タグアーカイブ: 展開

ドル・円は下げ渋る展開か、米金融正常化方針の堅持が下支え

[今日の海外市場]
 今日の欧米外為市場では、ドル・円は下げ渋る展開を予想したい。米朝間の緊張が一段と高まり朝鮮半島有事を警戒した円買いは継続の見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化方針の堅持がドル売りを弱める可能性はあろう。
 今晩の海外市場でも引き続き米朝対立が意識され、警戒の円買いに振れやすい展開となろう。トランプ米大統領がツイッター上で北朝鮮の体制は「先が長くない」としたのに対し、北朝鮮の外相は「明確な宣戦布告」との声明を発表した。同時に米軍機による北朝鮮東方沖の国際空域の飛行についても警告。北朝鮮は26日、同国東岸の警備を強化する方針を明らかにした。
 東アジアにおける米朝の軍事衝突への警戒は、目先も断続的に円を押し上げる要因となりそうだ。本日のアジア市場で、ドル・円は国内勢による押し目買いで下げ渋ったが、欧米市場で懸念が強まれば一段安となる可能性もあろう。
 一方、米FRB当局者の発言や経済指標も材料視される。23時半からブレイナードFRB理事が、27日1時45分からイエレンFRB議長が講演する予定。FRBは19-20日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融正常化を進める姿勢を示している。ハト派寄りのブレイナード理事と中立的なイエレン議長に濃淡の違いはあっても、正常化方針は堅持するだろう。
 このため、年内追加利上げ観測を背景としたドルの買い戻しが見込まれる。また、経済指標も注目される。23時発表の米国の9月消費者信頼感指数は、今年2番目の伸びを示した8月を下回るものの、2001年以来の高水準が続き、成長持続を好感したドル買いに振れやすい。(吉池 威)
【今日の欧米市場の予定】
・17:30 英・8月住宅ローン許可件数(銀行協会)(予想:41700件、7月:41587件)
・22:00 米・7月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数(前年比予想:+5.70%、6月:+5.65%)
・22:30 メスター米クリーブランド連銀総裁が討論会司会(全米企業エコノミスト協会)・23:00 米・8月新築住宅販売件数(予想:58.5万戸、7月:57.1万戸)
・23:00 米・9月消費者信頼感指数(予想:120.0、8月:122.9)
・23:00 米・9月リッチモンド連銀製造業指数(予想:13、8月:14)
・23:30 ブレイナード米FRB理事講演(労働市場の不均衡関連)
・24:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁講演(米国経済見通しと金融政策)
・01:45 イエレン米FRB議長講演(全米企業エコノミスト協会会合)
・02:00 米財務省2年債入札(260億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

クロス円はじり安な展開に、NZドル円が80.80円近辺

 本日の仲値需要はまちまちだったもようで、ドル円仲値は銀行により5-7銭程度の開きがあった。クロス円はじり安な展開となり、ユーロ円が132.24円まで、ポンド円は150円半ばから150.35円前後へ弱含み。豪ドル円が88.41円と前日の安値近辺まで下落し、NZドル円が80.78円まで下値を広げた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NZドル円は81円割れ、一目・雲の下限を伺う展開

 週末のNZ総選挙の結果を嫌気して昨日から軟調に推移しているNZドルは、本日も対円で弱含み、81円割れと頭が重い。現在は日足一目均衡表・雲のなかで推移しているが、雲の下限が80.80円に位置しており、その水準を下抜けした場合は売り圧力が増すか。
 NZドル/ドルも0.7244ドルと昨日の安値を下抜けし、こちらも上値重く推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY株見通し=今週は神経質な展開か

今週のNY市場は神経質な展開か。週末23日に米軍の戦略爆撃機と戦闘機が北朝鮮当方沖縄の国際空域を飛行するなど、米朝間の緊張が 再び高まることが懸念される。米国内では米8月新築住宅販売件数、米9月消費者信頼感指数、米8月耐久財受注、米4-6月期GDP・確報値 などの注目度の高い経済指標の発表が多いほか、26日のイエレンFRB議長の講演のほか、FRB高官や各地区連銀総裁の講演も多数予定されて おり、経済指標や当局者の発言を受けた追加利上げ見通しの変化に注意したい。主な企業の決算発表はカーニバル、レッド・ハット、マイクロン・テクノロジー、ナイ キなど。
 今晩の主な経済指標の発表とイベントは8月シカゴ連銀全米活動指数、9月ダラス連銀製造業活動指数、ダドリー米NY連銀総裁講演、エバンス米シカゴ連銀総裁講演など。主要企業の決算発表は上述のカーニバル、レッド・ハットなど。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

来週の英ポンド「もみあいか、英早期利上げの可能性を見極める展開」

[英ポンド]
 来週のポンド・円はもみあいか。足元で英中銀による早期利上げ期待が高まるなか、英4-6月期国内総生産(GDP)などの経済指標が材料視される。ただ、過熱感も指摘されており、利益確定売りも出やすい。一方、北朝鮮が制裁圧力を強める米国に反発し、さらに挑発行為が続くとの警戒感から、リスク選好的な円売りが拡大する可能性は低いとみられる。
○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・29日:4-6月期国内総生産確報値(改定値:前年比+1.7%)
・予想レンジ:151円00銭−154円00銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅反落、米12月追加利上げを織り込む展開

COMEX金12月限終値:1294.80 ↓21.60
 21日のNY金先物12月限は大幅反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-21.60ドルの1オンス=1294.80ドルで終了。清算値ベースでは8月25日以来となる1300ドル割れとなった。米長期金利の上昇や12月追加利上げ観測が台頭していることが嫌気されたようだ。為替相場はユーロ高・米ドル安に振れたが、材料視されなかった。20日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合でバランスシート正常化への作業は10月に開始されることが決まったことから、金先物の上値は一段と重くなった。
NY原油先物:小幅安、利食い売りに押される展開
NYMEX原油11月限終値:50.55 ↓0.14
 21日のNY原油先物11月限は小幅安。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比-0.14ドルの50.55ドルで取引を終えた。ロシアのノバクエネルギー相が「減産延長について具体的に協議するには時期尚早」との見方を示したことから、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産体制延長への強い期待感はやや低下。短期筋などの利食い売りに押される展開となった。米長期金利の下げ渋りや株安も意識されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY原油先物は小幅安、利食い売りに押される展開

NYMEX原油11月限終値:50.55 ↓0.14
 21日のNY原油先物11月限は小幅安。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比-0.14ドルの50.55ドルで取引を終えた。ロシアのノバクエネルギー相が「減産延長について具体的に協議するには時期尚早」との見方を示したことから、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産体制延長への強い期待感はやや低下。短期筋などの利食い売りに押される展開となった。米長期金利の下げ渋りや株安も意識されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY金先物は大幅反落、米12月追加利上げを織り込む展開

COMEX金12月限終値:1294.80 ↓21.60
 21日のNY金先物12月限は大幅反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-21.60ドルの1オンス=1294.80ドルで終了。清算値ベースでは8月25日以来となる1300ドル割れとなった。米長期金利の上昇や12月追加利上げ観測が台頭していることが嫌気されたようだ。為替相場はユーロ高・米ドル安に振れたが、材料視されなかった。20日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合でバランスシート正常化への作業は10月に開始されることが決まったことから、金先物の上値は一段と重くなった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,