タグアーカイブ: 好機

【見通し】市場の目=好機を捉えるメイ首相の英断 敵は内にあり

第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト・田中理氏

好機を捉えるメイ首相の英断 敵は内にあり

 英国のメイ首相は2020年に予定されていた総選挙を6月8日に前倒しで実施する意向を伝えた。議会基盤が脆弱で、選挙の洗礼を受けていないことが、メイ政権にとってのアキレス腱。離脱協議への影響が少なく、最大野党の労働党が党勢回復に苦しむ今が千載一遇のチャンスと考えたのだろう。前倒し選挙で議会基盤を強化することに成功すれば、保守党内の離脱強硬派の発言力を封じ込めることができる。単一市場から完全な離脱(ハード・ブレグジット)を進める政府の方針に変わりはないが、合意のないままEUを離脱する“クリフエッジ”のリスクは低下する。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など7通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年7月1日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

米製造業の国内回帰、中国のメキシコ投資に好機=ICBC幹部

[アカプルコ(メキシコ) 24日 ロイター] – 中国工商銀行(ICBC)メキシコ支店のYaogang Chen代表は、米製造業の国内回帰を掲げるトランプ大統領の政策を受けて、中国企業によるメキシコ投資の道が開けるとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

インタビュー:来期も鋼材値上げへ、マージン改善の好機=新日鉄住金副社長

[東京 16日 ロイター] – 新日鉄住金 の栄敏治副社長はロイターとのインタビューで、2018年3月期も鋼材マージンの改善に取り組む意向を示した。鋼材の需給にタイト感が出るなど環境が整う中、割安感が強い日本の鋼材価格を引き上げたい考え。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

今が物価目標達成の好機、上振れ期待も=12月日銀会合の主な意見

[東京 29日 ロイター] – 日銀が今月19━20日に開いた金融政策決定会合では、米大統領戦後のトランプ相場を背景に、現行の「イールドカーブ・コントロール(YCC)」政策が円安を通じた物価引き上げ効果を増幅するとの見方や、物価が上振れることへの期待が示されていたことが、29日に公表された「主な意見」で明らかになった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

トランプ政権景気刺激策、日産ゴーン氏「米市場上振れの好機」

[ニューヨーク 17日 ロイター] – トランプ次期米政権の景気刺激策について、日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は17日、米自動車市場が上振れる好機が到来すると予想した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

アングル:中国の地価軟化、「地王」には購入拡大の好機

[香港 3日 ロイター] – 中国の住宅市場は、規制強化に踏み切る都市が相次いだため価格高騰が一服する兆しが出ている。しかし不動産を高値で買いあさる「地王(ランドキング)」と呼ばれる業者は地価の緩みを好機ととらえ、購入拡大に動こうと身構えている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

地域金融機関向けの新指標、担保依存から変わる好機=麻生金融相

[東京 16日 ロイター] – 麻生太郎財務・金融担当相は16日の閣議後会見で、地域金融機関の融資姿勢などを客観的に評価するために金融庁が導入した新指標(ベンチマーク)について、担保や保証に依存し過ぎた融資から転換するチャンスになると述べた。日銀のマイナス金利政策に銀行界などから批判の声が上がっていることについては「金融政策は日銀に委ねられるべきだ」と指摘した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

アングル:日本企業に狙い定める空売り筋、アベノミクスで好機

[香港 19日 ロイター] – 中国株などの空売りで名を挙げたファンドや調査会社が、今度は日本企業に狙いを定めている。株式持ち合いによる居心地の良さを享受してきた日本企業は、最近まで企業統治を厳しく検証されることが少なかった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英不動産相場の下落、アジアの投資家には好機

[香港 7日 ロイター] – アジアの金融機関や裕福な投資家の一部が、投資対象としてロンドンの不動産に目をつけている。英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで不動産市場は混乱したが、ポンド急落などの要因を踏まえると投資の好機だとみているようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

日産ゴーン社長、三菱自との提携「危機を好機に」 報酬10億円超

[横浜市 22日 ロイター] – 日産自動車は22日、横浜市で株主総会を開いた。カルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO)の2016年3月期の役員報酬が10億7100万円だったと明らかにした。15年3月期の10億3500万円から3.48%増え、2年連続で10億円を突破した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 厳しい局面も仕込みの好機

6月はリバースアベクロ砲がさく裂、厳しい局面も仕込みの好機

 16日の日経平均は急落。FRBが政策金利の据え置きを決めた。また、日銀もマイナス金利など、現状維持を決定したことで失望感が市場全体を包み込んだ。円が急伸したことで、トヨタやダイキンといった輸出主力株を中心に、三井不やNTTなどほぼ全面安。一部には、信用の追い証対策として換金売りなどが出たようだ。2/12以来、約4カ月ぶりの安値水準で取引を終えた。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり57/値下がり1883と値上がり銘柄はごくわずか。業種別では全33業種が下落と全面安となったが、なかでも不動産株が後場に入り売られ、三井不、住友不、東急不などが大幅安となった。急速な円高進行で富士重やマツダなど自動車株も軟調。一方、マイナス金利拡大への懸念があったメガバンクなどは下げが限定的となった。新興市場ではそーせいやブランジスタ、ジグソーなどが大幅安となり、マザーズ指数は7%の下落となった。そのようななか、業務提携を発表したモブキャストとマイネットがそろって買われ、モブキャストはストップ高。森下仁丹にがん治療ワクチンの開発・製造・販売権を許諾したアンジェスMGがストップ高まで買われ、森下仁丹も大幅高となった。きょう新規上場の農総研は日銀の緩和見送りで市場全体が急落するなか、後場早々に初値がついたが、すぐさま買いが入り、値幅上限まで買いを集めた。

 今月1日、夕方の安倍首相会見を前に、後場から円高が進行し、日経平均は279円安となり17000円を割り込んだ。会見では期待された大型補正など具体的な経済対策への言及はなく、翌2日は393円安。直前まで増税延期を好感して上昇していた流れを帳消しにした。そしてきょうは、日銀が金融政策の現状維持を発表。失望から株価は急落して485円安となり、4月8日につけた安値を割り込んだ。6月に入り、安倍首相と黒田日銀総裁のアクションが、日経平均を1100円超押し下げたことになる。弱り切った日本株に、リバースアベクロ砲がさく裂した。

 日経平均が4月安値を割り込んだことに加え、ドル円も105円を割り込んだことから、しばらくは厳しい展開が想定される。23日の英国民投票までは株価上昇が期待できる材料に乏しく、FOMCを通過しドル安も進んだ米国株が持ち直してくれるかどうかに期待がかかる。難しい局面ではあるが、長くこう着を極め非常に動意に乏しかった日本株に、下げとはいえ大きな動きが出たことは投資のチャンスではあり、ひるまず市場をくまなくチェックして、次のトレンドをつかみたいところ。為替はきょうの動きを受け、円高方向に勢いがつきやすいことから、まずは内需の好業績銘柄や、安定業績が期待でき、バリュエーション面でも割安感がある銘柄に押し目買いが入りやすいと予想する。また、高配当銘柄や株主還元強化銘柄なども有望と考える。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 波乱の予感漂うも押し目は買いの好機

円高進行で急落、波乱の予感漂うも押し目は買いの好機

 1日の日経平均は6日ぶり大幅反落。朝方は欧米株安や円高を背景に利益確定売りが先行したが、押し目買いなどで底堅く推移した。後場中頃には円高が加速したことや、夜には米ISM製造業景況感指数や米地区連銀経済報告(ベージュブック)の発表を控え、持ち高調整の売りなどで一時300円を超える下げ幅となった。全業種が値下がりし、特に水産・農林、鉄鋼、電気・ガスの下げが目立った。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり473/値下がり1350と売りが優勢。NECがTOBを発表した航空電子が大幅高で東証1部値上がり率トップ。LINE上昇観測を受け、アドウェイズやメディア工房、アイフリークなど関連と目される銘柄が賑わった。ほか決算が好感されたはてなや、自己株取得を発表したキューブシステム、LINK&Mなどが大幅高となった。一方、業績下方修正を発表したアルチザが大幅安。決算が失望となったACCESSが大きく売られた。特設注意市場銘柄の継続が伝わったエナリスは売りが殺到し、ストップ安比例配分となった。

 きょうは弱いながらも底堅い動きが続いていたが、14時あたりから為替が急速に円高方向に振れ、市場のムードがガラリと変わった。特段為替を動かす材料のなかったなかで大きな動きが出たことから、株式市場も鋭く下に反応、取引時間中には円高の流れが止まらず、日経平均は安値圏で終えた。5日続伸で売りが出やすかったタイミングではあるが、嫌な下げ方ではある。今週はOPEC総会や米雇用統計など、原油や為替のトレンドに影響を与えそうなイベントが多く、これらの動きしだいでは、市場はリスクオンにもリスクオフにも傾きやすい。今晩の欧米市場で極端にリスクオフの動きが出ないかどうかが注目で、特に原油価格の動向を注視しておきたい。原油安、欧米株安となった場合、短期的には売り方が勢いを増す展開も想定される。

 とはいえ、先週からの上昇で日経平均はもみ合いを上に抜けてきており、基調としては上向き。ドル円も円高に振れたとはいえ、25日線よりは上で推移しており、こちらも円安基調は続いている。テクニカル面では、25日線(16756円、1日時点、以下同じ)や13週線(16675円)が控える16600〜16700円あたりが下値のめどと考える。欧米市場が弱い動きとならなければ、きょうの下げはスピード調整との見方から一気に戻す展開も期待できる。重要イベント満載で指数は荒い動きとなりやすいが、安倍首相も消費増税を延期する以上、経済に軸足を置いた運営を行うはずで、ここからの押し目は買いの好機と捉えたい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]ネコによる為替アナリスト「かわせアニャリスト」就任を記念して、新たなG-1 BATTLE始まる!
●キャンペーン期間:
2016年5月2日(月)午前7時00分〜2016年7月2日(土)午前5時55分
上記キャンペーン期間内に所定のフォームよりエントリー、同期間中に所定のLot数以上のお取引をされたお客様のうち、所属チーム(全2チーム※1)内での取引損益(スポット損益)合計または取引Lot数合計の上位者に、順位等に応じて賞金または賞品を進呈※2※3!
詳細はこちら→http://bit.ly/1T9V1Ir

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

インタビュー:世界的な利回り低下は長期化、選別投資の好機=インベスコ

[東京 30日 ロイター] – 米運用会社大手インベスコ債券部門、インベスコ・フィックスト・インカム(IFI)のグレゴリー・マックリーヴィ最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、日・欧のマイナス金利政策や中国の景気減速などを背景に世界的な利回り低下は市場の大多数が予想するよりも長引くと指摘し、そのうえで選別投資の好機だとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,