タグアーカイブ: 大幅続落

前場の日経平均は大幅続落、海外勢の売りが優勢

[東京 15日 ロイター] – 前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比208円93銭安の2万2171円08銭となり、大幅に6日続落した。前日の米国株が下落、為替は円高方向に振れるなど外部環境の悪化を嫌気し、幅広く売りが先行した。寄り付き前に発表された7─9月期実質国内総生産(GDP)は年率換算で7四半期連続のプラス成長となったが、内需の減速を懸念する見方もあり、株価の押し上げ材料にはならなかった。押し目買いで下げ渋る場面はあったものの、海外勢の売りが優勢で前場後半は再び下げ幅を広げた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

前場の日経平均は大幅続落、先物主導で300円超安

[東京 10日 ロイター] – 前場の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比316円65銭安の2万2552円06銭となり、大幅に続落した。米税制改革の先行き不透明感を背景に米主要株価指数が反落。その流れを引き継ぎ日本株にも朝方から売りが先行した。前日の日経平均が乱高下し投資家心理が萎縮する中、短期筋の先物売りが出て下げ幅が拡大した。押し目買いで下げ渋る場面もあったが、直近上昇した好業績株などに利益確定売りが出たほか、週末を控えたポジション調整売りもあり、前引けにかけて再び軟調な展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

寄り付きの日経平均は大幅続落、米株安を嫌気 SQ値上回って推移

[東京 10日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比288円01銭安の2万2580円70銭となり、大幅に続落して始まった。前日の海外市場では米税制改革の先行き不透明感を背景に米主要株価指数が反落しており、その流れを引き継いでいる。業種別ではゴム製品や、非鉄金属、空運などが安い。東証33業種のうち、鉱業と石油・石炭を除く31業種が下落している。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米税制改革への期待で安全逃避の買い縮小

COMEX金12月限終値:1287.80 ↓13.90
 27日のNY金先物12月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-13.90ドルの1オンス=1287.80ドルで取引終了。トランプ米大統領と共和党首脳部は税制改革の概要を発表したことが要因。米長期金利は上昇し、安全逃避の金買いは縮小した。27日発表された8月の米耐久財受注は市場予想を上回ったことや、外為市場で主要通貨に対するドル買いが優勢となったことも金先物の下落につながった。

・NY原油先物:反発、原油在庫は予想外の減少
NYMEX原油11月限終値:52.14 ↑0.26
 27日のNY原油先物11月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.26ドルの52.14ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した週間統計によると、先週の原油在庫は184.6万バレル減少していたことが要因。輸出は過去最高を記録した。ガソリン在庫は予想に反して増加した。原油在庫の減少は予想外だったが、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国による協調減産の大幅な延長に対する懐疑的な見方は残されているようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米税制改革への期待で安全逃避の買い縮小

COMEX金12月限終値:1287.80 ↓13.90
 27日のNY金先物12月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-13.90ドルの1オンス=1287.80ドルで取引終了。トランプ米大統領と共和党首脳部は税制改革の概要を発表したことが要因。米長期金利は上昇し、安全逃避の金買いは縮小した。27日発表された8月の米耐久財受注は市場予想を上回ったことや、外為市場で主要通貨に対するドル買いが優勢となったことも金先物の下落につながった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

エキファックスが大幅続落 システムの脆弱性について年初に既に指摘受ける=米国株個別

 米消費者信用調査のエキファックスが大幅に続落して始まっている。ハッキングによる不正アクセスが発覚 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

大幅続落、超大型ハリケーン接近で原油需要鈍化の思惑が再浮上

NYMEX原油10月限終値:47.48 ↓1.61
 8日のNY原油先物10月限は大幅続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.61ドルの47.48ドルで取引を終えた。超大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ州に接近しており、石油精製施設やパイプラインの稼働再開を見送る動きが広がっていることが要因。足元の原油需要は再び鈍化する可能性は高いとの見方が広がり、短期筋による売りが活発となった。米ドル安・ユーロ高がやや一服したことも多少意識されたようだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,