タグアーカイブ:

ドル円110.80円の壁を超える、米10年債利回りは3.10%台

 ドル円は米経済指標発表後2度にわたって超えることが出来なかった110.80円の壁を超えて、110.83円まで上値を広げている。米10年債利回りは再び3.10%台に乗せていることも、ドル円を支えている。ユーロドルも1.1787ドル前後と、ドル高・ユーロ安水準に振れている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-22500円の壁を突破し7週続伸、上昇の余韻が残り来週も堅調か

11日の日経平均は大幅続伸。欧米株の上昇を好感して22500円を上回って始まり、買いが買いを呼ぶ展開。早々に22700円台に到達した。急ピッチの上昇にいったんクールダウンしたものの大きくは崩れず、堅調な地合いは続いた。後場に入ると一段と強含み、22700円近辺での高値もみ合いがしばらく続いた。週末でも売り圧力は限定的であったことから、終盤にかけてはじわじわと買いが入り、引け間際に高値をつける強い上昇となった。一方で新興市場は終日軟調となった。業種別では精密機器、パルプ・紙、機械などが上昇しており、鉱業、石油・石炭、ゴム製品などが下落している。決算銘柄が派手な動きとなり、千代田化工建設や住友林業が後場に入って大幅高。ヒラノテクシードはストップ高まで買われた。反面、レオパレス21や旭化成、大日本住友製薬などが後場に大きく値を崩した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1325/値下がり696と買いが優勢。主力どころではパナソニックやKDDI、スズキなどが決算を受けて大幅上昇。太陽誘電は商いを集めて急伸した。河合楽器やオリジン電気はストップ高まで買われた。また、米国でハイテク株に買いが入ったことから、東京エレクトロンや村田製作所などに資金が向かった。一方、そーせいが決算を受けて大幅安。ミクシィは大幅減益見通しながら買いが先行したものの、失速して下げ加速と、マザーズの主力2銘柄の動きがさえなかった。ほか、国際帝石やSUBARU、平田機工などが決算を受けて大きく売られる展開。中期経営計画を下方修正したみらかHDが急落した。

 企業決算を多く消化する今週は、日本株にとってターニングポイントになる可能性があったが、金曜日に上げ幅を広げる形で週間上昇で終えた。心理的節目の22500円を大きく上回り、5日線や26週線など、テクニカルの節目も大きく上回った。きのうまでは22500円近辺のもみ合いが続いたため、まだ過熱感は強くなく、この先、調整する場面があったとしても、買い遅れた投資家の押し目買いが入ると期待できる。円安でないと日本株は上がらないという印象も強かったが、きょうは円安一服でも買いが入った。ピークが警戒された米国株も、決算発表を無難に消化し、足元では主力のアップルに強い動きが続くなど、良い動きも見られる。来週にかけてはリスクオンの様相が強まる可能性がある。

【来週の見通し】
 堅調か。決算は後半に保険株などが控えているものの、週前半でおおむね一巡する。そのため、やや手がかり難とはなるが、今週の日経平均がもみ合いから上に放れた格好となったことから、先高期待が高まる展開を予想する。為替や米国株など、外部環境の影響を受けやすい地合いにはなるだろうが、その外部環境が非常に良い。米国では小売売上高や住宅着工、鉱工業生産など、重要指標の発表が多い。直近では弱めの4月消費者物価指数が米国株の上昇要因になったが、内容が良ければ良好なファンダメンタルズを好感、悪ければ利上げ加速懸念後退で、米国株は良いとこ取りの上昇が続く可能性がある。為替も良好な指標にはドル買いで反応するであろうから、ドル円の110円台乗せの展開にも期待でき、そうなれば日本株の買い安心感が一段と強まる。今週の上昇の余韻が残り、好材料への反応が強く出ることで、しっかりの地合いが続くと考える。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-下げ渋るも26週線は壁に、東京エレクの好決算で半導体は復活なるか

25日の日経平均は反落。キャタピラー株の急落などを嫌気してダウ平均は400ドル超の大幅下落。これを受けて3桁下落からのスタートとなった。下値ではいったん押し目買いが入ったものの、景気敏感系のセクターが軒並み売られたことに加え、決算を発表した日本電産の株価がさえなかったことなどから、戻り売りに押された。しかし、後場に入ると落ち着いた動きとなり、マイナス圏での推移は続いたものの、値を戻す展開に。ドル円が一段と円安に振れたことも安心材料となり、下げ幅を2桁に縮めて高値圏で終えた。業種別では電気・ガス、ゴム製品、食料品などが上昇しており、機械、鉱業、石油・石炭などが下落している。後場に良好な決算を発表したJFEシステムズが急騰。反面、1Q大幅減益のキヤノンMJは終日売りが優勢で、大幅安で年初来安値を更新した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1077/値下がり894と日経平均は下げたものの買いが優勢。業績好調銘柄は軟調相場でも強い動きを見せており、日立ハイテクや新日本無線、積水化成などが決算を手がかりに大幅上昇。上方修正を発表した鉄建建設やKIHDなどが買いを集めた。セガサミーは証券会社の投資判断引き上げを受けて大幅高。統合新会社の業績観測記事が好感されたサムシングHDはストップ高まで買われた。一方、キャタピラー大幅安への警戒からコマツや日立建機が大幅安。製薬大手シャイアーの買収が合意に至ると伝わった武田は大きく売られる展開となり、商いも膨らんだ。総合メディカルやモバファクが決算失望で急落。HEROZは場中は値がつかずストップ安比例配分となった。きょうの上場銘柄は、アイペットは高い初値をつけたものの失速。ベストワンは買い殺到で初値は持ち越しとなった。

 米キャタピラーが良好な決算を出しても急落した。国内でも日本電産の決算後の反応は売りとなった。また、カシオやキヤノンMJなど、中堅どころの銘柄も業績関連のリリースで叩き売られた。日米とも年初からの株安で調整は進んだと思われたが、これらの動きを見ると、まだそうとは言い切れない。日経平均は下げ幅は縮めたものの、26週線(22354円、4/25)に迫ったところで、きょうはタッチもできず上値が抑えられた。早いうちにこの水準を抜けないようだと、次第に上値が重くなる可能性がある。足元では円安が支えとはなっているが、米国株が下げ続ける中でのドル高・円安は長続きしない。米株安でリスクオフが意識されれば円高になるし、トランプ大統領のつぶやきや米国の要人発言がドル高を修正する可能性もある。ドル円の方も26週線が109円50銭近辺に位置しており、日経平均とドル円がともに26週線で戻り一服となる展開はあり得る。

 あすは東京エレクトロンの決算反応が注目される。きょう引け後に出てきた決算は、着地は上振れ、増配も発表し、今期は30%営業増益計画と好内容。値がさ株ではあるがPER面での割高感は乏しく、この決算ならスカッと上昇してほしいところ。ただ、半導体株は足元では世界的に売りに押されているだけに、ポジティブな反応が続かない懸念もある。きょうは下げ相場の中で内需が踏ん張ったが、足元で円安が進行していることを鑑みると、外需に元気になってもらいたいところ。同社が強い上昇となれば、半導体株の見直し機運が強まる可能性はあり、そうなれば全体にも好影響が期待できる。決算発表本格化のタイミングで半導体株が息を吹き返すのなら、前述の戻り一服への警戒は無用の心配となり、指数は26週線上抜けから上昇基調を強める展開を予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=ボリンジャーバンド上限が壁に

参考レート  83.27円  4/17 3:08

パラボリック  81.45円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    83.18円 (前営業日82.96円)
21日移動平均線   82.08円 (前営業日82.01円)
90日移動平均線   85.14円 (前営業日85.16円)
200日移動平均線  86.32円 (前営業日86.33円)

RSI[相体力指数・14日]
 55.33%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  83.69円
2σシグマ[標準偏差]下限  80.49円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  0.03  vs  -0.26  MACDシグナル [かい離幅 0.28]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]2大高金利通貨スプレッド縮小キャンペーン!
当社では南アフリカランド/円、トルコリラ/円のスプレッド縮小キャンペーンを本年6月30日(土)まで提供します!
●南アフリカランド/円: 1.3銭 ⇒ 1.0銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-強い円安なければ22000円は壁か、新興市場に妙味あり

14日の日経平均は反落した。米ハイテク株の下落やティラーソン米国務長官の解任で米朝間の緊張が再び高まるとの懸念や、森友問題に絡む国内政治の停滞懸念が手控えムードにつながった。米株先物の下げで先物への売りが誘発され、円高が進行する悪循環の相場展開となった。業種別での値上がりは水産・農林や倉庫・運輸関連、電気・ガスなど。値下がりでは鉱業やその他製品、海運、小売などの下げが目立った。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり708/値下がり1262。売買代金上位では、東京エレクやSUMCOが利益確定売りで下落したほか、ファストリの下げが日経平均を41円程度押し下げた。コマツやSMC、KDDIなども軟調。値下がり率上位では、通期営業利益を上方修正も市場コンセンサス下回ったKIMOTOが大幅安。DLEや日本電子などは前日の反動で下げた。
 一方、ソニー、ヤクルト、キーエンスが上昇。安川電は後場も上げ幅を広げ高値引けとなった。新興市場はマザーズ指数、日経ジャスダックとも小幅高で終えた。

 森友問題の政局への影響や、ティラーソン米国務長官解任による米朝間の緊張感の高まり、ポンペオCIA長官が対中強硬派であることへの警戒など、手控え要因を挙げるときりがない。
 きょうの日経平均は200円を超す下げ幅となる場面があったが、指数寄与度の大きい銘柄の下げに影響された感が強く、実際見るべきところは前日安値を下回っていないTOPOXの7.8ポイント安であろう。相対的に弱い日経平均を見ても、25日線がようやく下げ止まり、同線がサポートになるかの正念場にきている。だた、ダウ平均とは違い日経平均は戻り売りを浴びやすい水準(22000円以上)手前で推移しており、強い円安方向への動きでもない限りは上値も重い展開がしばらく続きそうだ。
 一方、マザーズ指数は日経平均に先駆して、今週に入り2月下旬に付けた戻り高値を更新している。きょうの後場の新興市場の動きをみても感じる通り、しばらくは小型株優位の展開が予想される。
 あすはマザーズ市場に神戸天然物化学(6568)が新規上場(IPO)する。医薬医療分野と情報電子分野向けの有機化学品の製造受託を手がける。今年のIPOは再開から力強い展開が続いており、相場全体の方向感に欠けるなかで短期資金を集めそうだ。
 米国では米3月NY連銀景気指数、米3月フィラデルフィア連銀景気指数などの発表が予定されており、米3月ISM製造業景況指数の先行指標として重要となる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【テクニカル】ポンド円テクニカル一覧=21日移動平均線が壁になるか

参考レート  148.30円  3/10 1:27

パラボリック 144.99円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    147.43円 (前営業日146.91円)
21日移動平均線   148.65円 (前営業日148.78円)
90日移動平均線   150.88円 (前営業日150.89円)
200日移動平均線  147.96円 (前営業日147.93円)

RSI[相体力指数・14日]
 46.29%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  151.31円
2σシグマ[標準偏差]下限  145.81円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  -1.22  vs  -1.26  MACDシグナル [かい離幅 0.04]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル・円:ドル・円はもみあい、日本株高も107円が壁に

 27日午前の東京市場でドル・円はもみあい。日本株高を意識して円売りがやや優勢となる場面があったが、節目の107円が壁となり、107円10銭まで買われた後は伸び悩んだ。
 ドル・円は、前日の米株高を背景に日本株高が観測され、朝方からドル買い・円売りが進んだ。日経平均株価が前日比300円超高となった場面では一時107円10銭まで上昇したが、その後は利益確定売りに押された。
 ランチタイムの日経平均先物はプラス圏維持もやや失速。目先の日本株高は継続が見込まれるものの、上げ幅縮小の見方から円売りは弱まろう。今晩の米議会証言が意識され、107円付近でドルが上昇を阻止される展開が続きそうだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円79銭から107円10銭、ユーロ・円は131円68銭から132円08銭、ユーロ・ドルは1.2309ドルから1.2343ドルで推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円はもみあい、日本株高も107円が壁に

27日午前の東京市場でドル・円はもみあい。日本株高を意識して円売りがやや優勢となる場面があったが、節目の107円が壁となり、107円10銭まで買われた後は伸び悩んだ。
ドル・円は、前日の米株高を背景に日本株高が観測され、朝方からドル買い・円売りが進んだ。日経平均株価が前日比300円超高となった場面では一時107円10銭まで上昇したが、その後は利益確定売りに押された。
ランチタイムの日経平均先物はプラス圏維持もやや失速。目先の日本株高は継続が見込まれるものの、上げ幅縮小の見方から円売りは弱まろう。今晩の米議会証言が意識され、107円付近でドルが上昇を阻止される展開が続きそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円79銭から107円10銭、ユーロ・円は131円68銭から132円08銭、ユーロ・ドルは1.2309ドルから1.2343ドルで推移した。

【要人発言】
・ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事
「金融政策正常化の影響は不確実」
・ロバートソンNZ財務相
「強いNZドルは強い経済を反映」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

国境の壁と歯医者さん

「国境の壁と歯医者さん」

Thousands of Americans and Canadians travel to Mexico every year to get dental work done for much less than it would cost them at home.

Some return home completely satisfied with the treatment they received and the money they saved but for others, the experience can be very different.

With that in mind, the Canadian television network CTV posed the question: how risky is dental tourism?

“The only real guarantee is that there are no guarantees,” a CTV newscaster said when introducing the story.

Dr. Vikram Grewal, a dentist from Kelowna, British Columbia, told CTV that he has seen both good and bad dental work that was completed in Mexico.

The unlucky ones who receive substandard care can end up having to pay much more in the long run, Grewal explained. He cited an example of one of his patients who flew to Mexico to get her teeth capped.

While on first inspection it appeared that the work had been completed successfully and to a high standard, looking more closely revealed otherwise.

The glue that we use to bond to the tooth was not removed properly,” Grewal said.

The leftover grey cement will not only create an unsightly line at the top of the woman’s teeth but will also irritate her gums and make them recede, the dentist said.

Another dentist and spokesperson for the British Columbia Dental Association also said that he had seen dental work of varying quality that was completed in Mexico, but highlighted one case where the treatment a patient received was completely bungled.

“I had a patient who went to Mexico, had a root canal done, they’d actually done a root canal on the wrong tooth,” Dr. Bruce Ward said.

Again, the patient was left facing additional costs to deal with the original problem.

“What’s he going to do? Go back and demand his money back?” Ward questioned.

“Nobody is saying do not go because there are great dentists everywhere, it’s [a matter of] finding that dentist who can do good work,” he added.

Valerie Crooks, a health geographer at Simon Fraser University who specializes in medical tourism, said that going to Mexico for dental work is “a buyer beware scenario.”

But she also stressed that not all dental tourism ends in disaster, adding that attention focuses on horror stories when in fact many patients are more than satisfied with the care they receive.

For people considering going to Mexico for dental treatment, Crooks said, carrying out research beforehand is essential.

“If you’re going to be using a broker or a third party who’s going to be booking for you, understand who they are [and] what their interests are,” she said.

Crooks also recommended having a contingency plan in case something does go wrong.

Dr. Ward gave similar advice: “Get clear on what you need before you go, get a treatment plan and get a dentist to tell you that.”

One of the most popular places for patients seeking dental treatment south of the United States border is Los Algodones, Baja California, where there are more than 500 practicing dentists.

Research completed by a Simon Fraser University doctoral student found that the influx of medical tourists to the town nicknamed “Molar City” brought a lot of economic benefits but also contributed to exploitative working conditions and discriminatory practices for employees in dental clinics.

FX為替ニュース

, , , , ,

米予算教書、国防費拡大や「壁」建設費要求 社会保障などは圧縮

[ワシントン 12日 ロイター] – トランプ米政権は12日、4兆4000億ドル規模に達する2019会計年度(18年10月─19年9月)の予算教書を公表した。国防予算の拡大に加え、大規模なインフラ投資に向けた拠出、メキシコ国境の「壁」建設費などが盛り込まれた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

トランプ大統領とNAFTA、壁は

(トランプ米大統領とNAFTA)

 トランプ米大統領は一般教書演説で、NAFTAからの離脱の意向を正式に表明する計画はないと米政府の計画に詳しい関係者が明らかにした。
  大統領は、スイスのダボスで、合意の「十分な可能性」があると思うと発言したが、議論が米国に好ましい結果とならなければ依然として離脱する公算があるとも示唆した。

(トランプ大統領と壁)

トランプ米大統領は一般教書演説で、移民制度について「民主・共和両党と手を携え協力する」と述べ、協調を呼びかけた。これまで移民排斥を訴え分断をあおってきたトランプ氏が突然融和姿勢を打ち出したのは、11月の議会中間選挙を控え、メキシコ国境の壁建設などの公約の実現のために民主党への妥協が不可欠と判断したためだ。

 

FX為替ニュース

, , , ,

米ドル独歩安、年初から トルコにも引き離される、首位は壁の向こうのメヒコ 

    2017年 2018    
    12月29日 1月24日
1位 メキシコペソ円 5.73 5.9 0.17 2.97
2位 ポンド円 152.14 155.46 3.32 2.18
3位 ランド円 9.11 9.21 0.10 1.10
4位 NZドル円 79.85 80.24 0.39 0.49
5位 豪ドル円 87.92 88.15 0.23 0.26
6位 ユーロ円 135.21 135.52 0.31 0.23
7位      
8位 スイス円 115.6 115.5 -0.10 -0.09
9位 人民元円 17.29 17.19 -0.10 -0.58
10位 カナダ円 89.61 88.54 -1.07 -1.19
11位 トルコリラ円 29.64 29.2 -0.44 -1.48
12位 ドル円 112.67 109.23 -3.44 -3.05

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ランド/円、「8.40円前後の壁」突破なるか

ランド/円相場は、先月13日に7.70円台まで下落した後は堅調に推移。今月に入り日足の一目均衡表の雲を突破すると、8.40円手前まで続伸しました。その後下押したものの雲上限付近で下げ止まっており、後述する抵抗ゾーン突破に期待が掛かります。

8.40円前後には200日移動平均線(執筆時8.376円)や、今年3月と7月の高値を結ぶレジスタンスライン(今週は8.40円台前半)など、重要な目標値が複数位置しています。足下の勢いに乗ってこれらを突破できれば上値余地が拡大する公算です。その場合、5月~7月にかけて上値抵抗となった8.70円台に向けた一段高も考えられます。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【テクニカル】豪ドル円テクニカル一覧=21日移動平均線が壁に

参考レート  85.32円  12/2 5:36

パラボリック  84.37円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    84.87円 (前営業日84.79円)
21日移動平均線   85.81円 (前営業日85.93円)
90日移動平均線   87.27円 (前営業日87.30円)
200日移動平均線  85.92円 (前営業日85.92円)

RSI[相体力指数・14日]
 41.89%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  87.79円
2σシグマ[標準偏差]下限  83.67円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  -0.69  vs  -0.72  MACDシグナル [かい離幅 0.03]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(松井)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,