タグアーカイブ: 回復

ユーロ円 135円半ばを回復

 NY序盤に135円割れしたユーロ円も、売り一巡後は買い基調となり、135.50円近辺まで回復している。ユーロドルが、1.2195ドルを底に1.2233ドル付近まで買い戻された。ドル円は110.76円前後でもみ合いが続いている。ダウ平均は26000ドル台で伸び悩み、25950ドル付近で推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ビットコインは短期ゴールデンクロス示現で一時190万円を回復【フィスコ・ビットコインニュース】[FISCO]

1月9日11時30分時点のビットコイン(BTC)は、1,900,000円台を回復する場面がみられた。朝方に30日移動平 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

インフレは今後回復の見込み、代替策検討する時期=クリーブランド連銀総裁

[フィラデルフィア 5日 ロイター] – メスター米クリーブランド地区連銀総裁は5日、米経済は底堅く拡大しており、インフレは低いものの今後数年で回復が見込まれるとした上で、連邦準備理事会(FRB)として政策対応における代替案を検討する時期に来ている、との認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

東京為替概況:ドル・円は小じっかり、日本株高受けた円売りで113円を回復

 今日の東京市場でドル・円は小じっかり。日本株高を手がかりにリスク選好的な円売りが強まり、ドルは113円台を回復した。
 今晩発表の米12月雇用統計を控え動きづらいなか、材料難のため狭いレンジ内でもみあう展開が続いた。その後、日経平均株価が後場一段高となり大引けにかけて上げ幅を拡大すると円売りが強まり、ドルは一時113円を回復した。
 節目の113円付近では売り圧力を観測。ただ、円売りは欧州市場に入っても継続し、ドルは113円15銭まで水準を切り上げた。一方で、時間外取引の米10年債利回りが2.460%付近で伸び悩み、ドル買いは抑えられたようだ。
 なお、ユーロ・円はじり高となり、136円02銭から136円52銭まで値を切り上げた。また、ユーロ・ドルは1.2080ドルから1.2056ドルまで弱含んだ。
・17時時点:ドル・円113円10-20銭、ユーロ・円136円40-50銭
・日経平均:始値23643.00円、高値23730.47円、安値23520.52円、終値23714.53円(前日比208.20円高)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円は小じっかり、日本株高受けた円売りで113円を回復

今日の東京市場でドル・円は小じっかり。日本株高を手がかりにリスク選好的な円売りが強まり、ドルは113円台を回復した。
今晩発表の米12月雇用統計を控え動きづらいなか、材料難のため狭いレンジ内でもみあう展開が続いた。その後、日経平均株価が後場一段高となり大引けにかけて上げ幅を拡大すると円売りが強まり、ドルは一時113円を回復した。
節目の113円付近では売り圧力を観測。ただ、円売りは欧州市場に入っても継続し、ドルは113円15銭まで水準を切り上げた。一方で、時間外取引の米10年債利回りが2.460%付近で伸び悩み、ドル買いは抑えられたようだ。
なお、ユーロ・円はじり高となり、136円02銭から136円52銭まで値を切り上げた。また、ユーロ・ドルは1.2080ドルから1.2056ドルまで弱含んだ。
・17時時点:ドル・円113円10-20銭、ユーロ・円136円40-50銭
・日経平均:始値23643.00円、高値23730.47円、安値23520.52円、終値23714.53円(前日比208.20円高)
【要人発言】
・麻生財務相
「財政の健全化には消費増税が必要」
【経済指標】
・日・12月マネタリーベース:前年比+11.2%(11月: +13.2%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

高島屋、3―11月期は5.6%営業増益 中間層消費も回復の兆し

[東京 25日 ロイター] – 高島屋は25日、2017年3―11月期の連結営業利益が前年同期比5.6%増の217億円になったと発表した。堅調な株価を反映した富裕層の消費や訪日外国人によるインバウンド消費が堅調なほか、ボリュームゾーンである中間層の消費にも回復の兆しが出ているという。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

来週のユーロ「もみあいか、ユーロ圏経済の回復に期待継続も」

[ユーロ]
「もみあいか、ユーロ圏経済の回復に期待継続も」
 来週(12月25日-1月5日週)のユーロ・ドルはもみあいか。ユーロ圏12月消費者物価指数(1月5日)などの経済指標から欧州経済の回復基調が示されれば、ユーロ買いに振れやすい地合いが続きそうだ。一方で、年末の米税制改正法案の成立を受け、トランプ政権による政策の進展に期待は継続する見通しで、長期金利や株価の上昇を手がかりにドル買いも見込まれる。
・予想レンジ:1.1700ドル−1.2000ドル
「伸び悩みか、日銀緩和政策継続で円売り継続」
 来週(12月25日-1月5日週)のユーロ・円は上値の重い展開か。日銀が「異次元緩和」継続の方針を示し、円売りに振れやすい地合いが続きそうだ。また、ユーロ圏12月消費者物価指数(1月5日)などの経済指標で欧州経済の回復基調を好感したユーロ買いも見込まれる。ただ、欧州中銀(ECB)の引き締め観測は高まっておらず、ユーロ買いは限定的となる可能性も。
○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・1月5日:12月ユーロ圏消費者物価コア指数(前年比予想+1.0%、11月:+0.9%)
・予想レンジ:133円00銭-136円00銭

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロドル一時下落も1.1840ドル付近まで回復

 カタルーニャの選挙の結果が判明して1時間以上が経つものの、カタルーニャ選挙で独立派が過半数を獲得したという理由付けで、ユーロドルは1.1817ドル、ユーロ円は133.91円、ユーロポンドは0.8836ポンドまで急落した。しかし、その後は戻しユーロドルは1.1840ドル近辺、ユーロ円は134円前半、ユーロポンドは0.88ポンド半ばで現在は取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

午後まとめ=米上院税制改革法案可決で、ドル円は113.円を回復

・米上院で税制改革法案を可決しドル円は緩やかなスピードで上昇、再び113円台に
・欧州通貨は対円で堅調に推移、ユーロ円は昨日のNY高値近辺に
・NZ貿易収支の赤字幅拡大でNZドルは上値が重い

FX為替ニュース

, , , , , , ,