タグアーカイブ: 対円レート

豪ドル・円:対円レートは反転、豪ドル買い・米ドル売り継続の影響も

20日のアジア市場で豪ドル・円はややしっかりとした動きを見せている。朝方に89円23銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えた関係で対円レートは反転。89円46銭まで戻す場面があった。現時点では89円40銭近辺で推移している。豪ドル・ドルは0.8000ドルから0.8026ドルで推移。ユーロ・円は133円73銭から134円02銭で推移している。
・豪ドル・円の取引レンジ:89円23銭-89円46銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートはもみあい、リスク選好的な円売りは一巡しつつあるとの見方も

13日のアジア市場で豪ドル・円はもみあい。クロス円取引に絡んだ円売りはやや少なくなっていることや米ドル高・円安が一服しており、リスク選好的な円売りは一巡しつつある。豪ドル・ドルの取引では0.80ドル台前半に豪ドル売りの興味が残されているものの、底堅い動きとなっている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.8011ドルから0.8039ドル。なお、ユーロ・円の取引レンジは131円73銭から132円02銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円22銭-88円46銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:米ドル高・円安の影響で対円レートは下げ渋る

11日のアジア市場で豪ドル・円は下げ渋り。米ドル・円相場が円安方向に振れたことが影響したようだ。豪ドル・ドルの取引でも豪ドル買いの興味が残されており、対円レートはやや底堅い動きを見せている。なお、ユーロ・円の取引レンジは129円99銭から130円36銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円10銭-87円32銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、米ドル安・円高進行の影響受ける

8日の豪ドル・円は反落。一時87円73銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れたことから、対円レートは反落。豪ドル・ドルの取引でも利益確定を狙った豪ドル売りが0.81ドル台前半で観測された。豪ドル・ドルの取引レンジは0.8043ドルから0.8125ドル。なお、ユーロ・円は129円47銭から1230円66銭で推移。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円99銭-87円73銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは上げ渋り、4-6月期GDPは予想をやや下回る

豪ドル・円は86円90銭近辺で推移。本日発表された4-6月期国内総生産(GDP)は前年比+1.8%で市場予想の+1.9%をやや下回った。ただし、想定外の数字ではないことから、リスク回避的な豪ドル売りは広がっていないようだ。豪ドル・円は86円84銭から87円19銭で推移。なお、ユーロ・円は129円37銭から129円68銭で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、米ドル安・円高進行の影響受ける

5日のアジア市場で豪ドル・円は反落。一時87円45銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れた関係で対円レートは反落した。豪準備銀行(中央銀行)は5日、政策金利を1.50%に据え置くことを決定したが、声明内容で「豪ドル高は生産・雇用などの見通しを圧迫する」との見解を伝えており、豪ドル買い・米ドル売りは一服した。豪ドル・ドルは0.7942ドルから0.7985ドルで推移、ユーロ・円は130円82銭から130円03銭まで下落。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円86銭-87円45銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:豪ドル買い・米ドル売り一巡の影響で対円レートは伸び悩み

31日のアジア市場で豪ドル・円は上昇一服。一時87円49銭まで買われたが、豪ドル買い・米ドル売りは一巡しており、この影響で対円レートは上げ渋っている。なお、ユーロ・円は130円93銭から131円44銭で推移している。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円09銭-87円49銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、アジア諸国の株高を好感した買いが入る

25日の豪ドル・円は反発。一時86円44銭まで売られたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことや米ドル・円相場が下げ渋ったことから、対円レートは反転した。中国株の上昇も好感されたようだ。豪ドル・ドルは0.7885ドルから0.7920ドルまで上昇した。
なお、ユーロ・円は129円50銭まで上昇したが、129円12銭まで反落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円44銭-86円82銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:米ドル・円相場の円高反転を意識して対円レートは弱含む

23日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。一時86円87銭まで買われたが、米トランプ政権株高が一服したことや米ドル・円相場が円高方向に振れたことから、86円31銭まで下落した。豪ドル・ドルは0.7918ドルから0.7883ドルまで下落。なお、ユーロ・円は129円12銭まで買われた後に128円65銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円31銭-86円87銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反転、米ドル高・円安の相場展開も影響との見方

22日のアジア市場で豪ドル・円は堅調推移。朝方に86円40銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことから、対円レートは反転。米ドル・円相場が底堅い動きを見せていることも対円レートの反発につながった。豪ドル・ドルは0.7932ドルから0.7951ドルで推移。なお、ユーロ・円は128円64銭から129円18銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円40銭-86円85銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは上げ渋り、地政学リスクに対する警戒感残る

21日のアジア市場での豪ドル・円は上げ渋り。朝方に86円76銭まで買われたが、米ドル・円相場に大きな動きがないことから、対円レートは上げ渋った。地政学リスクに対する警戒感が消えていないことも対円レートの上昇を抑える一因となったようだ。ここまでは豪ドル・ドルは0.7920ドルから0.7935ドルで推移、ユーロ・円は128円33銭から128円63銭で推移している。
・豪ドル・円:86円51銭-86円76銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:米ドル安・円高の相場展開の影響で対円レートは上げ渋る

18日の豪ドル・円はやや上げ渋り。朝方に86円03銭まで下げたが、豪ドル買い・米ドル売りのフローが増えたことから、豪ドルの対円レートは反転した。ただ、米ドル・円相場が円高方向に振れた関係で豪ドルの対円レートは上げ渋り、アジア市場の終盤にかけて86円40銭前後でもみあう展開となった。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7870ドルから0.7931ドル。なお、ユーロ・円は128円47銭から一時127円83銭まで下落した。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円03銭-86円49銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反落、7月正規雇用者数は減少

17日のアジア市場で豪ドル・円は反落。朝方に87円41銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れたことや7月の正規雇用者数が減少したことから、リスク選好的な豪ドル買いは一巡した。豪ドル・円は87円00銭まで下落している。豪ドル・ドルの取引では豪ドル買いのフローが入っているが、まとまった規模ではないようだ。なお、ユーロ・円は129円71銭から一時129円13銭まで下げている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは下げ渋り、豪ドル買い・米ドル売りのフローがやや増える

16日のアジア市場で豪ドル・円は下げ渋り。朝方に86円46銭まで下げたが、米ドル・円相場がやや円安方向に振れていることや、豪ドル・ドルの取引で豪ドル買いのフローがやや多くなっていることが要因。なお、ユーロ・円は129円76銭から一時130円01銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円46銭-86円74銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは反発、人民元相場の堅調地合いを意識した豪ドル買いも

14日の豪ドル・円は反発。アジア諸国の株高や対米ドルで人民元相場が堅調に推移していることを意識した豪ドル買いが観測された。米ドル・円相場が円安方向に振れたことも対円レートの上昇につながった。豪ドル・ドルの取引では豪ドル売りのフローが観測されたが、まとまった規模ではなかったようだ。なお、ユーロ・円は128円86銭から129円65銭まで買われている。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円03銭-86円63銭

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:アジア諸国の株安を嫌気して対円レートは伸び悩む

11日の豪ドル・円は伸び悩み。アジア諸国の株安を意識した豪ドル売り・米ドル買いが観測されており、対円レートの反発を抑えた。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7839ドルから0.7877ドル。欧米諸国の株式相場が続落する可能性があることも豪ドル売りを促した。なお、ユーロ・円の取引レンジは128円06銭から128円60銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:85円45銭-86円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆対円レートは上げ渋りか、地政学的リスク増大に対する警戒感残る[FISCO]

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは下落、地政学的リスク増大を警戒した豪ドル売り

9日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。北朝鮮は米グアム基地周辺に向けてミサイル発射を計画しているとの報道を受けてリスク回避的な豪ドル売り・円買いが観測された。豪ドル・ドルの取引でも豪ドル売りのフローがやや多かったようだ。米ドル・円相場が円高方向に振れたことも影響した。なお、ユーロ・円は129円76銭から一時128円72銭まで下げたが、現時点では129円23銭近辺で推移している。
・豪ドル・円の取引レンジ:86円29銭-87円36銭

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは弱含み、ドル・円相場の反落も影響

8日のアジア市場で豪ドルは弱含み。一時87円85銭まで買われたが、米ドル・円相場が円高方向に振れていることから対円レートは伸び悩んでいる。豪ドル・ドルの取引では豪ドル買いのフローが入っており、対円レートを下支えしている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7905ドルから0.7939ドル。なお、ユーロ・円は130円52銭から130円83銭で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

豪ドル・円:対円レートは上げ渋る展開

7日の豪ドル・円は上げ渋り。米ドル・円相場が円安方向に振れていることから、対円レートはアジア市場で88円02銭まで上昇した。ただし、豪ドル買い・米ドル売りのフローは増えていないことから、対円レートは上げ渋ってる。豪ドル・ドルは0.7910ドルから0.7949ドルで推移した。なお、ユーロ・円は130円22銭から130円63銭で推移。対円レートは下げ渋っている。
・豪ドル・円の取引レンジ:87円62銭-88円02銭

FX為替ニュース

, , , , , ,