タグアーカイブ: 年内

【発言】茂木再生相「年内に2兆円規模の新政策パッケージを策定」

茂木再生相
「年内に2兆円規模の新政策パッケージを策定」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

EU、中国のダンピング規制する法案を可決 年内に施行

[ストラスブール 15日 ロイター] – 欧州議会は15日、中国のダンピング(不当廉売)から欧州連合(EU)域内の産業を保護する法案を賛成554、反対48の賛成多数で可決した。年内に施行される。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

・NY原油先物:小幅高、OPEC主導による減産期限延長への期待も
NYMEX原油12月限終値:56.76 ↑0.02
 13日のNY原油先物12月限は小幅高。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は前日比+0.02ドルの56.76ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)の減産延長への期待が買い材料となった。OPEC月報で10月のOPEC加盟国の原油生産高は前月から減少したことが指摘されており、原油先物相場に対する支援材料となった。ただし、足元の需給関係の大幅な改善は期待できないとの見方は残されており、原油先物はやや上げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

金先物は反発、年内における米税制改革に対する懐疑的な見方残る

COMEX金12月限終値:1278.90 ↑4.70
 13日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前営業日比+4.70ドルの1オンス=1278.90ドルで取引終了。年内における税制改革実現に対する懐疑的な見方は消えていないことから、安全逃避的な買いが入った。ただし、米長期金利は下げ渋っていることや、金先物相場の上昇に直結する材料は多くないことから、金先物は1280ドル手前で上げ渋る展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

タイムワーナー下落 AT&Tが年内に合併協議を完了できない可能性も示唆=米国株個別

 タイムワーナーが商いを伴って下落。AT&Tによる854億ドルにのぼる買収で合意しているが、米司法 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ユーロドルは一時1.16割れ いずれ浮上も年内は下値模索との声も=NY為替チェック

 ユーロドルは売りが続いており、先ほど一時1.16を割り込む場面が見られた。この日発表になった米雇用統 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

スタートトゥ、国内で年内にPB開始 来春には米国と独でも

[東京 30日 ロイター] – スタートトゥデイ は30日、年内に国内でプライベートブランド(PB)をローンチすると発表した。来春には、米国とドイツでも販売を開始。順次、海外市場も広げていく方針。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

オバマケア巡る法案、年内の採決ない見込み=米下院議長

[ワシントン 25日 ロイター] – 米下院のライアン議長(共和党)は25日、ロイターのインタビューで、共和党議員が年内に、医療保険制度改革(オバマケア)改廃に関連した法案を採決に持ち込むことはないとの見方を示し、同党が中間選挙のある2018年に問題を先送りする可能性を示唆した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】再生相「年内に政策パッケージまとめ、できるだけ早く実行」

茂木再生相
「年内に政策パッケージまとめ、できるだけ早く実行」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米FRB、年内にあと1回・来年3回の利上げ実施へ=サンフランシスコ連銀総裁

[ソルトレークシティー(米ユタ州) 11日 ロイター] – 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は11日、連邦準備理事会(FRB)は年内にあと1回、来年は3回の利上げを行い、2019年はさらに一段の利上げを実施するとの見通しを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【指標結果】FOMC議事録「多くのメンバーが年内の追加利上げが正当化」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(9月19-20日開催分)
「多くのメンバーが年内の追加利上げが正当化されると判断」
「低インフレは一時的な要因によるものではないと多くのメンバーが懸念」
「何人かのメンバーは追加利上げは今後のデータ次第であるべきと判断」

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【NY為替オープニング】米年内の利上げ観測&税制改革期待にドル高・リスクオン

◎ポイント
・トランプ米大統領、税制改革詳細を発表へ
・米・8月耐久財受注:前月比+1.7%(予想:+1.0%、7月:-6.8%)
・米・8月中古住宅販売成約指数(前月比予想:-0.5%、7月:-0.8%)
・米財務省5年債入札(340億ドル)
・ブラード米セントルイス連銀総裁講演(米国経済と金融政策)
・ブレイナード米FRB理事講演(マイノリティー・バンカー・フォーラ
ム)
・NZ準備銀行が政策金利発表(1.75%に据え置き予想)
・ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演(ニューヨーク大学)
 27日のニューヨーク外為市場では米国の年内の利上げ観測に加えて、税制改革への期待が再燃し、ドル買い、リスク選好の円売りが優勢となっている。トランプ大統領は米国東部時間午後3時20分に税制改革の詳細を発表する予定。また、インディアナを訪問し、税制改革に関する演説を予定している。
提案される減税案では、法人税率を現行の35%から20%へ引き下げ、法人・パススルー事業体減税、個人所得税の最高税率を現行の39.6%から35%に引き下げる模様。また、パートナーシップやLLCなどパススルー事業体の構成員の税率は上限が25%。遺産税と代替ミニマム税の廃止も含まれるという。また、所得税率区分は現行の7から3に減らし、12%、25%、35%に設定することが提案されるようだ。
最大の問題は資金源となる。当初の計画で、税制改革の資金を創出すると見られていたヘルスケアは今後、民主党の支持を得られない限り、成立はより困難となる。米国共和党上院は、共和党のオバマケア改廃案であるグラム・キャシディ案で十分な票が得られず、今週中の採決を断念した。
米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の26日の講演で、FRBがインフレの見通しが間違っていたかもしれないと慎重ながらも、インフレが2%に達するまで政策を据え置くことは「賢明ではない」と指摘。米国の経済が依然緩和策を解除する軌道が正当化されると年内の追加利上げを示唆した。さらに、金融緩和が長期化した場合、金融安定を損なう可能性に言及。また、過剰に緩やかなペースでの緩和策解消に注意すべきだとし、インフレや労働市場が過熱するリスクを警告した。インフレに関しては、短期的な要因が原因であるとの見解を繰り返し、2%前後で安定するとのFOMCの見通しを再確認した。最近の経済状況は健全で、依然強い雇用がいずれ物価圧力となるとの基本的なシナリオは変わらず。
本日は、ブラード米セントルイス連銀総裁、ブレイナード米FRB理事、ローゼングレン米ボストン連銀総が講演を予定している。同総裁らは、インフレの上昇が明確になるまで追加利上げを見送るべきだとの見解で、ドルが伸び悩む可能性がある。
・ドル・円は、200日移動平均水準の112円09銭を下回る限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1103ドルを上回っている限り中期的上昇基調に入った可能 性。

ドル・円112円90銭、ユーロ・ドル1.1745ドル、ユーロ・円131円98銭、ポンド1.3418ドル、ドル・スイスは0.9753フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , ,