タグアーカイブ: 地合い

【見通し】今日の株式見通し=米主要3指数が高値を更新、良好な地合い続く

東京市場は堅調か。欧州株はまちまちで米国株は上昇。米国では今週から本格化する企業決算への期待が高まり、主要3指数がそろって高値を更新した。ドル円は米長期金利が上昇したことでドル買いが優勢となり、足元では112円20銭近辺と112円台を回復している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて65円高の21335円、ドル建てが100円高の21370円で取引を終えた。

 海外のトレンドに大きな変化はなく、米国株の強い動きが続いている。ドル円も円高一服傾向が見られることから、日本株も引き続き上昇する展開が見込まれる。日経平均はきのうまで10日続伸で、高値警戒感も意識される局面ではあるが、良好な外部要因を受けては売り材料に乏しいという状況。米国同様、国内もこの先の企業決算への期待が支えとなり、下げづらく、上げやすい地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21280円−21400円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=上値追いの地合いが継続か

米国株上昇で買い安心感強まる、上値追いの地合いが継続か

 東京市場は堅調か。先週末の欧州株はまちまちで米国株は上昇。米国株は経済指標がおおむね安心感のある内容となったことから、しっかりの動きが続いた。ナスダック総合は史上最高値を更新している。ドル円は米9月消費者物価指数が予想を下回ったことなどがドル売りを誘っており、足元では111円90銭近辺と112円を下回る水準で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて80円高の21240円、ドル建てが105円高の21265円で取引を終えた。

 米国を中心とした世界株高の流れが続いており、特に足元のモメンタムが強い日本株に関しては、しっかりとした動きが続きそうだ。為替はややアゲインストではあるが、ドル安は米国株高をサポートする側面もある。先週の日経平均は円安が一服する中で連日高値を更新しており、為替離れの動きも進んでいる。国内でも選挙戦の動向などから、政権安定への期待が株価を支える要因になると期待でき、上値追いの地合いが継続すると予想する。日経平均の予想レンジは21150円−21350円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=小動きも堅調な地合いが継続か

東京市場は堅調か。先週末の欧米株はそろって上昇。良好な地合いが継続し、S&P500とナスダック総合は史上最高値を更新した。ドル円は米経済指標を受けて上下に振れる場面はあったものの、足元では112円60銭近辺と、先週末の取引時間の水準から大きくは動いていない。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて10円高の20350円、ドル建てが45円高の20385円で取引を終えた。

 欧米株高を受けて、日本株もしっかりの展開が見込まれる。新たな手がかりには乏しく、政局の不透明感なども意識されやすいことから、大きな動きはないと考える。ただし、米国株高と円安の流れが継続している中、過度にリスクを警戒する動きにもなりづらい。強弱どちらの材料もあるものの、グローバル市場の堅調が下支え材料となり、下げづらい地合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは20280円-20450円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

連休前で上海ゴムがストップ安!上海ゴムの地合いが悪い? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)[FISCO]

こんにちは、フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。中国市場は、来月1日か (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 あすも良好な地合いは継続か

日米中央銀行イベント消化で一段高、あすも良好な地合いは継続か

 21日の日経平均は4日続伸。日米中央銀行イベントを通過したことで材料出尽くし感から利益確定売りが重石となったほか、金融株の伸び悩みも足かせとなった。東証1部の売買代金は、概算で2兆8200億円と高水準だった。業種別では、鉱業、不動産、海運が上昇し、鉄鋼、その他製品、非鉄金属が安い。シマノが3日続伸となったほか、三菱地所やフィックスターズが大幅高となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり945/値下がり974と売り買いはほぼ拮抗(きっこう)。原油価格の上昇を受けて国際帝石や石油資源開発が強い動き。中国からの訪日客の増加を好感してラオックスや三越伊勢丹などインバウンド関連に買いが入った。上方修正と増配を発表したレオン自動機が大幅上昇。FRONTEOやブレインパッドなどAI関連銘柄がそれぞれリリースを手がかりに急伸した。一方、足元で強い動きが続いていた任天堂が売りに押される展開。半導体メモリ子会社の株式譲渡を発表した東芝は買いが先行したものの上値は重くマイナス圏に沈んだ。明豊エンターはストップ高から一転大幅安と荒い動き。アマゾンの日本での法人向け通販開始に対する警戒感からアスクルやMonotaROなどが弱い動きとなった。

 日経平均は先週の上昇の流れが途切れることなく、今週は年初来高値を更新した。そしてきょうは後場に失速したとはいえ、FOMCを通過して一段高となった。北朝鮮リスクは依然としてくすぶるものの、その中で強い動きが見られており、週末の売り圧力は限定的と考える。今晩米国では、9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数や8月CB景気先行総合指数などの指標発表があり、米債券市場および為替市場の動向が注目される。足元では米国の12月の利上げの可能性が低いとの見方も強まりつつあったが、FOMCの内容は、その見方に修正を迫るものとなった。そのため、目先は良い経済指標が確認できれば、米金利が上昇してドル高・円安が進みやすくなると期待できる。米国の良好なファンダメンタルズが円安要因となる局面では、日本株は上昇しやすい。来週は月末でもあり、米国の指標発表が多い。今晩の指標が円安材料となるようなら、来週は為替が日本株を押し上げる展開が見込まれる。そしてその場合は、大型株優位の地合いが続くと予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-年初来高値更新で地合いも一段と改善へ

連休明けたら大幅高、年初来高値更新で地合いも一段と改善へ

 19日の日経平均は大幅続伸。週明けのダウ平均が7日続伸し、最高値を更新したことで投資家心理が改善。ドル円も111円台半ばで推移したことで相場の支えとなった。6月2日の高値(20239.81円)を超えたことで、売り仕掛けていた向きの買い戻しが加速。6月20日のザラ場高値(20318.11円)を更新するとともに、終値ベースでも年初来高値を更新した。トヨタ自など輸出主力株を中心に、ほぼ全面高症状のなか、指数寄与度の高いファナックやソフトバンクGなどの上昇が目立った。また、衆議院を解散する意向を固めたとの報道で、イムラ封筒がストップ高まで買われるなど選挙関連株も高い。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1679/値下がり279と買いが優勢。証券会社が投資判断を引き上げた任天堂が商いを集めて大幅上昇。メガバンクや証券、保険など金融株が軒並み買われた。上方修正と増配が好感された旭ダイヤが急伸。子育て支援や教育無償化への思惑から幼児教育研究会や京進などに資金が向かった。先週上場のウォンテッドリーはストップ高。一方、上期の営業減益観測が報じられたニトリが軟調。地政学リスクへの警戒が和らぐ中、石川製作所や細谷火工など小型の防衛関連は売りに押される展開となった。

 きょうの日経平均は400円近い上昇で、今年何度か抵抗となっていた節目の2万円を難なく上回り、ザラ場・終値ともに年初来高値を更新した。足元の上昇には多くの投資家がついていけていないと想定される上に、金融株の多くはまだ今年の安値圏にあることなどを鑑みると、さらなる上昇余地はあると考える。先週の動きが非常に強く、25日線を早々に上に抜けた後も上昇が続き、週末値では75日線も上回った。週足でも26週線と13週線を上回っており、基調が変化する兆しはあった。ドル円も107円台を見た後に110円台を回復し、足元では112円台に迫るなど一気に円安が進んでおり、円安・株高の同時進行も期待できる相場環境。FOMCの結果を東京市場が消化するのは21日となるため、今晩の欧米株やあすの日本株は様子見姿勢が強まるだろうが、今の地合いでは、売りが出づらいことがポジティブに捉えられると考える。日経平均が高値を更新している割には、売買代金上位銘柄で年初来高値圏にある銘柄はそれほど多くない。そのため、主力株にも引き続き資金が向かいやすく、堅調な流れが維持されると予想す
る。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京午前=ドル円は地合い弱く、109.67円まで下落

 東京午前の為替市場はNYタイムの流れを引き継ぎ、ドル売りと円買いの動きとなった。要因としては、1. 米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録内容から、米利上げペースが鈍化することが予想されること。2. トランプ米大統領の白人至上主義への批判の弱さから、同政権と米産業界に亀裂が入りつつあること。3. 本邦7月貿易収支の黒字幅が予想を上回り、対米輸出も11.5%増となったこと。4. お盆休み明けの本邦輸出企業が、上期想定為替レート108.36円まで余裕があるうちに円買いを進めたこと、などがあげられる。
 ドル円は109.67円、ユーロ円は129.14円、ポンド円が141.51円まで下値を拡げた。ただし、ドル売り地合いのなか、ユーロドルが1.1790ドル、ポンドドルが1.2909ドルと昨日高値超えまで強含んだことで、ユーロ円とポンド円は安値から30銭ほど反発している。
 豪ドルは豪7月雇用指標を前に対ドルで0.79ドル半ばまでじり高、対円でも87円前半で底堅く推移していたが、指標結果を受けて伸び悩んだ。豪7月就業者数は、2万7900人増と予想と前月値を上回った。しかし、前月は約7万人増だった正規雇用者数が約2万人減となり、また前月の失業率が5.6%から5.7%に修正されたことで、豪ドル買いに勢いはつかなかった。一方、NZドル/ドルは0.73ドル前半で小動き、NZドル円は80円半ばで頭が抑えられ、80円前半で推移した。
 午後のドル円相場は、午前に出ていたような売りは一服した感もあるが、ドルを取り巻く状況が変らないなかで上値は限定的になると思われる。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円は地合いの弱さも、109円半ばには買いが控える

 ドル円は朝鮮半島を巡る地政学リスクを嫌気し朝方から軟調に推移、110.00円と109.80円の買いをこなし、ストップロスの売りで109.74円まで下落した。ただし、109円半ばには買いが控えており、その後に売りは続かず110円近辺まで買い戻されている。
 6月14日の安値108円後半までは買いオーダーが優勢であるため、ここから一直線に下げるのは難しそうだ。また、110.00円には本日NYカットのオプションも控えているため、NY勢が参入するころにはその水準に引き付けられる可能性もあるか。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】今日の株式見通し=ダウ平均は10連騰、良好な地合いが継続か

東京市場は堅調か。欧州株はまちまちで米国株は上昇。米国では4-6月期決算や先週の雇用統計を好感する流れが継続してダウ平均は10連騰。9日連続で史上最高値を更新し、S&P500も高値を更新した。ドル円は足元で110円70銭近辺で推移しており、円建てのCME225先物は大証日中終値と比べて10円高の20050円、ドル建てが15円高の20055円で取引を終えた。

 米国株の強い動きを受けて、良好な地合いが継続すると予想する。ドル円に関してはブラード米セントルイス連銀総裁のハト派的発言もあり上値が抑えられてはいるものの、きのうの取引時間の水準とほぼ変わらず。1Q大幅営業増益も純利益が大幅減であったソフトバンクGはADRでは上昇しており、好決算銘柄など材料のあるものを中心に、個別物色が旺盛になると考える。指数は場中は小動きとなる日が多く、きょうも大きな動きは出づらいとみるが、TOPIXに関しては連日の高値更新も期待でき、総じて売りが出づらい展開になると予想する。日経平均の予想レンジは20000円-20150円。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 月替わりで地合いに変化は出るか

7月最終日はこう着極まる、月替わりで地合いに変化は出るか

 31日の日経平均は続落。円高が重荷となったことに加え、北朝鮮による地政学リスクが投資家心理を冷やした。一方で好業績株への押し目買いが相場の下支えとなった。東証1部の売買代金は、概算で2兆9000億円に膨らんだ。業種別では、鉄鋼、海運、パルプ・紙が上昇し、食料品、電気・ガス、ゴム製品が安い。個別では、平田機工が上げ幅を拡大したほか、日本金属が好業績を手掛かり材料に年初来高値を更新した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり685/値下がり1266と売りが優勢。8月1日からの日経平均構成銘柄採用に絡んでエプソンが大幅高。売買代金は任天堂を抜いて全市場トップと大商いとなった。2部降格となる東芝は大きく売られる場面もあったが、引けにかけては急速に買いが入ってプラスで終え、こちらも売買代金3位と商いを集めた。決算では日立や武田、TDKが強い動き。神戸鋼や新日鉄住金などの上昇も目立った。アクセルマークやエムアップは新作ゲームのリリースを手掛かりに値を飛ばした。一方、ファナックが決算を受けて大幅下落。OKIやコニカミノルタ、新日本無線などが決算失望で急落し、協栄産業はストップ安まで売られた。

 日経平均は終日、先週末の終値をはさんだもみ合いが続いた。下げない底堅さはあったが、プラスになればすぐ売りに押され、2万円には届かず。先週からすでにこう着感は強かったが、それが一段と極まった。決算銘柄には派手な動きが出るものも多かったが、それが全体にはほとんど影響していない。このところ月初が強いというアノマリーが継続しており、あすは月替わりで地合いに変化が出てくるかに注目したい。

 今晩は米国の企業決算が少なく、あす1日にはアップルの決算が予定されているため、米国株は様子見姿勢が強まる展開も想定される。国内は企業決算が指数に与える影響が限定的となっており、日経平均が2万円を超えるには、円安か米国株のスカッとした上昇など、外部環境の後押しが必要。米国株高に期待しづらいという点は上値を抑える要因となる、一方、為替に関しては、米国で7月シカゴ購買部協会景気指数や6月中古住宅販売仮契約など指標発表がいくつかあり、ドル円の動意材料になる可能性がある。足元では鉄鋼や自動車など為替の影響が比較的大きいセクターが、円高に対しても耐性がついている。これらは円高一服傾向が強まれば、一段と買い安心感が強まりやすく、引き続き動向に注目しておきたい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 リスク・オンの地合いは継続か

日米ともに決算は良好、リスク・オンの地合いは継続か

 27日の日経平均は小幅続伸。円高が重荷で売り先行で取引が始まったが、売り一巡後には米株高を好感した買いや好業績銘柄を中心に買い直されプラス圏に浮上。手掛かり材料難で積極的な買いがみられずこう着状態が継続したが、先物の買い戻しから上げ幅が一時100円を超える場面もみられた。東証1部の売買代金は概算で2兆5400億円とやや膨らんだ。業種別では、その他製品、精密、電機・ガスが上昇し、石油・石炭、海運、銀行が下落した。任天堂が後場一段高となったほか、半導体製造装置関連の東京エレクやスクリーンHDがともに3日続伸となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり991/値下がり884と買いがやや優勢。決算好調の航空電子やVコマースが大幅上昇。後場に決算を発表した大豊工業やサカイ引越が急伸した。任天堂の大幅高が市場の注目を大きく集める中、関連としてメガチップスなどにも買いが入った。ソフトバンク傘下との提携を発表したソーシャルワイヤーはストップ高まで買われた。一方、ボヤージュやユアテック、ベリサーブなどが決算が売り材料となり大幅下落。キヤノンMJとキヤノン電子のキヤノン系列2社が決算を受けてそろって大きく売られた。ツガミは日経新聞の業績観測記事が失望を誘って大幅安。直近で騰勢を強めていたレナウンが一転急落した。

 FOMCを通過して急速に円高が進んだにもかかわらず、日経平均は2万円を割り込むことなく推移し、プラスを確保して終えた。これまで何度となく円高が日本株の上昇を阻んでいただけに、きょうの反応には明らかに地合いの変化がうかがえる。その要因としては、やはり決算時期という点が大きいであろう。今回の決算は、決算期は変わったものの安川電機が先陣を切る格好で非常に良い決算を発表し、株価も好反応を示した。そこから間を置かず、任天堂や日本電産が決算発表後に大幅高となった。これらは業績期待は高かったが、日経平均が2万円近辺でもたつくなか、決算で利益確定売りが強まる懸念はあった。好業績銘柄が素直に買われたのは、まだ天井感は強まっていないことを示唆する動きで非常にポジティブ。決算発表前半戦は上々のスタートと言える。

 あすは堅調な展開を予想する。今晩の米国では6月の耐久財受注が注目される。良ければ円安材料になる一方、悪ければ円高が進む可能性はあり、為替は引き続き相場のかく乱材料とはなる。一方でフェイスブックの好決算は米国株にポジティブな影響を及ぼすと想定される。また、アマゾンが決算を予定しており、良好な内容が確認できれば、東京市場でもリスク・オンムードが一段と強まると予想する。国内では決算発表銘柄が一気に増え、取引時間中にも決算が多く出てくることから、個別の物色材料には事欠かない。今朝の急激な円高を受けても日経平均が下げなかったことで、決算期は売り込みづらいとの見方が一段と強まりやすく、下値は固く、好材料により反応しやすい地合いが続くと考える。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,