タグアーカイブ: 各通貨

ドル円は米長期金利上昇を受け1/23以来高値、クロス円も円売り強めたが対ドルでの各通貨の下落で頭打ち

 ドル円は米長期金利の上昇を受け、1月23日以来の高値110.57円まで上伸した。時間外取引で、米10年債利回りは2011年7月以来の高水準3.121%へ跳ね上がった。
 クロス円もドル円に連れ高となり、ユーロ円が一時130.57円、ポンド円は149.73円、豪ドル円は4月19日以来の高値83.26円、加ドル円は2月12日以来の高値86.52円と、総じて円安。ただ、ドル円のドル買い・円売り主導での円安だったので、ほどなく対ドルでの各通貨の軟化に引っ張られ、対円でも伸び悩む通貨が多かった。
 ユーロドルは1.18ドル前半から一時1.18ドル割れ、ポンドドルは1.3560ドル付近から1.35ドル前半、豪ドル/ドルは0.75ドル半ばから0.75ドル前半へ下押した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

東京終盤からロンドン入りにかけては、クロス円や対ドルで軟化した各通貨の買い戻しが優勢

 東京終盤からロンドン入りにかけては、クロス円や対ドルで軟化した各通貨の買い戻しが優勢となっている。ユーロ円が130.68円、ユーロドルが1.2321ドルまで水準を上げるなど欧州通貨は底堅い。豪ドル/ドルが0.7707ドル、豪ドル円が81.75円まで上昇したほか、資源国通貨も総じて買い優勢となっている。クロス円の円売りを支えに、ドル円も106.07円まで本日のレンジ上限を広げている。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDN午前=FRB議長証言を控え、各通貨ともトレンド強まらず

 ロンドン午前は、まず前日高値を上回る水準で上伸してやや動きに弾みがついたユーロ円など、クロス円の円売りが一時強まった。ユーロ円は3日ぶり高値132.19円、ポンド円は149.82円まで上昇。豪ドル円は一時84円前半、NZドル円は78.10円付近まで戻した。
 クロス円の動き支えに、対ドルでも買われる通貨が散見された。ユーロドルは1.2346ドル、ポンドドルは1.3997ドルまで小幅高。豪ドル/ドルは0.78ドル半ばへ戻し、NZドル/ドルは0.73ドル回復に近づいた。しかし伸び悩み、ポンドドルは1.3944ドル、豪ドル/ドルは0.7837ドルまで失速と、対ドルで本日のレンジ下限を広げる通貨もあった。パウエルFRB議長の議会証言を控えた様子見で、トレンドは強まらなかった。
 クロス円の円売りを手掛かりにドル円も一時107.11円と、じわりと本日のレンジ上限を広げた。しかし、やはり動意は限られ、円売りは強まらなかった。ユーロ円が131.67円、ポンド円が149.13円まで水準を下げるなど、クロス円の円売りも次第に巻き戻された。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

クロス円 対ドルでの各通貨の下落が重し、豪ドル円は84.18円まで下落

 クロス円は、ドル円上昇による円安がやや下支えになっているものの、対ドルでの各通貨の下落に引っ張られて重い動きとなっている。ユーロ円は132円半ば、ポンド円は150円付近、スイスフラン円は114.80円付近で推移。NZドル円は79円付近、加ドル円は84.90円付近へ軟化した。豪ドル円84.18円まで下落幅を拡大。南ア・ランド(ZAR)円は9.24円付近で伸び悩んでいる。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

クロス円は、対ドルでの各通貨の動向に連動して重さ軽減

 対ドルでの各通貨の調整が一巡し、クロス円の重さは軽減した。ユーロ円は132円割れへ下押したが、132.20円付近へ持ち直した。豪ドル円は84.20円付近から84.30円台、加ドル円は84.60円付近から84.80円台へ小幅に水準を回復。ポンド円は一時148.88円、NZドル円は78.40円まで本日のレンジ下限を広げたが、それぞれ149.20円台、78.60円付近へ戻した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米長期金利の持ち直しながめドル円じり高、クロス円も持ち直し対ドルでも各通貨は総じて底堅い

 東京終盤からロンドン入りにかけての市場では、昨日は米株価の大幅安で低下した米長期金利が時間外取引で水準を持ち直し、一時2.857%まで上昇した。これを受け、ドル円は109.20円までじり高。クロス円も円安推移となり、ユーロ円は134.14円、ポンド円は152.69円、スイスフラン(CHF)円は116.44円と小幅高。豪ドル円は85.09円、NZドル円は78.86円、加ドル円は86.72円、南ア・ランド(ZAR)円は9.05円まで水準を上げた。
 クロス円で上昇した通貨は、対ドルでも総じて底堅く推移。ユーロドルは1.2287ドル、ポンドドルは1.3987ドル、豪ドル/ドルは0.7795ドルまで本日のレンジ上限を広げた。NZドル/ドルも0.72ドル前半で持ち直し傾向。ドル/南ア・ランド(ZAR)は市場に不人気なズマ大統領の辞任観測も支えとなり」、12.0550ZARまでZAR高推移となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円じり高に連れてクロス円も円売り傾向、対ドルでも各通貨は底堅い動きに

現在の各通貨・指標推移(レンジ)  
ドル円 109.14円 (109.19 /  108.50)
ユーロドル 1.2266ドル (1.2278 /  1.2240)
ユーロ円 133.89円 (134.01 /  133.04)
ポンドドル 1.3971ドル (1.3978 /  1.3911)
ポンド円 152.50円 (152.62 /  151.20)
ドル/スイスフラン(CHF) 0.9384CHF (0.9386 /  0.9349)
スイスフラン(CHF)円 116.30円 (116.44 /  116.01)
豪ドル/ドル 0.7786ドル (0.7795 /  0.7759)
豪ドル円 84.99円 (85.04 /  84.38)
NZドル/ドル 0.7213ドル (0.7230 /  0.7199)
NZドル円 78.73円 (78.79 /  78.35)
ドル/加ドル 1.2595加ドル (1.2613 /  1.2586)
加ドル円 86.66円 (86.72 /  86.19)
ドル/南ア・ランド(ZAR) 12.0957ZAR (12.1754 /  12.0550)
南ア・ランド(ZAR)円 9.02円 (9.04 /  8.93)
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDN午前=各通貨ともクロス円・対ドルで調整、ポンドは離脱の先行きに不透明感

 ロンドン午前、ドル円はアジア朝方からのじり安の流れが継続。108.92円まで本日のレンジ下限を広げた。
 ドル円も円高は、クロス円が下落幅を広げるきっかにもなった。クロス円は対ドルでの各通貨の下押しとも相まって、ドル円が下げ渋ってからも下値を広げた。ユーロ円は134.60円、ポンド円は151.33円、スイスフラン(CHF)円は116.00円まで水準を下げた。豪ドル円も85.68円、NZドル円は79.62円、加ドル円は87.01円、南ア・ランド(ZAR)円は9.11円まで円買いが進んだ。
 クロス円の下落とともに、対ドルでも多くの通貨が調整を進めた。ユーロドルは1.2334ドル、ポンドドルは1.3873ドルまで下落。メルケル独首相が率いる与党会派キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)と社会民主党(SPD)が、連立政権成立に合意したとの報道も歯止めにはならなかった。クラーク英ビジネス・エネルギー・産業戦略相から「(離脱後のEUとの関係)合意まで最終的な状態を保証するものはない」との発言も聞かれ、離脱後の行方への不安を誘った。
 豪ドル/ドルは0.7854ドルまで小幅安。NZドル/ドルは0.73ドル前半で重い動き。ドル/スイスフラン(CHF)は0.9410CHF、ドル/加ドルは1.2528加ドルまでドル高・他通貨安推移となった。
 ZARは、市場に不人気なズマ大統領辞任へとのニュースで底堅く推移していたが、市場全般のドル安やクロス円の下落が重しに。ドルZARは一時11.9806ZARまでZAR安となった。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , , ,

LDN序盤まとめ=クロス円に押され、対ドルでも各通貨が下押すパターン

・ドル円の円買いをきっかけに、クロス円も円高推移
・クロス円の下落に押され、対ドルでも各通貨は下押し
・独連立合意が伝わるもユーロじり安、英・EU離脱交渉の先行き不透明もありポンドさえず

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

LDN午前=対円・対ドルで各通貨とも戻り試す、自律反発の動き

 ロンドン午前は、昨日の海外タイムから続いたリスク回避の流れに一巡感が生じ始めた。米長期金利は、東京タイムに1月26日以来の水準2.646%まで下振れたが、一時2.770%まで持ち直した。ドル円も、東京タイム昼過ぎに株安によるリスク回避の円買いでつけた1月30日以来の安値108.46円から、109.32円まで本日のレンジ上限を広げる動きとなった。
 クロス円の円買いも緩み、ユーロ円は東京午後の1月12日以来の安値133.98円から、135.79円まで水準を回復。ポンド円も152.87円まで戻した。豪ドル円は昨年12月8日以来の下振れ水準84.99円から86.22円、NZドル円は同25日以来の78.81円からは79.96円まで一時水準を回復した。
 クロス円に引っ張られるように、対ドルで水準を下げていた各通貨も反発。ユーロドルは1.2434ドル、ポンドドルは1.4000ドルまで小幅高。豪ドル/ドルは0.7891ドル、NZドル/ドルは0.7319ドル戻りを試した。しかし対円・対ドルでの各通貨の動きも、まだ自律反発の域にすぎない。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

LDN午前=対ドルで各通貨の買い戻し先行も失速、ポンドは弱いPMIが重し

 ロンドン午前はドル売りが先行した。東京タイムは、本邦株安を受けたリスク回避の円買いが意識された。欧州勢の参入にともない、先週末に米長期金利の上昇に押されて軟化した多くの通貨が、米長期金利の伸び悩みをにらんで、対ドルで買い戻された。米長期金利は2.83%台へ低下。ユーロドルは一時1.2475ドル、ポンドドルは1.4151ドル、豪ドル/ドルは0.7954ドル、NZドル/ドルは0.7331ドルまで水準を上げた。
 ただ、予想より弱い英1月サービス業PMIに上値を抑えられてポンドが伸び悩んだほか、他通貨も上昇の勢いを緩めた。英1月サービス業PMIは53.0と、前月並みの54.1から54.3程度のレンジを見込んでいた市場予想より弱く、ポンドドルは1.4040ドルまで下落幅を広げた。ユーロドルは、ユーロ圏1月総合PMI・確報値が58.8と、市場予想や速報値の58.6より強く、2006年6月以来の高水準となったことから、下押しを1.24ドル半ばにとどめたもののさえず。他通貨も上昇力を鈍らせた。
 クロス円は、ドル円の地合いの弱さを反映した円高に、対ドルでの各通貨の伸び悩みも重なり重かった。ポンド円は154.07円まで下落。ユーロ円も136.47円、NZドル円は79.99円まで本日のレンジ下限を広げた。クロス円の下落による円買いも相まって、ドル円は109.65円のドル安・円高水準へ一時下振れた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ドル円上昇の一方、対ドルで各通貨が軟化、豪ドル/ドルは一時0.7835ドル

現在の推移(レンジ)
ドル円 113.04円 (113.11/ 112.73)
ユーロドル 1.2059ドル (1.2080/ 1.2056)
ユーロ円 136.33円 (136.52/ 136.02)
ポンドドル 1.3556ドル (1.3577/ 1.3546)
ポンド円 153.25円 (153.52/ 152.75)
ドル/スイスフラン(CHF) 0.9760CHF (0.9761/ 0.9740)
スイスフラン(CHF)円 115.83円 (116.03/ 115.64)
豪ドル/ドル 0.7838ドル (0.7869/ 0.7835)
豪ドル円 88.61円 (88.75/ 88.44)
NZドル/ドル 0.7148ドル (0.7165/ 0.7145)
NZドル円 80.80円 (80.89/ 80.63)
ドル/加ドル 1.2505加ドル (1.2507/ 1.2484)
加ドル円 90.40円 (90.51/ 90.23)
ドル/南ア・ランド(ZAR) 12.3375ZAR (12.3490/ 12.2917)
南ア・ランド(ZAR)円 9.16円 (9.19/ 9.15)
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

対ドルで各通貨は底堅いが、クロス円は円買い傾向

 独大連立に関する期待でユーロドルが上昇したほか、多くの通貨が対ドルで買われたものの、クロス円はドル円が円高推移となっている影響からさえない。ユーロ円は132円後半、ポンド円は148円前半の本日安値圏で推移。資源国通貨も、豪ドル円は84円後半、NZドル円は76円半ばで伸び悩んでいる。加ドル円は87.53円を下値に本日安値圏でもみ合い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY入りにかけても対ドル・クロス円で各通貨の下落止まらず

 NY入りにかけても、対ドル・クロス円で各通貨の下落が止まらない。ユーロドルは1.1725ドル、ポンドドルは1.3136ドル、豪ドル/ドルは0.7809ドル、NZドル/ドルは0.7139ドルまで下幅を広げた。ドル/スイスフラン(CHF)は0.9774CHFまでCHF安、ドル/加ドルは1.2534加ドルまで加ドル売り。クロス円も、ユーロ円は131.88円、ポンド円は147.74円、CHF円は115.06円、豪ドル円は87.83円、NZドル円は80.30円、加ドル円は89.71円まで他通貨安・円高となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDN午前=ドル円、伸び悩むも対ドルでの各通貨弱含みが支えに

【※タイトルの表記を修正します。】
 ロンドン午前、ドル円は先週末の米雇用統計後の底堅さを維持し、114.30円まで5月11日以来の高値を更新した。その後は114円前半でもみ合い。米長期金利の低下に押され、114円割れをうかがう場面もあった。しかし欧州債金利の調整で欧州通貨が下落、資源国通貨も原油安を重しに軟調となると、対欧州通貨や資源国通貨でドルが強含み。対円でもドルが下げ渋り、114.20円付近へ戻した。
 ユーロドルは、対ポンドのユーロ買いを手掛かりに1.1418ドルまで本日のレンジ上限を広げたものの失速。欧州債金利の低下に押され、1.1382ドルまで売られた。ポンドドルも6月28日以来の安値1.2858ドルまで下落。独10年債利回りは0.534%、英10年債利回りは3営業日ぶりの水準1.268%まで低下した。ユーロ円も130円割れまで、ポンド円は147円半ばから一時146円後半へ軟化した。
 原油相場の下落を受け、資源国通貨も軟調だった。産油国通貨の加ドルは対ドルで1.2932加ドル、加ドル円は88.26円まで加ドル安。豪ドル/ドルは0.7587ドルまで下落し、豪ドル円は86円後半へ下押した。NZドル/ドルは0.72ドル後半、NZドル円は83円付近で重い動き。NY原油先物は時間外取引で44ドル半ばから、43ドル後半へ軟化した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,