タグアーカイブ: 大幅続落

日経平均は大幅続落、下げ幅一時300円超 ポジション調整売り優勢

[東京 23日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は大幅続落した。米中通商問題や北朝鮮情勢を巡る不透明感が広がる中、短期筋とみられるポジション調整売りが優勢となり、下げ幅は一時300円を超えた。後場に入ると相場は落ち着きを取り戻し、安値圏でもみあう展開となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇を嫌気して1300ドルを下回る

COMEX金6月限終値:1290.30 ↓27.90
 15日のNY金先物6月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−27.90ドルの1オンス=1290.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1288.20ドルまで売られた。中東情勢の悪化を意識した安全逃避的な買いが観測されたが、米長期金利の上昇を受けて節目の1300ドルを下回った後はストップロスとみられる売りが執行されており、金先物の下げ幅は拡大した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は大幅続落、米長期金利上昇を嫌気して1300ドルを下回る

COMEX金6月限終値:1290.30 ↓27.90
 15日のNY金先物6月限は大幅続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比−27.90ドルの1オンス=1290.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1288.20ドルまで売られた。中東情勢の悪化を意識した安全逃避的な買いが観測されたが、米長期金利の上昇を受けて節目の1300ドルを下回った後はストップロスとみられる売りが執行されており、金先物の下げ幅は拡大した。

・NY原油先物:続伸、中東情勢悪化に対する警戒感高まる
NYMEX原油6月限終値:71.31 ↑0.35
 15日のNY原油先物6月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.35ドルの71.31ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時71.92ドルまで上昇した。中東情勢の悪化によって原油供給は停滞し、需給ひっ迫を招くとの見方が広がっている。米ドル高や米長期金利上昇を意識して原油先物の上げ幅はやや縮小したが、71ドルを大きく上回る水準で引けている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

寄り付きの日経平均は大幅続落、ハイテク株が売られる

[東京 3日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比273円10銭安の2万1115円48銭となり、大幅続落で始まった。前日の米国株市場では米中貿易摩擦に対する懸念が高まるなかハイテク株が下落し、主要3指数が急落した。その流れを引き継ぎ東京市場でも東京エレクトロン、ファナックなどの電機セクターに売りが先行している。寄り後に日経平均の下げ幅は300円を超えた。業種別ではその他製品、金属製品なども安い。半面、電気・ガスはしっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , ,