Tag Archive: 小反発

寄り付きの日経平均は小反発、買い一巡後はもみ合い

[東京 22日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比15円59銭高の2万0154円38銭となり、小反発して始まった。前日の米株はまちまち、為替も1ドル111円台前半と水準に大きな変化はなく、外部環境は手掛かりに欠ける。指数は寄り直後にマイナスに転じ、前日の終値付近で小幅にもみ合っている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は小反発、一時2万円回復もFOMC控え伸び悩む

[東京 14日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比20円34銭高の1万9919円09銭となり小反発した。前日の米株高や為替の円安を受け、値がさハイテク株や主力輸出株に買い戻しが先行した。上げ幅は一時100円を超え、2万円の大台を3営業日ぶりに回復した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円テク=「弱々しい月足、日足と週足のボリバン下限で小反発も、日足(9日)の上ヒゲ長い」

日足、6月2日-5日の下降ラインを上抜く。ボリバン下限で反発。6月7日-9日の上昇ラインがサポート。ただ先週の金曜日は上ヒゲが長い。6月2日-9日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き。ボリバン下位
ycc0611.JPG

週足、4月17日週‐24日週の上昇ラインを下抜いた。5月15日週-29日週、5月8日週-15日週、3月6日週-5月8日週の下降ラインが上値抵抗。16年11月7日週-17年4月17日週の上昇ラインを下抜くもボリバン下限近くでは反発。
月足、年初から陰線が多い。唯一陽線となった4月もほぼ寄り引き同時。ただ急落はなく、ジリ安。大きく下げるドル売りのクライマックスがまだ来ない。
16年6月‐11月、12年9月-16年6月の上昇ラインがサポート。17年1月-3月の下降ラインを一時上抜いたが再び下抜く。2012年10月-2014年8月のアベノミクス上昇ラインを下抜けている。15年12月-17年1月の下降ラインが上値抵抗。
年足、12年-13年の上昇ラインを下抜く。ただ2016年は終盤にきて下ヒゲが大きく伸びた。17年は陰線スタート。15年‐16年の下降ラインに沿う。13年‐16年の上昇ラインがサポート。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

東京午前=ドル円111円前半へ小反発、ポンドは軟調

 東京午前の為替相場ではポンドが軟調な動きとなった。調査会社YouGov社により、6月8日の英総選挙でメイ首相率いる保守党の議席数が現状の330議席から310議席程度まで落ち込み、過半数(326議席)を切る可能性があると報じられた。ポンドドルは1.2792ドルまで下押し、ポンド円は141.79円まで4月25日以来の安値を塗り替えた。同じく欧州通貨のユーロも上値が重く、ユーロドルは1.11ドル後半、ユーロ円は124円を挟んで推移。来週の欧州中央銀行(ECB)理事会での緩和バイアス解除への期待感がユーロの支えとなっている一方で、仏・伊選挙への警戒感が上値を圧迫している。
 予想比上振れの中国PMIを好感したオセアニア通貨の買いは一時的。豪ドル/ドルは0.7476ドル、NZドル/ドルは0.7118ドルを頭に伸び悩み、豪ドル円は82円後半、NZドル円は78円後半で小動き。5月の中国製造業PMIは市場予想を上回る51.2と前月から横ばい。景気判断の分岐点とされる50を10カ月連続で上回った。
 4営業日続落でスタートした日経平均が前引けにかけて下げ幅を縮小し、昨日の低水準で引けた米10年債利回りが時間外取引でやや戻し気味に推移したことも支えに、ドル円は111.16円まで小反発した。ただ、トランプ米大統領が外遊から帰国し、ロシアゲート問題の調査への警戒感も強まっており、ドル円の上値は重い。
 午後もドル円は日経平均の動向を眺めながら小幅の上下にとどまるか。足もとではドルの買い材料が乏しく、ドル円の上値の重い地合いは変わらず、110円半ば-111円前半での動きが見込まれる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

東京午前=ドル円111円前半へ小反発、ポンドは軟調

 東京午前の為替相場ではポンドが軟調な動きとなった。調査会社YouGov社により、6月8日の英総選挙でメイ首相率いる保守党の議席数が現状の330議席から310議席程度まで落ち込み、過半数(326議席)を切る可能性があると報じられた。ポンドドルは1.2792ドルまで下押し、ポンド円は141.79円まで4月25日以来の安値を塗り替えた。同じく欧州通貨のユーロも上値が重く、ユーロドルは1.11ドル後半、ユーロ円は124円を挟んで推移。来週の欧州中央銀行(ECB)理事会での緩和バイアス解除への期待感がユーロの支えとなっている一方で、仏・伊選挙への警戒感が上値を圧迫している。
 予想比上振れの中国PMIを好感したオセアニア通貨の買いは一時的。豪ドル/ドルは0.7476ドル、NZドル/ドルは0.7118ドルを頭に伸び悩み、豪ドル円は82円後半、NZドル円は78円後半で小動き。5月の中国製造業PMIは市場予想を上回る51.2と前月から横ばい。景気判断の分岐点とされる50を10カ月連続で上回った。
 4営業日続落でスタートした日経平均が前引けにかけて下げ幅を縮小し、昨日の低水準で引けた米10年債利回りが時間外取引でやや戻し気味に推移したことも支えに、ドル円は111.16円まで小反発した。ただ、トランプ米大統領が外遊から帰国し、ロシアゲート問題の調査への警戒感も強まっており、ドル円の上値は重い。
 午後もドル円は日経平均の動向を眺めながら小幅の上下にとどまるか。足もとではドルの買い材料が乏しく、ドル円の上値の重い地合いは変わらず、110円半ば-111円前半での動きが見込まれる。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

午前まとめ=ドル円111円前半へ小反発、日経は4日続落

・日経平均は前引けにかけて下げ幅縮小するも、4営業日続落
・英総選挙でメイ与党の議席減への警戒感で、ポンドは軟調な動き
・ドル円は111円前半へ小反発し、ポンドドルは1.28ドル割れ
・予想比上振れの中国PMIを受けた、オセアニア通貨買いは一時的

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

午前まとめ=ドル円111円前半へ小反発、日経は4日続落

・日経平均は前引けにかけて下げ幅縮小するも、4営業日続落
・英総選挙でメイ与党の議席減への警戒感で、ポンドは軟調な動き
・ドル円は111円前半へ小反発し、ポンドドルは1.28ドル割れ
・予想比上振れの中国PMIを受けた、オセアニア通貨買いは一時的

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米長期金利の持ち直しでドル円は111円回復、ユーロ円も小反発

 東京終盤から欧州入りにかけて、時間外取引で米ベテランズデー明けの売買を再開している米10年債が、2.231%を目先の底に2.241%へ利回り水準を持ち直している。これを手掛かりに、ドル円は110円後半から111円台を回復する動きに。仏1-3月期GDP・改定値の上方修正を支えとしたユーロドルの下げ渋りと合わせ、ユーロ円も123円前半から123.70円付近まで小幅反発となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

前場の日経平均は小反発、内需系銘柄が買われる

[東京 29日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比30円72銭高の1万9717円56銭となり、小反発した。前週末の米国株市場や為替など外部環境に大きな変化がなく、手掛かり材料に欠ける中、朝方は小幅高でスタートした。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は小反発、材料乏しく売り買い拮抗

[東京 29日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比10円34銭高の1万9697円18銭となり、小反発して始まった。外部環境に大きな変化がなく、手掛かり材料に欠ける中、売り買いがほぼ拮抗している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,