東京都議選では自民党が惨敗しており、今後の国内の政権運営に関しては不透明感が強まった。支持率回復のために経済政策をより前進させるとの期待もある一方、安倍首相の求心力が弱まれば、その政策もスムーズに進まないとの懸念もある。都議選結果の国政への影響を見極めたいとの見方から上は追いづらく、様子見姿勢が強まると予想する。日経平均予想レンジは19850円-20050円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

機械受注、1─3月見通しは増加 企業心理悪化の影響見極めへ   

[東京 9日 ロイター] – 内閣府が9日に発表した12月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比6.7%増加し、予測を上回る伸びとなった。10─12月は小幅な減少にとどまり、当初見通しを上回った。トランプ米大統領の言動に対する企業の不安が高まっているが、1─3月の受注見通しは製造業が支える形で前期比3.3%の増加となった。ただ、調査時点は12月下旬であり、その後の企業の投資姿勢の変化を確認する必要がある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日銀12月短観、景況感が1年半ぶり改善 米新政権の影響見極め

[東京 14日 ロイター] – 日銀が14日発表した12月全国企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・製造業の業況判断DIがプラス10となり、前回9月調査から4ポイント改善した。改善は2015年6月調査以来、1年半ぶり。同非製造業はプラス18で横ばいだった。米大統領選挙でのトランプ氏勝利を受けて円安・株高が進行しているものの、企業は先行きについて慎重な姿勢を維持している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-英、EU離脱決定の影響見極め

◆英、EU離脱決定の影響を見極める段階
◆ポンド、いったん落ち着いた動きか
◆加ドル、日米金融政策イベントに注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 135.00-145.00円
加ドル円 77.00-84.00円

7月25日週の展望

 英国民投票で欧州連合(EU)離脱派の勝利という衝撃的な結果を受けたパニック相場は落ち着きを取り戻している。ただ、離脱交渉は長い道のりでその先行き不透明感は根強く、ポンド相場に買い安心感は広がりにくい。ポンドの大幅な戻りは期待できないか。

 足もとではEU離脱の英経済への影響を見極めることが重要になる。イングランド銀行(BOE)は英経済が急速に鈍化しているという明確な証拠は見当たらないとの見方を示した。一方、国際通貨基金(IMF)は、英EU離脱の実質的な影響は緩やかに表れるとし、世界の経済成長が上向くとの見通しを取り下げ、今年と来年の英国と世界の国内総生産(GDP)成長率見通しを下方修正した。欧州委員会も、英国がリセッションに陥る可能性を指摘し、英国やユーロ圏の成長率見通しを引き下げた。

 英5月ILO失業率(3カ月)は前回の5.0%から4.9%に低下し、2005年10月以来の低水準を記録した。賃金は増加傾向を維持し、ボーナスを含む賃金は2015年10月以来の+2.3%となった。また、6月の消費者物価指数(CPI)は前年比+0.5%と1年半ぶりの大きさとなり、市場予想を上回った。ポンドが急落し、輸入物価の上昇が予想されることから物価は全般的に上振れ圧力がかかっているが、景気悪化見通しを背景に英金融政策見通しは緩和方向にある。足もとで物価動向は英金融政策を考える手がかりにはなっていない。来週は4-6月期GDP速報値の発表が予定されているが、BOEは国民投票後の市場の反応を注視している。

 BOEは8月の会合で利下げに踏み切るとの観測が強まっており、4年ぶりに量的緩和(QE)を再開する手段も残されている。ただ、金融政策だけに頼って経済を活性化することは難しく、公共投資など財政政策の出動も期待される。景気後退を防ぐにはメイ新政権の役割は極めて重要である。

 足もとの加ドルは独自の手がかりが乏しく、動意が鈍くなっている。来週は上値が重くなっている原油相場と、日米金融政策イベントに注目したい。米連邦公開市場委員会(FOMC)では金融政策の据え置きが見込まれているが、日銀に対しては追加緩和への期待がくすぶっている。英EU離脱決定を受けたリスクオフの動きが落ち着く中、安倍政権への政策期待を手がかりに円高の巻き戻しが進んでいるが、日銀が追加緩和を見送れば失望の円買いが進む可能性がある。来週は5月GDPの発表が予定されている。先週発表された5月卸売売上高は前月比で市場予想を上回る+1.8%となった。英国民投票後に原油相場の伸びが一服して上値が重くなっており、加ドルの重しとなりそうだ。大規模な森林火災で供給に支障が出ていたカナダの産油量は増加している。

7月18日週の回顧

 ポンドは下げ渋ったが、戻りも一服し、ポンドドルは1.33ドル近辺、ポンド円は142年半ばを頭に伸び悩んだ。加ドルは小動き。ドル/加ドルは1.30加ドル台を中心に小幅の上下にとどまり、加ドル円は底堅い動きも82円台で伸びが一服した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]トルコリラ/円なら、外為どっとコム!!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」のスワップポイントを業界最高水準で提供中!
さらに、『高金利通貨スペシャルキャンペーン』にエントリー後、100Lot(10万通貨)の倍数に達するたびに、所定の金額をキャッシュバック!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-英、EU離脱決定の影響見極め

◆英、EU離脱決定の影響を見極める段階
◆ポンド、いったん落ち着いた動きか
◆加ドル、日米金融政策イベントに注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 135.00-145.00円
加ドル円 77.00-84.00円

7月25日週の展望

 英国民投票で欧州連合(EU)離脱派の勝利という衝撃的な結果を受けたパニック相場は落ち着きを取り戻している。ただ、離脱交渉は長い道のりでその先行き不透明感は根強く、ポンド相場に買い安心感は広がりにくい。ポンドの大幅な戻りは期待できないか。

 足もとではEU離脱の英経済への影響を見極めることが重要になる。イングランド銀行(BOE)は英経済が急速に鈍化しているという明確な証拠は見当たらないとの見方を示した。一方、国際通貨基金(IMF)は、英EU離脱の実質的な影響は緩やかに表れるとし、世界の経済成長が上向くとの見通しを取り下げ、今年と来年の英国と世界の国内総生産(GDP)成長率見通しを下方修正した。欧州委員会も、英国がリセッションに陥る可能性を指摘し、英国やユーロ圏の成長率見通しを引き下げた。

 英5月ILO失業率(3カ月)は前回の5.0%から4.9%に低下し、2005年10月以来の低水準を記録した。賃金は増加傾向を維持し、ボーナスを含む賃金は2015年10月以来の+2.3%となった。また、6月の消費者物価指数(CPI)は前年比+0.5%と1年半ぶりの大きさとなり、市場予想を上回った。ポンドが急落し、輸入物価の上昇が予想されることから物価は全般的に上振れ圧力がかかっているが、景気悪化見通しを背景に英金融政策見通しは緩和方向にある。足もとで物価動向は英金融政策を考える手がかりにはなっていない。来週は4-6月期GDP速報値の発表が予定されているが、BOEは国民投票後の市場の反応を注視している。

 BOEは8月の会合で利下げに踏み切るとの観測が強まっており、4年ぶりに量的緩和(QE)を再開する手段も残されている。ただ、金融政策だけに頼って経済を活性化することは難しく、公共投資など財政政策の出動も期待される。景気後退を防ぐにはメイ新政権の役割は極めて重要である。

 足もとの加ドルは独自の手がかりが乏しく、動意が鈍くなっている。来週は上値が重くなっている原油相場と、日米金融政策イベントに注目したい。米連邦公開市場委員会(FOMC)では金融政策の据え置きが見込まれているが、日銀に対しては追加緩和への期待がくすぶっている。英EU離脱決定を受けたリスクオフの動きが落ち着く中、安倍政権への政策期待を手がかりに円高の巻き戻しが進んでいるが、日銀が追加緩和を見送れば失望の円買いが進む可能性がある。来週は5月GDPの発表が予定されている。先週発表された5月卸売売上高は前月比で市場予想を上回る+1.8%となった。英国民投票後に原油相場の伸びが一服して上値が重くなっており、加ドルの重しとなりそうだ。大規模な森林火災で供給に支障が出ていたカナダの産油量は増加している。

7月18日週の回顧

 ポンドは下げ渋ったが、戻りも一服し、ポンドドルは1.33ドル近辺、ポンド円は142年半ばを頭に伸び悩んだ。加ドルは小動き。ドル/加ドルは1.30加ドル台を中心に小幅の上下にとどまり、加ドル円は底堅い動きも82円台で伸びが一服した。(了)

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

米国株市場は6日ぶり反発、EU残留派の英議員銃撃で影響見極め

[ニューヨーク 16日 ロイター] – 米国株式市場は6日ぶりに反発。英国で欧州連合(EU)残留派の女性議員が銃撃され死亡したことを受け、今後の影響を見極める動きとなった。前日まで5営業日続落していたS&P総合500種は序盤は軟調だったが、その後は持ち直してプラスに転じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

国内企業決算で円安と原油安の影響見極めへ、高い市場の期待値

[東京 28日 ロイター] – 今週から発表が本格化する10─12月期国内企業決算に注目が集まっている。円安と原油安の影響の見極めが今回のポイントだが、想定以上の円安進行で輸出企業中心に業績上振れの見方が多い。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,