タグアーカイブ: 小動き

ドル・円:ドル・円はもみあい、レンジ内で小動き

 21日午前の東京市場でドル・円はもみあい。米税制改正の法案審議や北朝鮮リスクが意識され、動きづらい展開となった。
 日経平均株価は前日比200円超高の堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが出やすく、時間外取引の米10年債利回りは朝方から上昇基調が続きドル買いの地合いとなった。ただ、ドル・円は112円60銭付近を中心に小動きとなった。
 ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な円売りが出やすい。ただ、米税制改正法案の行方を見極めたいムードや米国からテロ支援国家に再指定された北朝鮮による反発を警戒した円買いも観測される。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円53銭から112円65銭、ユーロ・円は132円07銭から132円22銭、ユーロ・ドルは1.1732ドルから1.1741ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円はもみあい、レンジ内で小動き

21日午前の東京市場でドル・円はもみあい。米税制改正の法案審議や北朝鮮リスクが意識され、動きづらい展開となった。

日経平均株価は前日比200円超高の堅調地合いとなり、リスク選好的な円売りが出やすく、時間外取引の米10年債利回りは朝方から上昇基調が続きドル買いの地合いとなった。ただ、ドル・円は112円60銭付近を中心に小動きとなった。

ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いが続き、目先の日本株高継続を見込んだリスク選好的な円売りが出やすい。ただ、米税制改正法案の行方を見極めたいムードや米国からテロ支援国家に再指定された北朝鮮による反発を警戒した円買いも観測される。
ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円53銭から112円65銭、ユーロ・円は132円07銭から132円22銭、ユーロ・ドルは1.1732ドルから
1.1741ドルで推移した。
【要人発言】
・豪準備銀(議事要旨)
「(賃金圧力の時期やスピード、影響などに関し)相当な不透明感」
・安倍首相
「完全にデフレから脱却したと言える状況ではない」*

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円112円半ばでもみ合い、ユーロも小動き

 昨日の海外市場で米株高や米債利回りの上昇を背景にドル円は反発したものの、米税制改革案の不透明感やロシアゲート疑惑への警戒感で積極的に買い進める地合いとはなっていない。
 東京序盤のドル円は112円半ばでもみ合い。また、ユーロドルは1.1735ドル近辺でこう着。独先行きの政権不安や、ドラギECB総裁が金融緩和策の継続性を強調したことで、ユーロの上値は重い。ポンドドルは1.3235ドル近辺で底堅く推移。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる協議進展に対する期待感がくすぶっている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル・円:ドル・円は小動き、欧米株式先物はマイナス圏

 ドル・円は112円付近で小動き。日経平均株価は前週末比100円超安の軟調地合いが続いており、リスク回避的な円買いに振れやすいもよう。また、ドイツ政治情勢の不透明感から欧米株式先物はマイナス圏で推移しており、今晩の欧米株安を警戒した円買いが観測される。ユーロ・ドルは1.17ドル台前半で上値の重い状態になっている。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は111円89銭から112円20銭。ユーロ・円は131円17銭から132円31銭、ユーロ・ドルは1.1722ドルから1.1797ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円112円前半で小動き、ユーロは重い

 ドル円は約1カ月ぶりの安値水準となる112円前半で戻りの鈍い動きで、一段の下押しが警戒されている。
 また、ユーロは軟調。メイケル独首相が進めている連立協議が決裂したとの報道も嫌気され、ユーロドルは1.1751ドル、ユーロ円は131.71円まで弱含んだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

欧州早朝は小動き、ドル円112円半ばで戻り鈍い

 欧州早朝は動意薄。日経平均が小幅続伸して大引けし、東京午前に下落気味だった時間外の米債利回りも2.35%台で横ばい推移していることで、ドル円は下げ渋っているが、112円半ばで戻りが鈍い。
 また、ユーロドルは1.1810ドル近辺、ポンドドルは1.3230ドル近辺、豪ドル/ドルは0.7575ドル近辺で小動き。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円113円前半で小動き、相場全体の方向感鈍い

 時間外の米長期債利回りの上昇で、ドル円は113.27円を高値に113円前半で底堅い動きも、大きな手がかりになりそうな新規材料もなく、相場全体の方向感は鈍い。ユーロドルは1.1790ドル近辺、ポンドドルは1.31ドル半ば、豪ドル/ドルは0.76ドル前後で小幅の上下にとどまっている。
 欧州主要株価指数はおおむね買いが優勢。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

株価下落もドル円は小動き、東京仲値には注意が必要

 ドル円は113.43円前後で取引されている。米株式主要3指数が軒並み下落したこともあり、日経平均も予想通りに下がって始まっているが、ドル円は売り込まれていない。本日はゴトー日(5・10日)ということもあり、東京の仲値が終わるまではドル買い・円売り観測もあるため、株価の下落には為替は追随できない状況だ。ユーロ円は133.75円近辺、ポンド円は149.25円前後でもみ合いになっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】ドル・円は113円40銭台で小動き、7-9月期GDP一次速報は想定内の数字

ドル・円は113円40銭台で推移している。本日発表された7-9月期GDP一次速報は前期比年率+1.4%で市場予想をやや下回ったものの、想定内の数字との見方が多く、外為市場で目立った反応は出ていないようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円はもみ合い、113円台後半で小動き

 今日の東京市場で、ドル・円はもみ合い。113円56銭から113円77銭で推移した。今晩の欧州中央銀行(ECB)主催会合での討論会に、ドラギECB総裁、イエレンFRB議長、カーニー英中銀総裁、黒田日銀総裁が参加する予定になっていることが意識され、様子見ムードが広がり、取引手控え状態になった。
 ユーロ・円は132円49銭から133円03銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1662ドルから1.1696ドルまで上昇した。ドイツの7-9月期GDP速報値が予想を上回る伸びとなり、ユーロ買いにつながった。
・17時時点:ドル・円113円70-80銭、ユーロ・円132円90-00銭
・日経平均:始値22342.93円、高値22532.30円、安値22323.24円、終値22380.01円(前日比0.98円安)

FX為替ニュース

, , , , , , ,