タグアーカイブ: 好感

寄り付きの日経平均は反発、円安基調を好感

[東京 25日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比142円98銭高の2万0439円43銭となり、反発して始まった。朝方の外為市場で1ドル112円台半ば付近まで円安に振れたことに反応した。9月期末の権利付最終売買日を26日に控え、権利取りなどの買いが入るとの期待も支えになっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=円安進行を好感して堅調か

FOMCは市場の想定線、円安進行を好感して堅調か 

 東京市場は堅調か。FOMCでは大方の予想通り政策金利は据え置きとなり、10月からのバランスシート縮小開始の方針が示された。また、多くのメンバーが年内にあと1回の利上げを見込んでいることが判明した。米国株は声明文の内容をタカ派的と受け止め失速する場面があったものの、イエレンFRB議長会見を受けて持ち直す展開。ナスダック総合が下げたものの、ダウ平均とS&P500は上昇した。米長期金利は上昇し為替市場では円安が進行。ドル円は足元で112円30銭台で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて145円高の20285円、ドル建てが175円高の20315円で取引を終えた。

 足元で上げ基調にある日本株にとっては、FOMCの結果を受けた米国株が落ち着いた動きとなったことや円安の進行がポジティブ。きょうは日銀会合の結果発表が予定されているが、政策に変更がないことが確認できれば、日米の金利差拡大に対する思惑から円安・株高の動きが強まる展開も期待できる。FOMCが波乱の材料とならなかったことで下値不安は一段と払しょくされる可能性が高く、売り方の買い戻しも進みやすい。良好な地合いが継続し、上値追いの展開を予想する。日経平均の予想レンジは20250円-20500円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円111.40円まで上昇、米債利回りの上昇も好感

 ドル円は111.40円、ユーロ円は133.05円まで上値を伸ばし、ポンド円は151.40円近辺、豪ドル円は89.30円近辺でしっかり。時間外の米10年債利回りが2.21%台で上昇してスタートしていることも、ドル円の下支え。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

豪ドル・円:雇用関連指標の改善を好感して一時88円台後半まで上昇

14日の豪ドル・円は反発。本日発表された8月の失業率は5.6%で市場予想と一致したが、正規雇用者数は前月比+4.01万人となったことが好感された。全体の雇用者数は+5.42万人で市場予想の+2万人程度を大幅に上回った。労働参加率は65.3%に上昇した。雇用関連指標の改善を好感して豪ドルは強い動きをみせているが、豪ドル・ドルの取引では利食い目的の豪ドル売りが観測されている。豪ドル・ドルの取引レンジは0.7974ドルから0.8016ドル。なお、ユーロ・円のここまでの取引レンジは131円11銭から131円49銭。
・豪ドル・円の取引レンジ:88円13銭-88円74銭

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY原油先物は大幅続伸、原油需要見通しの上方修正が好感される

NYMEX原油10月限終値:49.30 ↑1.07
 13日のNY原油先物10月限は大幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比+1.07ドルの49.30ドルで取引を終えた。国際エネルギー機関(IEA)と石油輸出国機構(OPEC)は需要見通しを上方修正したことが好感されたようだ。外為市場でユーロ安・米ドル高が進行したが、特に意識されなかった。OPEC加盟国と非加盟国が2018年3月末の減産合意期限の延長について協議していることも買い材料となっていたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,