タグアーカイブ: 地政学的リスク

地政学的リスクが後退、リスクプレミアムの沈静化で原油価格が軟化? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)[FISCO]

フィスコマーケットレポーターの三井智映子です。17日のダウ平均は3日続伸、終値は前日比40ドル48セント高 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

【見通し】15日香港株=軟調な展開か、米利上げ観測や地政学的リスクで

15日の香港市場は軟調な値動きが続くか。きょう朝方に発表された8月の米消費者物価指数(CPI)が前月比0.4%上昇と、市場予想以上に伸びた。年内の米利上げ観測が強まり、投資マネーが米国に還流するとの思惑が香港を含む新興国市場の重しになりそうだ。加えて、北朝鮮による今朝のミサイル発射を受けて地政学的リスクが再び高まることへの警戒感も地合いを悪化させる可能性がある。

 一方、下値抵抗と意識される20日移動平均(15日大引け時点で27692.33ポイント)付近では底堅い展開を予想する。中国本土から香港株に投資する「港股通」(サウスバウンド・トレーディング)は買い越しが続いており、押し目買いを狙って本土資金が流入しているとの思惑が根強い。また、13日に国際エネルギー機関(IEA)が原油需要見通しを引き上げたことなどから、需給改善期待が強まり、原油先物相場が続伸。資源株が買われれば指数を下支えよう。

 前日のNY市場でダウ平均が5営業日続伸し、最高値を更新した。一方、ハイテク株の比率の高いナスダック総合指数は4営業日ぶりに反落した。香港株の米国預託証券(ADR)は高安まちまち。主力株ではHSBC(00005)、テンセント(00700)、中国工商銀行(01398)が香港終値を下回った一方、CNOOC(00883)、チャイナ・モバイル(00941)、中国建設銀行(00939)、中国平安保険(02318)などが上回って引けた。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル・円は109円台で推移か、地政学的リスクへの警戒感後退で円売り継続も

 11日のドル・円相場は、東京市場では108円14銭から108円62銭まで上昇。欧米市場でドル・円は一時109円51銭まで一段高となり、109円38銭で取引を終えた。
 本日12日のドル・円は、北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクへの警戒感が後退し、109円台で推移か。日経平均株価の動向次第では、109円台後半まで買い戻される可能性も。
 前週末9、10日に北朝鮮によるミサイル再発射などの挑発行動が見送られたことを受けて、市場では地政学的リスクへの懸念が和らいだ。米フロリダ州に上陸した超大型ハリケーン「イルマ」も熱帯低気圧に変わり、被害への過度な警戒感が後退した。このため、比較的安全資産とされる円を手放す動きが強まった。
 米株式市場は投資家のリスク回避姿勢が後退したことから大幅続伸。米長期金利も上昇したことを受けて、ドルを買い戻す動きが一段と強まっている。ただ、北朝鮮をめぐる動向は注視されている。国連安全保障理事会はNY時間11日午後6時過ぎに米国主導の北朝鮮への原油・石油精製品輸出に上限を設ける対北朝鮮制裁決議を全会一致で採択した。当初の制裁内容よりも緩和されるなど米国が譲歩する形となったが、全会一致の採択であることから、北朝鮮が何らかのアクションを起こすとの見方も出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY金先物は反落、北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクの後退やドル高で

COMEX金12月限終値:1335.70 ↓15.5
 11日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-15.5ドルの1オンス=1335.70ドルで終了。
 北朝鮮が前週末9、10日にミサイル再発射などの挑発行動を見送ったことや米フロリダ州に上陸した超大型ハリケーン「イルマ」も熱帯低気圧に変わり、市場のリスク回避姿勢が和らいだ。このため、「質への逃避」の金買い需要が後退した。最近の上伸を受けた利益確売りも目立った。また、外為市場では対ユーロでドル高が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割高感からも売り圧力が強まった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は108円台前半で推移か、地政学的リスクの高まりを背景とした有事の円買い継続も

 7日のドル・円相場は、東京市場では109円27銭から108円89銭で推移。欧米市場でドル・円は一時108円05銭まで下落し、108円48銭で取引を終えた。
 本日8日のドル・円は、米朝間の情勢緊迫化を背景とした有事の円買いが活発化し、主に108円台前半で推移か。
 北朝鮮が米国の圧力に対して「強力な対抗措置で応じる」と表明した。9月9日に建国記念日を控える中、ミサイル再発射の可能性への警戒感が強まっている。また、トランプ米大統領は軍事行動を回避したいと表明した一方、「米国が軍事力を行使すれば、北朝鮮にとって非常に悲しい日になる」と述べ、軍事行動の可能性を排除しない姿勢を示した。これを受けて、市場ではリスク回避姿勢が強まり、比較的安全資産とされる円買いが継続している。また、米長期金利が低下していることも、ドル売りを促している。
 さらに、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が7日に行われた定例理事会で、量的緩和の縮小などの政策変更を10月にも決定するとの見方を示した。これを受けて対主要通貨でユーロが上昇し、ドルが売られやすい地合いとなっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

NY金先物は反発、北朝鮮をめぐる地政学的リスクやドル安で買われる

COMEX金12月限終値:1350.30 ↑11.30
 7日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+11.3ドルの1オンス=1350.30ドルで終了。北朝鮮が米国の圧力に対して「強力な対抗措置で応じる」と表明したことから、市場のリスク回避姿勢が強まった。このため、「質への逃避」の金に買いが集まった。また、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日行われた定例理事会で、量的緩和の縮小計画を10月にも発表するとの見方を示したことから、外為市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買い進まれた。

原油:小幅安、原油在庫積み増しを嫌気もドル安で下げ渋る
NYMEX原油10月限終値:49.09 ↓0.07
 7日のNY原油先物10月限は小幅安。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−0.07ドルの49.09ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した1週間の米原油在庫は前週比458万バレル増と、市場予想を上回る積み増し幅となった。また、テキサス州に大洪水の被害をもたらした大型ハリケーン「ハービー」の影響で製油所の稼働率も約7年ぶりの低水準となったことが明らかになったことも嫌気され、原油の売り圧力が強まった。
 ただ、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日行われた定例理事会で、量的緩和の縮小計画を10月にも発表するとの見方を示したことから、外為市場ではユーロ高・ドル安が加速。このため、ドル建ての原油相場は割安感が生じて買われたことから、下げ幅は限定的だった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY金先物は反発、北朝鮮をめぐる地政学的リスクやドル安で買われる

COMEX金12月限終値:1350.30 ↑11.30
 7日のNY金先物12月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+11.3ドルの1オンス=1350.30ドルで終了。北朝鮮が米国の圧力に対して「強力な対抗措置で応じる」と表明したことから、市場のリスク回避姿勢が強まった。このため、「質への逃避」の金に買いが集まった。また、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がこの日行われた定例理事会で、量的緩和の縮小計画を10月にも発表するとの見方を示したことから、外為市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての金相場は相対的な割安感から買い進まれた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【NY為替オープニング】トランプ政権への懸念や地政学的リスクの存続で慎重な展開

◎ポイント
・米・7月シカゴ連銀全米活動指数:-0.01(予想:0.10、6月:0.16←0.13)
 21日のニューヨーク外為市場ではトランプ政権への懸念、地政学的リスクがくぶすり慎重な展開が継続する可能性がある。また、今週後半には、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムでドラギECB総裁、イエレンFRB議長の講演が予定されており、大きく動きにくい。
25日の講演では低インフレの長期化が焦点となりそうだ。米国の金融政策に関しては、次回9月のFOMCでバランスシートの縮小が発表されることがほぼ確実視されている。ただ、インフレや年内の利上げに関しての見方が分かれたまま。一時的項目がインフレを抑制しており、インフレはやがて目標2%に向けて上昇する基調にあるというのが基本的シナリオ。ただ、インフレの低迷が長期化しており、市場の年内の追加利上げ観測は大幅に後退。イエレンFRB議長も講演で、年内あと一回の利上げを躊躇する姿勢を示すと、ドル売りが強まる可能性がある。
9月の定例理事会の開催を間近に控えて、ドラギ総裁は量的緩和(QE)プログラム縮小の発表を示唆するとの見方が強まっていた。しかし、最近の報道で、ドラギ総裁がこの講演で、新たな政策指針を示さない公算だという。また、前回会合の議事要旨で委員がユーロの過剰な上昇を懸念していることが明らかになっており、速やかなテーパリングの可能性は低下。インフレも上昇している確固たる証拠が見られないとしている。政策の変更が示されないと、ユーロ売りに拍車をかける可能性がある。
トランプ米大統領はワシントンで21日、アフガニスタンに関する主要な演説を午後9時に予定している。また、明日にはアリゾナでのラリーが予定されている。
バノン主席戦略官の解任でトランプ政権の混乱が鎮静化。トランプ政権が信頼を回復できるかどうかに注目が集まる。政権が掲げている税制改革、インフラなど経済政策実施で指揮をとっているコーンNEC委員長やムニューシン米財務長官が政権に留まることで、前進することが期待される。また、議会が夏季休会から戻ると、債務上限問題も解決が必要となる。
バージニア州で発生した白人至上主義者らと反対派との衝突事件を受けて、「双方に非がある」としたトランプ米大統領の発言が物議を醸しだした。「アメリカ製造業評議会」「戦略政策フォーラム」が解散に追い込まれ、トランプ大統領と企業の協力体制が景気を押し上げるとの期待も後退。白人至上主義を巡る死傷事件を受け、極右、同主義との関連が指摘されているバノン氏の解任で、ひとまずトランプ政権が落ち着きを取り戻すことが期待されている。
・ドル・円は、200日移動平均水準の112円56銭を下回っている限り下落基調。

・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.0933ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能 性。

ドル・円109円04銭、ユーロ・ドル1.0765ドル、ユーロ・円128円28銭、ポンド1.2879ドル、ドル・スイスは0.9663フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

今日の為替市場ポイント:トランプ政権の混乱収束期待や地政学的リスクで売買交錯も[FISCO]

18日のドル・円相場は、東京市場では109円58銭から108円97銭まで下落。欧米市場でドル・円は108円60銭まで (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル・円は109円台で推移か、トランプ政権の混乱収束期待や地政学的リスクで売買交錯も

 18日のドル・円相場は、東京市場では109円58銭から108円97銭まで下落。欧米市場でドル・円は108円60銭まで売られた後に109円60銭まで反発し、109円20銭で取引を終えた。
 本日21日のドル・円は、トランプ政権の混乱収束への期待感から買い戻され、109円台半ばで推移するとみられるが、北朝鮮情勢をめぐる地政学的リスクなどを背景に上値は抑えられるか。
 米ホワイトハウスは18日、大統領主席戦略官・上級顧問のスティーブ・バノン氏の辞任を発表した。保守強硬派の政策推進やホワイトハウス内での対立が目立ったバノン氏が事実上解任されたことから、市場ではトランプ政権の混乱が収束されるのではないかとの期待感から、ドルが買い戻されている。
 また、前週末に発表された8月の米ミシガン大学の消費者景況感指数(速報値)は市場予想を上回った。足元の米経済指標は良好な内容であったことも、ドル買いの支援材料となっているもよう。
 一方で、米韓両軍は21日から朝鮮半島有事を想定した定例の合同演習を開始する。これを受けて、北朝鮮の労働新聞が「火に油を注ぐ」が批難。市場では地政学的リスクの高まりから、比較的安全資産とされる円を物色する動きも目立ちそうだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】NY株見通し=地政学的リスクが意識されもみ合いか

今晩はもみ合いか。独立記念日の休場明けとなり実質下半期入りとなるが、週末に米6月雇用統計の発表を控えているほか北朝鮮のICBM発射による地政学的リスクなどが相場の重しとなりそうだ。一方、堅調な原油相場が投資家心理の改善につながっているほか、足もとで堅調さを取り戻した金融株の続伸も期待される。月曜日に発表された6月ISM製造業景況指数は約3年ぶりの高水準となったが、今晩発表される米5月製造業受注指数や米5月耐久財受注・確報値、追加利上げを決定した6月FOMC議事録などを受けて金利先高観がいっそう強まれば、金融株の一段高が期待できそうだ。今晩の決算発表はヤム・ブランズなど。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,

NY外為:リスクオン一服、地政学的リスクや米国政府機関閉鎖への脅威が存続(訂正)

 NY外為市場ではリスク選好の動きが一段落した。ドル・円は110円35銭の高値から109円71銭まで下落し、日中安値を更新。ユーロ・円は119円81銭から118円97銭まで下落した。トランプ米大統領が「北朝鮮、今こそ問題解決の時だ」と発言、安倍首相、習中国国家主席と北朝鮮問題を巡り電話会議を実施したと報じられており地政学的リスク上昇懸念が存続。また、米国の予算案が28日に失効するため、何らかの対応がなければ29日にも一部政府機関が閉鎖する可能性が懸念材料となっている。
米10年債利回りは2.32%から2.26%まで低下。ダウ平均株価は午後12時20分現在207ドル高で推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】18日香港株=神経質な展開か、地政学的リスクが重し

神経質な展開か、中国の強い経済指標も地政学的リスクが重し

 連休明け18日の香港市場は強弱材料が入り混じるなか、神経質な展開か。連休中に発表された中国の2017年1-3月期GDPなど主要経済指標がそろって市場予想を上振れる強い内容だった。また、前日のNY市場でダウ平均が反発し、およそ1カ月ぶりの上げ幅。米主要企業の四半期決算への根強い期待に加え、大規模な米景気刺激策が維持されるとの思惑が買いを誘った。連休前の香港市場は総じて軟調に推移していたこともあり、中国経済の減速懸念の後退や米株高の流れから買い戻しが先行する可能性がある。

 一方、地政学リスクへの警戒感は根強い。北朝鮮は16日に再び弾道ミサイルを発射した。失敗に終わったものの、韓国を訪問中のペンス米副大統領は「米大統領の決意を試すべきではない」と北朝鮮の核・ミサイル開発を強くけん制。25日の朝鮮人民軍創建85年に合わせ北朝鮮が追加の挑発に出る可能性もあると伝えられており、投資家が積極的にリスクを取りにくい環境は続きそうだ。

 週明け17日の本土市場は続落。河北省「雄安新区」設立発表を背景に高騰していたテーマ株が売りを浴び相場の下げを主導した。関連銘柄が相次いで公告を発表し、新区設立の業績への短期的なプラス影響を否定したことが嫌気された。香港市場でも同様な動きが広げれば、相場を押し下げる要因になろう。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,