タグアーカイブ: 底堅い動き

来週の英ポンド「底堅い動きか、英中銀による早期利上げへの期待持続」

[英ポンド]
 来週のポンド・円は底堅い動きとなりそうだ。13-14日に開催された英中銀金融政策委員会(MPC)による早期利上げ期待が高まり、リスク選好のポンド買いは継続する可能性がある。20日発表の8月小売売上高など経済指標などに反応する見通し。
・20日:8月小売売上高(前月比予想:+0.2%、7月:+0.3%)
・予想レンジ:146円00銭−151円00銭・

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=上昇の5日線を支えに底堅い動き

参考レート  88.28円  9/14 1:27

パラボリック  86.43円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    87.72円 (前営業日87.54円)
21日移動平均線   87.14円 (前営業日87.05円)
90日移動平均線   85.82円 (前営業日85.78円)
200日移動平均線  85.50円 (前営業日85.48円)

RSI[相体力指数・14日]
 60.28%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  88.30円
2σシグマ[標準偏差]下限  85.96円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  0.24  vs  0.11  MACDシグナル [かい離幅 0.14]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

来週の英ポンド「底堅い動きか、英MPCの金融政策を見極めへ」

[英ポンド]
 来週のポンド・円は底堅い動きとなりそうだ。英中銀は、景気の動向次第で早期利上げを実施する方針とみられている。8月消費者物価指数や8月失業率などの経済指標への思惑が広がりやすい。13-14日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)では現行の金融政策を維持する公算だが、金融当局者から景気に関して強気な見解が示された場合、ポンド買いが強まろう。
・12日:8月消費者物価コア指数(7月:前年比+2.6%)
・14日:英中央銀行MPCが金融政策発表(現状維持の予想)
・予想レンジ:140円00銭−143円00銭・

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【テクニカル】ユーロテクニカル一覧=上昇の5日線を支えに底堅い動き

参考レート  1.1944ドル  9/7 0:23

パラボリック 1.1848ドル (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    1.1905ドル (前営業日1.1893ドル)
21日移動平均線   1.1837ドル (前営業日1.1828ドル)
90日移動平均線   1.1449ドル (前営業日1.1437ドル)
200日移動平均線  1.1009ドル (前営業日1.1002ドル)

RSI[相体力指数・14日]
 61.78%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  1.1999ドル
2σシグマ[標準偏差]下限  1.1683ドル

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  0.0068  vs  0.0071  MACDシグナル [かい離幅 -0.0003]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

 31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。
 堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。
 ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

 31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。
 堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。
 ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

 31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。
 堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。
 ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
 ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。

堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

【要人発言】
・政井日銀審議委員
「(物価上昇目標の後ずれについて)一部にはそのことを批判する向きがあることは承知」
「背景をしっかり説明し、2%に向けたパスをたどるように政策を遂行することが重要」

【経済指標】
・日・7月鉱工業生産:前月比-0.8%(予想:-0.3%、6月:+2.2%)
・中・8月製造業PMI:51.7(予想:51.3、7月:51.4)
・中・8月非製造業PMI:53.4(7月:54.5)
・豪・4-6月期民間設備投資:前期比+0.8%(前期比予想:+0.2%、1-3月期:+0.9%←+0.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。

堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

【要人発言】
・政井日銀審議委員
「(物価上昇目標の後ずれについて)一部にはそのことを批判する向きがあることは承知」
「背景をしっかり説明し、2%に向けたパスをたどるように政策を遂行することが重要」

【経済指標】
・日・7月鉱工業生産:前月比-0.8%(予想:-0.3%、6月:+2.2%)
・中・8月製造業PMI:51.7(予想:51.3、7月:51.4)
・中・8月非製造業PMI:53.4(7月:54.5)
・豪・4-6月期民間設備投資:前期比+0.8%(前期比予想:+0.2%、1-3月期:+0.9%←+0.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は底堅い動き、日本株高を手掛かりに国内勢のドル買い

31日午前の東京外為市場で、ドル・円は底堅い動き。日本株高を背景に国内勢がドル買い・円売りを強めた。

堅調な米経済指標を受けリスク先行の動きとなった海外市場の流れを受け継ぎ、本日アジア市場では日経平均株価の上昇を手がかりにドル買い・円売りとなった。中国の8月製造業PMIの予想上振れも、上昇を支援した。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合い維持しており、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な国内勢を中心としたドル買い・円売りが続きそうだ。引き続き株価にらみとなり、ドルはさらに上値を追う可能性はあろう。
ここまでのドル・円の取引レンジは110円19銭から110円61銭、ユーロ・円は130円94銭から131円44銭、ユーロ・ドルは1.1883ドルから1.1897ドルで推移した。

【要人発言】
・政井日銀審議委員
「(物価上昇目標の後ずれについて)一部にはそのことを批判する向きがあることは承知」
「背景をしっかり説明し、2%に向けたパスをたどるように政策を遂行することが重要」

【経済指標】
・日・7月鉱工業生産:前月比-0.8%(予想:-0.3%、6月:+2.2%)
・中・8月製造業PMI:51.7(予想:51.3、7月:51.4)
・中・8月非製造業PMI:53.4(7月:54.5)
・豪・4-6月期民間設備投資:前期比+0.8%(前期比予想:+0.2%、1-3月期:+0.9%←+0.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円109.75円前後、仲値までは底堅い動きか

 ドル円は109.75円前後で取引されている。ゴトー日(5・10日)のため東京仲値で買い意欲があるという観測がある。
 一方で、ハリケーン・ハービーの影響によりハリス郡の化学工場が爆発する恐れで、工場から2.4キロ範囲にいる住民に避難勧告が出ている。ハリケーンの影響が今後米経済に出てくる可能性もあり、ドルを一方的に買う地合いでもないか。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:株安継続もドルは底堅い動きを続ける

 14日午前の東京市場でドル・円は底堅い動き。朝方に109円05銭まで下げたが、顧客筋などのドル買いで109円44銭まで戻した。14日発表された4-6月期国内総生産一次速報値は前期比年率+4.0%で市場予想を大幅に上回ったことから、株価反転が期待されており、リスク回避のドル売りは縮小している。ここまでのドル・円の取引レンジは109円05銭から109円44銭。
 ユーロ・円は、128円94銭から129円36銭で推移、ユーロ・ドルは、1.1817ドルから1.1829ドルで推移している。
■今後のポイント
・109円以下に顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=110円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性
・NY原油先物(時間外取引):高値48.87ドル 安値48.73ドル 直近値48.83ドル

FX為替ニュース

, , , , , , ,