タグアーカイブ: 基調

【見通し】株式明日の戦略-6日ぶり反落も底堅い動き、来週も戻り基調は継続か

20日の日経平均は6日ぶり小幅反落。米国のハイテク株安を嫌気して売りが先行したが、下げ幅を3桁に広げたところでは押し目買いが入り、早々に下げ渋る展開。米国同様にハイテク株は軟調となったが、内需や市況関連が強く、前場で値を戻してプラス圏に浮上した。後場は改めて売りに押されて下げに転じた。大きく崩れることはなく、終盤にかけては下げ幅を縮めてプラス圏に戻しそうな動きも見せた。しかし週末で手控えムードも強い中、戻しきれず小幅安で終えた。業種別では海運、その他製品、保険などが上昇し、金属製品、医薬品、機械などが下落した。3Q決算と増配が好感されたゲンキードラッグが急騰。反面、利益見通しの上振れを発表したインソースは、買いが先行したものの続かず、マイナスに転じた後は下げ幅を大きく広げた。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり989/値下がり978と売り買いはほぼ均衡。「ニンテンドーラボ」の発売日で業績期待が高まった任天堂が大幅上昇。米長期金利上昇で金融株に買いが入り、中でもマネックスGやSBIなど証券株の一角が買いを集めた。大型受注の獲得を発表したインスペックや、証券会社が投資判断を引き上げたコーナン商事が大幅高。ブロックチェーン事業の立ち上げを発表したソフィアHDは一時ストップ高まで買われるなど急伸した。一方、スクリーンやディスコ、信越化学など半導体関連が大幅安。買収報道が嫌気された武田が大きく売られた。KOAは決算が失望材料となって急落した。きょうマザーズに新規上場したHEROZは大幅買い越しで初値は持ち越しとなった。

 少し前までは地政学リスクと円高を警戒する地合いが続いていたが、地政学リスクに関しては、シリアと北朝鮮の両方で懸念が後退し、ドル円に関しても非常に落ち着いた動きが続いた。そしてきょうはハイテク株が軒並み大幅安となりながら、日経平均はわずか28円の下落にとどまった。半導体株は売られなかったわけではなく、大きく下げた。にもかかわらずこの底堅い動きは、指数が上に行きたがっている証左と考える。週前半のマザーズ銘柄の急落なども、リスクオン相場の終了ではなく、中小型株から大型株への資金シフトと見て良さそうだ。ただ、ハイテク、特に半導体関連などは、ここからの上昇に乗り切れない可能性があると考える。半導体株はきょうは台湾TSMCの業績が下げ要因となったが、米アップルのニュースなどにも影響を受けやすい。好循環の時には、自身の決算で上げ、他社のニュースでも上げ、半導体関連指標の上昇でも上げといった流れが続きやすいが、足元では逆回転も想定しておく局面。きょうのように、関連ニュースに足を引っ張られることも多く出てくると予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=手がかり難も戻り基調は継続か

東京市場は堅調か。先週末は米国含め主要市場が休場で新たな手がかりには乏しい。ドル円は足元で106円台30銭台近辺で推移しており、比較的落ち着いている。先週の日経平均は週間で800円を超える大幅高と、前週の急落からしっかり値を戻しており、地合いの改善を好感した買いが続く可能性が高い。寄り前には3月調査の日銀短観が発表される。注目度の高い指標であり、初動はこれへの反応が大きくでる可能性もある。ただ、厳しい内容であったとしても、悪材料の織り込みが進んで下値は限定的であろうし、良ければ素直に強い反応になると考える。ただ、休場明けの米国株の反応を見極めたいとの見方も強いであろうから、上では戻り売りも出やすい。場中の指数は上下に振れる可能性はあるが、終値は21500円近辺に収れんすると予想する。日経平均の予想レンジは21350円-21600円。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 円高・株安への警戒和らぐ、来週は戻り基調が継続か

30日の日経平均は大幅続伸。米国株高を好感して買いが優勢の展開。このところ売り込まれていた東京エレクトロンやSUMCOなどに押し目買いが入り、前場は200円超の上昇で終えた。後場に入ると買いの勢いが一段と強まり、心理的節目の21500円を上回った。その後は到達感からいったん伸び悩んだものの、引けにかけては盛り返した。東証1部の売買代金は概算で2.1兆円と商いは低水準。業種別では海運、非鉄金属、ガラス・土石などが上昇しており、電気・ガス、銀行、医薬品などが下落している。1Q好決算のスター・マイカが大幅上昇。反面、下方修正を発表したバーチャレクスが急落した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1492/値下がり536と買いが優勢。証券会社が投資判断を引き上げた三菱地所が大幅上昇。上方修正と増配を発表した一工薬が急伸した。郵船や熊谷組は中期経営計画が好感されて大幅高。サンケイリビングの子会社化を発表したRIZAPが値を飛ばした。リスク選好ムードが強まる中、新興市場の選好が強まり、神戸天然物化学やSOUなど直近上場株に値幅を求めた短期資金が流れ込んだ。一方、カプコンは証券会社の投資評価引き下げを受けて大幅安。NaITOは決算が売り材料となって急落した。長期金利低下で金融株が弱く、特に地銀株には値下がり銘柄が目立った。きょう新規上場のリビング保証の初値は持ち越し、2日目で初値をつけた和心はその後はもみ合いとなり、3日目初値のアジャイルは、初値形成後は売りに押された。

 一週間前の3月23日、日経平均は974円安と大幅下落となった。テクニカル面でも200日線を割り込み、底割れが意識されたが、今週は週間で836円高と大幅反発。23日の安値20347円からは1000円以上上昇し、再び200日線(21329円、3/30)を上回った。ドル円も105円を割り込んだ後、鋭角的に切り返しており、円高と株安の2つの警戒が払しょくされた週となった。大きく崩れた翌週にしっかり反転したことから、この先は戻り基調が続くと予想する。ただ、直近上場株の異様な強さには違和感がある。大型株がひと通り買われて上を追いづらくなった、もしくは今週反発できずに下値模索が続いたという状況であれば、直近上場株に資金が集中するのは理解できる。ただ、全体が安値圏から持ち直し、バリュエーション面では割安感もある銘柄が多くある中での動きとしては過熱感が強い。直近上場株はもうしばらくは強い動きが続くかもしれないが、深追いはリスクが高いと考える。

【来週の見通し】
 堅調か。大幅安となった翌週に強い動きとなったことから、戻り基調が続くと予想する。引き続き米株動向に一喜一憂とはなるだろうが、日銀短観など国内の材料もある上に、2月決算銘柄の業績発表も本格化する。ほかに材料が少なく、米株動向次第であった地合いから、国内マクロや個別企業にも目が向き始めることで、マーケットも徐々に落ち着きを取り戻すと考える。押し目があれば買いが入り、好材料には素直に反応する相場環境が続くと予想する。

【今週を振り返る】
 強い動きとなった。貿易戦争への過度な警戒が和らぎ、米国株が急反発。日本株にも押し目買いが入った。その後、朝鮮半島を巡る地政学リスクが一段と後退したことに加え、ドル円が円高一服から円安に振れたことから戻りを試す展開に。米国ではフェイスブックやエヌビディア、アマゾンなど注目度の高い銘柄が荒い動きとなったことで、東京市場でもハイテクの一角が売りに押されたものの、今週の日経平均は後場に強い動きが見られることが多く、後半にかけてはハイテク株にも押し目買いが入った。日経平均は21500円台を回復する場面もあった。週間では約836円の大幅上昇となり、週足では3週ぶりに陽線を形成した。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-円高進行でも日経平均は週間上昇、来週は戻り基調が継続か

16日の日経平均は大幅続伸。米国株の大幅高を好感して買いが優勢。円高ではあったが、前場は為替が落ち着いていたこともあり、上げ幅拡大の展開となった。後場に入ると円高が進行し、ドル円は105円台に突入した。ただ、指数はやや上値が抑えられる程度で大きくは崩れず。そこからさらに円高が進む中でも値を保ったことから、引けまで堅調な地合いが続いた。東証1部の売買代金は概算で2.7兆円。業種別では全業種が上昇と全面高。電気・ガス、水産・農林、パルプ・紙などが中でも強く、保険、精密機器、倉庫・運輸などの上昇が限定的となった。決算が好感されたトレンドマイクロが大幅上昇。反面、大株主の大和ハウスによる株式譲渡が嫌気されたサイバーダインが大幅安となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1708/値下がり298と買いが優勢。今期見通しが好感されたアエリアが大幅上昇。アサヒGHDやサントリーBFなど、決算が好感された食品株に買いが入った。白鳩は小田急との連携強化を発表して大幅高。ソースネクストは前日に決算を受けて急落したものの、きょうは一転ストップ高と騰勢を強めた。一方、前期減益着地のサッポロHDが軟調。ホットランドやアクアラインが業績関連のリリースで大きく売られた。社長交代を発表した日本電産は終日売りが優勢で、後場にかけて下げ幅を広げた。

 後場にドル円は105円台に入ったが、日経平均は3桁上昇を保って終えた。それまでの下げで、105円台はほぼ織り込んでいたものと思われる。ドル円は、いったんは到達感も出やすいタイミングで、為替が短期間で一方向に大きく動くのは、日本だけでなく米国でもデメリットを被る業界などもあることを鑑みると、そろそろ円高にはブレーキがかかると考える。しかし、この先の戻りが鈍いようだと、外需を中心に想定為替レートの見直しが業績悪化要因となる企業が多く出てくる可能性が高い。その場合、4〜5月にかけては、新年度の見通し発表がリスク要因となりかねない。今週、円高進行でも買いが入ったことは好材料ではあるものの、来週のドル円が反転しなかった場合には、指数はしばらく上値の重い展開が続く可能性がある。

【来週の見通し】
 堅調な展開を予想する。国内は決算が一巡し、来週は日米ともにイベントも少ない。中国は春節休場期間に入り、米国市場も19日が休場と、一気に材料難となる。そのため、為替や米国株に一喜一憂となりやすいが、米国株が安値から大きく値を戻していることが何よりの安心材料。今週は欧州株なども強く、世界的に株式が戻り基調となった。新たな手がかりが少ない分、この流れが急に悪化する可能性も低いと考える。日本株にとっては円高が警戒材料とはなるが、ドル円が105円台に突入した本日16日の日経平均は大幅高で終えており、円高への耐性もつき始めている。今週、日本株が世界株に比べて戻りが甘かった分、上げやすい地合いになると予想する。

【今週を振り返る】
 前半軟調、後半堅調で週間では上昇した。円高基調が強まる一方、米国株は戻りを強め、日本株はこれら外部要因に翻弄される地合いが続いた。前半は円高に対するネガティブ反応が大きく、日経平均は米国株高を受けて上昇して始まっても、場中に値を消す展開。しかし、米国株が主要3指数そろって年初来でのプラスを回復するまでの強い上昇を見せたことから、後半にかけては、米国株高を好感して押し目買いが優勢となった。日経平均は週間では約337円の上昇となり、週足では6週ぶりに陽線を形成した。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではポンド/円、トルコリラ/円など10通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年3月31日(土)まで提供します!
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 0.9銭 原則固定(例外あり)
●トルコリラ/円: 2.9銭 ⇒ 1.9銭 原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=堅調か 世界的に株式市場は戻り基調

東京市場は堅調か。欧米株はそろって上昇。世界株の戻り基調が続いており、ダウ平均は306ドル高と連日の大幅上昇となっている。一方、為替市場ではドル安・円高が続いており、ドル円は足元で106円10銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて25円高の21475円、ドル建てが50円高の21500円で取引を終えた。

 米国株高と円高、日本株にとっては強弱材料が同時進行する地合いが続いている。ただ、きのうの日経平均は米国株高に強い反応を見せて大幅高となった。週末でもあり、上値は重いであろうが、米国株が一段高となる中では売りも手控えられると予想する。CME225先物からは、米国株の大幅高の割には弱めのスタートが想定され、場中はプラス圏とマイナス圏を行き来するような場面もあるかもしれないが、押し目では買いが入り、終盤にかけては底堅く推移すると予想する。日経平均の予想レンジは21400円-21700円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】日足テクニカル・豪ドル円=基準線が上昇してくれば基調は強まりそう

陰線引け。87円半ばで上昇中の21日移動平均線と、87円前半に位置する90日線付近での攻防となっている。この水準で下支えされないと、次は一目均衡表・基準線や雲を試すことになる。基準線は今後上昇してくる可能性があり、そうなれば基調は強まるだろう。

レジスタンス1  87.97(ピボット・レジスタンス1)
前日終値     87.40
サポート1    86.88(日足一目均衡表・基準線)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

米失業保険申請件数が予想外に増加、基調は底堅く

[ワシントン 16日 ロイター] – 米労働省が16日に発表した11日までの週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は前週比1万件増の24万9000件と、2週間連続で増加した。市場は23万5000件まで減少すると見込んでいた。ハリケーンで滞っていた米領プエルトリコのデータ処理が続いていることが一因だ。基調としては依然、労働市場の引き締まりを示している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDNFIX=米株が売り基調になり、クロス円も上値が重い

 ロンドンフィックスにかけての為替市場は、高寄りしたダウ平均がマイナス圏に沈み、米10年債利回りも2.31%前半へ低下すると、ドル円とクロス円の上値の重さが目立った。ドル円は114円前半で伸び悩み、一時114円割れまで押し戻された。ユーロ円は131円後半から132円前半まで買い戻されるも伸び悩み、ポンド円が150円台を維持できずに149.66円まで下押しした。
 資源国通貨も対円で売りが優勢となった。豪ドル円が87円前半で弱含み、NZドル円は79円近辺で頭を抑えられ、78.62円まで下値を広げた。加ドル円が89円半ばから89.00円までの加ドル売りとなった。
 米金利低下とともに、ドルは欧州通貨に対してもやや弱含んだ。ロンドン午前に7月20日以来の安値1.1554ドルまで下落したユーロドルは、1.15ドル後半までのユーロ買い・ドル売りとなった。ポンドドルも1.3109ドルまで売り込まれた後に、1.3135ドル前後まで買い戻されている。ドル/スイスフラン(CHF)は0.99CHF後半のCHF高・ドル安で推移した。
 一方で、資源国通貨はドルに対しても上値が重かった。豪ドル/ドルが0.76ドル前半で推移し、東京タイムに堅調だったNZドル/ドルは0.69ドル前半から0.6891ドルまで下落した。ドル/加ドルは1.2820加ドルまで加ドル売りとなった後も、1.28加ドル近辺の加ドル安水準で取引された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米低インフレ、一時的基調かを今後半年で見極め=NY連銀総裁

[ニューヨーク 7日 ロイター] – ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、「驚くほど」軟調な最近のインフレは、一時的な基調か、もしくは長期的な基調かを今後半年の間に見極めるとの考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

クロス円が底堅い値動き、アジア株が買い基調

 韓国、香港、台湾などのアジア株が総じて買い基調でリスク回避ムードも一服し、クロス円も底堅い値動きとなっている。ユーロ円が129.18円まで、ポンド円は141.04円、豪ドル円が86.85円までの上値をつけた後も押しは浅い。ドル円も強含み、109.29円まで上値の伸ばしている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,